「レイチェルの結婚」冗長なシーンに退屈を感じる

2009年04月30日(木) 0時09分
「レイチェルの結婚」★★★
アン・ハサウェイ 、ローズマリー・デウィット 、ビル・アーウィン 、トゥンデ・アデビンペ 主演
ジョナサン・デミ 監督、2008年、112分




「レイチェルの結婚式を2日後に控え
妹のキムが更生施設から帰宅する、
幸せな雰囲気に満ちた家に、
危うい空気が入り込んでくる」



家族とは姉妹とは、
そのかけがえの無い絆を大切にしたいと
誰もが願い、
それ故、却ってひどく傷つけてしまうこともある。

計算された映画的な緻密なカットの
積み重ねといった映画でなく、
ホームビデオで家族の幸福な
結婚式の記念を残そうとするような
どこか間延びした
だからこそ個人的なビデオのうような
感じの映画が出来上がったようだ。



主人公は姉のレイチェルの結婚に
波乱を起こす妹のキム、
彼女は依存症を治す施設から
戻ったことを多くの結婚式の出席者に
知られていることを気にし、
幸せな雰囲気をブチ壊しにしていく。

誰でも人の目が気になる、
そして思っていることと
口に出すことはちゃんと気をつけて
過ごしている、
主人公は思ったままを口にし
そのことで父親や姉の気遣いを
台無しにする、
気持ちは分かるが大人気なさ過ぎて
同情する気にはなれない。


この自分勝手すぎる主人公に
そうしても感情的に同情する気にもならず
ただただ周囲が気の毒な気分だった、
もっと「何か」のある映画かと期待していたが
大人になりきれないバカな娘が
気の良い人々をかき回すくらいで
これと言った見所は感じられなかった。


気になる人はレンタルでも充分、
これを見るなら「スラムドッグ・ミリオネア」でしょう、まずは。

★100点満点で60点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ホームビデオのように、ひとつのシーンが長く、
退屈と感じる所があったが、あれも演出なのか?

★映画ランキングはこちら

「パラドックス13」大作映画として実現して欲しい

2009年04月28日(火) 7時43分
「パラドックス13」★★★☆
東野圭吾著、474ページ、1.785円





「予測されていたのは、
13時13分からの13秒間、
地球は“P‐13現象”に襲われるということだけ、
その13秒後の世界の物語」



ー 運命の13秒。人々はどこへ消えたのか? ー

地下鉄の往復と、
映画を待つ僅かの時間、
しまいには久し振りに家で本だけを
真剣に読む時間まで作って
あっと言う間に読破した。

微妙な心の動きや、
鬱だったり人とうまく接することができない等々、
そんな小説が多い中
全くの想像の世界で
読みながら常に自分だったらと考えながら
終わりの見えない主人達の
陥った極限状態を頭の中で描いた。



これを映像に出来たらなと思いながら
東京の街が廃墟になる様子や
地震、水に飲み込まれる人々など
映像的にわくわくするようなシーンが
たくさんあり、ただ安っぽい出来上がりだと
残念なことになるので
是非大作として映像化して欲しい。

10人弱の行動を共にする人々を
描いているため、どうしても定型的に感じる
部分もあるが、なにより読ませてしまう
スピード感は文句なしだった。

ただ極限状態を描いてる場面で
誰もが思ったとおりの行動をとるので
人間ってもっと訳のわからない存在じゃなのかなと
突っ込みを入れたくなる所も


しかし作品の価値を下げてしまうほどじゃなく、
長編の本を持つときの喜び、
本のラストをめくる名残惜しいような
あの切ない気持ち
本好きで良かった!

本好き心を満足はさせてくれたが、
内容的にはもう少しということで評価点は
少し厳しいです。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

本屋で平積みの新刊をただ眺めるだけで
作家の想像の世界に期待で嬉しくなる、

★映画ランキングはこちら

「鴨川ホルモー 」世の中には見えないものがたくさんあるのかもしれない

2009年04月26日(日) 13時07分
「鴨川ホルモー 」★★★☆
山田孝之、栗山千明 、濱田岳 、石田卓也 主演
本木克英 監督、2009年、110分




「万城目学原作の本が書店に平積みに
なっていたとき、一旦は手に取ったが
タイトルがあまりにバカバカしく
結局読まなかったので、
気にはなっていた作品が映画化ということで
さっそく見に行き、不思議な世界を体験」



この映画は作られた世界を描き、
バカバカしい内容を真面目にやってることを
ちゃんと心構えとして持って見るべき。


2浪して京都大学に入った主人公は
「京大青竜会」という何をしてるのか
いまひとつ分からないサークルに入るが、
そこでは「ホルモー」という
小さな鬼を操って、大学同士戦うという
意味不明の伝統行事が行われていた。

現代を描く映画や芝居は
時代劇と違い、リアルやさりげなさなど
日常に近い部分が大切にされているが、
この映画は最初っから「作り物」を
強調し、小さい鬼がわんさか出てきると
これはもう御伽噺の世界

それを受け入れられるかどうかで
この映画を楽しめるかどうか
かなり違ってくる。

「ゲロンチョリー」とか鬼を戦わせる造語も飛び出し、
大真面目にくっだらないことをやるのは、
当人達にしてみたら楽しいだろうな、
大人になるとそういう、ただバカバカしいことって
もうしなくなるものだから。

原作の世界をどのくらい表現し得たのか
もしくは、どのくらい映画世界として
突き抜けてるのかは原作を読んでないので
分からないが、
すごく面白かったかと言えば
もうひとつでした。



でもこういう意欲作は歓迎したい、
無難なスター映画やこじんまりとした
TVドラマと変わらない邦画が多い中、
映画として作りこんで意欲に満ちた作品を
これからももっと見たいものだ。


★100点満点で65点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

栗山千明の豹変振りもこの映画の見所

★映画ランキングはこちら

「スラムドッグ$ミリオネア」見逃したくない映画

2009年04月23日(木) 22時09分
「スラムドッグ$ミリオネア」★★★★★満点!
デーブ・パテル、マドゥール・ミタル 、フリーダ・ピント 主演
ダニー・ボイル監督




「インドのスラムで育った青年が
TVのクイズショウで難問を次々と
正解していく、
今年のアカデミー賞8冠の栄誉に負けない
主人公の半生に涙」



ムンバイの路地で遊ぶ子供たちが、
バラックの家が立ち並ぶ細い迷路のような通路を
走り抜けるとき、
カメラは足下や少年達の目線で
人々の暮らしの一瞬を切り取る。

そしてカメラが小さな広場から
グーンと上昇し視界が広がると
その錆び付く屋根がどこまでも続いていることを
画面いっぱいに映し出す。

たったひとつのシーンが
様々なことを語る印象的なシーンで映画は始まる。
ここからもう一気に映画に引き込まれる、
自分がこの目で見たインドの風景が重なる。



クイズミリオネアで難問を正解し続ける青年が
何故その答えを知り得たか
その答えを過去に戻りつつ
直接的または間接的に知ることになる。


過酷と一言では言い切れない、
日本にいたら想像も追いつかない現実、
インドを旅した人ならなんとなく
頭で理解が出来るところもあるが、
それでも旅行者のお気楽な視線は、
現実の僅かな部分だけしか見ることはない。

この映画は主人公がいかに難問の答えを
彼のこれまでの経験の中から
知り得たかを教えてくれるが
見ていて分かったのは、
クイズの答えが重要なのではなく、
そんな経験の中で主人公がいかに生きたかということだ。


誰でも同じ毎日を繰り返しながらも
たとえすぐ側に居る人でも全く同じ経験、
同じ考えを持つわけでもなく、
それぞれ選択し、
自分だけの答えを見つけていく、
同じものを見たり聞いたりしても
人はそれぞれの答えをそこに見いだすのだろう。


そして主人公は決して諦めない
運命の人を捜して大人気のTVに出演し、
なんとかもう一度会いたいと願うのだ、
フラッシュバックのように
通り過ぎる列車の連結部分から
チラチラと見える愛しい人の姿、
重なる優しい音楽、消える雑踏の音。

このラストを描くために
様々な仕掛けを用意し、
実はとても個人的な映画ともいえるラスト、
もう一度見たい久々の映画だ。

★100点満点で満点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

インドを旅したということもこの映画に引きつけられる
要因だろうが、何もかもがピタリと収まるところに
収まった傑作の誕生だ

★映画ランキングはこちら

「おっぱいバレー」綾瀬はるかのゆるキャラを見に行く映画

2009年04月21日(火) 21時45分
「おっぱいバレー」★★★
綾瀬はるか、青木崇高、仲村トオル、石田卓也 主演
羽住英一郎 監督、2008年、110分




「タイトルのくだらなさは
本編では弾け方が足らず、
結局映画のタイトルが一番
インパクトがあった感じだ」



やる気のない生徒にカツをいれるつもりが
「一勝したらおっぱいを見せる」という
バカバカしい約束にすり替わり
中学3年にして急に燃え上がった
バレー部の短いガンバリの日々を描いた。


自分としては怒られながらも頑張る
最強の敵のほうに気持ち味方したかな、
ちょっとぐらい頑張って
そう簡単に達成感や勝利なんて
甘すぎるから。



まあでもこの映画は
無気力だった学生生活に彩りを
与えてくれた新任の女教師との
おバカな日々を描いたものだから
こんなものだろう。

展開の驚きもなく、
無事に着地というなんとも無難な映画
だけれど
常に60%くらいの出来を積み重ねたら
全体的には70点の合格点と
感じさせるような、
ゆるいゆるい映画だった。

バレー部の個々の生徒は
見終えたらすぐに忘れてしまうような
ひとまとめの扱いで
主役とそれ以外をきっちり分けていて
もうすこし中学の頃を観客に連想させるような
エピソードをいくつかちりばめてあれば
見終えた感じはもっと違ったものになっただろう。

レンタルや地上波放送まで待っても
損はしない出来、
時間つぶしと思えば劇場で見るのもいい。

★100点満点で65点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

綾瀬はるかは他の女優と比べて映画出演が多く感じる、
でもまだ代表作はない。

★映画ランキングはこちら

「ある公爵夫人の生涯」アカデミー賞衣裳デザイン賞の豪華な扮装劇

2009年04月19日(日) 19時31分
「ある公爵夫人の生涯」★★★★
キーラ・ナイトレイ 、レイフ・ファインズ 、ヘイリー・アトウェル 、ドミニク・クーパー 主演
ソウル・ディブ 監督、2008年、110分



「本年度アカデミー賞衣裳デザイン賞を
受賞した衣装の数々を見るとき、
映画の贅沢な夢の世界に身を置く
心地よさを感じる、
チープだったら寒々しく感じるところを
見たことの無い世界へ一気に連れて行ってくれる」



広大な領土を持ち、
何不自由ない暮らしを手に入れても
「お世継ぎ」を産むという大切な「務め」が
重圧になる所などは
庶民には想像はできるが
実際の苦悩は想像を超えているだろう。

キーラ・ナイトレイは古典的で
硬質な美しさをもっているので
ピタリのハマリ役

コルセットや幾重の布や紐で固定された体が
しめすように、しきたりなどにがんじがらめになって
明るく奔放な性格が押さえつけられる様子は
やはりなんとも痛々しかった。

自分の運命を受け入れ
その中で自分をそして周囲を
幸せにするために、
諦めないとならないことも多いが
それでもその中で最大限自分らしさを
失わなかったようで
単純に現代とは比べられないが
何の制約もない現代でも
自ら考えすぎて動けないとしたら
どちらが「らしい」生き方をしているのか
分からなくなる。


自分達は今に生き、
何の疑問も無くこのシステムの中で
日々暮らしているが
かつて今から考えたら窮屈な時代が長く続き、
その中でよりよくするために
先人たちが様々な改革をしてきてくれた、
ふと自分達も享受するだけでなく
もっと考えるべきことがあるのだろうな
ぼんやり思った。

★100点満点で75点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


扮装ものはあまり好きじゃないが、この映画は安っぽい所が無く
予算が潤沢にあるということは凄いことだと改めて実感。

★映画ランキングはこちら

「花の生涯〜梅蘭芳〜」華やかな華やかな生涯を見るが、何故かちょっと哀しい

2009年04月18日(土) 9時36分
「花の生涯〜梅蘭芳〜」★★★★
レオン・ライ 、チャン・ツィイー 、スン・ホンレイ 、ジリアン・チョン 主演
チェン・カイコー 監督、2008年、147分




「京劇のあのカン高い声は
どうにも苦手だ、でも男性が女性を
演じるとき高い声をだすとしたら
あの振り絞ったような声は仕方ない、
日本の歌舞伎と通じるものがると
感じると興味深い」



京劇の実在のスターの生涯を描いたもので、
1960年代まで実際に「中国人の心」と
慕われた大スターの波乱の人生は
日本の近代史にも関わり、
少し居心地が悪い場面もあったが
これも事実、
映画は堂々の正統派作品として
見応えがあった。


芸術を愛し、
それを支えようとすることが
こんなにも過酷で
損得勘定なんて成り立たないと思いつつも、
苦労の方が多いところを見ながらも
それでも自分の信じた道を貫くという
姿勢は憧れでもある。


普段の生活に流されて
自分の本当にしたいことを
誤魔化して居るように感じることがある、
そんなとき、こんなに生きやすい時代の中でも
「これだ!」と信じて突き進めないのは
たぶん自分の弱さなのだろうと
こういう映画を見ると痛感する。

でも「何が正しく」
「何が間違っている」というもの
結局自分が決めることなのだと思うと
なかなか前に進めなくなる、
映画の主人公はそのあたりは迷いが無い、
唯一無二の存在だからだけれど
せっかくこうして映画で彼の生涯にふれたのだから
少しは自分のことを振り返るのもいいだろう。


きらびやかな舞台の裏には
幼い頃からの厳しい稽古があり、
見た目の華やかさだけでは語れない、

生まれたときから運命として
その道が一本目の前にあるのは
どんな気持ちだろうと推し量るが
やはりそれは想像でしかない。

日本でもこんな映画がどうして出来ないのだろう、
そんなことを考えながら
あまりに収支や利益ばかりを追ってきた
現代の風潮がちゃんとこういう
芸術にも現れているのかもと思って
少し淋しい気分になった。

★100点満点で90点★

文句のつけようがないが、心を揺さぶられるところは
少なかった。



★100点満点で80点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


スターメイランファンは「覇王別姫」としてレスリー・チャン主演で映画化された劇を
作ったとも言われ、伝統文化に新しい風を取り入れたようだ。

★映画ランキングはこちら

「レッドクリフ PartU未来への最終決戦」堂々の歴史大作、大画面で楽しみたい

2009年04月16日(木) 0時09分
「レッドクリフ PartU未来への最終決戦」★★★★
トニー・レオン 、金城武 、チャン・フォンイー 、チャン・チェン 主演
ジョン・ウー 監督、2009年、144分




「兵の数では圧倒的不利な
赤壁の戦い、見応えのある決戦模様、
そして累々と広がる倒れた血まみれの兵士を
カメラが俯瞰すると、虚しい気分が広がった」


ー 戦いに勝者ナシ −


見応えのある映像を
久し振りに楽しんだ、
歴史の戦記ものといういより
ここで真面目に描かれているのは
信義や忠誠、
損得勘定だけでない、人間の心を
生死をかけるギリギリの状態で
主人公達はどう動いたか。


誰もが出来るなら人の役に立ちたいとも
考えているだろう、
でももちろんそれは自分の幸せが前提だ、
まして現代で自分の命を懸けてなにかをする
なんてあり得ないのだから
簡単にこの映画に
自分を投影できるわけではないが
それでも何かしらのヒントはありそうだ。

向かい合う敵には精鋭もいれば
田舎から駆り出された俄か兵士も、
そんな敵味方がまさに面と向かって
刀や槍で戦う様子に、
主役の見せ場をうまく捉えつつ
爆発や群集の様子等々
ラストまで一気に駆け抜ける。


まさに大作の醍醐味を堪能、
さすがジョン・ウー、違和感なく
その映像を楽しむことができる、
この大掛かりなエンターテイメントは
劇場の大画面で楽しみたい。


★100点満点で80点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


金城武は戦闘には無関係で常に涼しい顔で登場、
オシシイ役でした。

★映画ランキングはこちら

「レッドクリフ PartU」首位獲得!国内映画最新ランキング(4/12付)

2009年04月14日(火) 22時37分
国内映画最新ランキング(4/12付)


初登場2作が激突!
「レッドクリフ PartU」と「クローズ  ZEROII」は
赤壁の戦いの勝ちのようだ。




今週 (先週)   
 1 (初) レッドクリフ PartU未来への最終決戦

50億稼いだ前作と同様の出足、
地上波放送も後押しし、前作を超えるかもしれない、
見たばかりですが、さすがの大作、期待は裏切りません。


 2 (初) クローズ  ZEROII

こちらは前作比140%と好調な出足、
内容的には軽い笑い等でほっと一息
つけるような所が無く、
見終えると元気になるというか
出演者が元気すぎで疲れる。

見て損はないけどね。

 
 3 (3) ドロップ

10億を超えてすごくガンバッテいる。
気になりだしてます。


 4 (2) ヤッターマン

見るつもりは無いが、30億目前と聞き、
何がそんなに引き付けるのか
ちょっと知りたくなった。



 5 (1) 映画ドラえもん新・のび太の宇宙開拓史

先週の1位から陥落、
200万人動員を果たし、
何が良いのかまったく分からないが、
定番の安定した力か。


 6 (5)映画 プリキュアオールスターズDX



 7 (6) 相棒シリーズ|鑑識・米沢守の事件簿



 8 (4) マーリー世界一おバカな犬が教えてくれたこと


 9 (7) ワルキューレ

宣伝もあまり派手でなく、トムの映画としては
静かなチャートだ。内容的には悪くないが
「見に行こう」という気にさせない地味さが致命的。


10 (10) トワイライト〜初恋〜

全米大ヒットも日本では苦戦、
原作本はどのくらい売れてるのだろう、
出来が良いのでもっとうまい宣伝をしてもらいたい、
そして続編も期待してます。




今週のベストテンの映画は4作、基本アニメは
見ないので春休み、夏休みはこんなものか。


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


「おくりびと」はとうとう60億に到達したらしい、
もうレンタルされてるのに劇場で見る人がいることを
嬉しく思う。


★映画ランキングはこちら

「クローズZERO II」校内土足厳禁、熱すぎる続編

2009年04月13日(月) 0時09分
「クローズZERO II」★★★☆
小栗旬 、 高岡蒼甫 、桐谷健太 、山田孝之 主演
三池崇史 監督、2009年、133分




「鈴蘭と鳳仙の抗争、
理由はなんであれ、とにかく
ほぼ全編ケンカシーン、
熱いエネルギーを感じたいなら
見て損はないが、
一般的な映画として、、
内容を求めてはいけない」



画面に登場する「高校生」が
ほとんど高校生には決して見えない
面々、
でもひとたび喧嘩シーンになると
その理由なき暴力が
何故だか単純にスカッとする。

変に意味なんか求めないほうが
かえって純粋な闘争本能みたいな
剥き出しの魂の輝きを
見ることができるのかもしれない。


とはいえ、見終わるとちょっと疲れる、
これだけのエネルギーが
ただ目の前の相手を倒すという
ただそれだけの爆発は
人を疲れさせるのかもしれない。

まあ、色んな部活のひとつとして
彼らは高校生活を
「喧嘩部」として殴りあうようなものだ、
相手に勝ったことでの輝かしい
勝利の高揚はあまり感じられなかった、

ただ何かを終わらせようとしているようで。


ひとつの時代が終わり
また新しい学生が同じようなことを繰り返すのだろう、
殴りあうエネルギーが
発電にでも変わるならいいのになぁと
訳のわからないことを考えつつ、
こういうものと知って見るなら
出来は悪くないと感じた。

でも暫くはこういう映画はお腹一杯です。



★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


小栗旬もせっかくなのでもっと力を示せる映画を次回は期待

★映画ランキングはこちら
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf