「チョコレート・ファイター」全て本物の痛い痛いカンフー少女

2009年05月31日(日) 12時09分
「チョコレート・ファイター」★★★☆
ジージャー・ヤーニン、阿部寛、ポンパット・ワチラバンジョン 主演
プラッチャヤー・ピンゲーオ 監督、2008年、タイ、99分




「タイの裏町、病弱な母が以前
貸していたお金の集金の為に
少女は超感覚的な目で覚えたカンフーで
ワルイ奴らをブチのめしていく」



タイから届く映画は
「マッハ!」や「トムヤムクン」など
タイのムエタイとカンフーを混ぜたような
超絶技で悪者をやっつける!という
分かりやすい映画ばかり、
今回は少女が大活躍。

バンコクに旅行中には
必ず映画を見ることにしているが
公開されている映画はもっとバラエティに富んでいる。
ただしアクションの他はホラーや
若い役者がTVドラマののりで
演じているようなものまで
贔屓目にみても出来はよろしくない。

でも中にはかなり出来のいいものもあるが、
そういう映画はなかなか公開されない、
仕方ないとも言えるが、
もっと色々な国の映画も見たいものだ。


で、この映画どうだったかというと、
普通に面白かった、
CGなしのホンモノということだから
どのシーンも生身で痛々しいが、
こんな女の子がよくここまでと
「スゲー」という感嘆を何度も心の中で。


ただし大きな見せ場というものがなく、
小出しに常に戦っているので
飽きてくるというか
見せ方には工夫が欲しかったな。

何故か日本のヤクザとして阿部寛がでていて、
充分に日本も意識した作りなのかもしれない、
どうせなら旅行に行きたくなるような
観光名所を散りばめるとか
より良く出来そうな余地はまだあると感じた。

精肉工場での戦いのシーンは
痛さ満載で、これは目新しかったが
包丁がそこら中に目について
「危ない」「危ない」と何度も繰り返した、
名作と思えるアクション映画は
その戦いまでの悔しさや怒りの
「溜め」が必要で
見てるこっちも「もうここまできたら戦うのも仕方ないだろ」と
思わせてくれないと、
くだらない小さなこだわりだけど
やはり絶対に必要だと思っている、

その部分がこの映画ではまだまだだなと思いつつ、
でも楽しめたことは確か。


すごい女の子が現れたものだ。
次回はトニー・ジャーと競演というのも
面白そうだ。


★100点満点で70点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

アクションシーンの連続で満腹でした。

★映画ランキングはこちら

村上春樹の新刊到着!「1Q84 4月−6月/7月−9月 a novel 」

2009年05月30日(土) 12時56分
村上春樹の新刊到着!「1Q84 4月−6月/7月−9月 a novel 」




4月にオンライン書店「bk1」で予約していた
村上春樹の新刊がさっき届いた。


TVのニュースでは大型書店の一部で
27日の夜頃から並んでいると知って
本が届くのを待っていたので嬉しい。

予約なんかしないでも早く読めたんだなとか、
通常出荷じゃなくて、
おいそぎ便で宅配にすれば良かったとか。
等々

たった一日か二日の違いなんだけど
先週読んでいた本の次は
長編を読むと読み終える前にこの新刊が
到着したらマズいなぁと
児玉清の「寝ても覚めても本の虫」という
エッセイを読んでこの本の到着を待っていた。


ということで、ただいま読書中。


★楽天は在庫アリ ←
アマゾンは品切れ中のよう



soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

「ノルゥエイの森」が映画化される、どんな出来上がりか楽しみだ。



★映画ランキングはこちら

「重力ピエロ」泣いている、笑ってる、微妙なバランス

2009年05月29日(金) 0時09分
「重力ピエロ」★★★★
加瀬亮 、岡田将生 、小日向文世 主演
森淳一 監督、2008年、119分



「春が二階から落ちてきた。」


「印象的な出だしで始まるのは、
ある家族の物語、
どこにでもあるようで、でも
見ていると分かる、
どの家族も唯一の物語を持っていると」



原作は読んでいない、
読もうかな思ったときには
ベストセラーとなっていて
「今さら」と思ったからだ。


映画を見ていて所々に
本の印象的な書き出しのような部分を見た、
そして映画はそれらをうまく取り込んで
上質な家族の物語を描いていた、
ミステリー仕立てになっているが
本筋は「家族」という単位の
なんとも強固で揺るがない
安心出来る場所を見せてくれた。


劇中で回想される家族で見た
サーカスでピエロの空中ブランコのシーン、
「大丈夫だよ、ちゃんと掴むからね」
ピエロが失敗して相手の手を掴みそこねそうになる、
でも大丈夫、観客はほっとする、
そしてみんなは知っている、
落ちたって安全ネットがあるしね。

そんなことを映画は解説はしない、
でも映画のシーンの間に
あれこれと考えるきっかけがあって
その自分だけの時間は
まるで読書をしているようだった。



自分のことを分かって欲しくて
回りくどい「放火」という手段で
DNAの構造を真似てみたりと、
作りこみ過ぎの部分もあるし、
事件から派生する人間関係などは
作り物と前提しても首をかしげる部分もあったが
そんなこと気にならないくらい
映画は常に心地良い緊張感に包まれ
ラストまで見せ切ってくれた。

面白かった。


★100点満点で80点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

岡田将生は「ホノカア・ボーイ」に続いて今年二度目だが、
この映画のほうが存在感があったな。


★映画ランキングはこちら

「おと・な・り 」こんな偶然あり得ないけど、なんだか幸せ

2009年05月27日(水) 0時09分
「おと・な・り 」★★★☆
岡田准一 、麻生久美子 主演
熊澤尚人 監督、2008年、119分




「カメラマンの聡(岡田准一)の隣の部屋には
花屋のバイトをしながら、
フランス留学を控えた七緒(麻生久美子)が
お互い隣の気配を何気なく気にしながら暮らしてる」



自分の隣に住む人がどんな人か
都会生活では、まったく分からないことが多い、
却ってあまり親しくしない方向で
それとなく出る時間をずらしたり
そんな微妙な空気をお互い詠みながら
「煩わしい」ことから避けるように暮らしている。

この映画の主人公達の暮らすアパートは
隣の壁が薄いのか、
かなり隣の生活音がはっきりと聞こえる、
だからフランス語を勉強する声や
コーヒーミルでジャリジャリとコーヒーを
挽く音も聞こえて、
それがうるさいなと思う場合もあるだろうが、
この2人はなんとなくお互いが
変わらない日常を送っていることに
ほっとしているようだ。



そしてふたりはそれぞれの生活を
淡々と送っている、
いつもと違うことが起こったり、
新しい出会いがあったりするが
お互いの部屋で過ごす時間に変わりは無い。


この先どうなるんだろう?と思っていると
少しずつ種明かしがされる、
この結末は特に感じることは無かったが、
自分達はひとつの住む場所を決め
その周囲で何年も過ごし
一体何を得ているのだろうかなどと
ふと考えた。

「ちょっと幸せ」

そんな映画、目を見張る何かや
大きな成功の話でもない
だからこそ自分達の話のように感じられるのだろう。



★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

麻生久美子の映画がどんどん公開されてる不思議。


★映画ランキングはこちら

「漁師と歌姫」自分自身を発見する旅に出る

2009年05月25日(月) 0時09分
「漁師と歌姫」★★★☆
又吉栄喜著、潮出出版、333ページ、2100円




「昭和36年の沖縄の小さな漁村、
TVは長老の家にしかなく、
およそ現代の生活とは遠い暮らしの中、
青年はゆっくりと大人になっていく」



舟で沖へ出て鮫とひとりで格闘することで
自分を表現したい主人公と
彼を慕う弟分との永遠に続きそうな
のどかな日々、
それでも確実に少しずつ彼の生活は
変わっていく。

ここに主人公が恋する和子という
女性が登場し、
彼の生活は色づきそして
これまで考えもしなかった自分の将来などを
身近に考えるようになる。

小さな村の共同体、
「世話役」に選ばれた和子は
様々な場面で「詩」を詠み
それはシャーマン的な雰囲気を漂わす。


舞台が50年近く前ということもあり、
文明から遠く、濃密な人間関係、
そして目の前に広がる大きな海原と
背景には山を抱え
その全てのイメージが
あと少しでパーフェクトな物語になったと思うが
荒々しい魂と神聖なものの
対比がもうひとつというか、
和子という世話役にそれ程、
普通ではない「力」を感じられなかったのが
どうも読後感を悪くさせている。

それぞれの選択が「その場所」から
離れてしまうのも、なんとも残念な気がする。

何もかもが「有る」場所を
本の舞台に選んだのにな。

それでもラストまで「どうなるんだろう」と読ませる
展開は巧妙で、まさにラストまで
余韻を楽しみつつ一気読み。

次も気になる作家さんを見つけた。
それが嬉しいことだ。

★100点満点で70点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

芥川賞「豚の報い」は以前読んだと思うがもうすっかり忘れてしまった。


★映画ランキングはこちら

「ウォーロード/男たちの誓い」戦乱の世の正義に翻弄される勇者たち

2009年05月24日(日) 0時09分
「ウォーロード/男たちの誓い」★★★★
ジェット・リー 、アンディ・ラウ 、金城武 主演
ピーター・チャン 監督、2008年、113分、香港、中国




「中国・清朝末期。太平天国の乱が起こる中
義兄弟の契りを結んだ3人が乱世を戦い、
やがて悲劇的な結末を迎える、
馬新貽の暗殺事件の映画化、
史実を踏まえつつ、熱い義理と
恋愛も織り込んだ意欲作」



派手なワイヤワークやカンフーも無く、
ひたすら血みどろの接近戦で
戦い抜くのはジェット・リー 、
アンディ・ラウ 、金城武というスター。

「レッドクリフ」と比べると戦いのシーンの
大掛かりな見所と言う部分では
見劣りがするが、その分
3人の心情はそれぞれの想いを
しっかり描き分けていて
胸に迫る感動はこちらの方が上。



目の前の「情」に流されること無く、
戦乱の世を終わらせることで
真の安らかな国を求める気持ちと
それでもその為に目の前の
かつての仲間を殺すと言う究極の行為、
ボケボケと言われながらもこの平和な現在に
生まれてホント良かった



「少林寺」から見守り続けるジェット・リーが
今回は派手なアクションより
悔しさや哀しさや揺れる心の演技を見せ
「新宿インシデント」のジャッキーといい、
アクションからの脱皮を図ってるのか
頑張ってるのは分かるが
ファンとしてはアクション1本で充分なんだけどね。

戦いの虚しさは充分伝わり、
累々と続く兵士の骸を目にして
アンディ・ラウが叫ぶシーンは
その哀しみがストレートにガツンと来た、
分かり易いことは時に安易でもあるが
この映画ではそんな安い感じは無かったな、
それはそれまでしっかりと
惨たらしい戦いのシーンを描いていたからだ。

面白いと言うと弊害があるかもしれないが、
見応えのある作品だった。

★100点満点で85点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ジェット・リーはもうアクション映画には出ないと宣言していたが
いつの間にか撤回したのか?


★映画ランキングはこちら

「天使と悪魔 」それはひとりの人間の表と裏

2009年05月20日(水) 20時39分
「天使と悪魔 」★★★★
トム・ハンクス ,アイェレット・ゾラー ,ユアン・マクレガー 主演
ロン・ハワード 監督、2009年、139分、アメリカ




「ロバート・ラングドン教授の
今度の冒険の舞台は、ヴァチカン。
謎に包まれた秘密結社イルミナティの
復活の証拠を発見し、古代の印から
暗号を読み解き核心に迫っていく」



そつないストーリー展開で
安心して映画の世界へ入っていける、
あとは都合が良すぎるかな等々感じながらも
教授が発見する様々な歴史の符号。

そして新たな脅威が迫る
ヴァチカンというキリスト教の象徴の場所で
謎解きをするのだが、
いかんせん宗教の背景などを詳しく知らないので
驚きは欧米の人たちに比べたら半減しているかも。


それでもヴァチカンへ向かう途中の
サンタンジェロ城や駆け足で巡った
ヴァチカンの広場など、自分が実際にこの目で
見た場所が画面に現れるのは
それだけで楽しい気分になる。



人間は宗教にこの世の楽園を
求めたはずなのに、
その宗教にがんじがらめに縛られ
命まで懸けるのは自分には理解できないことだ、
この世にはやはり「楽園」は無いのかなと
ふと思うと寂しくもあるのだ。


教授が語る様々な符合の殆どを
全く知らないので、
そのあたりはただそういうものかと
思うだけだが、そんな無知な部分は無視しても
見せ場の多い、楽しめるつくりになっていて
さすがハリウッド、映画らしい映画を楽しんだ。

ラスト近くの見せ場では思わずホロリとした、
そして用意されたラストシーンと
大変良く出来ました。


次もあるな。

★100点満点で75点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

そのうちに教授が日本で謎解きする日は来るのか?


★映画ランキングはこちら

「シリアの花嫁」国境ゲートは開かない

2009年05月19日(火) 0時09分
「シリアの花嫁」★★★
ヒアム・アッバス 、マクラム・クーリー 、クララ・クーリー 主演
エラン・リクリス 監督、2004年、97分、イスラエル、 ドイツ、フランス




「旧シリア領ゴラン高原の小さな村、
ここは1967年以来イスラエルが
占領し続けている地域だ。
この村から境界線を越えて
シリアへ嫁ぐ娘と家族の
その大切な一日の物語」



パスポートに「無国籍」ということが
あることさえ知らなかった、

目に見える場所へ行こうにも
二ヶ国の煩わしい手続きに
阻まれてそれもままならない。

誰もが殆ど何処でも行けると思える現在、
こんな場所があることを知って
心底驚く、いくらなんでもと。

ウエディングドレスでゲートの側で
手続きの完了を待つ花嫁、
傍らには親族や友人、
ゲートはシリアへと続いている、
なのに花嫁はなかなかそのゲートを通れない。

この滑稽なドタバタの一部始終は
リアルとは言えなくても、
ほぼこれに似たような現状なんだろうなと
想像できる、
そして大変だろうなと他人事のように
喜劇にしか思えない一部始終を見つめるだけだ。

「次の機会を待ってくれ」と言われ
「次は無いんだ」と必死に答える、
途上国では様々な局面で
「待つ」ことが当然のように起こる、
でもこの映画のように「結婚」という
状況を考えると、傍目には笑えても
当人達には泣くに泣けないだろう。

人間は何をしてるんだろう、
今、このときも同じ地球上で
これが現実と思うと
ただ笑うしかないが、
あまりにバカバカしくて、何してるんだろうと。


興味深い内容だったけど
映画としての出来は並以下ってところだ。

★100点満点で60点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

日本のように海に囲まれていると、国境と言う感覚はあまり無い、
鉄条網で分断された国境のゲートはなかなか開かないのだ。


★映画ランキングはこちら

「バンコック・デンジャラス 」ハリウッド的お手軽バンコク観光映画

2009年05月16日(土) 10時51分
「バンコック・デンジャラス 」★★★☆
ニコラス・ケイジ 、シャクリット・ヤムナーム 、チャーリー・ヤン 演
オキサイド・パン 、ダニー・パン 監督、2009年、119分、香港




「引退を考え始めた凄腕の暗殺者が、
最後に選んだ仕事はタイのバンコクでの
4件の殺しの依頼だった、
このシリーズで世界各地で撮れそうな映画」



元ネタはタイの映画「レイン」ということだが、
ほぼ別の映画になっている。


綿密な分単位の計画を立て、
冷静に「暗殺」という仕事をこなす主人公、
バンコクという初めての土地でも
自分の決めた掟にしたがって
仕事の準備をし、
仕事をこなしていく、順調に終えるはずだったが、
少しづつ計画が狂っていく。


かなり綿密に計画したはずなのに
その計画がダメとなれば
水上マーケットで多くの人が居る中でも
銃をぶっ放して、
それまでの姿との落差にビックリする、
これで本当に腕利き?と。

薬局では彼の心を奪う人との出会いも
用意されているが、
展開が急すぎてと
ってつけたような印象を拭えない。

まあそんな細かいことをつつくよりも
そつのない作りの映画をただ楽しむのが
この映画の正しい見方。



バンコクという土地は自分も好きなので
楽しみにしていた、
ボクシングスタジアム、夜のパッポン、
水上マーケット、マーブンクロン、
ちょっとした観光映画っぽい要素もあり、
「休暇の延長でバンコクで映画でも撮ろうか」って
調子で出来上がったような感じだ。

この映画はバンコクじゃなくても
これを東京や上海や
どこに舞台を移してもそれなりに撮れそうな
お手軽映画だけれど、
だからと言って出来の悪い
つまらない映画でもないので
次の大作までのつなぎ的な映画というところか。



見ないと損とまでは言わないので
レンタルまで待ってもいいかな、
バンコクへ行ったことがある人なら
自分の行った場所が映ったりしていて
それだけでも楽しい。

元ネタの「レイン」は聾唖の主人公と
薬局で働く女性との淡い恋と
もっとギリギリの心情が描かれ
ドラマとしては元ネタのほうが面白い。

★100点満点で65点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

全体的にタイの人々を定型的に描いていて
まあ、心情を描く映画じゃないけど、もう少し踏み込んで欲しかったな。

★映画ランキングはこちら

「チェイサー」勧善懲悪のない現実

2009年05月14日(木) 0時09分
「チェイサー」★★★★
キム・ユンソク、ソ・ヨンヒ、ハ・ジョンウ、キム・ユジン 主演
ナ・ホンジン 監督、2008年、125分、韓国




「汚職で刑事を辞めて、
今は女の子の斡旋をして
その日をなんとか暮らす男が
連続殺人犯を追いつめる、
そこに正義はあるのか?」



早いうちに犯人は明らかになり、
犯人の家に派遣された女の子が
捕らわれハンマーで襲いかかられ、
浴室で横たわる、
主人公は自分が無理に送り出した
女の子の家へ行き、
彼女に子供が居ることを知り、
わずかな手がかりで犯人を追いつめる。

殺人鬼と売春斡旋男の対決で
こちらはなんとなく居心地が悪い、

悪人の程度の違いはあれ、
主人公も正義の味方ってわけじゃなく、
とにかく女の子を取り返したい一心で
犯人を追いつめるのだが、
助かって欲しいという気持ちとは裏腹に
主人公だって女の子を送りださなければ
こんなことにはならなかったのだ。

不気味な猟奇殺人の犯人が
外見はどちらかというと優しい青年というのも
怖さを増幅させる、
もっと悪い顔をしていれてくれたら、
気持ちはすっきりするだろうに、
何かをしでかす人は自分達のすぐ隣にもいると
言っているようだ。


そして主人公は冴えない感じの
元刑事でとても正義を振りかざせるような
人じゃない、この対比は面白かった。


韓国映画はラストで事件が解決しないものも
結構ある、現実を反映すると
そうするしかないのも分かる、
でも映画で見るならラストは明るい希望を
感じたいものだ。

ここ2年くらいあまり面白い韓国映画に
出会ってなかったが、ここにきて2作連続で
韓国映画らしいイキのいい映画に
当たっている、これは嬉しいことだ。
スター映画がいまひとつパットしない今、
やはり必要なのは「情熱」
それを充分感じられる映画だった。


★100点満点で80点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

惨いシーンが結構あるので誰にでも勧められる映画じゃないが、出来は良いと思う。

★映画ランキングはこちら
2009年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf