「マルセイユの決着」158分は長い!思い入れが強すぎで重い。

2009年01月30日(金) 0時09分
「マルセイユの決着」★★★
ダニエル・オートゥイユ 、モニカ・ベルッチ 、ミシェル・ブラン 、ジャック・デュトロン 出演
アラン・コルノー監督、2007年、フランス、158分



「夜や室内のシーンが多く、
全編モノクロ映画を見たような気分」



先日同じ劇場で「パリ PARIS」を見た時の
予告編が物凄く良かったので
今年二本目のフランス映画だ。

裏切られた事の「おとしまえ」をつけなくては
自分のプライドに関わるからと、
主人公は捨て身の闘いに挑んで行く。

予告の出来が良すぎたからか、
本編を見始めて「やられた」とすぐに悟った、

思い入れたっぷりの映像は
ひとつのシーンが長く長く
退屈だった。

同じような銃撃戦を描いていても
香港映画のように洗練されていない
無骨さが愛しいような
そんな親しみはコチラにないからかもしれないが、
ドタドタとおよそ「凄腕」とも思えない
主人公がかなりの無鉄砲さで
裏切りものを殺していく様子は、
どうにも納得出来ずに違和感だけが残った。

宿命を背負った哀しい男が
ありったけの力で
裏切りものに対抗していくわけだけど、
ラストまで主人公を好きにはなれなかった、
というか「何してるんだ?」と、
常に疑問符が浮かんで映画に入り込めなかった。


★100点満点で55点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

モノカ・ベルッチは疲れた女を好演、
どんな場所にいても美しい。

★映画ランキングはこちら

007首位獲得!国内映画最新ランキング(1/25付)

2009年01月29日(木) 0時09分
国内映画最新ランキング(1/25付)



今週 (先週)   
 1 (初)  007/慰めの報酬 

前作で洗練よりも泥臭いと言った方が
的確と思えたボンドは、今回も泥まみれで
ガンバッテます。


 2 (1)  感染列島 

20億ラインは見えたようです、ただもう少し
宣伝を増やすと良いと思うが、
インフルエンザ流行の季節で控えているのか。
 

 3 (初) 劇場版「炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」


 4 (初) 誰も守ってくれない

TVで「誰も守れない」を見たばかり、
映画はどうだろう。


 5 (初) レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

空いた時間でチョットと言う感じでは見られない、
背筋が伸びるというか、寒くなるというか
色々考えさせられます。
地味なので成績はこんなところか。


 6 (3) CHEチェ 28歳の革命

この週末には続編が公開、
こんなふうに「世界を変えた」と言われる人が
何を考えどう行動したか、
そんなものも映画は見せてくれる。


 7 (2) WALL・E/ウォーリー

まだ居ましたか、昨年見ているので
懐かしい感じさえしますが、
36億稼いでいるようで、ただし40億は厳しいかな。


 8 (4) K-20 怪人二十面相・伝

こちらはもうちょっと頑張れたと思うが、
16億ちょっと、20億はムリのようだ。


 9 (5) 赤い糸 


10 (6) 地球が静止する日

大作映画でキアヌ主演ということで
22億あまり、まあまあの成績か。

今週のベストテンの映画は7作見てます。


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

「CHEチェ 28歳の革命」が意外に健闘していると感じた。

★映画ランキングはこちら

「告白」職人技が冴え渡る秀作!

2009年01月28日(水) 0時09分
「告白」★★★★オススメ
湊かなえ著、1470円




「この教室に私の娘を殺した犯人が居ます」

主人公の幼い娘が
学校のプールで死んで居るのが見つかった。
主人公は教壇に立つ最後の日、
その犯人の名前をイニシャルで話すことで、
静かに復讐を開始する。

当事者数人の告白や手紙で
ひとつの事件が語られ、
主人公の投げかけた石が
池の中で同心円を描いて
徐々に広がるように、
読み手にも全体像が次第にあきらかになっていく。


うまい語りの小説だ。

これが大人の社会なら
これ程のインパクトはないだろう、
学校という閉鎖的な社会で、
ひとつの事件が別の形にへと変形していく。

ムリな飛躍もなく、
そんなこともあり得るだろうなと
ちゃんと納得させてくれるのは
作家の力だ。


非常にうまいつくりで、
突っ込みどころも無く、整然としている、
逆にいえば鮮烈な驚きというか、
ある場所から「ポーン」と
思い持つかない場所へ運ばれるような
そんな感動はなかったな。

それでも次が楽しみな作家とまた巡り会えた、
と思って居たら、書店で新刊発見、
即買いです。

★100点満点で75点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

雑誌ダヴィンチの「今月のプラチナ本」にも
選ばれて居た。

★映画ランキングはこちら

「感染列島」見終えて帰る地下鉄の中で咳き込む人が気になる映画

2009年01月26日(月) 0時29分
「感染列島」★★★☆
妻夫木聡、檀れい 主演
瀬々敬久 監督、2008年、138分



「たとえ明日、世界が滅亡しようとも
今日、私はリンゴの木を植える」

(映画の中で印象的に使われた言葉)

ー多くの人が亡くなるとしても
 嘆くより未来を見つめたいー


謎のウイルスが広まり
日本全国で感染し死者が増えていく。
ウイルスは何が原因で
その治療法はあるのか、
まんざら現実離れだけとは思えない映画だった。

突っ込みどころはたくさんある、
主要人物の顔をしっかり映す為か、
ウイルスの菌が飛び交ってるだろう場所でも
いちいちマスクを外しては話すので
その度「危ないだろ」とこっちが心配してたくらい。

日本が大騒ぎなのに
第一発見者の主役が
海外の小さな国へ感染の発生源を探しに行くあたりは
「そんなことは他の人に任せてもいいんじゃないか」等々

まあ、せっかくの大作なので
そんな細かいことは気にしないで

それでも「自分だった、どうするだろう」と
思いながら進展を見守るのが正しい見方か。

今年のインフルエンザは
特効薬のタミフルが効かないなどと
先日聞いたばかりなので
それもこの映画を見ていて
怖いなと思ったことだ。

何でこんなものが発生し
人間の体を蝕むのか・・・・
そんなふうに考えていたら
こんな爆発的、短期的ではないにしても
自分達人類は「風邪」も「ガン」も
決定的な治療法を持っていないと気づく。

今回のウイルスに感染すると
大量の血を吐いて、
目からも血の涙をながすという
ワリと惨い症状をしっかり写すので
帰りの地下鉄で咳き込む人に対して
冷たい視線を注いだ。

地下鉄ではマスクを着用しよう!

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

医療で働く人たちには、「天職」という言葉が思い浮かぶ。

★映画ランキングはこちら

「禅 ZEN」自分と深く静かに対面することは難しい

2009年01月24日(土) 10時33分
「禅 ZEN」★★★
中村勘太郎 出演
高橋伴明 監督、2008年、128分



「観客の年齢層がいつもと違う劇場で、
ひたすら座り続けることで、
”さとり”を見出そうとする
ひとりの僧侶の一生を見た」



冒頭での母と子の印象的な会話
「死んで極楽へ行くより、
生きている今こそ極楽でないと」

鎌倉時代の庶民の生活は楽ではなく、
その分、死後の世界に
極楽を求めたのだろう。

しかし、必死に祈っても、
この世で幸せを約束してくれないなら、
無意味な気がしてしまうのは、
現実的過ぎるのkだろうか。

修行というとこの映画のような
座禅や托鉢での全国行脚や
滝に打たれたり等々の
ちょっと簡単には出来そうもないことを
連想するが、
何も足の痛いのを我慢して座禅しなくても
自分の心と対面することは出来そうだ。

日々、自分たちは何かの折に
自分の弱いところや
ずるい所を見つけては立ち止まったりしている、
目をそむけて見なかった振りをしたり、
何かの間違いだと自分で自分に言い訳したり。

何も厳しい修行なんてしなくても
自分の毎日の暮らしを
平静の心で見つめることができたら
それはかなり修行に近いことかもしれない。


でもそれが一番難しいんだよな。
だから体に刻み付けるみたいに
何か日常とはかけ離れたことを
修行というのかもしれない。

映画は道元が歩いたかなり厳しい道を
丁寧に描いている、
でもとくには心を動かされなかったのは
やはり自分とはかけ離れているからだろう。
信仰を心に持たないものは「弱い」という、
それでもなんとかやっていくしかないのだ。

★100点満点で60点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


もっと気分を高揚させるような盛り上がりとか
期待したが、強烈に伝えたい何かは感じられなかった。

★映画ランキングはこちら

速報!第81回アカデミー賞ノミネート(2009)

2009年01月23日(金) 8時13分
第81回アカデミー賞ノミネート(2009)

昨夜アカデミー賞のノミネートが発表されました。
日本の「おくりびと」が外国語映画賞に選ばれてます。
こんな地味でしみじみ良い映画が
こんな華々しい賞にノミネートってのは嬉しいことです。

ほとんどが日本ではまだこれから公開なので
とりあえずリストだけ。



作品賞[Best Picture]

『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
『 フロスト/ニクソン』
『ミルク』
『愛を読むひと』
『スラムドッグ$ミリオネア』


監督賞[Directing]

デビッド・フィンチャー『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
ロン・ハワード『フロスト/ニクソン』
ガス・ヴァン・サント『Milk ミルク』
スティーヴン・ダルドリー『愛を読むひと』
ダニー・ボイル『スラムドッグ$ミリオネア』


主演男優賞[Actor in a leading role]

リチャード・ジェンキンス『The Visitor』
フランク・ランジェラ『フロスト/ニクソン』
ショーン・ペン『Milk ミルク』
ブラッド・ピット『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
ミッキー・ローク『ザ・レスラー』


主演女優賞[Actress in a leading role]

アン・ハサウェイ『 レイチェルの結婚』
アンジェリーナ・ジョリー『チェンジリング』
メリッサ・レオ『フローズン・リバー』
メリル・ストリープ『ダウト』
ケイト・ウィンスレット『愛を読むひと』


助演男優賞[Actor in a supporting role]
ジョシュ・ブローリン『Milk ミルク』
ロバート・ダウニー・Jr.『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』
フィリップ・シーモア・ホフマン『ダウト』
ヒース・レジャー『ダークナイト』
マイケル・シャノン『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』


助演女優賞[Actress in a supporting role]
エイミー・アダムス『 ダウト』
ペネロペ・クルス『それでも恋するバルセロナ』
ビオラ・デイビス『ダウト』
タラジ・P・ヘンソン『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』
マリサ・トメイ『ザ・レスラー』


外国語映画賞[Foreign Language Film]
『The Baader Meinhof Complex』(ドイツ)
『The Class』(フランス)
『Departures おくりびと』(日本)
『Revanche』(オーストリア)
『Waltz With Bashir』(イスラエル)

前哨戦と言われるゴールデングローブ賞と
ほとんどがかぶっていますが
ここでもブラピ/アンジェリーナ夫婦が主演賞に
ノミネートされてて、華やかな授賞式になりそうです。


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

wowowがまた放送するようなので、楽しみだ。

★映画ランキングはこちら

「永遠のこどもたち」永遠が見える日

2009年01月21日(水) 22時20分
「永遠のこどもたち」★★★★☆
ベレン・ルエダ 、ジェラルディン・チャップリン 、マベル・リベラ 出演
J・A・バヨーナ監督、2008年、スペイン、メキシコ、108分




「何だ、この映画、
途中二度くらい恐怖で
声を出しそうになりながらも、
ラストで映画のタイトルの意味が分かると、
泣かされた」


何という映画。

古い大きな建物を改装して
家族で孤児院をスタートさせようとした矢先、
幼い息子が行方不明となってしまう。

その子供はこの家に越した頃から
架空の友達をつくり
一人遊びをしていると両親は思っていたが、
本当に架空の話なのか、
次々と不思議なことが起こっていく。


目に見えないものの存在というのは、
「ある」と言えばあるだろうし、
「そんなの無い」と言われてしまえば
それまでのこと、証明はできない。

でもチラッと横切る影のようなものや、
風もないのに揺れるカーテン等々、
誰でもちょっとした「気のせい」ってのは
体験しているはず。


そこに「何か」悲しい出来事が過去にあり、
その強い思いが残っていると言われると
そういうこともあり得るだろうなと思えてくる。

惨たらしい死の場面や、
恐怖を煽る音楽で何度もこわい思いをした、
この話はどこへ行くのか
予想もつかなかった。

そしてラスト、
何だ、これ、
ホラーの様子が一変し
明るい光と喜びに溢れるラスト。


感情の揺れ幅が大きい分、
決してハッピーエンドとも言えないかもしれないが
幸せな気分にさせてくれる、
映画の魔法を堪能した。

どこかで永遠に響く子供の声がする。

★100点満点で90点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

あの名作「パンズ・ラビリンス」の監督が製作を努め、
見終わってみると同じようなテイストを感じ、
とにかく映画好きで良かったと思わせてくれる作品。

★映画ランキングはこちら

「アンダーカヴァー」親子と正義の物語

2009年01月18日(日) 10時23分
「アンダーカヴァ」★★★☆
ホアキン・フェニックス 、マーク・ウォールバーグ 、エヴァ・メンデス 、ロバート・デュヴァル 出演
ジェームズ・グレイ 監督、2007年、117分、アメリカ



「好きなように行きたいと願いながらも
警察官の父と兄を持つ主人公は
ただ一度、警察に協力し
そのことで運命の歯車が狂っていく、
この映画でのホアキン・フェニックスの全てが良い」


厳格な父親と優秀な警察官の兄をもつ主人公は
自分らしく生きたいと、
彼らから距離を置いて暮らしてきた。

ところが警察に協力をただ一度したことで
これまでの生活は一変してしまう。

誰だって父親とうまくいかない時期はあるだろう、
それがあまりに完璧で高い壁のように
目の前に立ちはだかっていたら尚更だ。

でも心の奥底では感謝し、
そうなりたいと思う気持ちがあるはず、
そんな微妙に揺れ動く気持ちを
主人公のホアキン・フェニックスが
不器用に演じきっている。

地味ながらそのもどかしいくらいの
不器用さが胸に迫る。

雨のなか主人公を護送する車が
襲われるシーンは、ほとんが主人公の目線で
撮られているので、まるで自分も主人公と一緒に
車に乗ってそこで起こることを
体験しているよう。

ハリウッド大作のような派手さはないが
見終わって少し虚しくなるような
「勝利なき結末」に
良作を見たという手ごたえを感じた。


★100点満点で65点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

2000年公開の「裏切り者」も同じキャストだった、
監督はこの主人公2人が好きなんだろうな。

★映画ランキングはこちら

「きつねと私の12か月」童話が動き出す

2009年01月17日(土) 0時09分
「きつねと私の12か月」★★★
ベルティーユ・ノエル=ブリュノー 出演
リュック・ジャケ 監督、2007年、96分、フランス



「フランスの森の近くに住む少女は
偶然出会ったキツネと友達になりたくて
なんとか気持ちを伝えようとするが、
キツネと過ごす一年は彼女に自然の法則を
教えてくれた」


少女の傍らを自然の動物が
なんでもないふうに通り過ぎる、
「どうやって撮影してるんだろう」
あまりにさりげないから
見過ごしそうになるが
とてもスゴイ映像だ。

そういえばTVでブルドッグの
現在のつぶれたような顔では
呼吸が困難になるからと
改良を加えるらしいと報道されていた。

思い通りにならないなら
なんとか力ずくでも・・・・
それが人間だ。

動物なんて自然のままが良いに決まってるが
人間と一緒にいることを強要したり
そのほうが幸せだとまで考える
傲慢なところもある。

でも、優しい気持ちから接していることだってある、
無垢な気持ちのまま
ただ友達みたいになりたいと思うことも
嘘ではない。

自然のキツネと何とか仲良くなりたいと
少女がアレコレするのは
見ていて微笑ましい、
そして彼女は自然の掟のようなものを
ふれあいの中から学んでいく。


毒の無い映画で
子供向け童話が動き出したような
夢のような映画だった、
だからか、ちょっと大人には物足りない。

★100点満点で65点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

とても優しい映画で子供向き

★映画ランキングはこちら

「チェ 28歳の革命」人は変われる、国はどうだ

2009年01月14日(水) 19時09分
「チェ28歳の革命」★★★
ベニチオ・デル・トロ主演
スティーヴン・ソダーバーグ監督、2008年、132分



「革命の真っ只中において、
純粋であろうとする姿は印象的、
しかし殺し合うことでしか達成されないものに
強烈に惹かれるものを感じない」


アルゼンチン生まれの男が
キューバの革命に深く係わり、
やがてその中心のひとりとなる。

彼が何故銃を持たなければならなかったか、
そんな素朴な疑問には答えず、
戦いを仕掛けていくので
美名においてどうしてもという理由を
もっと印象的に納得させて欲しかった。

ゲバラの医学生時代を描いた
「モーターサイクル・ダイアリーズ」は、
まだ学生の彼の目線が、
南米で懸命に働く人々と
僅かな地主の対比を真っすぐ受け止め、
見ているこちらも考えさせられたが、
「どうして」という部分を
もっと見せてくれないと
どうしても中途半端な印象となってしまうのが
残念だ。


革命という激しい行為は
今の時代には合わないけれど、
日本もこの閉塞感から脱するには
銃の変わりに、意識改革が必要だろう。

誰かがしてくるのでなく、
自分がどうしたいかをちゃんと示せないと。


若く理想に燃え、
その手段はともかく
意志を行動で示し達成感さえ手にいれたのだから、
それは幸福なことだったろう。

でも完全なものなどなく、
彼はまた別の方向へと視線を向けて行く。

早く続きが見たいね。

★100点満点で65点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

革命を民衆の側からも見たいと思った。

★映画ランキングはこちら
2009年01月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf