「ブーリン家の姉妹」見ごたえのある良質な映画

2008年10月31日(金) 8時15分
「ブーリン家の姉妹」★★★★
ナタリー・ポートマン 、スカーレット・ヨハンソン 、エリック・バナ 主演
ジャスティン・チャドウィック 監督、アメリカ、イギリス、2008年、115分



16世紀のイングランド、
一族繁栄のために、自分の娘を愛人として
国王ヘンリー8世に差し出す。

その一族の2人の娘を
ナタリー・ポートマン 、スカーレット・ヨハンソンが演じ、
上質な映画が出来上がった。

特にスカーレット・ヨハンソンの儚げな美しさは
運命を受け入れという過酷な現実を
言葉よりも雄弁に伝える。


イギリスでは有名な歴史の事実も
遠く日本ではあまり知られていない、
当時の堅苦しい上流会j級の暮らしや
群集監視の中で行われる断頭の様子など、
現代では考えられないようなことが
普通に行われていたのも驚きだった。

姉妹の間での確執や嫉妬
人の心の奥には、そんなどろどろとしたものがあるのだと
改めて考えさせられた。

運命を受け入れるということ、
今の時代では人は自分で自分の道を
決めていると考えている、
それでも相変わらず多くの人が
「自分探し」をしているのも事実だ。

時々それってある意味不幸なことかなとも
思うこともあるが、それでも親に決められた運命を
生きるしか出来ないという人生と比べたら
やはり幸せなことなんだろうな。

何故かそういうことがはっきりと「イエス」とも
言い切れないような、浮遊しているような現状を
「なんとなく」これでいいんだよねと思いつつも
すっきりとしない気分になる。

とはいえ、エリザベス1世誕生の裏には
こんなことがあったのだ。


主演の俳優もストーリーも見ごたえのある映画だった。

★100点満点で80点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

2人の人間がいれば、そこに光と影が生まれる、
でもどちらが光でどちらが影かは本人しか分からない

★映画ランキングはこちら

「容疑者Xの献身」200万人動員、連続首位!最新国内映画興行成績10/20付

2008年10月30日(木) 0時09分
最新国内映画興行成績10/20付

今週(先週)   
 1  (1) 容疑者Xの献身

動員は200万人、30億を超えたようです。
これは久し振りに人にも勧めたい映画。


 2  (2) イーグル・アイ

首位が強いので2位で足踏み、2週連続2位、
宣伝が少ないんじゃないかな。
全米では安定してヒット中


 3  (初) ホームレス中学生

公開がちょっと遅れたので、今更という感じは否めない。
出来は良いらしいので、泣きたい人は
行ってもいいかも。



 4  (初) 釣りバカ日誌19/ようこそ! 鈴木建設御一行様

見ません


 5  (3) P.S.アイラヴユー

秋だし、恋愛ものでも
そんな気持ちで行くとちょっと違う。
これは見た人によって感じ方は大きく違いそう。


 6  (初) ICHI

女座頭市、何故今なのか分からないが
映像はキレイ、予告も意味深で
見てもいいかな。


 7  (初) センター・オブ・ジ・アース

ブレンダン・フレイザー太ったね。


 8  (5) 劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン



 9  (4) おくりびと

22億突破と言う、ちょっとビックリの成績、
この映画をたくさんの人に見てもらいたいが、
あまりヒットするとなんか居心地が悪い感じ。


10 (6) パコと魔法の絵本

まだこの映画、今頃見てる人がいるんだと
それが驚き。


今週は4本観てます、新作4本はどれも見てません。

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


今週は単館系映画を見ていたので、ベストテンの消化はまだまだ、
来週はどんどん見ていきたい。


★映画ランキングはこちら


「地球でいちばん幸せな場所」日々のささやかな事柄について考える

2008年10月29日(水) 0時09分
「地球でいちばん幸せな場所」★★★★
ファム・ティ・ハン、レー・テー・ルー、カット・リー主演
ステファン・ゴーガー監督、2007年、アメリカ、98分



ベトナムのホーチミン近郊の
田舎町で両親が亡くなったため
叔父の家に引き取られている主人公は、
工場で働かされ、怒られ、
学校へも通わせてくれないことから、
家を出てホーチミンで花売りとして
生活を始める、
彼女はまだ10歳くらいだ。

妙に醒めた目で世の中を見ている
年に似合わない表情を時折見せる。


彼女はそのうち動物園で
像の飼育をする青年と親しくなり、
次には飛行機のアテンダントの女性とも
言葉を交わすようになる。

ここにはベトナム映画の代表作の
「青いパパイヤの香り」のような
外国人から見た異国情緒なんて
微塵も無く、
社会の底辺で頑張る少女の
けなげな日常を淡々と映し出す。

少女の考える
精一杯の事柄が
ささやかな喜びだとか、
幸せのようなものの輪郭を
おぼろげながら見せてくれた気がする。


多くを望まない、
身の丈の生活をする

ホントはそれでいいのに、
どうしても人と比べたり
暴力的に入り込む情報に
翻弄されてしまいがちだ。

「何がしたいのか」自分の事が
分からなくなったりする瞬間、
焦らずに、ふと立ち止まり
少し周囲を見て見るのがよさそうだ。

誰かではない、
自分が望む事、ひとつだけ見つけたら、
それに向かって努力する、
そんなごく当たり前のことを
しみじみたいせつだなあと
思わせて暮れた映画だ。

この映画にはベトナム映画で連想される
趣味の良い雑貨や
アオザイ姿や、
写真につい撮りたくなるような風景も無い、
人間がそこに暮らしているだけ。

とても力強く、美しい映画だ。

★100点満点で80点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ストーリー自体はありふれている、
でもそこに自分の姿を見るかもしれない

★映画ランキングはこちら

「トルパン」東京国際映画祭で見る

2008年10月28日(火) 7時45分
「トルパン」東京国際映画祭で見る

東京から戻って、「サクラグランプリ」に
この作品「トルパン」が選ばれたことを知った。
素直に良かったなと思った、
こんな地味でともすれば見過ごされそうな作品に
グランプリというスポットが当たったこと。

でもな、と思う、
この作品、そんなに良いかな、
物珍しさと作品内容の評価を取り違えては無いだろうか、
いや審査員という、たくさんの映画を見ている人達が
選んだのだから・・・
色々考えたけれど、これが日本の映画祭の結果なのだ、
21回を重ねてまだまだ映画祭自身が
何処へ向かうかを決めかねているようだ。

「トルパン」★★★
スハット・クチンチレコフ、サマル・エスリャーモヴァ主演
監督:セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ
2008年 ドイツ/スイス/カザフスタン/ロシア/ポーランド



カザフスタンのステップ地帯で生きる遊牧民一家の物語

カザフスタンの映画なんて
なかなか見られない、
モンゴルのゲルと同じ移動式の家で
羊を放牧して、草が無くなると
移動するという生活。

一家の主人の嫁の弟は
海軍の兵役を終え、姉を頼って
一緒に暮らしている。
目下の重大事は「嫁取り」だ。

見晴るかす大平原、
車で一日かかるあたりには
年頃の女性は一人しかいない、
彼女の名前が「トルパン」


たとえば自分たちの旅は、
彼らの住む土地へ行くにしても、
飛行機に乗り、国内の移動を経て、
ゲルの宿泊体験、
夜には満天の星を見て、
異国情緒に感激する、
そんな良いとこ取りあたり。


でもそこに暮らす人達の日常は
そんな甘いものじゃない、

この映画を見て、それでも
彼らの生活がいいなと思うならともかく、
食べるための一日があり、
今日という日を、無事に一日生きているという
シンプルと言えばシンプルだけど、
それにしてはハード過ぎる暮らしがある。

でもそろそろ、驚きだけの映画は、
TVのドキュメンタリー位にして欲しい、

所々稚拙で登場人物の反応はありきたりだ、
もちろん実際はそんなものかもしれないが、
だとしたら映画にする必要は感じられない。

こういう見る方にどこか良い所を
探させるような映画は苦手だ、
せっかくの大画面だから、
大平原の驚きの映像を見せて欲しかった、
狭いゲル(と呼ぶかどうか不明)の中での
かん高く耳障りな少女の調子っぱずれな
歌を延々聞かされるという
拷問の様な時間から解放されて
ホントほっとした。

★100点満点で60点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

しかしロシアとヨーロッパとアジアの
三角地帯の暮らしぶりはなかなか伝わってこない、
この書いている今も、
平原立つ小さな家で彼らも
同じ時間を生きてるのは
当然なのになんか不思議だ。

★映画ランキングはこちら

「P.Sアイラブユー」御伽噺として見たい

2008年10月27日(月) 0時19分
「P.Sアイラブユー」★★★
ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バリュー主演
リチャード・ラグラヴェネーズ 監督、2007年、アメリカ、126分



10代で出会った恋人同士が結婚し、
30歳を前に夫を病気で失った主人公。

彼女の誕生日から
亡くなった夫から手紙が届き始める、
そして嘆き悲しむ残された主人公の
これからすべきことを教えてくれる。

ラブストーリーだから
この展開も許されるけど、
実際の所、こんなことされたら
癒し切れない心の傷口を
なかなか癒してくれないんじゃないかな。

忘れることが良いとは思わないけど、
生きて行くにはその痛みは
強すぎて、次々届く手紙は
むごい感じさえ受けるのだ。

人は生きている限り
大切なものを無くし続けるのだ、

それでも無くしたことを嘆くより
出会えたことを喜べたらいいのに、
手の中にあるはずと思ったものが
いつのまにか擦り抜けて行く喪失感は
誰にも止められないだろう。

ただこの映画、
くどいというか、
思い出を引きずる部分が長すぎて
見てる方がキツクなってくる、
誰だって似たような気持ちを
かつて感じたことがあるからこそ、
ここまで長々と見せられると
そろそろ次の展開をみせてくれよと
心の中で画面に語りかけてしまう。


それからこの映画のヒロインには
ヒラリー・スワンクはちょっと合ってない
気がした。

どうしても強いイメージがあるので、
どうもしっくり来ないのだ。


旅で訪れるスコットランドの
田園風景は良かったな、
都会とは全く違う生活を
容易に想像できる、
どちらが良いかなんて言えないけれど、
人は住む場所も生き方さえ
ちゃんと自分で決められるのだと
妙に納得させられる。


ただの風景がそんなことを
訴えかけてくれるのだ。


★100点満点で60点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

何か思い入れがある人以外は、
気になるならレンタルまで待っても十分
★映画ランキングはこちら

「HELLS ANGELS」東京国際映画祭にて

2008年10月26日(日) 0時09分
今年も映画を見るために行ってきました。
第21回東京国際映画祭 2008年10月18日(土)〜10月26日(日)
9日間会場 六本木ヒルズ (港区) 、
Bunkamura (渋谷区)会場


絶対に見たかった「レッド・クリフ」は
チケットが高すぎて(オークションで3万円くらい!)
断念、それでも強行スケジュールで
いくつか見てきました。
まずは、一本目。

「HELLS ANGELS」★ animecs TIFF 2008
山川吉樹(監督)、ヒロモト森一(原作)、韮沢 靖(モンスターデザイン)、
福圓美里(声優)、岸尾だいすけ(声優)
117分、2008年



もともとアニメは特には見ないのに、
なんとなく気になってチケット購入、
映画祭の一本目。

死んだら全員地獄へ行くということで、
主人公の少女は自動車事故で
地獄へ。

マンガのコマ割りのように、
ひとつ画面から人物の大写しへと
目まぐるしく変わり、
映画にする必要が無い感じだ。

ところどころのコミック的な部分も
笑えないし、寒い。


キャラクターに深みはないし、
かといって親しみやすいというものでも
ないので、最後まで物語りに入り込めずに
退屈な時間を過ごした。

この映画はそのうち公開されるだろうが、
ヒットは無理だろうな、

コアな多くのファンを持っているようなので
DVDとかになれば売れるのだろうが、
ストーリーに見るべきところが無いのが
最大の欠点だ。

会場はほぼ満席、
期待の程が窺えるが
果たしてファンの人達は
この完成した映画をどう感じたんだろう。

★100点満点で40点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

東京国際映画祭は何を基軸にしているのか
いまひとつ分からない、
映画というマーケットを考えたら、
日本発のアニメなどは強力な魅力になりそうだけど、
まだ模索中という感じだ。

★映画ランキングはこちら

「私がクマにキレた理由」どーでもいいお嬢さまのお話

2008年10月24日(金) 0時18分
「私がクマにキレた理由」★★★
スカーレット・ヨハンソン主演
シャリ・スプリンガー・バーマン監督、2007年、アメリカ、106分



有名大学を卒業したが
親の期待に沿うような就職先は
決まらず、
とりあえずお金持ちの家庭の子守りを
することになり、
庶民感覚と超リッチな上流階級の
生活の違いから起こる
ドタバタを描いている。

まあ、面白いけど、
時間つぶしには悪くないが
せっかくの時間を、たまには
映画でも見ようかと
そんな勢いで見に行くと当てが外れる。

どってことない映画で、
見所は「お金がある」ってことは
こういうことなんだなと、

ニューヨークのオバサマたちなら
自虐ネタに笑えるかもしれないけど、
これだけのテーマで一本の映画となると
有名女優のお気楽仕事のような
この作品は厳しい。

割りと良い映画を選んで出てると思うが、
たまには力を抜いたというか、
こんなコミカルな面も持っているんですと
いいたいのか分からないけど、
見終わって
「この映画、何だったんだろう」と
どうにもすっきりしない気分で映画館を出た。

TVの深夜枠でやってたら
だらだらしながら見るくらいが最適か。


★100点満点で60点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

スカーレット・ヨハンソン映画なら「マッチポイント」かな。

★映画ランキングはこちら

法人税税務検定改正点について

2008年10月23日(木) 0時09分
法人税税務検定改正点について

この週末ですね、トップに再度持ってきました。

★寄付金の損金算入限度額★
テキスト106ページ「@損金算入限度額の計算」の見出しの直ぐ下の
破線の四角の中の文章を読んでください。

20年3月31日以前開始の事業年度  → 今までどおりの計算
 所得基準 所得金額×2.5/100

20年4月1日以降開始の事業年度  → 改正点★
 所得基準 所得金額×5/100  (「2.5」が「5」に変更になりました)



計算上今までの「2.5」の部分を「5」に変えて計算するだけです。

問題文をよく見て、対象となる会社の会計期間の開始が、
20/4/1 〜 以降の場合は ×5/100で計算

@例えば20/4/1-21/3/31  ×5/100
    
     20/5/1-21/4/30  ×5/100

ただし 20/3/1-21/2/28 などは ×2.5/100のように
以前のままで計算となります。

変更点がありますが、あわてる必要はありません、
冷静に問題をチェックし、事業年度を確かめて問題を解いていってください。

法人税、所得税、消費税とも、
受験する科目に精一杯頑張ってください、期待してます!


★このことを知らない(気が付いていない)受験生もいると思います、
これを見たら他の人にも連絡してみてください。



試験が終わったら、美味しいコーヒーでも。

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

試験が近づいています、今頑張らなくて
いつ頑張るんだろう?って思ってます。

★映画ランキングはこちら

「ワイルド・バレット」夜を疾走する熱い想い

2008年10月22日(水) 8時07分
「ワイルド・バレット」★★★☆
ポール・ウォーカー主演
ウェイン・クラマー監督、アメリカ、 ドイツ、2006年、122分



いい人イメージの
ポール・ウォーカーが珍しく
悪玉の用心棒というか、
使いっ走りのような役。

巻き込まれ型のストーリーで
悪党になりきれない男を好演。

とにかく全てが、悪い方へ
悪い方へと転がり落ちる感覚、

その都度、なんとか立て直すのに、
周囲の自分以外の人間によって
また何かが起こってしまう。

笑えない状況ながら
投げ出さないで
なんとかしようとする所がこの
主人公の魅力だ。

小ネタも満載で
笑わない少年、幼児ポルノに関係する夫婦、
怪しげなサブキャラも冴えている。

致命的な破綻もなく、
都会の夜の街を主人公とさまよいながら、
それは何処かに終着点があるのか
それとも延々とその暗い道は続くのか、
そのあやふやで奇妙な緊張感は
面白い体験だった。

ラストはひねりがきいている、
ただ、だとしたら主人公の奥さんの行動は
大丈夫か?と
余計なことを考えてしまうが、
まあ、胸がスッとしたことは間違いない。

ポール・ウォーカーという名前では
弱いと考えたのか、全国でも限定公開だ、
すぐにもDVDになりそうなので
このタイトルを覚えておいてもらって、
レンタルされたら是非チェックしてもらいたい。


サスペンスものや、
ちょっと心があったまるような映画が見たかったら
おススメ。

似たような映画は量産されているが
どこかにキラリと光るものがあるものは
なかなか見つからない、
この映画は印象に残るシーンがいくつかあった、
それはすぐに忘れてしまうようなものだけど、
映画を好きでいるということは
そんな輝きを時々、映画館で見つけることが
出来るからだろう。。

★100点満点で75点
レンタルされたら是非チェック!

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

映画の出来と映画が語る事柄の意義はまた別物。

★映画ランキングはこちら

「落下の王国」この世にあるこの世のものとも思えない映像に浸れ

2008年10月21日(火) 7時40分
「落下の王国」★★★
リー・ペイス、カティンカ・ウンタール出演
ターセム監督、アメリカ イギリス インド、2006年、118分



映画でしか体験できない時間、
人間の想像と創造の形を
現存する様々な場所に
空想と一緒に連れて行ってくれる。


病室で寝たきりの男は
たまたま迷い込んできた少女に
「お話し」を作って聞かせる、
それは彼のある策略があってのことだったが、
映画の本筋よりは、やはり
目で見せてくれる世界遺産や自然の造形には
目を見張る。

この目で全部を見るのはムリなのだろうな、
でも出来るだけたくさん見たいものだ、
ほとんどのものは
機能性なんか無視した
奇妙なものが多いし、
美しさも、基準を大きく逸脱した
「ありえない」美しさなのだ。

ピラミッドを前にして、
ただただその大きさに驚き、
人間の力の可能性を感じたように、
タージマハルの白い輝きを目にすると、
それまでベナレスなどで見て来た
およそ美しいものとは対極の現実を
ひととき忘れる楽園のように感じるのだ。

そしてその他の何処にあるとも分からない
建造物や風景には
それぞれの物語があるのだろう。

映画は贅沢な時間体験だ、
ストーリーは陳腐と言って良いほどだけど、
映像は素晴らしいし
映画でなくては出来ないダイナミックさを
画面で見せつける。

この映像体験は
なんとも贅沢な時間だった。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

人間は想像で色々な疑似体験が出来るが、
自分の目で実際に見たい、
実際にその場に立ちたいという
なんとも仕方ない気持ちをもつ生き物なのだ。

★映画ランキングはこちら
2008年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf