「眼と太陽」2千年前と同じ光を浴びている

2009年07月31日(金) 0時09分
「眼と太陽」★★★☆
磯崎憲一郎著、2008/8/30初版



                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい




この作品は磯崎憲一郎の「肝心の子供」に次ぐ2作目、
早くも芥川賞候補となった。
著者は4作目の「終の住処」で芥川賞を受賞した。


「ブッダの次はアメリカ中西部で暮らす
日本人商社マンが主人公、
仕事仲間との付き合いや、
出合った女性と過ごす時間を描いている」



不思議な小説だ、
仕事上の上司との話を書いているかと思うと
突然別の短い話が「挿入」され、
どこかへ行き着くわけでもなく、
また別の話へと脈絡無く続いていく。

深読みというわけじゃないけど、
自分達の毎日もこんなものかもしれない、
もちろん自分自身はひとつの時間軸で
過ごしているけれど、
誰かと話しているとき、自分の話も
相手の話も別の時間をどんどん取り込んでいくわけだし、
でもこんなふうに小説のなかに
突然現れると、どうしても関係性について
考えてしまい、そのあたりが作者の意図なのかどうか、
不思議と感じる部分だ。


印象に残ったのは
いつもいく日本食堂で上司から
「気をつけろよ」と眼もあわせずに言われたことに
驚き、不愉快になって立ち去るというシーン、
これは出会った女性がバツイチの子持ちで
そういう深みにはまるなよということだと思うが、
自分でも整理できていない関係を、
簡単に知ったようなこと言われたくなかっただろうな、
特に事情を知っていると思ってる人には。

タイトルの太陽の描写も印象的だ、
2千年前と同じ太陽の光を浴び、
その光の中では全てが混ざり合い、
眼で見た瞬間、それらの区別が曖昧になる、
太陽を背にしたシルエットをイメージすると
その輪郭だけで表情の見えない映像が
サッと広がる、誰にでも経験があるが
それほど気にもしていない一瞬だ。

でもこの小説は一体何を言おうとしているのかは
1作目同様、簡単に文章から見つけることが出来ない、
だからだろう、この小説に感激して
涙が出るとか心が震えるということは無い、
でもなんか気になる作品だ。

きっとこの書かない部分をどう読むかが
今度は読み手の作業なのだろうが、
最近は答えまで書いてくれる本が多いので、
解答がどこかにないだろうかと、
どうしても求めてしまう、
本読みの快楽とも言えるけれど、
もっと胸のここらへんをグラングラン揺り動かすものは
まだここにも見つけられない。



さて、ラストにこの小説が好きかどうかと聞かれたら
答えるだろう、「特に好きじゃない」と。

★100点満点で70点★


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「肝心の子供」「眼と太陽」「世紀の発見」三冊が届いて、作者の一作目から読み始めた。
これが2冊目、そして「終の住処」は昨日注文した。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「ハリー・ポッターと謎のプリンス 」2時間半の前菜が始まった、メインは来年

2009年07月30日(木) 0時09分
「ハリー・ポッターと謎のプリンス 」★★★☆
ダニエル・ラドクリフ 、ルパート・グリント 、エマ・ワトソン 主演
デヴィッド・イェーツ 監督、2009年、155分、アメリカ


映画のランキング↑

                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい



7/17公開の週末は全米では1億5千万ドルで首位初登場、
日本も同時公開、22億でこちらも首位発進し
最終的には今年最高の100億円が当面の目標となったようだ。
果たして155分も子供が我慢できるのか?


「シリーズもいよいよ6作目、ハリー・ポッターも
悪の帝王ヴォルデモートとの最終決戦を控え
大人になる一歩手前、
そして様々な秘密が明らかにされるラストへの期待、
ラストへの導入編という出来で、
クライマックスが無く、これだけを考えると物足りない」



新作が出るたびに話題となるあの厚い本を
2時間にまとめるのは至難のワザだ、
だんだんこのシリーズの1本の上映時間が
長くなってきているのが気になる。
原作のファンにも納得してもらうように作るか、
それとも映画的な解釈をするか
これは迷うところだ、でもどこかバサッと
思い切ることも必要な気がする。


しかも今回はクライマックスといえるようなところは
ラスト部分だが、2時間30分くらい待たせて
あのくらいじゃあ、映画を見終わったときの
満足感は得られない。



でもこの映画のお楽しみ方は色々だろう、
2001年の「賢者の石」で10歳のハリーに会って
彼がホグワーツ魔法魔術学校に入学したのを見てから
この作品では彼は6年生となる、
この映画の中の時の流れは
見る観客側の自分の8年という時間も
考えさせずにはいられない。


自分の魔法の才能に戸惑いながら
覚悟する姿から、今回はホロ苦い恋心を知る姿など、
誰にも覚えがある様々な成長するにつれて
感じる心の変化を
スクリーンのハリーに重ねるとこだろう。

ダンブルドア校長が亡くなったのは
衝撃的だけど、考えてみればこの作品は
毎回誰かが死んでいくわけで、
子供の成長物語というメインのストーリーとは別に
様々な別れを経験するという
当たり前の成長過程を散りばめて、
どこかで鼻の奥がツンとするような
ツボは押さえているところはさすが。



@@
7作は来年冬と11年夏の二部構成とか、
ラストは今回分も含めた爆発的な
クライマックスを期待したい、
何かを守るということが、
大人になるということなら
それも悪くないじゃんと思えるような、
何かを「知る」喜びや強さを描いて欲しい。


★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

まさに大河ドラマ的な
ゆったりとした時の流れのなかで
主人公ハリーもやっと自分のルーツを
知ることになるラストが楽しみだ。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「モンスターVSエイリアン」初体験の3D映像、思わず手を伸ばしそうになる

2009年07月28日(火) 0時09分
「モンスターVSエイリアン」★★★
声の出演 リース・ウィザースプーン 、ヒュー・ローリー
ロブ・レターマン 、コンラッド・ヴァーノン 監督、2009年、94分、アメリカ



                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい


7/11公開の週末は7位初登場、
以後7/19付ー10位、最新の7/26付ー9位と
アメリカでは大ヒットのアニメも日本では苦戦中!


「教会での挙式直前のスーザンに
隕石が直撃し、彼女は15mに巨大化する。
悲嘆にくれる彼女だが地球の危機を知り、
地球侵略を目論むエイリアン・ロポットとの
戦いを決意する」



劇場に入場前に3Dメガネを渡される、
これのために700円を上乗せして映画を見るわけだが、
やはり立体に見える映像に驚きは大きい、
でも700円は高いんじゃないかな、
前売り券を買っても2.000円かかるからね。

とはいえ「どうなってるの?」と
途中何度もメガネを外して、ダブったような変な
画面を見てはメガネをかけなおして、
技術の進歩に改めて驚くと共に、
今にメガネなしでこういった映像がみられたいいなと

欲張った考えも。
ずっとメガネはなんかまだまだ違和感がある、
第一しっかりしたメガネなので慣れてないから重く感じる。


さてストーリーだけど、ヒロインのスーザンは
挙式直前と言うことで大人だ、
でこれだけでは子供にはキツイということか
他のモンスターは全部バカバカしいオンパレード、
これで地球を救えるのか?と思うが、
そこは作り物の映画だからね、
なんとか地球の危機を救い、
彼らは自分達の存在理由を見つけましたとさ
という破天荒な御伽噺でした。

ドリームワークス初の3Dアニメということで、
まずはこの思わず手を伸ばしたくなるような
飛び出た感じは合格点、
ストーリー自体はあまりにバカバカしくもうひとつ、

でもまあこんなものですか、
ただメガネを外して画面を見るとクリアな
青い空などが見えるので、グラスでの
薄暗い映像がなんとももったいない。
このあたりは次への課題点と思う。

見終わってこれは劇場で見る映画と感じたが、
好きか?と聞かれたら、
特に好きじゃないけど、見ても良いんじゃないかなという程度。


★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

これからディズニーは全部3Dバージョンも製作するらしい、
技術の進歩は楽しみだけど、もっと気軽に楽しめたらと
わがままな気持ちも進化するようです。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「太陽のかけら」メキシコの金持ち坊ちゃんのお気楽な悩み

2009年07月26日(日) 11時19分
「太陽のかけら」★★★
ガエル・ガルシア・ベルナル 、カミラ・ソディ 、ルス・シプリオータ主演
ガエル・ガルシア・ベルナル監督、2007年、80分


 映画のランキングクリック!
                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい


ガエル・ガルシア・ベルナル出演&初監督作品


「別荘に集まった友人とのパーティー、
将来に不安を覚えながらも
その場の楽しさに流されてしまう毎日、
子供の頃からその別荘で働く幼馴染の使用人に
軽い嫉妬をしてみたり、
何かを言おうと詰め込んだけれど
どれも中途半端になった出来だ」



『アモーレス・ペロス』で強烈なデビューをした
ガエル・ガルシア・ベルナルの初監督作品、
彼の出演のハリウッド作品を別にして
ミニシアター系映画の全ては彼の存在感で
成立しているようなものだ、
この作品は自分の主演、監督というものだが、
仕事してない自分のプライベートな時間を
気ままに撮影したような出来上がりとなっている。

きっと「モーターサイクル・ダイアリーズ」で
若い医者の卵が見た現実を
今のメキシコの格差と
経済的には恵まれていながら
漠然とした将来への不安からくる
焦燥感を出そうとしたのだろうけど、
どこかに焦点を絞りきれず散漫な印象となった。


メキシコ映画なんてめったに見られない、
主演も良い、
だとしたらもうちょっと見せ場と言うか、
知られていない部分とかも見せて欲しかった、
もちろんそんな独特な部分でなくても
主人公の心理に深く切り込むセリフや行動でもいい、
何か観るべきところを少しでも感じられたら
印象派全然違ったろう。

ガエル・ガルシア・ベルナル主演、監督でなかったら
公開されなかっただろうレベルでした。

★100点満点で55点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「失われた肌」と入れ替え二本立て上映中、こちらの感想も近日書きます。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「扉をたたく人」孤独というやっかいな隣人

2009年07月25日(土) 0時09分
「扉をたたく人」★★★☆
リチャード・ジェンキンス 、ヒアム・アッバス 、ハーズ・スレイマン主演
トーマス・マッカーシー 監督、2007年、107分

映画のランキング

                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい




「今は私は何も重要なことなんてしてないんだ、
仕事だって忙しいフリをしているだけだ、
会ったばかりの人に自分の心情を吐露するシーンは
痛々しくも心を揺さぶる、
どうして人は他人には良く見せたいだとか、
幸せそうなフリをしなくてはいられないんだろう」



コネチカットの大学教授の主人公は、
妻と死別して以来本を書く事にも、教える事にも
情熱を燃やせない日々を送っていた。
ある日、出張でニューヨークを訪れた彼は、
マンハッタンの自分のアパートで
若いカップルが暮らしていることに驚く。

不法移民の2人は、ジャンベという太鼓をたたく
ミュージシャンとアクセサリーを作るアーティストだった、
夜にアパートから放り出すには忍びなく、
それがなんとなく住むことを許可するまでになり、
何度ならってもうまくならなかったピアノに変わって
彼はシリアから来た男からジャンベの演奏方法を習い
街角でセッションに参加するまでになる。

その音楽に触れることで
灰色のような色の無い生活が
躍動し楽しそうな明るい色に変わっていく、

彼の表情が変わる、
融通が利かなそうに見えた彼も実は
そうしか生きられないだけだった。

ピアニストだった妻の面影は
主人公の今の生活にも影響を与え
何をしても張り合いの無い生活に
「孤独」を抱えていた主人公は、
わずかな触れあいの時間を過ごした異国の友人の為に
自分の全ての時間を費やすことになる、
そんなことありえるかなとも思う。

でもホントは誰だって出来るなら
そんなふうに生きたいハズ、
しかし自分の幸福の足枷に阻まれて
動けなくなってしまうのだ。


「9.11」以降のアメリカの移民政策への
批判がわずかに見え隠れするが、
それは日本も同じこと、自分達の国が
アジア近隣諸国の人たちにものすごく厳しいことは
あまり広くは知られていない。

だからこの映画を何かを批判するような映画とは
捉えたくない、
それより人は変われる、
そして人は自分が思ったより寛容でもあるのだと
そんなふうに思いたい。

でもたとえば長い旅行から帰ってきたら
知らない人が自分のアパートに居たら
主人公のように「まあ、今夜は泊まっていけよ」
なんて決して言わないだろうな。

あくまで物語りとして
そして心の問題として。


★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

この作品のトーマス・マッカーシー という監督は、
「オール・ザ・キングスメン」「ミート・ザ・ペアレンツ」で俳優として出演、
今回は自分で脚本、監督をこなしている。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「肝心の子供」106ページで語る親子3代記

2009年07月24日(金) 0時09分
「肝心の子供」★★★☆
磯崎憲一郎著、2007/11/30初版

                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい




第141回芥川賞は磯崎憲一郎の「 終の住処」が受賞した、
この作家の作品はまだ読んだことがないので
さっそくネット書店「bk1」で注文し、二日後には3冊到着、
さっそく1作目から読み始めた。

「本の書き出しが
『ブッダにはラーフラ、束縛という名前の息子がいた・・・』、
何の予備知識も無しに読み始めたので
ブッダの名が突然出てきて、
これはブッダの過ごしたインドのお話かくらいの
気持ちで読み進めていった」



各ページに11行、行間はもう一行入りそうに余裕があり、
ページの上下の余白もかなり、
ものの1時間もかからず読み終えた。


内容自体はブッダとその息子ラーフラ、
さらにその息子のティッサ・メッテイヤの三代を描いた話。

どこまでが歴史的な事実なのか分からないが、
読み終えて感じたのは、
無駄のない強い文章でラストまで一気に
物語は途切れることなく、
どこかで一息つくのを許さないような勢いがあった。

何か並々ならない才能をもって、
書きたい主体の物語を余分な肉をそぎ落として
「あらすじ」だけで書ききったような感じだ、
書きすぎず、でも語りたいモノは
揺ぎ無いように思えた


ブッダの時代なんて、想像するしかない、
ブッダは貴族のお坊ちゃんだったくらいしか
知識はないが、
お金の為に生きなくて良かっただけ
思索に時間を費やし、その教えを広めていったのだろう、
そしてその子供、またその子供に
直接的であれ、または間接的であれ
命はとぎれることなく繋がっている。

その命の繋がりのどこかで
誰かが「初めての」何かを経験して
そしてまたそれは延々と続いていくのか。


一日おいて読み返して
この感想を書き始めた、
この小説は映像にするのは難しいだろうな、
ここには語られない行間の想いみたいなものが
たった106ページでは語られない広がりで
表されているから、
映像をそれを見せなければならず、
小説世界を視覚的に限定するのは
この小説に限ってはできそうもないなと感じた。

さて、ラストにこの小説が好きかどうかと聞かれたら
答えるだろう、「特に好きじゃない」と。
才能溢れそれを抑制する理性的な側面も見せてくれるが、
心を揺さぶられるものは無かったな。
でもしばらくこの作者の作品に浸ってみる。


★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「肝心の子供」「眼と太陽」「世紀の発見」三冊が届いて、作者の一作目から読み始めた。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「サンシャイン・クリーニング」うまくいかないことなんてうまくいくことより多いのだ

2009年07月23日(木) 0時09分
「サンシャイン・クリーニング」★★★☆
エイミー・アダムス 、エミリー・ブラント 主演
クリスティン・ジェフズ 監督、2008年、93分



                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい




「高校時代はチアリーダーだった主人公は、
憧れの存在だったが、今や生活に追われ、
恋愛にも行き詰まり、ため息をつく日々、
一発逆転を狙って始めたビジネスは
血しぶきアリの事件現場のクリーニング業だった。」



主人公はハウスクリーニングのバイトをし、
不動産取引の資格を取るため学校へ行くと言いながら
不倫関係を続けている、
どうやら彼女の考える人生設計は
高校時代の憧れの同級生と結婚することらしい。

でもその相手は別の同級生と結婚している、
彼女は学校へも行かず、
結婚と言う一発逆転を夢見ているが
その考えはどうやら実現しなさそうだ、

もし自分に足りないものを感じたら、
若しくは強烈にやりたいことが見つかったら
その目標に近づくために
地味で面倒な「過程」を抜かす訳にはいかない。



そんな当たり前な部分を見ない振りして
でも誰からも幸せに見られたいとか
成功しているように見られたいとか
その弱さは分かるけど、
彼女は小学生の子持ちでもあり、
そんな彼女のこれまでが冒頭の20分くらいで
パーッとわかってしまい、脚本のよさが際立っている。


人生一発逆転なんてないだろうけど、
やはり一歩前に進まないとという
当たり前の結論にホッとする、
消せないものは無い、
やり直しだって出来る、
でもそれには必要な「過程」を積み上げることが
重要なのだ。



主人公の妹役は「プラダを着た悪魔」でも
良い味出してた役者で、
今回も主人公とは違った
リアルな頑張ってる人を演じている。

思ったようにいかないことは多い、
でも諦めたくないな、
なんとかやってるうちにもしかしたら
何か見えてくるかもしれないし、
そう信じていたいからね。

「なりたい自分」になりたいと誰もが願う、
過程をズルする弱さを持ち合わせているのも
人間だ、その愛おしい姿を
この映画に見た、それだけで収穫だ。


大絶賛というほどの映画じゃないけど、
人間はなんとかもがきながら前に進むものという
本質的なところを突いていて印象深い映画だった。


★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「魔法にかけられて」ではおとぎの国のお姫様だったけど、
このまさに現実的な役も違和感無く見せきってくれた。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「MW -ムウ-」手塚修治虫の生み出したダークヒーローとは?

2009年07月21日(火) 0時09分
「MW -ムウ-」★★★
玉木宏 、山田孝之 主演
岩本仁志 監督、2009年、129分




                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい


手塚治虫、最大の問題作を実写映画化!


「16年前、ある島の島民全員が死亡する事件が発生。
生き残った2人の少年は、その後
1人は、神の道に救いを求め、教会の神父に。
そしてもう1人は、自分の壮大な計画を胸に
計画のためなら人殺しもいとわない人間に成長していた」



政府の計画で抹殺された同じ島の仲間の
無念さを胸にその秘密を暴露することが
主人公の計画かと思いながら見ていくが、
それにしても、こんな殺人も平気で行う
ダークヒーローは珍しい、
見てるほうも感情移入が難しいことは確かだ。


「秘密景気MWムウ」の存在を探りつつも
主人公の本当の狙いが
その実態を暴露することでは無いことが
だんだん分かってくるころ
ストーリーが急展開し、
そのあたりから急に映画を客観的に見始めた、
二重構造のストーリーながら
隠された主題に共感できなくて
醒めてしまった。


せっかく映画として表現するなら
かつて受けた迫害の苦しさや
そこから何故今のようなことを考えたのか
そのあたりの明快な説明と言うか
見せ方こそが「核」となるべきなのに、
そのただひとつの大切な部分がが良く出来ていないので
急な展開がどれも薄っぺらに
感じてしまうのだ。

またダークヒーローとしての主人公を演じる
玉木宏の感情のこもらないセリフまわしが
ものすごく気になった、

そういう演出かもしれないが
ここまで無機質な感じだと、
「しっかり仕事しろよ!」って気になってくる。

せっかくの手塚治虫原作の素材なら
もっと練ったストーリー展開と脚本が必要だった、
これでは劇画タッチの2時間特番って感じだ。
残念。

★100点満点で45点


soramove
soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

山田孝之もただ言われたことを演じてるってだけで
まったく活かされていないと感じた。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「ごくせん THE MOVIE」これで見納め?ヤンクミの雄姿だ

2009年07月19日(日) 0時09分
「ごくせん THE MOVIE」★★★★オススメ
仲間由紀恵、亀梨和也、生瀬勝久、高木雄也、三浦春馬主演
佐藤東弥監督、2009年、118分




                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい


先週7/11公開で週末2日間全国で40万人動員、
興収5億弱を稼いで首位発進の作品。


「人気ドラマ「ごくせん」の7年間の集大成にして
最終作となる劇場版。
ドラマは見たこと無いけど、会員1.000円デーに
どんなもんか行って見た、
これが結構うまく出来てて満足」



ヤンクミこと山口久美子も教師となって7年、
新しいクラスには手を焼いているが、
そこへ元教え子の小田切が
教育実習生として現れる。

教え子のひとりが警察に追われる事件に巻き込まれ、
体を張って教え子を守るヤンクミの雄姿に
かつての教え子は変わらない彼女を再認識し、
新しい生徒達は本当に自分達のことを考える
先生がいるのだと確認する。

新しい生徒達の存在はいまひとつながら、
次々と現れるかつての教え子が豪華、
ラストということで全部惜しまず出しちゃえと、
映画にするほどの事件らしい事件も無く
ヤンクミ・ダイジェストと言う感じの映画となっている。



「困ったらいつでも来いよ」と言うヤンクミの言葉は、
大人になると挨拶みたいなものだと分かる、

だからって訪ねていくわけもなく、
言った方だって来るとは思っていない、社交辞令。

でもこのヤンクミの言葉は、彼女の言ったことそのもの、
本気で言っている。
そんなことあるわけ無いよと思いつつも
ヤンクミだったら・・・と。

こんなのドラマの中だけだと分かってても、
本当はこうありたいとも思う。
とまあ結構感動までして満足な映画だった。

今回がラストといっているが、きっと帰ってくるだろうな。


★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ドラマは見たことが無かったが、人気シリーズの
訳が分かったような気がした。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「誇りと復讐(上・下)」読みやすいけど深みは感じられない

2009年07月17日(金) 0時43分
「誇りと復讐(上・下)」★★★
ジェフリー・アーチャー著


                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい



「主人公は親友とその妹、彼女は婚約者でもあるが、
3人でパブで楽しく飲んでいたが
他の客の心無い言葉に怒り、
店の外で殴りあうが、親友がナイフで刺され
死んでしまう、さらに自分自身がその犯人として裁かれ
20年の刑を言い渡されてしまう」



ジェフリー・アーチャーの本はたぶん
全て読んでいる、傑作と言えるものもあれば
並みの出来のものも、
今回の新作も読みやすいし
展開も興味深いが、
傑作には程遠い出来。

自身の刑務所生活を反映して
その様子は違和感は無い、
でも展開があまりに出来すぎな感じで
「ありえないよ」と思ってしまうと
面白さが半減する。

しかし陪審員の裁判って怖いと思う、
方や弁護士や有名な俳優の主張と
取り立てて言うこと無い普通の人とでは
人は見比べてどう判断するだろうか。


印象やそういった場に慣れているかどうかで
その人の一生が左右されてしまうのは怖い、
しかもその判断が普段は人を裁くことから
程遠い場所で過ごしている一般人が行うというのだから、
これからの日本の陪審員制度も
少し準備段階もしくは学校での教育など
まだ必要な部分があるんじゃないかな。

この本は作者の幅広い人生経験が
随所に反映されている、
交渉の仕方や投資の判断、
上流階級の作法、
イギリスという国の歴史は
日本の価値観ではまったく物差しが違っているように感じる。


随所に面白く展開を期待して読み進める工夫があるが、
やはり「核」となる一点がどうしても
偶然にしては出来すぎで
もっと何か無かったかなと思うが、
全体としては手堅く、
次の新作も期待したい。

★100点満点で65点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

作者自身の人生も波乱万丈、転んでもただでは起きない感じも好感が持てる。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2009年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf