「チェンジリング」完成度は高いが今日性には疑問

2009年02月28日(土) 22時17分
「チェンジリング」★★★☆
アンジェリーナ・ジョリー主演
クリント・イーストウッド 監督、2008年、アメリカ、142分




「ある日、仕事から戻ると子供の姿が無く、
数ヶ月後、発見され電車でつれてこられた子供は
別人だった、主人公は自分の子供でないと
主張を続ける」



実際にあったことだという、
警察の横暴さと、偶然の不幸が
重なった事件。

見ながら思ったのは、
何故、イーストウッド監督は
このテーマを選んだのかということ。
映画の完成度としては極上の部類、
でもテーマは好きじゃない。



アカデミー主演女優賞にノミネートされた
アンジェリーナ・ジョリーにとっては
「演技する」という部分では、
最適な映画だったけれど、描く内容は
今更の問題提起って訳でもないだろうし、
やはり何故「今」なのかは気になった。

警察の横暴さをことさら強調しているが、
たぶん悪いヤツだっていただろうが、
描き方が一方的過ぎて、
主人公の側にだけ同情的にはなれなかった。


しかしイーストウッドの精力駅な活躍は
すごいなぁと、そっちの方に感心する、
演技者としては評価は低いが、
監督として、表現者という面では
充分に評価されている。

先日の新作で見た最近の風貌は
「ガイコツ」みたいだったけれど、
自分の頭の中に、表現したいものが
溢れているのだろうなと思うと
その動く姿が眩しくさえ感じる。


この世にたぶん「悪意」は存在する、
そして普通の人間は、その悪意に巻き込まれたとき
途方に暮れ、運命というものに
身を任せるしかないのだろう、
「事件」そのものより、
「自分自身」を貫くという強い意志が
人間には必ずあるのだと伝えたかったのかもしれない。

こういう映画を見て思う、
時々なら良いけれど、出来たら
ちょっといい気分になれる映画を見たいな、
日常の少し先にある希望の輪郭が見えるような。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

強い女のイメージのアンジェリーナ・ジョリーは
そのうちにはアカデミー賞を穫れるだろうが、
一体どんな映画で評価されるのか、期待したい。

★映画ランキングはこちら

アカデミー賞記念!「おくりびと」さよならをするために

2009年02月27日(金) 0時29分
昨年9月に書いた記事を再掲載します、
アカデミー外国映画賞という栄誉は
この映画にはちょっと華々し過ぎる感じですが
これを機に多くの人に見てもらえるのは
映画も嬉しいだろう。



「おくりびと」★★★★☆オススメ
本木雅弘 、広末涼子 、山崎努 主演
滝田洋二郎 監督、2008年、130分




高校生のときにボランティアで
老人ホームへお手伝いをしに行っていて、
誰も尋ねてこないおばあさんが急に亡くなった時、
知らせを受けて駆けつけてきた身内の人たちが
泣く姿を見ながら
なんか違うだろと憤りを感じた。

泣くくらいなら
生きてるうちに


「死」をテーマにした映画は苦手だ
人は死ぬために生まれてくるかもしれないが
その避けられない現実から
目をそらすように生きているからか、
どうしても真正面から受け止められない。



色々なことが簡素化され
様々なことが効率化され
それでも人の命の尊さは変わらない。

「泣く」映画だろうなと、ちょっと敬遠していたが、
時折のユーモアと丁寧な心理描写で
良質な映画が出来上がった。

主人公はその丁寧な仕事ぶりで
感謝され、自分の天職を見つけたようだ、
同じ自分の時間を費やすなら
やりがいや達成感を得られる仕事をしていたい
誰もが願うが
その「場所」がなかなか見つけられない。

でも日々の精一杯が
その運命を運んでくれるのかもしれない、
だとすると気を抜いて生きていたらいけないのだろう。
それがなかなか難しいことなのだけれど。


納棺師という仕事があることさえ知らなかった、
その仕事があるということは
それが必要だということだ、
ストーリーを追いながらも様々なことを考えさせられた。

死んでしまうということをしっかりと見据えるということは
いかに「生きるか」を自分に問いかけることだ。


何が出来るのかと言えば、
ただ懸命に生きるということ。

こういう映画を見ると内容とは別に嬉しくなる、
多くの人に見てもらいたい。

★100点満点で90点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

3月にDVDが発売さるようだが、気になるなら
是非、劇場で。

★映画ランキングはこちら

「ノン子 36歳(家事手伝い)」坂井真紀もうちょっと選んだほうが良いな

2009年02月26日(木) 22時10分
「ノン子 36歳(家事手伝い)」★★☆
坂井真紀 、星野源、新田恵利 主演
熊切和嘉 監督、2008年、105分




「同級生が経営するスナックで
ひとり酒を飲み、ウサ晴らしの主人公は
東京で芸能人やってたが、
今は実家の神社でブラブラしている、
彼女は36歳」


36歳独身、家事手伝い
家族と同居し、小さな町で
自分の現状をかなり諦め、
将来に特に展望もないと言う状態。

映画を見ながら思った、
その状況から何を伝えたいのだろう、
そこにある「閉塞感」や
軽めの「絶望」みたいなものは
何も映画にしなくたって
誰でも容易に想像出来る。


だからただ無気力に日々を過ごしてる主人公に
何も感じないのだ、
東京から戻ったのも、他人のせいにしているような
そんな彼女が、目の前に現れた
「夢のようなもの」を持った男から
目が離せないのも分かる。

この映画はいつもちょっとメジャーからは
離れた映画を撮る熊切監督の作品だったので
見に行ったが、彼らしいところは
ラストの祭りのシーンくらいで、
あとは何の目新しい切り口も無かった。

この監督なら何かやってくれるかな、
主演が坂井真紀ってのもいいなと思って見たが、
TVの9時台の2時間ドラマみたいでした。


ということで、お金払ってまで見る必要はないかな、
TVの深夜枠でなら、寝転んで
ゆるく見たらそれはそれで良いかもしれない。

★100点満点で50点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

映画の出来と映画が語る事柄の意義はまた別物。

★映画ランキングはこちら

「少年メリケンサック」宮崎あおいが佐藤浩市に蹴られる!

2009年02月25日(水) 17時35分
「少年メリケンサック」★★★☆オススメ
宮崎あおい 、佐藤浩市 、木村祐一 、田口トモロヲ 、
三宅弘城 、ユースケ・サンタマリア 主演
宮藤官九郎 監督、2009年、125分



「レコード会社の新人発掘部門で働く主人公、
ネットで見つけたバンドと契約しようとするが、
その映像は25年前のものだった」


くだらないけど、面白い

国民的番組「篤姫」で女優としての格も
蒼井優よりグンと一段上がった感のある
宮崎あおいが選んだ映画がこれなんだ。


そんなふうに思いながら見ていた、
やっぱ、こういう別方向の過剰に
目が向いてしまうのかなとも。

宮崎あおいはどのシーンでもキラキラ輝いているが、
やはりこの映画の主役は佐藤浩市 であり、
田口トモロヲ だった。


「何でも出来るなー」と役の幅みたいなものに
関心しつつ、「オジさんで何が悪い!」と
開き直った、ある意味小気味良い態度は、
現在の「まだ若いだろ」と必死に主張する
「若さ」に囚われた風潮に、
真っ向、暴力的な言葉を投げつける。


見ていて感じたのは宮藤官九郎 という人のイメージ、
そろそろ「同じような、というか似たような」ところから
別の面も見せて欲しい気もする、
もちろん、このテーマでコレだけ面白く見せてくれるのは
凄いことは確かだけれど。

アカデミー賞で「おくりびと」が賞を受けたが
日本的なものを前面に出すのでなく
無国籍な、ただ面白い映画っていうのを
作れると期待できる数少ない監督というか
アイデアの発案者だから、
次は驚くような別の面を見たいと思った。

登場人物の全部に生活観はない、
このまま舞台で出来そうだ。
見逃したくないとまでは言わないが
映画館で見るとすごく親密な気分が味わえる。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

次の宮崎あおいは、大作映画で見てみたい。

★映画ランキングはこちら

★決定!第81回アカデミー賞(2009)

2009年02月24日(火) 0時09分
『スラムドッグ$ミリオネア』2冠!第81回アカデミー賞(2009)

今朝(23日)、アカデミー賞の授賞式があり、
wowowで録画していたのを早速チェック。

今年はヒュー・ジャックマンが司会し、
驚いたことに歌うし、踊るしでしたが、
2008年の映画を振り返ったり、
女優賞、男優賞では過去の受賞者が現れ、
それぞれ解説していくのも豪華だった。

映画の祭典にふさわしい式、
やっぱこれくらいやって欲しいものだ。

日本の「おくりびと」が外国語映画賞を受賞というのも
快挙だし、良い映画なので評価されて嬉しいことだ。


作品賞[Best Picture]

『スラムドッグ$ミリオネア』


監督賞[Directing]

ダニー・ボイル『スラムドッグ$ミリオネア』


主演男優賞[Actor in a leading role]

ショーン・ペン『Milk ミルク』


主演女優賞[Actress in a leading role]

ケイト・ウィンスレット『愛を読むひと』


助演男優賞[Actor in a supporting role]

ヒース・レジャー『ダークナイト』

助演女優賞[Actress in a supporting role]

ペネロペ・クルス『それでも恋するバルセロナ』


外国語映画賞[Foreign Language Film]

『Departures おくりびと』(日本)

この他
「つみきのいえ」が短編アニメ賞を受賞している。



soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ソファイア・ローレンがプレゼンターで登場したが
すごく美しく、貫禄でした。

★映画ランキングはこちら

「フェイクシティ」ご都合主義全快!キアヌの映画

2009年02月23日(月) 0時09分
「フェイクシティ」★★★
キアヌ・リーヴス 、フォレスト・ウィッテカー 、ヒュー・ローリー 、クリス・エヴァンス 主演
デヴィッド・エアー 監督、2008年、アメリカ、109分



「悪をやっつけるためなら、少々の過剰は
許されると思っていた主人公は、
仲間の裏の顔を知らずに正義を振りかざしていた」


映画から離れるが、
先週の一番驚いたニュースは
隣に住む女性を殺害し切り刻んで
処分した男性の判決だ。

「死刑に相当と言えるほどの
残虐性は認められない」という裁判長のコメントに
切り刻む以上に残虐なことがあるだろうかと
なかなかその考えは消えなかった。

自分達もいつか裁判員となり
量刑も含めて判断するとなると
感情に先走ってしまいそうだが、
今回の判決のように冷静ではいられないと思ったのも事実。

だからこの映画の描く
ちょっと正義の道からは外れるかもしれないけど、
悪いやつを徹底的に叩くというのは
分からないでもないと思いながらみていた。


そして主人公と同じように
自分自身もこの映画では、もっと悪いやつに
まんまと騙されて居たわけだ。

主人公のキアヌはこのあたりから
急に正義の味方のようになってしまい、
「そりゃあ、ないだろ、オマエも片足突っ込んだような
ものだったのに」と
突っ込みたくなるような豹変振りで
スターの映画ですな。

スターは最後は汚れを知らないヒーローになって
騙されていた迂闊な自分って言うのも
全部相手のせいにしてしまえるからね。
実生活ではこうはいかない、
ある部分、騙されるほうも悪いんだ。



大作と次の大作へのつなぎのような映画、
とりあえずまだまだ頑張るよーと
キアヌが言っているようだった。

レンタルでも充分だ。

★100点満点で60点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

フォレスト・ウィッテカー は迫真の演技の最中も
眠そうに見える。

★映画ランキングはこちら

「13日の金曜日」怖いぞ、これ、無意味な大量殺人

2009年02月22日(日) 0時09分
「13日の金曜日」★★★★オススメ
ジャレッド・パダレッキ、ダニエル・パナベイカー、
アマンダ・リゲッティ、トラヴィス・ヴァン・ウィンクル 出演
マーカス・ニスペル 監督、



「あの人気シリーズが帰ってきた、
これは続編じゃなく、
ジェイソンシリーズの新たなリメイク、
殺すことに意味は無く、
とにかく、怖かった、すごく怖かった」



クリスタルレイク、廃屋、
そして何故かこんなところに
若いグループがやってくる、
そして当然のように皆殺しとなる。


目新しさは無いが、
はっきり言って、「怖い」
せっかくなので先週の、
公開日の13日の金曜日に行ったので
ほぼ満席の中、
これじゃ、心置きなく
恐がれないなと思いつつ。

「そっちへ行かなきゃいいのに」と思うところへ
わざわざ行くんだよね

それで無惨な殺られ方であっさり
ジェイソンの餌食となる、
「バカだな」と思うが、その次の獲物が
またうろうろするから、
また息を潜めるように見入るのだ。

怖さは苦手だ、
だからその怖さに備えて身構える、
大袈裟に「オオッ!」と体を飛び上がらせないように
なんとか踏ん張る、
その自分のバカさ加減がまたいいのだ。

ジェイソンは少し前にはとうとう宇宙まで
行ったし、やり尽くした感があるが、

今回のはまた今までのが全く無視されて
「何も知らない」若者がどんどん殺されていく、
この説明の無さも、割り切っていて返って小気味良い。
理由なんてどんなふうに説明されても
納得なんて出来ないのだから。

何故、この時期に?とも思うが
十分怖さを堪能させてもらい大満足だった。

@隣の人はジェイソンの突然の出現に
お笑いのネタみたいに、手に持ってたポップコーンを
ばら撒いていて、
笑えるのと、怖いのとで堪能しました。


★100点満点で80点

@アメリカも同時公開、
13日(金)〜15日(日)に3105館で
興行収入4220万ドルを記録し、
全米興行成績でホラー映画の歴代オープニング記録を樹立した。@

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

劇場へわざわざ見に行くような映画じゃないが
第画面に良い音響だとホント怖いです。

★映画ランキングはこちら

書籍「四人の兵士」友情というより絆をやさしく描く

2009年02月20日(金) 0時09分
書籍「四人の兵士」★★★☆
ユベール・マンガレリ著、白水社、
186ページ、1890円




「ロシア赤軍の青年兵4人が、
ルーマニアやポーランド軍からの敗走の中で、
仲間として過ごした過酷だけど
穏やかな日々を描いている」



翻訳本を読むのは久しぶりだ、
この本も昨年の本の雑誌ダ・ヴィンチの
ある月のプラチナ本
に選ばれており、
年末にまとめて買っていた一冊。

「新世界より」を読み終えたので
どんな内容なのかの予備知識もなく読み始めた。
詠み始めて最初に感じたのは
説明が多いわけではないのに
読むと周囲の情景がスッと思い浮かぶことだ。



冬のロシアあたりを大した防寒具なしに
しかも敗走という精神的にもダメージの多い中、
同じ境遇の若い四人の兵士達は
次第に打ち解けあい、古くからの友人のような
親密な関係になるあたりも
こんな中でなら信じられそうだ。


兵士の物語ではあるが、
戦闘シーンは無い、
主人公達が銃を手に
誰かを傷つけることもない。

だからそういう意味でこれは
戦争の物語とも言いがたいが
嵐の後のすっきりとした晴天のような
脆く儚い短い時間を
情景を思い浮かべながら
読み進めた。

彼らの到着する先に幸せがありますようにと。

詠み終わって
「えっ!」って軽く驚く、
これだけのページを費やしながら
実に何も起こらない物語だからだ。

でもその何か劇的なことが起こらないことが
「救い」なのかもしれない、

ひとたび戦場にいれば、
殺し合うという異常なことが
普通に行われるのだから。

胸を揺さぶられるようなものはない、
でもこの読後感はいい気分だった、
これが天気のいい公園で詠み終えたなら
そのあたりをしばらくいい気分で歩けそうだ。


★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

翻訳本の新刊は値段が高いのが
購入するときのネックになる、
時間がかかって仕方ないのだろうが、
なんとかして欲しいもの。

★映画ランキングはこちら

「キャラメル」何処も同じ美容室の会話

2009年02月19日(木) 0時09分
「キャラメル」★★★☆
ナディーン・ラバキー、ヤスミン・アル=マスリー、
ジョアンナ・ムカルゼル、ジゼル・アウワード 主演
ナディーン・ラバキー 監督、2007年、96分、
レバノン、フランス



「イスラム圏の映画はなかなか
見る機会がない、まして
女性が主人公となると、
見終えて思う、何処も同じようなものだと」



ここはベイルートの街角
美容室の経営者とその従業員、
そして店にやってくるお客たち、
これだけ揃えば映画が出来る。

見始めて気づくのは
もっと宗教色が強く、
伝統とかそいうったものが
映画に反映されるのかと思ったら、
これは登場人物を変えれば
どこの国の映画でも変わりないと。

例えば、ハリウッドが撮影すれば
もっと違うものになっただろう、
イスラムを意識した建物や
服装、慣習をさりげなく、でもしっかりと
見せつけるだろう、
でも実際にはそんなことはないのだ。

もっと普段着の映画になっていて
会話ひとつとっても、
くだらないなーと思いつつ
こんなに変わらないのに
でも分かりあえないのだなぁとつくづく思う。


タイトルの「キャラメル」は
ムダ毛処理のために砂糖を煮込み
やわらかくなったところで
ムダ毛を処理したいとろこに乗せて
一気にベリッとはがす。

これはどこか女性の心根が見え隠れして、
怖いなと思う、
気に食わない人の時思い切り
力を込めてはがすのだ、怖い怖い。

美容室に人は集まり、
ひとしきり喋って、髪をきれいにしてもらって
ドアを出ていく、
その同じ繰り返しながら
いくつかのエピソードにジーンときたり、
あきれたり、笑ったり、
つくづくいい脚本だと思った。

まだまだ自分たちの見ることが出来る
映画は限られている、
見たことのない風景、
是非行って見たくなる街角、
様々な場所のとりとめない日常を
もっと見たいと強く思った。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

主人公たちが女性だからだろうか
この映画でも男はかなりダメキャラだったな。

★映画ランキングはこちら

「シャッフル」もし未来が見えたら

2009年02月17日(火) 20時08分
「シャッフル」★★★☆
サンドラ・ブロック、ジュリアン・マクマホン 主演
メナン・ヤポ 監督、2007年、96分、アメリカ




「子供二人と幸せに暮らす夫婦、
ある日、警官が訪れ
ご主人が事故で亡くなったと告げる」



葬儀の翌日目が覚めると
死んだはずの夫が隣に寝ている、
妻は驚き何が何だか分からなくなるが
洗面所には精神安定剤の空っぽの瓶があり、
何が現実で自分は正常なのかどうか分からなくなる。


もしこんなことがホントに自分の身に起こったら
どうなるだろう、
主人公はシャッフルされた
過去の数日間を次第に冷静に組み立て
何が起こっているのか正確につかもうとするが、
現実としてどうなんだろう。

ラスト付近までこれはもしかしたら
「バタフライ・エフェクト」みたいになるのかなと
思いながらみていると、結末は違っていた。


まあね、こっちのほうが現実的だ。

自分の気持ちだって常に揺れているのに
相手の考えていることなんて分からない、
でも知りたいと思う気持ちもよく分かる、
普通はそんなことは「こうかもな」とか
思いあぐねるしかないのだ。

「真実」は重い、
果たして自分にとってあまり嬉しくないことでも
本当のことなら知りたいだろうか、
それとも曖昧なままがいいか、
知りたい
知りたくない。


本来分からないことなら
真相は自分の考える「真実」として
胸に閉まっておくのがいいのだろう。

「今を生きる」
当然のことながら、かけがえのないことだ、
結局何が分かろうと、
経験を積もうと
自分の範囲を見極め、関わる人々を
思いやりただひたすら自分らしくあることくらい。

もっと単純で何もないような映画かと思ったら
結構アレコレ考えさせられた、
見逃しならレンタルで是非、
損はしない出来だ。

★100点満点で65点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

サンドラ・ブロックも時々主演作が公開されるが
演技派というわけでもなく、これからのキャリアは
難しそうだ。

★映画ランキングはこちら
2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf