「真夏のオリオン」日本よ浮上せよって現代経済みたいなコピーだ

2009年06月30日(火) 0時09分
「真夏のオリオン」★★★
玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦、平岡祐太、黄川田将也 出演
篠原哲雄 監督、125分

                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい



「太平洋戦争末期、
残された僅かな物資で
日本軍は実りのない戦争を続けていた、
今、何故この映画なのか
それは映画からは分からなかった」


無惨に、無念にも
人がひとつの塊のように
死んでいく映画が多い中、
この映画の主人公達は生き残って
終戦を迎える。

その最後の戦闘を描いた映画だ、
潜水艦という特殊な乗り物での
戦闘は目で相手を確かめるのではなく
探知機と今後の展開を決める艦長の戦闘の勘が
勝敗を左右する。

空気の少なくなった艦内の様子は
見ているこっちも息苦しくなるほど、
僅かな金属音が命取りにもなることや
限界深度を越えてパイプなどから
水が吹き出るシーンは気持ち良いものではなかった。

この映画では声高に「反戦」は語られない、
生きるために戦うその瞬間を描いている、

教科書が書き換えられ、
ラジオの情報が操作された時代、
戦争に勝つことが最高のことだと
きっと庶民も含め兵隊も思っていただろう、
自分たちは戦後、その教訓を
過去から知っているだけだから。

せっかく「生き残った」潜水艦の乗組員の
その後が描かれなかったことが
残念だった、
彼らがその体験から何を考えどう行動したか、
今知りたいのはそういうことだからだ。


戦争なんて無いほうが良い、
自分が銃を手にすることも考えられない、
でも近代の戦争は「核」を持つことで
もう誰を殺すとかそんなことじゃなく
ボタン一つで民族が消えてしまう、
そんなことがないようにと
戦後の日本を復興させてくれた人たちの
心の底にある願いは
この映画からは感じられなかった。

語り口がさわやかな分、
青春映画のような感じで
伝えるべき事が弱くなったように感じた。

★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

かつて「Uボート」という映画で
潜水艦のバランスを保つため
艦内を走り回るシーンは面白かった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「ウルトラミラクルラブストーリー 」こんな大げさなタイトル程の映画じゃない

2009年06月28日(日) 0時09分
「ウルトラミラクルラブストーリー 」★★
松山ケンイチ、 麻生久美子 主演
浜聡子監督、2009年、120分



                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい



デタラメだけど真っ直ぐで、一途な恋の物語

「映画のコピーと予告編はよく出来てて、
何かを期待させてくれたが、
素人っぽい、くだらない映画だった、
麻生久美子はいつもの麻生久美子だったが、
松山ケンイチがもったいなかった」



青森で祖母の農業を手伝う主人公は、
ちょっと頭のネジがゆるんだ感じ、
子供のまま大人になったようで、
周囲の人たちに迷惑をかけているが、
本人にはその自覚は無い。

ある日東京からやって来た保育士の町子先生と出会い、
「両想い」になりたいと、
その気持ちをストレートに告げるが
相手にはその真意は伝わらない。

主人公の高すぎるテンションでは
女の子も引いてしまうしかないだろう。


そして彼はとんでもない行動に出る。
これはもう子供が欲しいものを手に入れるまでは
何でもするって調子で
微笑ましいというよりただ痛々しい、
どこかに楽しみを見つけたいと思って見てたが
主演の二人が「もったいないあぁ」と思うばかり。

加入しているwowowでは頻繁にコマーシャルが
入って、なんか面白そうだったのに、
完全に思う壺で劇場に座っていた。

破天荒な面白さを狙ったのかもしれないが、
面白くないという致命的な欠点を
早いうちから晒してしまい、
途中の意味不明な映像は
自主映画のノリだ、
最初に断ってほしいよね、そういうこと。


主演の二人のファンなので
まだなんとか座っていたが
そうでなかった、もしくは相当期待していた場合は
めったにないことだけど、
途中で出てもよかったか。


レンタルになっても見る価値の無い
映画でした、残念。
久々の時間を損した映画でした。

★100点満点で30点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

麻生久美子の良さがまったく生きてなくて、
女性の監督だからなのかな。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「ハゲタカ」経済と言う怪物を身近に感じた

2009年06月26日(金) 0時09分
「ハゲタカ」★★★★
大森南朋 、玉山鉄二、柴田恭兵 主演
大友啓史監督、2009年、134分



                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい


「日本を代表する大企業「アカマ」が
突然買収の危機にさらされた、
名乗りを上げたのは、“赤いハゲタカ”こと
劉一華(リュウ・イーファ)、
果たしてこの危機を回避出来るのか、
殺し合いのないサスペンスも面白い」



週末の映画館、開始時間ギリで
「愛を読む人」のチケットボードを見ると
「満席」の表示、急いで映画館を移って
「剣岳」を見ようとするも、こちらも
「満席!」で
あと10分で始まる「ハゲタカ」に滑り込んだ。


公開買い付け、敵対的企業買収、
こんな言葉は少し前はアメリカの小説の中だったが、
ここ数年で日本でも聞くようになった、
だから描かれる買収劇が
絵空事に思えず、結構現実味があり、
緊迫感が伝わって、途中で思わず
「この映画、結構面白いじゃん」と感じた。



映画としては買収する方を「悪」
される方を「善」のように描いてはいるが、
経営という地道な経済活動を
マネーゲームのような流動的なものにしたのも
企業そのものなのだ。

「どうなるんだろう」と思いつつも、
買収を仕掛ける「赤いハゲタカ」なる
もうひとりの主人公も実は現実社会に
取り込まれもがいているひとりと分かると
なんだか大きな流れの中で
人間ひとりの存在の無力さに
経済活動は常に「勝つ」方が
善となるが、それだけでは計れない
人間ドラマを見ることが出来て収穫だった。


モノ造りを真面目にしていては
悪賢い人たちに足元からスクワレル
そんないびつな経済世界、
真の「悪」は実は存在しないのかもしれないと
ふと思った、
全然期待してなかった分、
骨太で良質な映画を見ることができて良かった。

★100点満点で80点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

かつて日本企業がアメリカのエンパイアステートビルを買収し
「アメリカの心」を買ったとまで言われたが、なんなく実感できるようになった。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「1Q84」今夜空には二つの月が見える

2009年06月24日(水) 20時09分
「1Q84」今夜空には二つの月が見える
村上春樹著


                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい


どんな内容かも分からず、
とりあえずネットで注文、
一日早く書店に並んだことを知り、
思わず届くのを待てずに、書店で
買ってしまおうかとさえ思った。


「村上春樹ブシが帰ってきた、
イミ不明の『空気さなぎ』や
『リトルピープル』という言葉を
記号に置き換えて
とりあえず文章の調子を確かめるように
読み進めた」



本を読むのは主に地下鉄の移動中、
でもこの時期、部屋に戻っても
鞄から本を取りだして
まさに読みふけった。
読み終えてもう一度読み返して
10日あまり、幸せな時間を過ごした。

何を言いたいのか本当のところは
分からないけれど、
何かの象徴としてのキーワードが
頻繁に登場し、
現実と空想の世界の間を
危うい綱渡りをしているような
奇妙な浮遊感を味わった。



それでも文章は平易で読みやすく、
とりあえずあれこれ考えて
思い悩んで立ち止まることもなく、
久しぶりに音楽もかけない、音のない空間で
コーヒーの香りだけを側に
本と向き合う時間を過ごして
本の感想もさることながら
こんな時間の使い方さえ新鮮だった。

ラスト近く、
「この後どうなるんだろう」と
Book3があるのかもと思いながらも
この次ってまた5年とか待たされるのだなと
物語の主人公の様な深いため息をついた、
声をかけても誰も答えてくれない
深い井戸の底の底をのぞきこむように。

発売2週間を待たずに100万部突破という
社会現象となっていながらも
内容について話す人は驚くほど少ない、
感嘆に「こうだ」と感想を言えるような
内容でもないし、
この本を多くの人が読んで
「他の人はこの本をどう読んだのだろう」と
様子を窺っているようで
その雰囲気も面白く思える。

これまでの集大成のように
オウムを思わせるものや、善なるものの
不完全さや、自分の立つ足下がいかに脆いか等々、
様々な部分に自分が引っかかる何かを
見つけられるような
不思議な読書体験だった。


★100店満点で90点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

心に深く突き刺さる「何か」は無かった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「レスラー」これが男の生きる道

2009年06月22日(月) 22時39分
「レスラー」★★★☆
ミッキー・ローク 、マリサ・トメイ 主演
ジョー・ライト 監督、2009年、117分


                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい


「1980年代大スターだった男、
彼は“ザ・ラム”と呼ばれ、
リングの上で輝いていた、
そして20年あまりが過ぎ、
男はまだリングの上に上がっていた、
あちこちガタのきた体にテーピングして
キメ技で沸く声援を体に受けて」



この映画で心が震えるのは
主人公と演じるミッキー・ロークが
画面の上で重なるからだ、

かつてのハリウッドスターも
このところとんとスクリーンで見かけなくなった、
そしたらなんと崩れかけたような
老醜をさらして、たるんだ肉体で
レスラーとしてスクリーンに登場したのだ。

全然関係無いけど、
南田洋子さんの姿がふと思い浮かんだ、
彼女は今のボケてしまった姿を
TVで晒したくなんかないだろう、
隣で「献身的」に介護する自分の選んだ
ダンナが決めたことだから仕方ないのだろうが、
思わず目を逸らしてしまう。

ミッキー・ロークは自らをレスラーという役で
たるんだ裸の姿を観客に晒して
ボロボロの体で最後は
トップロープからマットに倒れる相手への
渾身のダイブ!

足が震えているのを
カメラはしっかりと捕らえている、
そこで映像は途切れ、
ブルース・スプリングスティーンの渋い歌声が流れる。

涙。

この映画はハリウッド映画的な
ハッピーエンドではない、
「ロッキー」のようなチャンピオンの名声もない、
でもそれが良い、
そんな夢のような事は実際には起こらないと
知っているからね、
もっと自分達は現実的だ。

でもだからこそ、「ここ一番」って時に
「無理だ」と思えたとしても
その時の自分の精一杯を尽くすしかないからだ。

それでもこの映画でミッキー・ロークの手にした
成功を思えば、
「夢」は叶うのだと思えるはずだ。


アカデミー賞の主演男優賞(ミッキー・ローク)、
助演女優賞(マリサ・トメイ)にノミネート。


★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

「ナイン・ハーフ」では美男の象徴のような扱いだったミッキー・ロークの
今後も見守りたい。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「路上のソリスト」コンクリートの街に豊かな音楽が流れる

2009年06月20日(土) 18時09分
「路上のソリスト」★★★☆
ジェイミー・フォックス、ロバート・ダウニー・Jr 主演
ジョー・ライト 監督、2009年、117分


                              ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい




「新聞のコラムニストである主人公は
ある日、ベートーベンの銅像のある公園で
壊れかけたヴァイオリンを弾くホームレス、
ナサニエルと出会う。
その出会いが都会的な生活を送る主人公を
少しずつ変えていく。」


実話の映画化


新聞のコラムニストが
一定の評価を得ているというのは
日本とは違う、朝日新聞のコラムも
誰が書いているか知らずに読んでいる。


署名入りで記事を書くということは
自分の書いたものに対して
責任を負うという部分では、
「書く」と言うことに対する姿勢が
違ってくるように映画を見ながら感じた。

ペンは人の生き方を変える力を
持っているのだ。



ホームレス生活を送るナサニエルは
かつて将来を嘱望されたチェロ奏者で、
ジュリアード音楽院の学生だった、
精神のバランスを欠いて
今は彼なりになんとか、自分らしい生活を
送っている。

しかし傍から見るとどうだろう、
才能があるのに定住せず、職もなく
それではいけない、ということになるだろう、
映画の主人公も全く同様に
ナサニエルにふさわしい生活を送れるように
奔走するが、
映画は「本当にナサニエルの望むもの」は
別にあると言っているようだ。

自分は将来どうしたいのだろう、
人は時々そんなことを考える、
大きな変化など望めない
それはある程度分かってくるものだ、
でも今のままが良いのかと問われれば
多くの人はもう少し別の場所の自分を
夢みるように、想像するだろう。

でもやはりそれも自分が決めることなのだ、
誰かが他の何かを示してくれることはあっても
その道を歩くのは自分自身にすぎない、
誰かの生活に影響を与えようなんて
無理なことなのかもしれない、
でも人はそれが正しいと感じたら
とりあえずは一歩踏み出すことも
また正しいのだろう。

自動車が激しく行きかい
コンクリートの塊の道路が交差する街で
ボロをまとった男の手にした楽器から
無垢な音楽が生まれて
あたりを別の空間に変えていく、

素晴らしいシーンだ。

事実の映画化なので、大袈裟な感動を
押し付けるものでなく、
ほろ苦い結末でもあるが、
良い役者と巧みな脚本で
良質な映画を見たと実感できる時間を過ごせた。


★100点満点で75点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ロバート・ダウニー・Jr はヒーローになったり、この一年よく彼の作品を見ている。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「ターミネーター4」後期・新3部作の幕開け

2009年06月18日(木) 0時09分
「ターミネーター4」★★★★
クリスチャン・ベイル 、サム・ワーシントン 、アントン・イェルチャン 主演
マックG 監督、2009年、133分


  ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい




「シュワちゃんの出ないターミネーターを
見ることになるとはね、
そこは2018年、『審判の日』は過ぎ、
人類とコンピュータの戦いが繰り広げられていた」



「新3部作」の幕開けは
人工知能搭載のスーパーコンピューター
“スカイネット”との戦い、
強大なマシンを相手に
人間はいかにも剥き出しで脆い。


前3作では常に「悲惨な未来」が
未来から来た男やマシーンから
語られたが、新しい3部作の始まりは
未来に夢のかけらも持てない
人類滅亡の危機の真っ只中。


母親が語ってくれた未来とは
何かが違っている、
ジョン・コナーも「未来を変える人」というより
ひとつの駒として戦いに加わっている、
一体どこに未来を変える鍵を見つけられるのか、
何もかもが崩壊していく中、
ささやかな勝利で映画は終わる。

今後は今回自ら命を救った自分の父親を
過去に送るという重大なキーワードが
どんなふうに実現されるのか、
そして人類の未来は?
期待は高まるがまだまだ先のことのようだ。

でも、何かが足らない、
そうだ、シュワちゃんが居ないのだ

無骨でただただ目的の為に存在し、
そのことが彼の行動のなかに
人間的な部分をわずかに見つけて
親しみを感じたものだ、その圧倒的な
主役不在を引き受けた
クリスチャン・ベールはなかなか良かったが
まだ物足りない感じは拭えなかった。

前作から引き継いだものを
映画のそこここに見つけて
嬉しくなった、
強烈に惹かれるものはないが
「ターミネーター」の遺産はしっかり引き受け
次の展開を楽しみにさせてくれる。

次の終わりへの2作を楽しむためにも
この序章を映画館で見て欲しいものだ。

★100点満点で80点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

シュワちゃんがCGで登場したが、
こういう遊び心も楽しい。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「ガマの油 」ちょっと説教臭いかな

2009年06月15日(月) 0時09分
「ガマの油 」★★★
役所広司 、瑛太 、小林聡美主演
役所広司 監督、2009年、133分



「死んだはずの息子に背負われ
極彩色の花が咲き乱れる山道を
優しい会話が交わされる、
現代の寓話か、
でもちょっと説教臭いかな」



役所広司 の初監督作品ながら
素人っぽさは感じられず、
しっかり伝えたいことを盛り込んで
たぶんやりたかったことは映画として
表現できたんじゃないかな。

で、受け手としてそれらは
どうだったかと言うと、
仏壇をきれいにろ、
仏壇に手を合わせろと
ちょっと説教くさいとも思ったが
ただ泣かせるような脚本が多い中
新鮮でもあった。



本来、映画を作る人達は
伝えたいことをなんとか表現しようと
していると思うが、本職となれば
感動や驚きのバランスとか
余計なことまで考えないといけないだろう、
その点、この映画は映画を目指す人が
やりたいと思うことを
しっかり実現はしていたようだ。

若くして突然訪れる「死」
そんなことあってはならないが、
どうしようもない時もある、
今は戦争の無い穏やかな時代、
でも喪失感を埋めてくれるものは無い。

身近な人を誰もが失って年をとっていく、
その身近なひとともう一度話せたら
嬉しいだろうな、

御伽噺のシーンは
無骨だけど優しい気持ちがストレートに
伝わる良いシーンだった。

小林聡美は出番は少ないが
印象的な存在感を見せてくれた。

★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

でもガマの油ってこの映画でどれだけ意味のあることか
うまく分からなかった。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」不確かだけど、その存在を願う象徴の具現化

2009年06月12日(金) 8時09分
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」★★★
ジョシュ・ハートネット 、イ・ビョンホン 、木村拓哉 出演
トラン・アン・ユン 監督、2009年、114分、フランス


                                ★映画のブログ★
                              どんなブログが人気なのか知りたい



「富豪の息子シタオが失踪した、
捜索以来を受けた探偵と
香港の刑事、3人の男の物語、
フィリピンと香港を舞台に、
観念的な世界と現実世界が交錯する」



トラン・アン・ユン 監督は、村上春樹の
「ノルウェイの森」の監督に決まったが
この話題の作品を見て
大丈夫かなと不安な出来上がりだった。


しかし、監督の生まれたベトナムで撮影した
いくつかの作品は、
ベトナムのねっとりした暑さや、
趣味の良い日用雑貨、
濃厚な広葉樹などがつくる
視覚から伝わる艶かしい空気感
それも地元の人の感覚というより
欧米人の思い描く東洋趣味が
散りばめられていた。

今回も主人公のひとり、シタオが
フィリピンの奥地で消息を絶ったという
最後に住んでいた場所は
東洋趣味とかの生易しいものじゃなく、
熱帯のジャングルが生活の場まで
押し寄せているような
なかなか感じの良い場所で
たぶん簡単には行けないだろうが
自分の肌でその場所の色や匂いや
空気を確かめてみたいと思いながら見た。

シタオは香港の草むらに掘っ立て小屋を建てて
そこで傷ついた人々を「治して」いる、
ただしその傷を自分に移して昇華するような
神がかったシーンが写しだされる、

これをどう解釈するか等々、
考えどころはあるが、それより
香港の見たことの無い風景を
映画から見るだけでも価値はある。

イ・ビョンホンは鍛えられた肉体を披露するが、
痩せすぎてフィリピンの労働者のような感じで
洗練されたヤクザというには
迫力が足らなかった、
この映画には不要な気さえ。

すごく面白い映画というわけではないが
自分の好きなシーンを
どこかに見つけられるかもしれない、
全体を通しての印象より
様々なパーツを繋いだような映画なので
時々はっとするような新鮮な「何か」を
見つけられるかもしれない。



誰もが折に触れ「神」に祈る、
でもその対象は日本人である自分にとっては
曖昧なものだ、
不確かだけど、その存在を願う象徴の具現化に
挑戦した映画と感じたが、
それは果たしてそこにあったのか。

★100点満点で70点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

今年初めて行ったフィリピン、この映画で見た風景なら
再度行ってみたい。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

「ROOKIES -卒業- 」結局泣かされる、ベタだけどそれ以外望まない

2009年06月09日(火) 20時09分
「ROOKIES -卒業- 」★★★
佐藤隆太 、市原隼人 、小出恵介 、城田優 、中尾明慶 、高岡蒼甫 、桐谷健太 、佐藤健 出演
平川雄一朗 監督、2009年、105分、




「ねえ、先生
俺、時々思うんだ、
今までのことは全て
キセキだったんじゃないかって」



こんなベタな映画で
結局、泣かされるという
分かりきった展開、
でもこれでいいじゃん!という
何故か素直な気分にさせてくれる映画。


出来は「並」だけど、
自分では言わなかったし、
これからも言わないであろう
「青春」にまつわる
熱い言葉の数々が、これだけ
大画面で頻繁に語られたなら
もうそれはいちいち恥ずかしがってるよりも
受け入れてただただ
あり得ない「ニコガク野球部」の
快進撃を見るのが正しい見方のようだ。



いまどき「夢」とか
「情熱」とかそんな言葉は
恥ずかしい言葉として
実際に語られることは少ない、
でも一生懸命な姿を見せられれば
そういう瞬間があってもいいよなと
素直に感じる。

誰もがそれぞれ自分なりに
頑張ってる世の中、
でも「頑張ってる」のもなんだか
カッコワルイから、そんな態度は見せないように
しれっーと過ごしてる、
誰かが分かってくれたら良いなとか
この人だけに分かってもらえれば
それで良いやとか思いながらね。

どんなに力を尽くしたって
うまくいかないことの方が多いかもしれない、
そんなこと分かってるから
この暑苦しい面々から零れ落ちる
恥ずかしい言葉を
おとぎばなしのように受け入れるのだ。



「卒業式」で泣いた?


自分はたぶん「その次」に思いを馳せて
泣き所じゃなかったと記憶している、
素直にお世話になった人に感謝し
強い思いを感じられような日々を過ごしたなら
きっと泣けるだろうな。

しかし人を教えるということは
果てしないことだ、終わりを迎えても
その次がまた始まっていく、
でも自分も知っている、
一度一度の出会いはやはり
一度きり、だから大切にしたいと思う、
で、どうすべきかと言えば、
一緒にいる時間に懸命に向き合うことだ、
それしか出来ることはないだろうな。


この映画、出演者がTVに出ずっぱりで
大ヒットしているけど、
まだ公開は始まったばかり。
6/7付けチャートでは2週連続首位、
公開9日間で動員270万人、
興収33億円を突破という、すごいことになっている。


★100点満点で70点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

次は「ごくせん」とばかりに劇場では赤いジャージを
スタッフが着ていた。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2009年06月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf