「ウォンテッド」強引なアクションに見所アリ

2008年09月30日(火) 0時09分
「ウォンテッド」★★★☆
アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ主演
ティムール・ベクマンベトフ 監督、2008年、アメリカ、110分



全米では6月最後の週に公開され
ディズニーの「WALL・E/ウォーリー」に次いで
5.000万ドルで2位発進のヒット作。
最終的には1億3.000万ドルと大ヒットの目安の
1億ドルを超えた。

実はチャートマニアでもあって、
アニメ以外はハリウッドの大ヒットは必ず見ると
誓いを立ててますが、
この映画、ストーリーはともかく、見せ方には
相当力を入れていることが伺える。


宣伝で使われていた、
道路上で頭を抱えて
立ちすくむ主人公に体当たりするかと思える
真っ赤な車にタイミングよく、ちょこんと座ってるという
ありえない状況だけど、
そのあたりから映画の魔法にかかっていく、
これはリアルを見るのでなく
どう見せてくれるか、それをただ楽しめばいい。


果たして弾丸の軌道は曲がるのか?
ワケナイけど、ちゃーんと曲がります、
ラストでは円を描いて一周するしね。

くだらなく、ダメダメなさっきまでとは全く違う世界が
「君は特別だ」と言ってくれたら・・・。
御伽噺のような設定ながら、
誰だってふと思うことはあるはず。

選ばなかったもうひとつの自分の未来。

映像は凝っていてスゴイ、
これは大スクリーンで見るべき
単純なアクション映画


銃をぶっ放すこともなく、
電車に飛び乗るなんてありえない、
ナイフを持った男になんて立ち向かえない、
逃げるのみ
それが全部、ヒーローばりに何でも出来るようになれば
面白いだろうな、
そのくらいの感慨でラストへ突っ走る。

アンジェリーナ・ジョリーは完璧、
でももう一人の主役の男優はハードルが高かった、
華がなく、もっと他にいるだろうにと
素直な感想。

ラストのモーガン・フィリーマンの表情もイイ。

★100点満点で75点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


見終わって地下鉄に乗る頃には細かいところは
あっさりと忘れてしまうが、そんな映画も面白い。
とりあえず、面白いものと聞かれたらこれ、ススメます。

★映画ランキングはこちら

「さよなら渓谷」伝えたい事柄の核心までは到達せず

2008年09月29日(月) 0時09分
「さよなら渓谷」★★★
吉田修一著



買ってからすぐ、読みたいミステリーや
旅行を挟んだりで
やっと読み終えた。

前作「悪人」では本好きな心を
充分に楽しませてくれたので
かなり期待して読んだが、
またしても軽目の気を抜いたような作品に
戻ってしまったようだ。


そもそも「悪人」は
この小説がつまらなかったら
もう吉田修一は読むのをやめようと思っていたら
予想を上回る本当に幸せな時間をくれたので
これでまたしばらく読もうと思ってこの作品。

どうにも小説の内容にリアルが
感じられない。

「ありえないよ」

何度かつぶやいた。

もちろん、信じられないような偶然や巡り合わせは
小説に出てきて、違和感を感じつつも
そんなこともあるかもと、
どこかで納得させてくれる、
でも今回の作品の偶然はかなりの
力技で、こっちの疑念は
ねじ伏せられていないあたりが
どうしても納得出来ないことにつながる。

なにか面白いところを書きたいが
「ありえないよ」その言葉しか浮かばない。

でもね、起死回生の特大ホームランの後だから
まだしばらくは読みたい、
くじを引くみたいに、しばらくは
どきどきしながら新作を手にとるだろう。

人間の心を描くことにここでも挑戦しているが
いくらなんでも設定があまりに突飛で偶然に支配され
だからそこに登場する人物の心理なんか
どうでもよくなる、
「そうかな」「そうかな」絶えず思いながら
読みやすいので、すぐに読めてしまえたけれど。

★100点満点で60点
soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

芥川賞を受賞した「パークライフ」は今でも
あまり好きじゃない。でも気になる作家だ。

★映画ランキングはこちら

「最高のパートナー」勝負作じゃないが、見所アリ

2008年09月28日(日) 0時49分
「最高のパートナー」★★★
アン・ソンギ、チョ・ハンソン
キム・ジョンヒョン監督、2008年・110分



韓流シネマ・フェスティバル2008
名古屋会場は厚生年金会館というデカイホールで
映画を見る環境としては不満、
カン・ドンウォンの舞台挨拶をペイするには
このくらいの観客を集めないといけないのだろうが
純粋な韓国映画ファンにとっては迷惑なことだ。

さて、一日で4本見た映画の感想でも、
アン・ソンギは年間出演作は
何本くらいだろう、
脇役じゃなく、ほとんどが主役というのが
すごいことだ。

大統領からヤクザまで、
変幻自在振りがまたすごい。


時々失敗作もあるが、
たいていは安心のアン・ソンギ印だから
ソウルへ行って、他に見るものがなければ
彼の出演作をみれば
たいていは泣けるか、ほんわかとした気分に
させてくれる。


今回は汚職警官として
地方に飛ばされた男と
その男をずっと他人には「死んだ」と
言って憎み続ける息子が主役、
韓国映画らしい熱く、暴力に満ちた作品だ。

釜山には行ったことがないが、
山に沿って小さな家が連なっているのは、
先日見たブラジル映画に出て来た家々と
似ていて目を引いた。

相変わらずのありえ無い展開と
ラストのチカラ技でなんとか無理やりまとめた
感じもするが、
つまらないということは無く、
まずは無難な出来。


ジェットコースターのシーンなどは、
アクションとして頑張ってるけれど、
それをウリにするなら
20年位前のジャッキーの映画で勉強すべき。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

「オオカミの誘惑」の頃とは全然違うチョ・ハンソンは
映画で久しぶりに見たが、これから
もっと見る機会が増えるだろう。

★映画ランキングはこちら

「12人の怒れる男」暑苦しいおっさんが怒ってます

2008年09月26日(金) 0時09分
「12人の怒れる男」★★★★
セルゲイ・マコヴェツキー、アレクセイ・ペトレンコ他 12人
ニキータ・ミハルコフ監督、2007年、ロシア、160分



ハリウッドの名作にロシア人監督が
新しい命を吹き込んだ。

ヘンリー・フォンダの紹介では必ずこの映画の
名前が出て来るほどの名作として名高いが、
見たことはないので比べられない。

リメイクは多く作られているが
元ネタが有名になればなるほど
出来上がった作品の評価は芳しくない。
でもこの映画に関しては
ワリと好意的な評価が多かったので
どんなものかと劇場へ。

ハリウッド色は皆無でロシアの現状を踏まえ
何の違和感も無く、たぶん大胆に
アレンジされたのだろうということが窺える。

人が人を裁くということは、
日本でも裁判員制度が開始されることもあり、
全く他人事ではないが、
その裁判が一人の人間の生死を決定するとなれば、
これはそんなに簡単なことじゃない。

この映画でも先入観や
自分のこれまでの生き方が
その裁判の判決に微妙に影響し
ほんとうにこれは困ったことになったなと
映画を見ながら考えた。

叫ぶような台詞回しは
舞台劇を見ているようで、最初はその剥き出しの
激しい口調が気になったが、
そのうち、人が人を裁くということは
理性的というより
自分自身をさらけ出し、
さまざまなものを総動員して決定していかないと
いけないのだと感じる


紛れ込んだ小鳥、
突然の停電

いろんな事柄がそれぞれ何かを示唆しているようで
目が離せない、
しかしこの暑苦しさはどうだ、
女性は全く登場せず
むさ苦しい男が唾を飛ばしながら話してるだけの映画、
まずヒットしそうにもない映画に
正面から取り組んだ心意気が素晴らしい。


映画らしい映画ながら、
こんな映画を見た後は
見たらすぐに忘れてしまうような軽目の
ハリウッド映画が見たくなる。

おなか一杯、ごちそう様。

★100点満点で75点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

映画の出来としては文句無いが
しばらくこんな濃い映画はいいや。

★映画ランキングはこちら

「パコと魔法の絵本」映画は見た目じゃない

2008年09月25日(木) 0時09分
「パコと魔法の絵本」★★★☆
役所広司 、アヤカ・ウイルソン 、妻夫木聡 、
土屋アンナ 、阿部サダヲ 、加瀬亮 、國村隼 出演
中島哲也 監督、2008年、105分




監督で映画を見るなんて
ほとんどしないことだ。

この映画の宣伝を見ただけでは
「見るのはパス」しそうだけど
前作「嫌われ松子の一生」で作家性というか、
自分のスタイルを持ってる人と感じ
自作も絶対と思っていたので
とりあえず劇場へ

このハイテンション、
近くに座ってる年金受給者の方達は
大丈夫かと心配になるほど。


動きの面白さから
子供は最初からハマっている、
大人たちはちょっと居心地が悪いような時間が過ぎ、
降りかかる金のキラキラした粉が
心に届く頃
見た目の大げさな演技とは別に
心に染みてくるものを感じる。


人に何かしてあげたい、
その気持ちはホント純粋に人間にあるものだろう、
それはその人に好かれたいという気持ちもあるだろう、
でもそんな根底にあることよりも
まずは衝動に突き動かされるような
優しい気持ちの存在を信じられることから。


「ポニョ」には正直ガッカリしたけど
「パコ」の魔法はバッチリだった、
これは大人の童話だ、
この魔法は劇場でないと魔力は薄まるから
是非劇場で見て欲しいと。

やりすぎのギリギリセーフあたりで
うまくバランスをとって

見た目のケバさや、作りこみすぎのキャラが
画面狭しと動き回り
それを目を追いながらも
ちゃんと心に響くものを伝えているところが
スゴイ!

なんなんだ、この監督は、
この人だからのこの映画、堪能しました。
次も期待してます。


★100点満点で75点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


褒めたワリには75点は低めですが、スキか嫌いかといえば
特には好きではないということ、でも良く出来た映画

★映画ランキングはこちら

アウキのオーガニック・カフェ(ソロモン諸島・マライタ島)

2008年09月23日(火) 10時09分
アウキのオーガニック・カフェ(ソロモン諸島・マライタ島)


アウキのメインロードの両脇は
二階建ての建物が並び、
多くは中華系の商店で
その中に「オーガニック・カフェ」を見つけた。


入り口を入って最初の部屋は
主に野菜の種を売っている。
また近郊で育成しているソロモン米の
成長の様子を
パネルにして飾っているのが目を引く。


奥に入るとそこは食堂で、
昼にはランチなどの食事も提供している。
アウキでは宿泊施設には
簡易な食堂があるが、
単独の食事場所として、
町では「ドラゴンレストラン」という表示はあるが
今は営業していなかったり、
そのほかマーケットエリアでは
「フィッシュ&チップス」が
手軽に食べられるが
食堂となると他には見当たらない。


旅行者が少ないし、
外食の習慣がないからだろう、
このカフェの存在は旅行者にとっては貴重だ。

この日は「チキンのバーベキュー」25ドル(約400円)
他にはコーヒーが3ドルから。

テーブルが7つあり、
この時は3つのテーブルが埋まっていた。
経営としてはどうなんだろう?と思ったが、
こういうのは続けることにも意味があるので
このままクォリティも落とさないで
頑張って欲しいなと感じた。

また3日後のマライタデーの後、
ロッジで休もうと歩いていると
呼び止められ、話しを聞くとアウキ近郊の
フィユ村で行われている
APSDのマネージャーだと紹介され、
彼と再びオーガニックカフェへ。

この日のランチはフィッシュ&チップス、これに
よく冷えたココナッツジュース、
名前は失念したが、
元マライタ州の州知事だったと
いうことで、この日本とソロモンを結ぶ
Asia Pacific Sustainable Development という組織の
重要性などについて、
ものすごい熱意で話してくれた。


APSDが本拠を置くフィユ村は青年海外協力隊員が
かつては村落普及員として派遣され
日本との繋がりは他よりも強い。

研修センターなどは
かなり立派なものが出来ているようだし、
日本からの研修ボランティアを不定期で募集しても
いるようなので、これからも繋がっていくのだろう。


いつかソロモンにソロモン米が流通し
安価で提供される日がきますように。


@参考@
APSDのHP ← ここをクリックするとHPに飛びます

APSDを始めとして、様々な活動に援助している。
コスモ石油エコカード基金活動紹介  ← クリック
農業研修センター 
 ← クリック ボランティアについてちょっと考える


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

日本とは全く違う、その違いを経験するだけでも行く価値がある。

★映画ランキングはこちら

「おくりびと」さよならをするために

2008年09月21日(日) 0時09分
「おくりびと」★★★★☆オススメ
本木雅弘 、広末涼子 、山崎努 主演
滝田洋二郎 監督、2008年、130分



高校生のときにボランティアで
老人ホームへお手伝いをしに行っていて、
誰も尋ねてこないおばあさんが急に亡くなった時、
知らせを受けて駆けつけてきた身内の人たちが
泣く姿を見ながら
なんか違うだろと憤りを感じた。

泣くくらいなら
生きてるうちに


「死」をテーマにした映画は苦手だ
人は死ぬために生まれてくるかもしれないが
その避けられない現実から
目をそらすように生きているからか、
どうしても真正面から受け止められない。


色々なことが簡素化され
様々なことが効率化され
それでも人の命の尊さは変わらない。

「泣く」映画だろうなと、ちょっと敬遠していたが、
時折のユーモアと丁寧な心理描写で
良質な映画が出来上がった。

主人公はその丁寧な仕事ぶりで
感謝され、自分の天職を見つけたようだ、
同じ自分の時間を費やすなら
やりがいや達成感を得られる仕事をしていたい
誰もが願うが
その「場所」がなかなか見つけられない。


でも日々の精一杯が
その運命を運んでくれるのかもしれない、
だとすると気を抜いて生きていたらいけないのだろう。
それがなかなか難しいことなのだけれど。


納棺師という仕事があることさえ知らなかった、
その仕事があるということは
それが必要だということだ、
ストーリーを追いながらも様々なことを考えさせられた。

死んでしまうということをしっかりと見据えるということは
いかに「生きるか」を自分に問いかけることだ。



何が出来るのかと言えば、
ただ懸命に生きるということ。

こういう映画を見ると内容とは別に嬉しくなる、
多くの人に見てもらいたい。

★100点満点で90点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


山崎努って何をやらせても、そこにリアルが見えて
うまいなぁと、感じる役者だ。

★映画ランキングはこちら

20世紀少年 23億突破!最新映画興行成績(9/14付)

2008年09月20日(土) 0時09分
最新映画興行成績(9/14付)



上位5作品を邦画が独占の快挙!

最新 (先週)   
 1  (1) 20世紀少年
 2週連続首位で23億円を超えた、これで
次の2部にも弾みがついたか。
映画自体は、「並」の出来です。


 2  (初)パコと魔法の絵本
 話題の作品が2位スタート、好調で25億くらいが
当面の目標。
これは見るつもり。


 3  (2) 崖の上のポニョ 
まだまだ粘ってとうとう140億突破!



 4  (初) 大決戦!超ウルトラ8兄弟


 5  (初)  おくりびと 
 この映画は見たいけれど、最初から「泣く」ことが
わかっていて躊躇してます。


 6  (3)  ハンコック
 唯一頑張ってるが、すでに「20世紀少年」に
成績で並ばれていて、期待には応えられなかったか。


 7  (4) デトロイト・メタル・シティ 
この映画がここまでヒットするとは思わなかった。


 8  (5) セックス・アンド・ザ・シティ
 都市部とローカルで随分と成績に違いがあるようだが、
この知名度でここまで12億あまり、まあまあじゃないでしょうか。


 9  (6) 幸せの1ページ

10  (8)  グーグーだって猫である


 今回のチャートの作品は7本見てます。
秋はもっとドラマ性の高い良質な作品が見たいですね。


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

チャートはすごく気になる、特に気に入った作品がそれほど人気を集めていないと
なんとかしたいくらいの気持ちになる。

★映画ランキングはこちら

「ネームドロッパー(上・下」いつものフルーマントルじゃない

2008年09月19日(金) 7時50分
「ネームドロッパー(上・下」★★☆
ブライアン・フリーマントル著



他人になりすまし、ネット上から
財産を掠め取って優雅な暮らしをする
主人公が不倫で訴えられた。

フリーマントルの新刊なら
内容を確かめることも無く、即買い、
どんな物語が展開するか楽しみに読み始めると、
いつもとはなんか違う、
主人公は騙されているのか
それとも単にアメリカの法律にそむいて
裁かれようとしているのか。

そのあたりの「どうなんだろう?」を延々
上下巻見せられて
それでもラストに何かあるだろう・・・・
と、思いつつ期待のラストは
なんだか、その結末に騙されたような気分。

確かに語り口のスマートさや
次の展開を期待させるあたりは
さすがで、一気読みは出来るが
読み終えるのがもったいないような、あの感じは
決して得られなかったな。

法廷サスペンスとしても弱く、
人物描写はそれ程深いわけではないので
軽く読めるけど
それだけという印象

フリーマントルというビッグネームだからこそ
期待してしまうが
この作品はその期待には応えてくれなかった。

でも次も読みます。

★100点満点で50点★


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


新刊で買っても上下で1.400円弱、
これ位の投資なら損した感じはしないけれど、いつもの高い水準には達していない。

★映画ランキングはこちら

「20世紀少年 」まじめに作ってるのか、笑っていいのか・・・

2008年09月18日(木) 0時09分
「20世紀少年」★★☆
唐沢寿明 、豊川悦司 、常盤貴子 主演
堤幸彦監督、2008年、144分



浦沢直樹の大ヒットコミックス実写版3部作、第1弾。

これ見ておかないと、
あと2作続くからなと
劇場へ、まあまあの入り。
なぜかほっとする。

製作者でもないのにね。

始まってすぐに感じたのは
熱演と設定やリアルの感じられないセットが
かみ合わず、舞台の熱演を見ているような
奇妙な気分になった。



これはかなり壮大な物語だから、
ハリウッドみたいに潤沢なバジェットで
ウソをリアルに感じさせてくれる本物の見世物に
して欲しいのに、
薄暗い中での閃光や大げさな音響、
時々の大写しでごまかしの苦しい映像が続くと
中に入り込めないのだ。

ストーリーはうまくそのあたりを
リアルに感じさせてくれたら
もっと面白くなっただろうなと
見ている間中、なんか足りない
もったいないと
そんなことばかり考えていた。

大阪万博や70年代が挿入されて
懐かしく感じる世代もいるだろうが、
その世代がこの映画をみたら
ラストまでの144分は拷問に近いかも。
冷静に考えて面白くないからね。


何がダメだったのか
考える。

まだあと2作続くとすると
気分的には「ナルニア」みたいなものか、
とりあえずは見るけどもう期待はしない。

多くの気になるサブキャラが全く説明されず
活かされていないのも不満だ、
たぶんやりようによっては
もっと面白くなったはず、残念。

★100点満点で55点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

唐沢寿明の顔がアップになると、芝居がかっていて
どうも、うそ臭くてだめだったな。

★映画ランキングはこちら
2008年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf