全米・国内映画興行成績 インディー・ジョーンズスアートダッシュ!

2008年05月31日(土) 0時09分
最新映画ランキング/アメリカ/日本(5/25付)

全米最新ランキング

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」が歴代5位の好成績で
首位デビュー、期待が高まります、早く見たい!


 1 (初)「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」

公開4日間で約1億2600万ドルと今年最高の出だしは
人気の証だ、日本公開までもう少し待ちましょう。


 2 (1)「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」

 3 (2)「アイアンマン」

ロバート・ダウニー・ジュニア主演の特撮ヒーローものは
3週目に入って2億5千万ドルと3億ドルに手が届くかもしれない。

 4 (3)「ベガスの恋に勝つルール」
 5 (4)「スピード・レーサー」

この夏の期待作が思わぬ苦戦

 6 (6)Baby Mama
 7 (5)「近距離恋愛」
 8 (7)Forgetting Sarah Marshall
 9 (8) Harold and Kumar Escape From Guantanamo Bay
10 (6)The Visitor

来週はヒットドラマ「SEX and the CITY」映画版の公開だ。



続いて日本国内興行成績

大ヒット作の続編が好調な出だし


今週 (先週)   
 1 (初)ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

第一作が68億稼いだ大ヒット作の続編が登場、
あの子供だましの映画に続編は行かないぞと
思ってましたが、予告がよく出来ていて揺れてます。

 2 (1) 相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン

前週比92%と相変わらすの強さ。

 3 (初)ランボー 最後の戦場

この無茶苦茶な映画が3位発進!
全米では2位と首位を取れなかったのは、見てみると
納得でした。

 4 (2) 最高の人生の見つけ方

この地味な作品がうまいCM効果か
結構お客さんを集めてます。

 5 (4) 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS
 6 (初)山のあなた 徳市の恋

1.000円興行も苦戦中!

 7 (初)アフタースクール
 8 (3) チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
 9 (5)  名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
10 (6) 少林少女



soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

歴代5位の成績で始まった新しいインディアナ・ジョーンズの冒険を
日本でも早くみたいものだ。

★映画ランキングはこちら

「噂のアゲメンに恋をした」レンタルなら損ナシ

2008年05月30日(金) 0時09分
「噂のアゲメンに恋をした」★★☆
ジェシカ・アルバ主演
マーク・ヘルフリッチ 監督、2007年、アメリカ、99分



付き合うと必ず次の恋愛で
結婚までたどり着けるという噂が広まり
行列が出来るほど「モテル」歯科医が
運命の女性に出会った。

ジェシカ・アルバはまだ自分の
キャリアの方向を見定めかねているようだ、
ルックスは文句なしだけど
それだけでは、まだ足りないハリウッド。


同じ様に美しいシャーリーズ・セロンは
歯を抜いて顔に特種メイクをして
わざと醜くなってアカデミー賞を手にいれたように、
彼女もこのままでは、いまひとつ
これからの将来像が見えて来ないのだ。

ドジな女の子が恋の障害を乗り越えて
結ばれるまでのドタバタコメディーは
見てる間は面白いけど、
同じ路線も三回まで、
この程度の出来だと劇場まで出掛けて
お金を払うと損した気分になりそうだ。

レンタルで充分だ。

同様の映画は結構ハリウッドでは量産され、
新しいスターが元気な笑顔を見せてくれているが、
日本では公開も限定的だ、
アニメしかり、
必ずしも全米でヒットしたものが
日本でもヒットする訳ではない。

それでも映画のどこかに
見た人を引き付ける何かがあるなら、
その時間は有意義なものになる、
でもなかなかそんな映画には出会えない、
それでも宝くじのように
買わないと当たらないから、
やはり見ないと出会うことさえ出来ないのだ。

★100点満点で55点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

冒頭でも書いたようにレンタルまで待って正解

★映画ランキングはこちら

「ランボー 最後の戦場」さらば怒りの戦士よ

2008年05月28日(水) 0時09分
「ランボー 最後の戦場」★★★★
シルベスター・スタローン主演
シルベスター・スタローン監督、2008年、アメリカ、90分



ベトナム戦争帰りの軍人が
武器を手に取って立ち上がるには、
それ相応の理由が必要だ。

となるとアメリカ国内では
その相手が見つからない、
どこにその敵はいるのだと探してみると
アジアの訳の分からない国だったらいいだろうと
言ったか言わないか、
今回はミャンマーで大暴れだ。

「ランボー2」は名作だった、
繰り広げられるアクションには
驚きもあったように思う。

今回はラストと決めたからか
思いを残さないように、
そんな決意がこの映画に見える、
今度のランボーはスプラッタームビーに
片足以上踏み込んでどこかB級のノリだ。


スクリーンでは一瞬のうちに場面が転換し
変化するから分かりにくいが、
レンタルされてじっくり見たら、
かなり凄惨な映像のオンパレードと言える。

発射された弾丸によって顔は半分に吹っ飛び、
内蔵が流れ落ちる、
そういう状況が全く躊躇無く描かれているのも怖い。

正統派ハリウッド映画好きには
この映画は勧められない、
ロッキーシリーズをかなり完成度高く締めくくった
スタローンは、対照的にこちらランボーを
人間の狂気の中に放り込む、
人間性を失った怪物が飛び散る人間だったものの中で
歓喜の歌を歌い上げてる。
ひどく血なまぐさく、そしてあるイミ
静寂の世界で醜悪な美しい幕引きだ。


こんなところへ行き着いたら
もう故郷へ戻ろうと穏やかな日々は望めないだろう。

たぶん牧歌的なのんびりとした田舎の古い家で
毎夜悪夢にうなされ続けるに違いない。
それがランボーの運命、
そしてそれは、戦争でこの現状を変えようと思う
人間の形をした悪魔たちの運命でもあるのだ。

★ 100点満点で75点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ベトナム戦争も遠くなり、そろそろ戦う理由を見つけるのも
困難な時代、次のランボーは?

★映画ランキングはこちら

春のラオス、メコン河沿いの旅Aルアン・パバーンの宿・食事その他

2008年05月27日(火) 0時09分
2008/3/13〜3/26(春のラオス、メコン河沿いの旅)A

ルアン・パバーン(LUANG PRABANG)での宿は
地球の歩き方にも掲載されている
サーラー・プラバーンを日本からネットのホテルサイトで
12月に予約していた。



一応、メコンビューの部屋ということだが
道路を挟んだ向かいに同じ経営の簡素な
レストランがあり、メコンはその向こうなので
チラチラと見える程度
それでも町の中心部にあって、
緑が多く河の流れの直ぐそばということで満足。

とりあえずは腹ごしらえと
まずはメコン川沿いの道を歩いて
いくつかのレストランを覗いた。

観光客のワリに店はそれ程混んでいない、
道路からさらに川沿いに階段を下りて
気に入ったテーブルを見つけた。
オーダーしたチキンのバジルソース炒めは
完全に観光客向け。



強い日差しをさけて
川からの風を受けながらの
食後のコーヒーは最高、
ただし味は自分に強すぎで
コンデンスミルクを追加、
店によって違うだろうが、ベトナムコーヒーのような
深煎りなのかかなり強烈な濃さだった。

日中の強烈な日差しを避けてか、
通りに人があまり歩いていない、
とりあえずは有名どころの寺院を押さえておこうと
1560年セタティラー王建立の
ワット・シェントーンを目指した。

入り口には絵葉書や手書きの経文などが
販売されている、
ああ、ここも観光地化されてるんだなと思いながら
中へと進むが、ここも他には人は居ない、
静かだ。

本堂の裏の「黄金の木」は
その他の金で飾られたものと違い
赤地にモザイクで仏教の物語が描かれている。

その他、さすが王様が建てただけある
ゴージャスな金色の氾濫
寺院というよりやはり権力の象徴のような気がした。

緑に囲まれて、落ち葉を掃除するだけでも
大変そうだが、境内はきれいに清掃され、
とても気持ち良い散歩だ。

ミャンマーやカンボジア、ベトナム、タイ、中国に
囲まれたラオスは王政からフランス統治という時代を経て
現在はラオス人民革命党一党独裁が続いているが
ミャンマーと違いその内容は
ベトナムに近いようだ。

でも首都ビエンチャンからも遠く離れた
この世界遺産の町では、現在の政治からも遠く、
寺院を中心に発展した小さな町という
印象しか受けない。


旅のデータ

サーラー・プラバーン(宿泊)
メコンビューの部屋 一泊80米ドル(朝食付き)
昼食 35.000キップ(約350円)
夕食 50.000キップ
コーヒー一杯 レストラン 10.000キップ(100円)
        簡素な食堂 6.000キップ(60円)

ワット・シェントーン入場料 20.000キップ


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ゆっくりと旅の更新をしてます、早くしないと
次の旅が始まりそう。

★映画ランキングはこちら

「光州5.18/華麗なる休暇」韓国の現代史から学びたい

2008年05月25日(日) 0時56分
「光州5.18/華麗なる休暇」★★★★オススメ
アン・ソンギ 、キム・サンギョン 、イ・ジュンギ 主演
キム・ジフン 監督、韓国、2007年、121分



昨年公開され歴代トップテンに入るヒットを記録した
魂の映画、いよいよ公開

1980年5月18日、その日
軍事政権と民主化を要求する市民や学生が衝突した。

この映画は事実をベースにした
フィクションだけれど、事件そのものは事実であり
日本がのんびりとした「平和」を
享受している頃、韓国はまだ民主化への
道を模索していた。

この映画、正統派の韓国映画らしく
途中からかなり泣かされ、それがゆるくラスト近くまで
人間の優しい気持ちや
変わらない毎日が、何故か心を揺さぶる、


この後に悲劇が待っていることを知っているからか、
それとも「特別」を求めつつも
実はフツーの毎日がいかに大切か知っているからか
なんだか泣けてくるのだ。

「国のため」「愛する人のため」だとか
命を投げ出して守ることは
想像も出来ない、
たぶん僕らはいつも「自分のため」を中心において
暮らしている。

そう思うとこの映画が見せる歴史の事実は重過ぎる。

「私たちを忘れないで」
宣伝車がひっそりとした町を走り抜けるとき
立ち上がったものと、
見殺しにしたものが対比されるが
立ち上がらずに生き残った人たちの
心の傷も想像を絶するものがある。

日本人への強い反発や
駐留米軍へのデモなんかを見ると
その行動が過剰にさえ感じるが
つい30年も経たない過去に
こんな事実があるからなんだなと
そう思うと、無関心ではいられないと思うのだ。

映画の出来も上々。

★100点満点で80点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

アン・ソンギが出るだけで画面が引き締まるのはさすが!

★映画ランキングはこちら

「最高の人生の見つけ方 」今、何が出来るかリストをどんどん増やしたい

2008年05月23日(金) 7時23分
「最高の人生の見つけ方 」★★★☆
ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン主演
ロブ・ライナー 監督、2007年、アメリカ、96分



人は生まれた瞬間から
死ぬまでの人生を生きている。

予告を見て是非見たいと思っていた作品。

余命半年と宣告された主人公達は
これまでやりたくても出来なかったことを
病院を抜け出して実行する、
残りの人生を病院のベッドに押し込められるのは
やはりつまらないことだから。

これは誰にでも訪れる死という現実を描きながらも
この映画に描かれるのは夢物語だ、
世界を自家用ジェットで飛び回ることなど
誰でも出来るわけではないから。

それでもスカイダイビングで空に半ば強制的に
放り出された主人公達が大声で叫ぶ様子は
見てるこちらもスカッとしたな、

あの感じはきっと誰でも感じることが出来るだろう。

年を重ねていくことは
その残りが少なくなっていることを意味する、
生きるということより、死んでいくということの方を
多く連想させる。

この映画を見たからって
よりよい死を迎える心構えが出来るわけでもない、
それでも「あーすれば良かった」
「こんなことをしたかったな」と
ただ嘆くのでなく、それなら出来る範囲で
少しくらいのムリならして見たいなとちょっと考えてみる。

どんなに色んなことを成し遂げようと
まだまだ心残りというものはあるだろう、
「これからしたいことリスト」を作り
実際にしたことに線を引いて消していく、
できたらその項目を果てしなく書き続けていきたい、
いつまでたっても終わらない物語だ。

思い描く生き方をしてるかなとふと考える、
でも何をもって満足とするかは
なんだかまたもやがかかったような感じだ、
でもそれでいいんだ、そんな気もしている。

映画は期待していただけに
内容的にはもうひとつだった、
悪くはないけど、名作とは呼べない出来、
それでも心躍るいくつかのシーンは見てよかったな。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

映画の出来と映画が語る事柄の意義はまた別物。

★映画ランキングはこちら

「流星の絆」仕掛けた復讐計画の顛末は・・・。

2008年05月22日(木) 0時19分
「流星の絆」★★★期待しすぎました
東野圭吾著、1,700円、講談社



ハードカバーを鞄に入れ、
地下鉄の中、ドトールや
モスの店内で読んだ。

名作「容疑者Xの献身」から
新作に期待する作家のひとりだ。
楽しみな本は鞄を重くさせても
その重みさえ嬉しいもの。

読んでいてラスト近くになって
また何か仕掛けがあるのだろうと
神経を集中させる、
パラパラと簡単に読んで
その大切な瞬間を逃したくないからね。

果たして、今回はどうだったかというと
それ程大きな満足感はなかった、
「それはズルイよ」
思いもかけなかった結末とはいえ
その理由づけがどうも希薄で納得できないのだ。

でもラストを知って思い返す、
それまでの主人公達と犯人のつながりが
より濃く浮かび上がるところはさすがだ。


唸るような、そして読んだ後も
しばらくその余韻に浸っていたくなるような
名作とまではいかないが、
1,700円分は充分楽しませてもらった。

映画が好きなので常に映画料金を基準にする、
前売り1.300円で一本見られるから
ハードカバーも似たような値段が多いので
単純に比較して、「損した」とか「充分モトはとった」とか
考えているけれど、本は作家との一対一の
贅沢な時間に変わりはない。

ただ今回登場する主要人物の誰もが
それ程際立ってこちらに迫る人が居なかったことが
少し物足りなかった、
それでも次回作ももちろん期待したいことに変わりはない。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

時間を忘れて夢中で読んでしまったようなことを
経験すると、常に出会いに期待してしまうものだ。

★映画ランキングはこちら

「相棒」V3で200万人突破!最新国内映画興行成績(5/18付)

2008年05月21日(水) 0時19分
最新国内映画興行成績(5/18付)

今週 (先週) 
 1  (1) 相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン

最近の邦画の中では出来の良さでも
口コミで広がっている気がする、
まだまだ粘ってます。


 2  (2)  最高の人生の見つけ方

評判が良いので見てきましたが、
絶賛まではもうひとつ、
それでも大人な作品が、2位発信はなんか
嬉しい気もする。


 3  (初) チャーリー・ウィルソンズ・ウォー

これもそのうち見たい、
久々のジュリア・ロバーツも気になる。


 4  (3) 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS
これはどうなんだろう、かなりCMに金かけてるけど、
すでにシネコンでは大きいスクリーンは「相棒」に
また取り返されてる、内容にその労力をかければよかったのにね。


 5  (4) 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)

少し落ちるのが早いかも、20億は超えたけれど
30億は厳しいかも。


 6  (5) 少林少女
最初は見るつもりだったけれど、もうその熱は冷めた、
100万人動員達成はご立派。


 7  (7) ミスト
やはりこのあたりか、ミステリー好き以外も取り込めたら
もう少しイケルんだけど、出来は良いだけにもったいない。


 8  (8)  砂時計

 9  (6)  クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛(きんぽこ)の勇者

10  (9)  紀元前1万年

この規模の映画で10億にも届かないのは
厳しい結果だ、ワリと良く出来てるのに
「子供」と「愛」が足らなかったか。


@今週は上位10本のうち4本見てます、
どれも満足したので水準以上でしたね。

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

映画の出来と映画が語る事柄の意義はまた別物。

★映画ランキングはこちら

「アイム・ノット・ゼア」野心作だけど不親切な出来

2008年05月20日(火) 0時19分
「アイム・ノット・ゼア」★★★
ケイト・ブランシェット 、ヒース・レジャー 、リチャード・ギア 主演
トッド・ヘインズ 監督、アメリカ、2007年、135分



今現在生きている人を
伝説のように描くのは
見てるほうもちょっと居心地が悪い。

この映画は歌手ボブ・ディランの
これまでを数人の俳優が演じたことで話題だ、
彼らは時系列を無視して
ケイト・ブランシェットを中心に
複雑に無規則に登場する。

伝説の人を描くとして
どう処理しようかと考えた末の
野心的な試みだ。

特にケイト・ブランシェットという強い個性の女優が
男性歌手を演じるということも話題だが
自分はその効果は疑問だ、

別に他の男優で良かったかなと。

語られる本人を詳しく知らないからか、
描かれる内容もイミ不明な部分も。
とにかく素人には不親切な出来となっているのだ。

それでも本人としては
生きているうちに自分のことが
映像化されることはどんなふうに感じてるのだろう、
この分かりにくさはその点では
本人には嬉しいかもしれない、
あまりに分かりやすく細部を描かれるのは
イヤだろうからな。

映像としては面白いけれど、
ボブ・ディランにそれ程思い入れのない
自分のような人が見たら
映画としてはいまひとつ楽しめない。

それでも70年代とかの時代の
レトロな雰囲気を感じたり、
歌のメッセージ性を考えたりと
主題とは別の部分が興味深かったりする。

★100点満点で65点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


野心的で良く出来てるけれど、だからと言って
面白いとは限らない典型のような映画。

★映画ランキングはこちら

「紀元前1万年」マンモスが群れで走り出す壮大な夢物語

2008年05月17日(土) 0時09分
「紀元前1万年」★★★
スティーヴン・ストレイト 主演
ローランド・エメリッヒ 監督、2007年、アメリカ、 ニュージーランド 、109分



映画の醍醐味のひとつに
「見たことのない世界を見る」ということがある。


映画冒頭のマンモスの大群にまぎれて
ちっちゃい人間が逃げ惑うシーンから
映画に引き込まれる。

正しい時代考証がなってないとか
そんなアラ探しをするより
今、目の前で展開する見たことのない映像を
ただ単純に楽しむのがこの映画の正しい見方だろう。

神の山とされていた場所には
エジプトのピラミッド建設現場のようで、
エジプト好きな自分にはこれも嬉しかったが、
マジメに見てる人は怒り出すかもね、
時代も場所さえごった煮状態だから。

「ココはオカシイ」と言い出したら
楽しめないので、これはたいした歴史の知識もない
子供の想像の世界を楽しむ気持ちで見ると
この全く見たことの無い世界が輝いて見えてくる。

しかしこの頃の人間が何を考えていただとか、
未来に何を託したのかとか
そういう思想的なものは全く描かれていないので
物足りなく感じつつ
まあこれはこれでいいかなとも。

この映像世界、大きなスクリーンで見たい。
CGだと分かっていてもそれでも
「どうやって映像として表現してるんだろう」と
目を凝らしてしまう、
椅子から身を乗り出す感覚、
これこそが映画を楽しむということだ。



でかい生物に追われる人間
ちっぽけな存在ながら、こうしてまだ
生き続けている。


★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


何もかもが中途た半端といえなくもない、
でも面白かった。

★映画ランキングはこちら
2008年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf