「歩いても歩いても」完成度は高いが、映画的な驚きは無い

2008年07月31日(木) 0時09分
「歩いても歩いても」★★★☆
阿部寛 、樹木希林 、夏川結衣 、原田芳雄 、YOU 出演
是枝裕和 監督、114分、2008年



兄の命日に久し振りに実家へ帰省する主人公、
姉夫婦は近い将来同居を考え、
長男を水難事故で亡くした母親は
同居するなら次男である主人公としたいような
素振りが見えるが、
帰るつもりは無い。

一泊二日の帰省にまつわる
どこにでもありそうな家族の風景。

見た人の誰もが自分をどこかに見つけられそう、
懐かしくでも自分の居場所が見つからないような

ちょっとした居心地の悪さが、
些細な会話から伝わる。

よく練られた脚本だと思う、
テンポよくでも出来過ぎて無い、
舞台のような、掛け合いでない
日常の「間」が
うまく治まりきらない、不器用な
人間関係をうまく描いている。

そつなく、そしていびつだけど
完璧に思えるこの作風を
好きな人は多いだろう。

でも、達者な演技人に何気ない日常の
スケッチに深みのあるドラマを感じるが
だからといって、新鮮な驚きや
予期し得ない人間の行動のようなものが無く、
その部分では映画という非日常空間で
何も起こらないというのは
自分には楽しめ無かった。

こういうこともあるだろう、
人物の描き方にも不足はない、
でもここに描かれたものは
誰でも身近に知っているものだ、
人間の行動の不可解さや
鮮烈な驚きが無いのだ。

要求が高くなっているのだとも感じる、
でももうひとつ楽しめないのは
知っている日常風景なんて
わざわざ見たくないからだ。


この映画の完成度は高い、
職人技を見に行くような感じだ、
でも心揺さぶられるようなものは無い。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

人に勧めるかと言えば、もっと面白い映画があるので、
こういう傾向の映画が好きならともかく、
ハリウッド系が好みなら勧めない

★映画ランキングはこちら

「百万円と苦虫女」100万円貯まったら出て行きます

2008年07月29日(火) 0時09分
「百万円と苦虫女」★★★☆なんとなく面白い
蒼井優主演
タナダユキ監督、2008年、121分



たぶん蒼井優を主演として
こんな映画が作りたいなと
企画した様な映画。

他の誰かじゃなく
海の家でかき氷作る蒼井優、
桃を収穫する蒼井優、
植物に囲まれた蒼井優

彼女の様々な今の表情を
残しておきたかったかのようだ。

「自分なんか探してません、
探さなくったって、私はここにいますから」


最近は30歳過ぎても
「自分探し」をしていると公言する人も多い、
誰だって生きてる限り、自分の存在理由を
見つけようともがくのだろうが、
ひと世代前の人から見たら
甘えてると思われるようだ。

でもね、こんな社会を作って来たのも
その世代の人達なわけで、
理想とは違ってしまったけれど、
不毛に豊かな
悪くないけど、むしろ幸せな事だけど、
どこか漠として生きてる実感が薄いのも確かだ。

映画の中ではお伽話が続いている、
こんなふううに深みにはまるのを慎重に避け、
人と深く交わらず、
ヤバクなったら別の場所へ・・・、
出来るわけないと思いつつ、
そうだったら随分と生活はシンプルだろうなと思う。

それでいいなら全部時々総入れ替えみたいに
ぐるぐる移動すれば良いものを
人は時々それでは淋しくて
物足りなくて、やって行けなくなる。

「笑うと苦虫をつぶしたような顔になるね」
蒼井優だよ、そんなわけない、
でも人は自然に愛想笑いを反射的にするけど、
目まで笑ってないのはすぐに伝わる、

心底大口をあけて笑うシーンが無かったことに気づく、
映画は「なんとなく」終わるが、
その後の何処かで
主人公が心の底から笑っているといいな。

★100点満点で70点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

どんな内容だった?と聞かれると答えに困る、
映像の語るストーリーと違うものを見ながら感じているからだ。

★映画ランキングはこちら

「カリフォルニア・ガール」ミステリー仕立ての年代記

2008年07月28日(月) 0時09分
「カリフォルニア・ガール」★★★★
T・ジェファーソン・パーカー著
ハヤカワ文庫、653ページ



本を手に取ったとき
そのズシリとした感触に心が躍る、
前作「ラグナ・ヒート」はこの作家のデビュー作で
この作品はワリと好きだったから
このノー天気なタイトルにちょっと「あれ」と
思いつつも、大丈夫だろうと買って早速読んだ。

ベッカー家の4兄弟とその両親を中心に
若い女性の無残な死が
彼らや彼らの住んでいる土地全体に
影響を与えるという本筋と
複雑な人間関係が次々と出てくるので
カバー折り返しの登場人物紹介を何度も何度も
見返しては読んでいった。

久々の一気読み、
事件の解決で普通は胸をなでおろすと言うか
ほっとするのに、なぜか心は晴れない。
そうするとタイトルの「カリフォルニア・ガール」という
明るいイメージがさらに胸に迫る。

何も知らないノー天気なままでは誰もがいられない、
何かを知るたびに、ただ陽気に笑うことが出来なくなる、
それは悲しかったり、さびしくも感じるけれど
そこから人は強さも一緒に学ぶのだろう。

ミステリーを読みながら
生きることとか、人とつきあうこととか
そんなことも考えさせられた。
読み終えて様々な感情があるにせよ、
極上の作品を読んだ嬉しい気分はもちろんある。

650ページは、かなりの長さだ
どんどん過ぎる時間と無くなっていく残りのページを
嬉しいような惜しいようなそんな気持ちに
させてくれた作品だった。


まだこの人の「サイレント・ジョー」は未読なので
見つけたら読んでみたい。

★100点満点で85点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ミステリー的な要素は実はそれほどでもない、
年代記としての作品の質の高さを買いたい。

★映画ランキングはこちら

「ハプニング」途中までは充分楽しませてもらいました

2008年07月26日(土) 21時09分
「ハプニング」★★★
マーク・ウォルバーグ主演
M・ナイト・シャマラン監督、2008年、91分



それはニューヨークのセントラルパークから始まった、
歩いていた人々が急に立ち止まり
一発の弾丸が引き金となって、恐ろしい現象が広がっていく。

何が起こってるんだ、
何が原因なんだ、
主人公達はどうなるんだ。


物語に引き込まれる、
所々の刺激的な描写もそれ程
興味をそがれるものでなく
味付けとしては上々。

でも心のどこかでは
「またガッカリする落ちがあるんじゃないか」と
引っかかって、おかしな方向へ行きませんようにと
思いながら展開を見守った。

緊迫した状態ながら
主演のマーク・ウォルバーグのとぼけた顔が
演技じゃない普通の人間の戸惑いを
現しているようで、
こんな訳のわからない状態になったら
自分だったらどうかなーと。

そして映画は希望を見せて静かに終わった、
逆に驚くね、
「見せる」ことでガッカリさせるなら
「見せない」ことで行こうということか。


こんな消化不良なら普通は
それはないだろーと思うけど、
シャマラン監督は最近不振だったから
今回はどうにかこうにか着地したって感じだ、
オリンピックの体操ならなんとか着地はしたけど
一歩後ろについてしまったくらい。

ガッカリはしないが、名作「シックス・センス」以降
監督はあれで才能の全部を使ってしまったのか、
次がひどかったらもう見ないな。たぶん。

★100点満点で60点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


「シックスセンス」のラスト、手から零れ落ちる指輪が
床を転がるのを見た衝撃、あれから何度もガッカリしてる

★映画ランキングはこちら

早朝の托鉢を見る・ルアン・パバーンの祈りの朝

2008年07月25日(金) 0時09分
2008/3/13〜3/26(春のラオス、メコン河沿いの旅)C

早朝5時半に起きて支度をし、
托鉢見物へ
どの辺りがメインなのかも分からないので
宿の近くを歩いていると、
メコン川沿いの道と
シーサンワンウォン通り、そして
サッカリン通りあたりで
オレンジの袈裟の行列を目にする、
急いで追いかけ、まずは彼らの背中を見送った。

狭い道の両端に並んだ家の前で
地元の人がご飯や思い思いの食物の入った入れ物を
持って、僧侶の通るのを待っているのだ。

自分も道の端に座ってしばらくすると、
来た、来た、来た。

次から次へと斜めにかけたたすきの端に
ご飯の入れ物を抱えながら
何か小さくお祈りをしているように口を動かし、
各家からの施しものを受けて通り過ぎて行く、
50人はいただろうか、
オレンジの線になった
彼らの背中を見送ると
厳かな雰囲気に包まれる。

狭い道にかなりの人がいるのに
ひどく静かだ。

毎日の生活の糧をありがとう、
そして仏に仕える人々に施せる
豊かさへの感謝と。


この時この街全体が
祈りと感謝に満たされる。


しばらくして大きな通りのシーサンワンウォン通りへ行くと、
たくさんの小さな椅子がズラリと歩道に並べられ、
大型バスから中国の団体が陣取った、
托鉢体験ツアーなのだろう、
一斉に座って食物を前を通る僧侶へ渡している。
写真のフラッシュが光り、
興奮した声、笑い、肩を組んで写真に収まる人達。

さっきまでの厳かな雰囲気は一変して
ただの観光地となってしまった。
こういうのって「嫌だな」とすぐに思うが、
少し静かなだけで、自分も地元の人から見たら
同じ観光客なのだろう。

そう思うとそれでも自分はこういう場所へ
また訪れるのだろうし、
なるべく普段の生活を乱さないようにと
自分を戒めることくらいが
お邪魔させてもらう自分たちの礼儀だと感じる。

さっきまでの静かに興奮していた気持ちは
霧散したが、それでも自分の立つすぐ側を
通り過ぎる托鉢の僧侶たちからもらっった感動は
色あせない。

宿へ戻り、ベランダで朝のまだ冷たい空気の中
コーヒーを飲んだ。
日中には多くの車が通る道も
まだ静かだ。

TVで見た托鉢姿の僧侶のいる小さな町の風景に、
今は自分もその中に居て、静寂の中
人は何故祈るのか、なんて考えさせたりする。
この祈りがそれぞれの思いに届きますように。


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

巨木に祈り、朝日に祈る、かつては自然の様々なものに
祈りをささげていたのだろう。

★映画ランキングはこちら

「崖の上のポニョ」子供に見せたい絵本のような映画

2008年07月24日(木) 0時09分
「崖の上のポニョ」★★★
宮崎駿 監督、2008年、101分
山口智子 、天海祐希 、所ジョージ 声の出演



「ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子
青い海からやってきた
ポーニョ ポーニョ ポニョ ふくらんだ
まんまるおなかの女の子」


久々に混んだ劇場でしかも子供に囲まれて
ポニョを見てきた。
パステル画のような優しいタッチの映像、
悪人は存在せず、
夢だって強い気持ちがあれば叶う。

希望や勇気に溢れた子供向け作品だ。


絵本を読ませたい年頃の子供には
手放しで勧めたい、
「好きなことやっていいんだよ」
危ないことをしたら、ちゃんと大人が見守ってるからね、
だから少年も小さな金魚に
「ボクが守るからね」と言ってのける。

主人公の笑顔や純粋さとは対照的に
周囲の風景や特に海の中の生き物は
古代生物のような姿が不気味なものが
たくさん蠢いていて、
5歳の子供の希望を描きつつ
大人には「これから色々あるよね」と語っているようだった。

でもね、これを大人が一本の映画として見るのは
ちょっとキツイな、

子供に見せたい絵本のような映画だと
ちゃんと先に言ってもらわないと
「千と千尋」のノリで予備知識なしで見ると
当惑する、これで終わりなのかとビックリする。

夏休み、子供で映画館が一杯になるといいな、
外へ出れば「通り魔」だとか
「学校の先生の裏口合格」とか
とても大人や社会を信じられないニュースが多いからね。

夢が叶った2人は、それから幸せに暮らしましたとさ、
と言ってしまうには2人はあまりに若く
それなら「小さな恋のメロディ」のように
果てしなく続く線路を2人で力を合わせて進んでいくのだろうか。
大人になるとどうもその後が気になるのです。

★100点満点で65点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


一本の映画として見たとき、大人の鑑賞には
ちょっと物足らないが、子供向けならこれで文句の付けようがない。

★映画ランキングはこちら

「崖の上のポニョ 」予想通りの好スタート・最新国内映画興行成績(7/20付)

2008年07月23日(水) 0時09分
最新国内映画興行成績(7/20付)

上位に2本がチャートインし、先週から
それ以外は2位づつ降下、チャートは堅い。
10位に「百万円と苦虫女 」が入った。

順位(先週)
1 (初) 崖の上のポニョ

「ポニョ、ポニョ、ポニョ」と子供の歌うフレーズが
頭から抜けません。
「ハウルの動く城」(最終成績196億円)対比では70%と
最終成績は100億に届かなそう、
子供向けということで、大人をどれだけ取り込めるかが
課題だ。

 2 (初) 劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ

この時期必ず登場のポケモン、かつての勢いはないものの、
それでも2位発進は立派。週末3日間で10億を超え
前作比90%と言うことで、前作が50億だったので40億は堅いところだ。


 3 (1) 花より男子ファイナル

まだまだ女子で混んでいるようで、2回目3回目と
リピーター効果も。


 4 (2) インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

さてさてインディーは100億に届くか。

 5 (3) ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌


 6 (4) クライマーズ・ハイ

この作品は派手ではないが、大人には見て欲しい作品だ。


 7 (5) ザ・マジックアワー

 8 (6) それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ

 9 (7) スピード・レーサー

この作品は出来はまあまあ、でも評価は悪いので
そのあたりで損をしている、まあこんなもんだよ。

10 (初) 百万円と苦虫女

蒼井優主演映画、必ず見ます。

今回のチャートでは4本見てます、今後あと2本追加で見ます。


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

「インディ・ジョーンズ」はラストで賛否両論ですが、まあこんなもんじゃないかな、
楽しませてもらいました。

★映画ランキングはこちら

「やさしいため息」誰にでも秘密はある

2008年07月22日(火) 0時09分
「やさしいため息」★★★★☆オススメ
青山七恵著、173ページ、1200円



長く音信不通だった弟が一人暮らしの主人公の部屋に
やって来た。

何気ない会話をするが
その一部は本当で一部は嘘だ。

会社では同僚と仕事以外の付き合いは無いが
弟には色々話したり、飲み会に出たりしていると言った。
そんな嘘をついてもつかなくても
別に何も変わることもないのに
それが無いと自分の毎日の生活が
モノクロで殺風景だと漠然と感じているのかもしれない。

この本に出てくる主人公をはじめとして
その弟や弟の友人や会社の同僚など
皆、生活観が希薄だ、
汗とか涙とか感動とか大声とか
およそ劇的なものから遠い存在だ。

でもそんなものかもしれないとふと思う、
日常なんて鮮やかな色なんてほとんど無くて
モノクロで昨日も先月も昨年も
似たようなことをしているのだ。

そんな毎日を繰り返しながら
それをなんだか少しつまらないなと思う、
出来たらなにかしら前進というか、
同じ繰り返しのなかでも、自分らしい色づけみたいな
ものが加わっていたらいいなぁと思う。

人に語る自分の生活は
「こうありたい」という部分に少し嘘が入っているかもしれないが、
それは人を騙す嘘じゃなく
微かな未来をしめしているようで。


弟が現れ、主人公の生活に少し色が付けられていく、
そして読んでいるこちらにも
自分のことを少し考えさせる
不思議な小説だ。

青山七恵の本は全部読んでいるが
だんだんと表面上の文体は読みやすくなっている、
簡単に読めてしまうが、語られていることは
その平易な文章だからこそなのか、
語られない奥行きが感じられる。

芥川賞の「ひとり日和」よりは「窓の灯り」が好きだったが
この小説は好きだ、
人間はややこしい生き物だけれど
ややこしく書くのでなく、やさしくやさしく書いても
ちゃんと人間に届くのだ。

★100点満点で90点

5月に出版されて直ぐに読みきったが、もう一度読み終えて
やっと感想を書いた。

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

才気煥発って感じはないが、これからもしっかりと追いたい
作家のひとりだ。

★映画ランキングはこちら

「純喫茶 磯辺」コーヒーの香りのしない喫茶店

2008年07月21日(月) 0時24分
「純喫茶 磯辺」★★★
宮迫博之 、仲里依紗 、麻生久美子 主演
吉田恵輔 監督、113分、2008年



こういう映画って
「かもめ食堂」がヒットし、次の同じつくりの
「めがね」まで当たれば、これだってって勢いが
感じられる、そのあたりの安っぽさを
分かっていながら、それでも見てしまう観客が
なんと多いことか。


これは見終わって「つまらない」と言う人は少ないだろう、
最初からそんな「心に一生残る作品を
期待してもいないし、そこそこ脱力系の笑いは
ちゃんと見せてくれてるしね。



じゃあ、どうだったのかと言うと
ワリと面白かったけれど、
これがそのうちwowowで放映されても
録画しないし、TVの深夜枠で放送されても
見ないだろうな。

でもレンタルで目にしたら、「半額」に日なら
借りてしまうかもしれない。


そんな不思議な映画だった。


喫茶店は世の中から
どんどん消滅している、その代わり
行くことが生活スタイルのようなスタバや
廉価がウリのドトールのような
どこでも同じ顔の店は増殖している。

だから思いつきで喫茶店なんて
どだいムリなんだ、そのムリなところが
この映画全体を包み、
そのはかなくもオカシイ感じがこの映画の
ムードでもあるのだ。

何かきっかけがあれば
今とは違う自分になって見たいのは
誰だって思うこと、映画では簡単に
「それから一年」なんて出てくるけど
これからの一年後なんて誰にも分からないから
根拠の無い夢のような一年後に思いを馳せるのだ。

この純喫茶磯辺が近くに出来ても
コーヒーを飲みに行こうとは思わない。

★100点満点で65点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


この映画に要求するものは全部出てくるので
物足りなさはないけど、斬新な何かは提示されない

★映画ランキングはこちら

「前世療法」前世の記憶はありますか?

2008年07月20日(日) 10時20分
「前世療法」★★★
セバスチャン・フィツェック著
柏書房、1680円、446ページ



ベルリンの敏腕弁護士が
ガールフレンドから紹介された10歳の少年は
「僕は15年前に人を殺しました」と話し始める。

前世はあるのか、前世での罪は裁かれるのか、
「どうなってるんだ」
「そういうことも本当にあるのかな」
そんなふうに読み進めていった。



この本が三作目、処女作の「治療島」が面白かったので
最新作を即購入、行き帰りの地下鉄で読んだ。

で、どうだったかというと
あまり楽しめなかった、
「前世の記憶」や「前世の罪」など
キーワードは面白いし、
主人公の敏腕弁護士の混乱振りもいい、
一体この小説はどこに着地するのか
途中までは興味を持って読んだ。

だけど、途中からその興味は失速する、
どうしても都合よすぎて
そこに作り物ながらのリアルを感じられないからだ。

「あー、そうなっちゃったか」

でもこの厚い本を途中で飽きさせずに
最後まで読ませてしまう筆の力は感じる、
「治療島」が好きだっただけに、
次の作品も期待して待ちたい。

ドイツのミステリー仕立ての小説って
なかなかお目にかかれない、
もっとドイツの街や人についても掘り下げてくれたら
また別の楽しみもできる、そんなところも
期待したい。

「治療島」の感想はココ

★100点満点で60点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

最近は本はビーケーワンかアマゾンでネットで注文することが多い、
1500円を超えれば送料が無料だし、書店では定価販売だけど
ネットならポイントがつくからね。

★映画ランキングはこちら
2008年07月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf