「アメリカを売った男」誰かに認められたい、それは誰もが持つ密かな欲求

2008年04月30日(水) 18時49分
「アメリカを売った男」★★★☆オススメ
クリス・クーパー 、ライアン・フィリップ 主演
ビリー・レイ 監督、2007年、アメリカ、110分



FBI訓練捜査官の主人公は
定年間近の特別捜査官の監視の命令を受ける。

家族ぐるみで親しくなっていくが
不審な点は感じられず、そんな仕事自体に
疑問を持つようになるが、
対象者が実はスパイであると知らされ、
上官を騙すことに後ろめたさを感じながらも
任務を遂行していく。

実際にあった20年以上に渡る
スパイ容疑で捕まった男の最後の2ヶ月を描いた。

クリス・クーパーは地味ながら
脇役で常にいい味をだしている、よく見かける顔だ、
大好きな「遠い空のむこうに」では
主人公のお父さんを演じていた。

そんな彼が「役者だなー」と思わせる
存在感ある演技でこの映画を引き締まった
緊張感あるものにしている、
そしてもうひとりの主人公である
ライアン・フィリップも顔だけが良い役者から
どうしてどうして、脆い心の内側を好演。

奥さんがアカデミー主演女優賞獲ったから
頑張ってもらいたいが、
この映画では彼の心の動きが痛いほど分かった。

信頼という言葉は重い、
それは仕事だけじゃなく、人間的にある程度
好きにならないと相手の心にもう一歩深く
入り込もうと思えないのと同じで
うわべの付き合いでは得られないものだ。

対照的な二人は
隠すほうと見つける方に分かれながらも
ヒリヒリするくらいそのギリギリの心情が
伝わって面白かった。


地味で小粒な映画ながら
こういう映画に出会うと、わざわざ時間を合わせ
お金を払ってこの映画を見ることが出来たことが
嬉しくなる。

実際の事件だから見つかってしまうのだけど
見つかって欲しい様な、欲しくない様な
主人公と同じような気持ちで映画を見つめた。


何故、20年にも渡ってスパイを続けたのか、
その理由は想像するしかない。

★100点満点で75点★

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


レンタルまで待ってもいいけれど、
劇場での濃密な空気、一対一という感じが
この映画には必要かもしれない。

★映画ランキングはこちら

「NEXT」2分前の未来が見える

2008年04月29日(火) 20時26分
「NEXT」★★★
ニコラス・ケイジ主演



自分の持つ超能力を
隠して生きる主人公、
ラスベガスでいんちき臭いマジックで暮らし、
ギャンブルも注目を浴びない程度に
小さく勝つようなせこい生き方をしている。

そんな彼の能力に気づいたFBl捜査官が、
アメリカに持ち込まれた
核爆弾を見つけてもらおうと
彼に接触するが、FBlの動きに気づいた
核を持ち込んだ組織も彼を殺してしまおうと
事件に巻き込まれてしまう。

あり得ないと思ってしまうとつまらないので、
ここは映画の虚構の世界を楽しみたい。

良く考えるなーと感じるうまい脚本と展開、
あまり宣伝もしてなくひっそりと
公開されたワリには十分楽しめた。

ただ、こういうアクションものは
ニコラス・ケイジには似合わないんじゃないかな、
それからあっさりと主人公と恋に落ちる
展開もムリがある、
全然魅力的に感じないのが致命的、
ブラッド・ピットじゃあるまいし、
見つめるだけで恋に落ちるのは
非現実的だ。

もっと若手のアクション向きの役者なんて
ハリウッドにはたくさんいるだろうに、
もうニコラス・ケイジの名前で客を呼べるほどの
力もどうなんだろう。

ワリと良い映画に巡り合ってるから
ヒットはしてるけど、どれを見てもニコラス・ケイジで
なくてもそこそこ行けそうに感じるのだ。

すぐ先の未来が見えたら
予測される失敗を回避する事ができる、
それは素晴らしいことだ、
でも一般人にはそんな
能力はないから、経験と自分の勘で
それを予測し回避するしかないのだ。


でも時々、ほんの時々だけど
信じられないようなことが起こったりするのは
小さな超能力を誰もが持ってるからかも。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

劇場で見た方が勢いとかも楽しめるが、
レンタルまで待っても損失は少ないかな

★映画ランキングはこちら

「パラノイドパーク」伝えたい何かを感じられない失敗作

2008年04月27日(日) 9時31分
「パラノイドパーク」★★☆
ゲイブ・ネヴァンス、テイラー・モンセン、ジェイク・ミラー出演
ガス・ヴァン・サント 監督、2007年、アメリカ、フランス 、85分



主人公は16歳の少年、
始めたばかりのスケボーに夢中だ、
ある日誘われてスリルを味わうために
貨物列車の飛び乗りに参加する。

その時、注意された
鉄道警備員を死なせてしまう。

チラシで得た情報で映画を見ていると
面白いことが起こる、
それは映画は少年の語りで進行していくので
少年は事件を「誰か」宛の手紙に書くが
おもいつくまま書いているので
時間が前後して、分かりにくく
それがこの映画に風変わりな味付けをしている。


昨年公開された「パリ、ジュテーム(2006年」
好きな映画だったな。
「ラストデイズ(2005年」はいまひとつだったけど
「エレファント(2003年」は、伝えたい「何か」を感じた、
この映画は「エレファント」に似た感じだが
決定的に違うのは、何も伝えようとしていないことか。


自分を含めてガス・ヴァン・サント の映画だからと
劇場へ来た客は
この映画の中に必死で「何か」を探すだろうけど、
あっけなく終わるラストで
その期待は裏切られたと、やっと分かるのだ。

ストーリーを追うというより
カメラが切り取る、様々なシーンのスケッチの
断片的な中から、監督の伝えたいであろう
「何か」を見つけるのにやっきになるが
ホント気の抜けるような事実を知る、
そうだここには「何も」無いのだ。


★100点満点で50点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

印象的なシーンに色々な意味を見出せないこともないけど、
これは失敗じゃないかな。
★映画ランキングはこちら

「ヒットマン」痛快アクションにはもうひとつ激しさが足りない

2008年04月25日(金) 17時58分
「ヒットマン」★★★
ティモシー・オリファント 、オルガ・キュリレンコ 主演
ザヴィエ・ジェンズ 監督、2007年、アメリカ、93分



コードネームはエージェント47、
彼は遺伝子操作によってエリート暗殺者となり
指令を確実にしかも優雅に全うする。

そんな彼が殺すことをためらったのは
ロシア女性暗殺の指令だった、
そこから逆に彼が組織に命を狙われることになる。

テンポよく次々と目的を阻むものを
蹴散らしていくさまは、やはりゲームのようだ、
そこに人間の感情が入ったとき
それがこの映画の致命傷となる。


「アドレナリン」という破天荒な映画があったが
あれほどの無軌道な爽快感はなく、
人間の感情を見せた時点でこの映画の
勢いがそがれてしまったのは何とも残念。

途中まではB級の傑作の予感もあっただけに
もっと無慈悲でマシーンのようであって欲しかった、
そして時々人間らしさを出せば
そこに泣けたかもしれないが
そのあたりのさじ加減を間違えたか。

こういう勢いのある映画が好きだ、
言い訳もなく、がむしゃらに突き進むその
勢いと少しの感傷
このバランスは難しい、この映画は途中までは
完璧にバランスを保っているが
惜しいことに後半で足を滑らせたように
「あらら」と勢いを失った。

それでもこのイキの良さは収穫だ、
大作でなくてもこのくらいの気持ちいい
意味のない破壊が見られるからだ、
多くの映画はそこに何らかの意味づけをし
失敗してしまう。

ほとんど無名の人ばかりの映画でも
これだけ楽しめたのは収穫だった。

映画的には好き、
でももうひとつ。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


「ニキータ」や「アドレナリン」等々、傾向が似た映画は
多いが、かなり面白く見ることが出来た。

★映画ランキングはこちら

「大いなる陰謀」未来を決めるのはこの一瞬一瞬

2008年04月23日(水) 19時24分
「大いなる陰謀」★★★
トム・クルーズ、メリル・ストリープ主演
ロバート・レッドフォード監督、2007年、92分



膠着状態が続く中東情勢、
アメリカ軍の死亡者は増え続けている、
ひとりの政治家が新しい作戦を
ジャーナリストの独占取材中におおまかに
披露する。

それはマスコミを動かして
国民の同意を得たいがための戦略でもあった。

その頃、新しい作戦で二人の志願兵が
遠い異国で血を流し、無残に戦死していた。

映画は何の意志も示さず
「あなたは、どう考えるか」と突き付ける。


はっきり言って今のアメリカの進んでいる
状態は自国の国民はもちろん、
世界からも疑問視されている。

この映画はそのこと自体について
アメリカの国民は考えるだろう、
そしてその対岸にいる
自分はどう感じたか、
それはこの映画の示すものとは少し違う。

大学教授であるこの映画の主人公の一人は
自分の生徒を志願兵として見送ったことを
残念に思いつつ、
新しい生徒を前に、彼らがより良い選択を
してくれることを願っている。

いつか今の選択を後悔する時がくるだろう。

何をもってそんなことをノー天気な
学生に言ったのかその真意はいまひとつ
分からないが、
自分も人前に立って、時に自分の考えを話す時、
これが他の人になんらかの影響を与えることが
あるだろうかと、考えずにはいられない。

自分のことは自分で決めたい、
今までだってそうやって生きて来たと思っている。
でも何にも影響されず、自分独自のものということは
ありえない、
自分はずいぶんと変わった道を歩いてるかもなと
思ってもどこかの誰かの歩いた道を
たぶんなぞっているのだ。

それでも触れ合う人達から
影響を受けることは多い、
何か変わるというより、そういう選択肢もあるのだと
漠然と考えることが多い。

それが経験と言うことだろう、
でもその経験が生かされなかったら、
その間に費やした時間はどうなるのか。

多くの人がこうしている、
こんなふうに考えている、
そんなことを気にしている自分に気が付く、
でもそこでどう選択するかは
やはり自分なのだ。

この映画は唐突に終わる、
ちょっと中途半端な感じで驚くが、
誰も究極の正しい選択を示せない限り
この終わり方しかなかったのかもしれない。

「無関心でいることが最大の罪のひとつなのだ」と提示して。

★100点満点で70点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ロバート・レッドフォードが皺々の顔で20歳そこそこの
学生と真摯に向かい合うシーンは良かったな。

★映画ランキングはこちら

「それでも僕はやってない」人が人を裁く怖さ、でも犯罪を起こすのも人間

2008年04月22日(火) 0時09分
「それでも僕はやってない」★★★☆
加瀬亮主演
周防正行主演、2007年、143分



満員電車で身に覚えの無い
痴漢行為で逮捕され、
否認を続けたため拘留され
裁判となった。

やった、やらない。

痴漢をしなかったことを証明しなければならないのは、
かなり難しいことだ。
真犯人が見つからない限り
疑いは晴れない。

ただし、推定無罪という言葉があるように、
疑わしきは罰せず。
グレーゾーンでも確信がもてなければ
有罪としてはならないが
やはり「やった」「やらない」の間で
判断する方も揺れるだろう。

これからアメリカの司法制度を取り入れた
民間人の裁判員制度が導入される。
こうなると、見た目や日頃の行いが
犯罪と関係ないところで
判断材料になる比重が高くなるだろうな。


そんなことを思いながらTVで放送されたものの
録画をやっと見終えた。

人が人を裁く、
その重責を果たすことは出来るのか、
普段それを仕事にしている人でさえ
難しそうなのに。

人を裁くことは難しいい、しかし
その原因となった犯罪を犯すのもまた
人間なのだ。

映画は何か主張するものでなく
見た人に、こんなことがおきるかもしれませんと
警告する。

世の中は脆く、
危険に満ちている、それでも普段は
自分には関係無いことだと
日常を送っているがそこら中に
意外な落とし穴があるということも
また事実なのだ。

加瀬亮が普通すぎるくらい普通の
そこいらにいる誰でも無い誰かを演じていて
それが心を揺さぶる。

★100点満点で70点★

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

できたら続編で気持ち良いくらいの
冤罪を晴らすものを期待する

★映画ランキングはこちら

「つぐない」ひとつの嘘の狂わせた運命を考える

2008年04月20日(日) 10時13分
「つぐない」★★★★オススメ
キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シーアシャ・ローハン主演
ジョー・ライト監督、イギリス、2007年、123分
第80回アカデミー賞作曲賞受賞作品。



少女のちょっとした嫉妬から生まれた嘘が
結ばれる運命の男女を
別の悲劇的な道へ進ませてしまう、
それは一生かけても癒えない心の傷。

テーマ自体に目新しさはないが、
人の表情のアップから
背景に流れる映像や
画面にあふれる光などから
洗練された感じを受けた。

大袈裟な演技やセリフが加われば
安いメロドラマになりそうなところを
しっかりした演技と演出が
違和感なくストーリーに浸らせてくれる。

助演の少女が各賞にノミネートされ
その脚本にも注目されているが、
自分は端正な顔立ちのキーラ・ナイトレイが
この映画を格調高く見せるのに
大きく貢献していると感じた。

この映画を見て、現代の恋愛映画の
難しさを改めて感じた、
この映画では恋人たちは
戦争という歴史の事実にも翻弄される、
現代を描く時この手は使えない。

そうなってくると心のすれ違いや
身近な人の反対など、
どうしても理由として弱いから、
なかなか納得させられるだけの理由を
提示できない事が多い。

それでもこの映画から
戦争というキーワードを取っても
人の嫉妬や考えの違いが
さまざまな悲劇を産むことは納得できるのだ。

映画賞にも多数ノミネートされた作品だけど、
ミニシアター系の小さな作品だ、
もっとひっそりと自分の選んだ目で見たなら
また感想は違ったかもしれない。

予告編とチラシのわずかな情報を頼りに
自分のお金と時間を費やすから、
人の評価はともかく、自分が「見つけた」喜びは
映画を見る時の楽しみのひとつだ。

この映画も期待しないで見たなら
多くの人に自分からも「この映画、いいよ」と
勧めたと思う。

★100点満点で80点★

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

イギリスの上流階級ってのはホント、
庶民とは掛け離れた存在だ。

★映画ランキングはこちら

「王妃の紋章」絢爛豪華金色の氾濫、これも映画の醍醐味

2008年04月19日(土) 9時30分
「王妃の紋章」★★★☆
コン・リー、チョウ・ユンファ主演
チャン・イーモウ監督、香港、中国、2006年、114分



天下を取るための政略結婚で結ばれた
王と后、
どうやら王は王妃の薬に毒をいれているらしい、
目配せや表情だけで
心の内を表すような
様式やしきたりに縛られた生活。

親子や夫婦の間でも
殺し合いが繰り返された歴史をみると
この映画で描かれたものも
まんざら絵空事ではないだろう。

そして絢爛豪華な建物の内装や衣装、
そして夥しい数の兵隊が
何度も語り尽くされた復讐劇を
見応えのあるものにしている。

かなり本気で作った映画、
見ごたえもかなりのもの。

コン・リーを見出した監督によって
彼女は最後まで美しく

彼女の存在を際立たせるために
全ての舞台がお膳立てされていた。

きらびやかな黄金の金色の氾濫、
心を乱して走る王妃、
どんなに悲しい定めをうったえようと
見ているものに心底響くことはないだろうな、
何故なら描かれる舞台が日常と
かけ離れているから。

だからこの映画の楽しみ方は
コン・リーの美しさを見る
その一点に絞られる。

そしてそれで十分にその価値はあると感じた。

「マイアミ・バイス」や「ハンニバル・ライジング」と
ハリウッド映画にも出演してるが
やはり香港映画でこそ
彼女の良さが十分引き出されるのだなと感じた。

★100点満点で75点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

この豪華さはレンタルまで待つより、映画館で体験したい。

★映画ランキングはこちら

バンコクからラオスのルアン・パバーンへ

2008年04月18日(金) 20時18分
2008/3/13〜3/26(春のラオス、メコン河沿いの旅)@

ラオス入国は二回目
前回はタイの東北部ノーンカイから橋を渡っての
入国だったが、今回は飛行機で目的地の
LUANG PRABANGへ、
ここはラオスにある2つの世界遺産のひとつ。



ルアン・パバン中心部の保護区内にある建造物群
(ワット・シェントーン、プーシーの丘、王宮博物館、
ワット・ウィスナラート、ワット・タート・ルアンなど)
1995年に文化遺産として登録された。

@

ラオスエアーで10:30発 → 12:20着
早い早い、
機内は通路をはさんで2列づつで100人くらい、
そこに30人くらいを乗せて、(機内の写真@)
この短い間にハンバーガーの機内食が慌しく配られ(A)
機内から下をみると、もうすぐ目的地。(B)


川沿いに出来た小さな町を通り過ぎ
無事着陸、外はムワッとする暑さだ。


日本人は現在ノービザなので
他の乗客が手続きしている間を抜けて
あっという間に建物の外へ


B

町までのタクシーは50.000キップと決められているので
交渉ナシで乗り込んだ。
1000キップが日本円で約12円、町まで600円くらい、
旅の間はだいたいゼロを2つ消してから1.2倍と
考えながら買い物をしていた。

空港から町までは約20分、
中心地に入るといきなり建物が増えたので
この町だけが周辺でも突出しているのだろうなと感じた。


途上国だと最初の触れ合いが
中心地までのタクシーなどの交渉、
そしてタクシーに乗り込むと、
今度は運転手相手に
観光ガイドなどの交渉となるのだけど、
ここでは全く話しかけられもせず
ホテルに到着、
気が抜けるほどあっさりと
入国 → 交通手段確保 → ホテル到着


それは普通ならそれでいいのに
なんだか物足りなく感じるのは
こちらも少しは「ヤル気」をもって旅を始めてるのに
向こうが何も仕掛けてこないと
逆に物足りないというおかしな感じだった。

ルアン・パバーンの最初の印象は
気が抜けるほどあっさりとしたもので
町並みも高い建物がなく、緑があちこちに見え、
車窓から見る短い間に寺院の屋根や長い塀が続き、
楽しい旅になりそうだと思った。


2008/3/13〜3/26(春のラオス、メコン河沿いの旅)


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

3月の11日間の旅行の様子を少しずつ書いていきます。

★映画ランキングはこちら

「MONGOL モンゴル」かつて大帝国を造った男の伝説前夜

2008年04月17日(木) 21時06分
「MONGOL モンゴル」★★★☆
浅野忠信、スン・ホンレイ 主演
セルゲイ・ボドロフ 監督、2007年
ドイツ、ロシア、カザフスタン・モンゴル合作、125分



アカデミー外国語映画賞ノミネートで
一気に知名度を上げた本作品。

浅野忠信は映画俳優だ、
ここ2年で10本あまりに主演し
最近はタイなどのアジア映画でも
彼の無国籍な雰囲気が
違和感なく溶け込んでいる。

モンゴルの英雄チンギス・ハーンの物語、
馬に乗る騎馬兵が大平原を
黒い絨毯に染めていくようなシーンを想像していたが
メインは大帝国を造る前の
まだ若い主人公の物語。

そのため大帝国を造った英雄のイメージは
この映画からはあまり感じられない。
それでも実際には見たこと無い風景を
大きな画面で見ることが出来る幸せ、
そしてそこに人間が確かに暮らしている感触。

そういったことは頭では分かっていても
なかなか実感はできない、
その中心に浅野君が立ち
遥か彼方まで見通すことが出来る場所から
そのうちに壮大な領土を獲得する英雄となるのだと思うと
なんだか力が沸いてくる。


映画は語り継がれた題材だから
そこを大きく逸脱できない
そのあたりにもうひとつ突き抜けた感動というのは
得ることが出来なかったが
日本人が孤軍奮闘する姿は
映画と重ねてもなかなか良かったな。

★100点満点で75点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

実際、日本人が演じてなかったら65点くらいかな。

★映画ランキングはこちら
2008年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf