「マイ・ブルーベリー・ナイツ」見るというより、感じる映画

2008年03月31日(月) 0時09分
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」★★★
ノラ・ジョーンズ、ジュード・ロウ、レイチェル・ワイズ 主演
ウォン・カーウァイ 監督、フランス 香港 中国 、2007年、95分



恋人から捨てられた主人公は
彼が行きつけだったカフェに
乗り込んで行くが、
そのうちにオーナーとそこで食べる
ブルーベリーパイに癒されていく。

ウォン・カーウァイ映画はここでも健在、
ストーリーより雰囲気を感じる映画、
そう、いつものような行き当たりばったりの映画なのだ。

ジュード・ロウはインタビューで
「こんなにエキサイティングな映画作りに参加できて
光栄だ、台本がないから撮るまでどんな
映画になるかわからないからね」
なんて言っているが、監督はこれまでも
同じ延長線上で仕事をし、映画として作り上げている。

それはいくつかは、緊張感をはらんで
見るものの心を奪うけれど、
毎回、毎回ではね。

ただこの映画の唯一の収穫は
歌姫ノラ・ジョーンズの起用と
使われているどれも雰囲気のある楽曲だ。

ゆるやかな作りのプロモーションビデオに
なんとなくストーリーっぽいものが
おまけでくっついたような映画だった。
ラストのカウンター越しのキスは
悪くなかったけどね。

最近、ノラ・ジョーンズの2枚のCDを聞いている、
歌もうまいし、演技もジュード・ロウを向こうに回して
堂々としたものだ、才能がある人は確かにいるのだ。


★100点満点で65点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

レンタルでも充分、でも旬のノラ・ジョーンズを見るなら、今。

★映画ランキングはこちら

「魔法にかけられて」自虐ネタ満載で大人でも大丈夫

2008年03月30日(日) 0時49分
「魔法にかけられて」★★★☆
ディズニー映画、レイチェル・カヴィ、スーザン・サランドン主演
ケヴィン・リマ監督、アメリカ、2007年、108分



アニメの御伽の国から追放されたプリンセスは
下水管から現代のニューヨークに。

スカートの裾が大きすぎて
下水管から出るにも一苦労、
お城を探すけれど、親切な人は少なく
そのうち雨も降って来て
髪もボロボロという有り様。

こんなの良いのかよ、
笑えるけど、ちょっとやり過ぎのような気も、
お姫様はせめて12時までは
美しくいるべきなのに、
やはり現実はそうはいかないのだ。

最近は「ノーカントリー」や「連合赤軍」と
重いテーマの映画が多かったから、
こんなただただ楽しめる映画もたまには良い、
さすがディズニー、
ちゃんと現代の毒も現しつつ、
最後は「プリンセスは幸せになりましたとさ」で
締めくくる、
それでも見てる観客は
ハッピーエンドなんて無いことも知っているという具合。


実写のプリンセスがあまりに
身近な感じだったので、
もっと美人が良かったんじゃないか。

スーザン・サランドンがあんな格好で
魔法使いを半ば楽しんでいるように演じてたのは
さすがディズニーの力。
いいもの見せてもらいました。

★100点満点で65点

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

姫は夢見ていればいいけど、王子はキツイなあと
なんとなく感じた。

★映画ランキングはこちら

「ハーフェズ・ペルシャの詩」退屈な時間をどうぞ

2008年03月29日(土) 0時07分
「ハーフェズ・ペルシャの詩」★★
麻生久美子、ハミード・ヘダヤティ 、アブドッラー・シャマシー 主演
アボルファズル・ジャリリ 監督、日本、イラン、2007年、98分



「ハーフェズ」とは、
コーランを諳んじている者だけに与えられる称号。
彼らは体をゆすりながら
懸命にコーランを読み続ける。

この映画はストーリーを追うというより、
日本とはかけ離れた
荒涼とした大地と
そこにすむ人々の日々の暮らしなどを
画面上で感じる映画だ。

だから実は難解でもあり、
何を言いたいのか本当のところは分からない、
作り手はそれを受け手に教えようとしているのか、
それとも「分からなくても、感じてくれればいい」とでも
思っているのか、
突き放されている感じさせ受けるのだ。

好き嫌いは分かれるだろうな、
何か興味を持てそうなところを見つけたかったが
はっきりいって面白くなかった、
麻生久美子の出演も話題だったが
言葉はほんの少し、出演もわずかだった。

全く自分たちとは違う文化、そして生活
それらを一通り見てしまうと
あとは退屈な時間がゆっくりと流れていく。

興味が相当あるなら見てもいいが、
時間つぶしなら他の映画を見たほうがいい。

★100点満点で30点


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

レンタルでも見なくて結構。

★映画ランキングはこちら

「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」穏やかな狂気が時代を創る

2008年03月28日(金) 18時25分
「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」★★★☆
ARATA、坂井真紀、玉一敦也、伴杏里 出演
若松孝二監督、2007年、190分



映画を見終えて思う、
この時代その中心であった人々は
今のこの日本の形をどう思っているのかと。

まさに彼らが今の日本の形を作って来たはずだ、
日本という国を変えようと
学生が権力に抵抗した時代を経て、
今、次の世代が中心となりつつあるこの
まさに今の日本の形をどう感じているのか。

若いとはせつない、
純粋はどこか狂気をはらんでいる、
その向かう先が、この映画で描かれた方向なら、
どこかで決着をつけるしか仕方が無かったのだろう。

実際には何があったのか分からないが
活動をしていく途中で
当初の夢が無残な形となって行くのを
今、観客として見ていれば
何か出来たかもしれないと思うけれど、
その渦中にあっては
もう歯止めは利かなかっただろう。

重苦しい時間が続くと
画面に現れる雪山の上の青空や
浅間の雪景色などがほっとさせてくれる。

人間にはどこかにほっと出来る
日だまりのような時間だったり
空間が必要だ、
でもこの主人公達は
その日だまりのようなわずかなほっとする一時さえ
持つことは出来ず、途中からは
その目的さえ見失ってしまったように見えた。

人間はやはり怖いなと思う、
自分の内面から立ち上がるものは
なんとか抑制が出来るかもしれないが、
そこに外的な要因が加わった時、
とんでもない方向にその全部のエネルギーが
向いてしまうこともあるだろうと
分かってしまうことが怖い。

久々に骨太な映画を見て、
暗い気持ちで映画館を出た、
どうしようもない気持ちを抱えて
日常に戻るのだ。

いつもと変わらない街の風景、
多くの人達が行き交う何げない一瞬を
幸せに思う、この行き先が
棒を持ったり、ヘルメットを被って
機動隊にぶつかる波じゃないことに
安堵を覚えつつ、
じゃあ自分たちはどこへ向かっているのだろう。

★ 100点満点で75点★


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

思い入れは全くないので、その狂気だけが
心にゆっくりと沈んでいく

★映画ランキングはこちら

「ノーカントリー」完全無欠の追跡者、誰も逃げられない

2008年03月26日(水) 22時59分
「ノーカントリー」★★★★オススメ・完成度高い
トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム 、ジョシュ・ブローリン 主演、
ジョエル・コーエン 、イーサン・コーエン 監督、2007年、アメリカ、122分



偶然見つけた複数の死体の側には
大金と大量のヘロインがあった、
そして男はそれらを持ち去った。

男は唯一生きていた男が「水が欲しい」と言っていたから
仏心からか夜中に水を持っていく、
それさえなければ展開は変わっていただろう、
でも人は理解不能なことをしてしまうものなのだ。


ここにその金とヘロインを追う男と
その町を守る保安官が
男の足跡を追っていく。

原作は読んでいるが、映画とはテイストが
ちょっと違っている、
でも映画は映画的な「見せる要素」を
徹底的に画面に提示する。

とにかく「追う男」の圧倒的な凄みは
彼の登場以降、高い緊張感で映画を支配し、
絶対逃げられないだろう
そんな予感で展開を見守ることになる。

アカデミー賞の主要部門
作品賞、監督賞、助演男優賞獲得
納得は助演男優賞と監督賞だ、
このラストまでブレない高い緊張感は
演出の手腕と原作の的確な処理があったから、
そして何より助演男優賞は文句なし、
というか、主演と言ってもいい。

ただ作品賞はその年のナンバーワンとなる作品、
その点ではどうかな
映画の出来はすばらしいけれど
「感動」という部分では
よく出来ているけど、心揺さぶられるものはなかった。


見終わって、ほっとする、
もう追跡はないからだ、
でも物語は終わらない、まだまだあの怪物は
自分の目標物を定めたら
まっしぐらに追い詰めるだろう。

★100点満点で85点★


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


映画の完成度は高いけれど、ここには
残念な気持ちや、どうしようもない心の葛藤など
自分の気持ちを揺すぶるものは希薄だった。

★映画ランキングはこちら

「バンテージポイント」小粒ながら引き締まった良作・オススメ!

2008年03月24日(月) 10時45分
「バンテージポイント」★★★★☆!オススメ
デニス・クエイド、マシュー・フォックス主演
ピート・トラヴィス監督、2008年、アメリカ、90分。


スペインで挨拶をしようとするアメリカ大統領が
何物かに狙撃された、
テロの脅威に逃げ惑う人々の混乱に
追い打ちをかけるように爆発が起きる。

そこに登場する数人の
同じ場所に居合わせた人の
それぞれの時間を巻き戻して
爆発までの行動を追って行くと、
見えなかったものが見えて来る。

シンプルだけど、うまい脚本だ。


無駄な説明一切抜きで
時々の新しい驚きとともに
事件の展開をその事件のすぐそばで
体験することができる。

そのためかカメラは人間の動きに合わせるかのように、
小刻みに揺れ、ブレるが
それも緊張感を盛り上げる効果となっている。

裏切りや思いもかけない展開に
目が離せない、
張り詰めた緊張のままラストまで
突っ走る爽快感。

なぜこんなことをしたのか、
その点にもう少し思い入れを感じることが出来たら、
文句なしだった。

アメリカのTVドラマ「LOST」でなじみの
マシュー・フォックスは、
映画では初めて見た気がするが、
いい人であろうとするドラマの先入観が
この映画では裏切られるところは、面白かった。

最初から暗殺する、もしくは拉致するとかの
目的でなら、こういうことは
本当に起きるのじゃないかと思えた。

世に悪意は存在する、
そしてそれを実現するために
大きなお金が投じられていることも
なんとなく分かっている、
もしも本当にこんな事件が起きたら、
「ああ、またか」と
思うのだろうな、そんなふうに感覚が
慣らされることこそ、怖いことだと思う。

無駄な部分もなく、
ラストまで突っ走る小気味よさ、
久々に前のめりな気分でラストまで見た作品、
もちろん、教訓というべきものは
それほど無いから、見終わったら
面白かったという感想以外残らないけどね。

★100点満点で90点★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

どうしても事件を起こさなければならない、
止むに止まれない心情がこちらに伝わったら、
満点の出来となっただろう。オススメです。

★映画ランキングはこちら

ゴールデン・トライアングル滞在中

2008年03月20日(木) 20時39分
ラオス、タイ、ミャンマー国境一望の場所



ラオスから飛行機でチェンマイ
そしてバスを乗り継いで6時間余り、
今回の第二の目的地に来ています。

以前は麻薬の栽培地帯として
悪名をとどろかせていたこの地帯も
メコン川に張り付いたような
ただののんびりした田舎町。

観光地化が進んでいます。

慌しく何かをするというより、今回泊まっているホテルの
ベランダから三角地帯が一望できるので
音楽を聞いたり、コーヒーを飲んだり
本を読んだりしながら
夕暮れを待って、川面の色の変化なんかに
意味はないのに、何か意味を見つけるような
見つけないような
そんな旅のひと時です。

中国人の団体が静かだったレストランで
何かの団結のように嬌声をあげています、
かつて高度成長期の日本の団体が
そうだったように、大型バス
団体で群れる、我がもの顔で
ほかへの配慮ナシです。

でもかつて日本人がそうだったならば
なんだか憎めません、
団体行動って安心だからね。

「麻薬博物館」なるものが近くにあり、
お茶を飲みにでたついでに立ち寄った、
かつては厳しい労働の間の民衆の
ささやかな娯楽のひとつだったようだ、
人間は何かを見つけてしまうと
それを最悪もしくは最良に進化?さえずには
いられないようだ。

今では観光客と写真を撮って
わずかなお金を得ている山岳民族の格好をした
一群れの女性たちの姿がなんだか侘しい。

バンコクから一気にラオスの北、
ルアンパバーンへ、
そしてチェンマイ→チェンライ→チェンセ−ンそして
ゴールデントライアングルへ

慌しい移動のあと、ゆっくりとしています。

soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

旅の間も一杯づつ入れられるドリップコーヒーを
持参しています、こんなの発明したのはたぶん日本人なんだろ−な。

★映画ランキングはこちら



チェンマイのナイトバザール

2008年03月19日(水) 17時49分
ラオスの古都ルアンパバーンからチェンマイへ



ルアンパバーンはラオスの北に位置し、
そこからタイのチェンマイへ、
40分くらいのフライトの間に
ランチボックスを配るから
全部終わる前に着陸してしまうんじゃないかと。

100人乗りの飛行機はほぼ埋まっていて、
似たようなこと考える人も結構いるんだなと
妙に感心しながら慌しくも短いフライト終了。

チェンマイはこれで二度目、
ナイトバザールをひととおり見終えて
簡単にご飯を済ませてホテルへ。

翌日の6時間近いバスの旅に備えた。



★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ラオスから入るとタイの人がなんかせわしなく感じる。

★映画ランキングはこちら

壮観!100人以上の僧侶の托鉢風景;ルアンパバーン

2008年03月17日(月) 20時09分
朝6時ころ小さな未舗装道路のあちこちに
米やバナナなどを携えた人々が沿道に座る、
しばらくするとオレンジの袈裟の少年僧達が
一列に並んで、沿道の人たちから
日々の糧をいただくこの儀式を
30分くらい見続けた。

食べ物への祈りや
施すことができるありがたさや
さまざまな事柄に感謝し、祈っているようだ。

観光客のお目当てがこの行列なので
カメラを無遠慮に向ける、
申し訳ないなと思いつつ
自分も写真を撮る。

そのとき白人の女性が写真を撮るために
列を横切った、
してはいけないとガイドブックにも
書いてあるだろうに、いい写真を撮りたいがため
本末転倒なことだ。

自分も含めて観光客は
日常と違うものを求めて旅をしている、
そして些細な事柄が
実はそこに住んでいる人たちの感情を
揺らしてるのだろうな。

できるだけそのまま
この闖入者を許して欲しいな、
それはわがままなことだけど
自分達も最低限のマナーは身に着けるようにするから。

朝食後にすごいスコール、
一瞬で通りの向こう側がしぶきに隠れてしまう、
バルコニーで入れたばかりのコーヒーを
飲みながらボーっと見つめる時間も
なかなかいいものだ。

(写真は日本アセアンセンターのHpから)

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

メコン川沿いにレストランがあり、感じはいいが
肝心の川は茶色に濁っている

★映画ランキングはこちら

ラオス料理とメコン川

2008年03月16日(日) 12時19分
メコン川沿いにレストランが並んでいて
感じの良さそうなところに入る。

メコン川の魚をすり身にしてココナッツミルクを
あえてバナナの葉で蒸した
モックパーフォークという料理を注文、
甘辛のタレにつけて食べる、
甘いとか辛いとかそういう強烈なものはなく
微妙な味、
まずくはないけど、それほど美味しいものでもない。

次はあひる料理を注文するつもり、
こちらはチキンにしても
放し飼いで身が引き締まっているそうだ。

川海苔の揚げた料理もあるそうで
試してみようと思う。

こちらはとにかく暑く、
どこかへ積極的に行くのがためらわれる。
部屋の天井のゆっくり回るファンが
気持ちいい。

メコンをボートに乗って
川の風に吹かれるのも気持ち良さそうだ。


soramove
★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

以前、ラオスの首都ヴィエンチャンへ行ったが、ただの小さな町だった、
こちらルアンパバーンは小さいながらもまさに観光地
コンパクトにすべてがひと通り揃っている。

★映画ランキングはこちら

2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf