何本見ましたか?「2007年間映画興行成績」

2007年12月31日(月) 22時00分
2007年間映画興行成績

50億超えの作品が10本以上あった2006年とガラリと変わり
2007年は50億を超えたのは4位の「スパイダーマン3」が
約70億、それ以降は50億には届かなかったようだ。

好きな作品が必ずしもヒットしている訳ではないが、
自分の気に入った作品は30位以内に何本あるか、探すのも
楽しい。


 1  パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
 2  ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
 3  HERO


 4  スパイダーマン3
 5  劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール
 6  西遊記
 7  トランスフォーマー
 8  レミーのおいしいレストラン
 9  ALWAYS 続・三丁目の夕日
10  ダイ・ハード4.0


11  ナイト ミュージアム
12  恋空
13  ドラえもん のび太の新魔界大冒険
14  どろろ
15  オーシャンズ13
16  バイオハザードIII
17  アンフェア the movie
18  幸せのちから
19  クローズ ZERO
20  名探偵コナン 紺碧の棺

21  ゲゲゲの鬼太郎
22  舞妓 Haaaan!!!
23  ドリームガールズ
24  マリー・アントワネット
25  バベル
26  東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
27  ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
28  ボーン・アルティメイタム
29  ディパーテッド
30  Life 天国で君に逢えたら

ちなみに私は24本見ています、アニメは全部見ていません。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

紅白が始まった頃で、実家では母が年越しそばを
茹で始めているころかな、
このヤプログは未来の日記が書けるので、これは実際は12/29に書いています。
ランキングも12月半ばまでの集計のようなので、実額とは若干異なります。

★映画ランキングはこちら

「AVP2 エイリアンズ VS. プレデター 」この映画に望むものは何ですか

2007年12月30日(日) 0時09分
「AVP2 エイリアンズ VS. プレデター 」★★★
スティーヴン・パスカル、レイコ・エイルスワース、ジョン・オーティス出演
コリン・ストラウス 、グレッグ・ストラウス 監督、2007年、アメリカ



正月映画がすでに息切れか、
この映画が名古屋駅前で一番大きな劇場で
上映されている。
観客の入りもまあまあ、楽しんできた。

エイリアンズ VS. プレデター
この二つの怪物の共演に第一作は驚きが
大きかったが、今度は第二弾、
安くならないように!と祈りながら鑑賞。

ところが、ところが、
コレワリと面白かった


ヘビやワニや怪物映画の作り方を
そのまま踏襲して、最初は小出しにしつつ、
関る人間を描き
少しづつ人目に触れ始めると
あとはもうドバッ!と次は物量作戦開始。

二つの怪物が人間の手には負えないほどの
強力で圧倒的なので
人間との戦いとなると簡単すぎるが、
その分、エイリアンとプレデター の戦いは
面白かった。

プレデターは知能が高く、
エイリアンは本能のまま
この対比もなかなか、戦いの殆どが
薄暗いところなのでどうにももどかしいが、
作り手にとってはこのくらいじゃないと
全部見せては細部まで頑張らないといけないからね。

特に目を引く目新しさはないけど、
このバカバカらしくも、マジメに作ってる怪物映画を
正月映画に選んでみるのは悪くない


もちろん次にも続きそうなので
もしかしたらこの先、名作に変化することも
なくはないかも。

★100点満点で70点、合格★


★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


この映画に求めるものの水準以上を
描いていて、割と楽しめる。

★映画ランキングはこちら

本に埋もれて、どんな夢を見る

2007年12月29日(土) 0時09分
「ダ・ヴィンチ」を読む@本に埋もれて、どんな夢を見る

書店へ行くと
新刊の平積みチェック、
昨年の今頃だったか、
吉田修一の
「春、バーニーズで」は
黒い装丁にシンプルな
字体の文字で良い雰囲気、
即買いして、部屋に戻ると
カバンから取り出して、
一気に読んだ。

ラストまで読み終えて、
本を放り出した、
ゴミみたいな本だったからだ

「洗練」って悪いことじゃないのに、
色んなものを削ぎ落としていったら、
大切なものまで失っていた。

そんなこんなで吉田修一はもういいかなと
思っていたところに「悪人」
あの重量感たっぷりの本。


以前にここでも紹介した。

今回、雑誌ダ・ヴィンチの編集者の選今年の
ベストワンに選ばれて、なんか嬉しい。
ホント、多くの人に読んでもらいたいし、
感想も聞きたい作品だ。

とはいえ、その他のお勧めの11冊どれも
読んでいないので、オレ自身他と比べることもできない。
どうしても好きな本の傾向に片寄りがあるので
これは仕方ないことでもあるけどね。

読者のナンバーワンは森見登美彦の
「夜は短かし歩けよ乙女」これは昨夜ネットで
オーダーした。

書店や図書館へ一歩入ると、よく感じるのは
一生をかけてもこれだけの本は読み切れないと
いうことだ。

これだけ多くのさまざまなものが、
大衆に向けて発信されている、
受け手の一人として身が引き締まる思いだ

今年読んだ本は60冊、ハードカバーは6冊だけ、
残りは文庫でそのうち20冊くらいは
ブックオフで買ったと思う。

ハードカバーは文句なく「悪人」
文庫はミステリーばかりなので、一番記憶に残り、
むさぼるように読んだのは   だった。

12月となり今年もあと少し、
そろそろ実家へ帰省中に読む本でも選ぼうか。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

来年はどんな新しい才能に会えるのか
それだけ考えてもワクワクする。

★映画ランキングはこちら

「中国の植物学者の娘たち」咲き乱れる花々の中、匂い立つ

2007年12月28日(金) 19時09分
「中国の植物学者の娘たち」★★★
ミレーヌ・ジャンパノワ 、リー・シャオラン、 リン・トンフー主演
ダイ・シージエ監督、2005年、カナダ、フランス、98分




厳格な植物学者のもとで
研修にやってきた主人公。

水墨画を連想させる山間にある
その植物園では
様々な草木が旺盛な生命を
誇らしげに示し、
人間はそこに捕らわれた生き物のようだ。

何か自分の意志とは関係なく
あるがまま、心の赴くまま生きる主人公は
初恋の気持ちをその植物学者の娘に覚える。

すごく東洋趣味というか、
西洋人の目から見た
触れる事の出来ないケースに入った
絵空事のような時間の流れを、スクリーンに見た。

現実とは隔絶されたような空間では
外の常識よりも、本当に大切なものが
分かるのかもしれないが
大人のお伽話を見ているようで、
そこには全くリアルな感じを受けなかった。

特に語られるものも無いけれど、
好きかと問われたら、ワリと好きな映画。

どこがと言われると
明確にここだとは言えないが
「パパイヤの香り」や「夏至」に
通じるような、
まさに見ている間は異空間を味わえる映画。

これだけ雰囲気で見せる映画なのに、
人物の心情を描くのは苦手なようで
そのあたりに少し不満が残ったが、
手をかけて愛情を注ぐからこそ
いつか実になるのだ。

★100点満点で65点くらい★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

音を消して画像を流しているだけでも
雰囲気がいいので楽しめるかもしれない。

★映画ランキングはこちら

ウィル・スミス強し!最新映画興行成績12/24付 2週連続首位を守る

2007年12月28日(金) 0時09分
ウィル・スミス強し!2週連続首位を守る
最新映画興行成績12/24付

「アイ・アム・レジェンド」が2週連続首位で
ニコラス・ケイジに完全勝利した。

まだ見てないけれど、やはり本命だったね。

順位  先週   
 1   1  アイ・アム・レジェンド

    予告が凄くよく出来ていて、近日見る予定。

 2   初  ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記

    深みの無いストーリーを、展開の早さでカバー、
   見れば、その間中は十分に楽しめるつくり。
   正月映画はこうでなくてはという、お手本のような出来。


 3   2  マリと子犬の物語

    沢山のお客さんを集めているようで、10億円は
   完全に見えてきたようだ。
    映画自体はオーソドックスな作りだけど、
   お得意の動物と子供という最強コンビでまだまだ行けそう。

 4   初  劇場版BLEACH -ブリーチ-

 5   初 ルイスと未来泥棒

 6   3  えいがでとーじょー!たまごっち

 7   5  ALWAYS 続・三丁目の夕日

    40億目前で充分期待に応える出来で、
    こうなると「あれから半年後」とか、作られそう。
    「マリと子犬」と比べたら、こちらをススメます。

 8   初  魍魎の匣(もうりょうのはこ)

    これは前売りをもってるけど、評判は悪いね、
    原作はあの本の厚さでめげる。

 9   4  恋空

    35億達成、DVDまでの商売を考えると
    「これでいいのか!」と思えるほどの強さ、
    訳分からないことは多いけど、この作品の動員力も
    どうにも分からないひとつ。

10   7  椿三十郎

    正月映画にしては地味だったか、内容は悪くないけど、
    何かが足りないというか、最近はこの程度の展開では
    物足りないんだよね、もっと盛りだくさんでないとね。


アニメなどの子供向けの冬休み作品が3本ランクイン、
大作も出揃って、正月はこれでそれぞれの年代で
見るものには困らないかな。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ミニシアター系も実は充実していて、こちらも見たい作品が。

★映画ランキングはこちら

「カンナさん、大成功です」大切なのは外見?それとも内面?

2007年12月27日(木) 1時34分
「カンナさん、大成功です」★★★☆オススメ
キム・アジュン 、 チュ・ジンモ 、 イ・ハヌィ 、 キム・ヒョンスク 、 キム・ヨンゴン 、 ソン・ドンイル出演
キム・ヨンファ監督、2006年、韓国、116分



全身整形したら、
誰もが振り向く美人になって
恋も仕事も大成功!

なんてね、都合が良すぎる、
だから結局どうすればいいんだ。


整形の是非の議論は
他に任せることにして、
韓国は現職の大統領も目の整形を
公表するようなお国柄。

だから寛容かと思うと、
映画の中でも
「整形は否定しないけど、自分の彼女には
嫌だな」
などと主人公が
恋い焦がれる男に言わせるあたり、
これが普通の感情だろう。

何もかも捨てて新しくなったのに、
隠すことは、なんだか自分自身も
それを否定しているみたいに映る。

とはいえ、そんな真面目な題材に
切り込んだ映画では無くコメディとして、
韓国でも大ヒットした映画なので
期待して行ったが、
「それなり」の出来だった。こんなものだろう。


面白かったけれど、
軽目のコメディの域は出ない、
ポップコーンを食べながら
日本と微妙にずれた笑いのテンポを
楽しむのがこの映画の見方。

でもこのノリきれない、ノリ韓国映画なのだ


韓国の人は痩せている人が多い、
これは旅行中にも感じる、
でも地下鉄なんかで強引に座席に
割り込んでくるオハバは、やはり
腰や尻にたっぷり肉のついた
小太りな体系だったりするわけで、
痩せたい、美しくなりたいは
世界共通の願いのようだ。

映画が終わって日本語の歌が聞こえてきた、
最近ではハリウッド映画にまで
似たような事をしている、
これってどうかな。

ホントの映画ファンにとっては
邪魔くさいだけ、自分としてはやめて欲しい。

韓国ではエンドロールになるか
ならないかで劇場側が扉を開るので、
通路の光が入り込み
観客も一斉に立ち上がる。

お国柄ってこういうところにも。

★100点満点で70点
面白く見させてもらった★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ソウルで映画を見る時、日本と違うのは
チケットの買い方だ、多くが携帯で予約し
それを窓口や機械で発券している。

★映画ランキングはこちら

「エンジェル」俗物の天使の生き方

2007年12月25日(火) 20時25分
「エンジェル」★★★
ロモーラ・ガライ、サム・ニール、シャーロット・ランプリング主演
フランソワ・オゾン監督、イギリス、フランス、ベルギー合作
2007年、119分



古いハリウッド映画のような
大袈裟な音楽で始まり、
食料品店を営む母に育てられながらも、
実は自分は貴族の出身と夢見る少女。

夢というより、妄想に近い空間を遊ぶ
主人公はその妄想を文章に写し、
大成功を収める。

ラストに向かって不安な気持ちになる、
どこかに残酷な仕掛けが用意されてるはずなのに
このままだと終わっちゃうよ、
そんな気持ち。

メロドラマさながらの大袈裟なセリフ、
舞台を見ているような
分かりやすい反応、
なんだこれ、このまま終わるのか・・・。

様々な場面で
色んなことを考えることも出来るけれど、
それでもこれはないよな。


もちろん、主人公は哀れなほど滑稽で
でも本人は必死で、
どこか「風と共に去りぬ」の
スカーレットを思わせるが
情熱の発露の方向が常に自分、自分、自分なのだ
なんか違うな、ずっとそんな気持ちだった。

オゾンは独特な監督だ、
他と違う何かを常に見せてくれた、
だったらこの作品はどうかというと、
何かを狙ってはいるだろうけど、
分かりにくくて自分にはムリだったということ。

古き良きハリウッド全盛期の映画を見たような
気分だけど、
監督が意図したどうかは分からないが
それならヒロインは絶世の美女であるべきなのに、
名声を強く望んだ、ブサイクな少女が
夢見心地で書いた本の主人公を
自分で演じていたような映画だった。

退屈はしないけど、望んだ何か面白いものは
得られなかった。

★100点満点で60点

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

異色の監督とよく称されるが、
この作品ではその「何か」は感じられず残念

★映画ランキングはこちら

「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」髪も増量で面白さもup!

2007年12月23日(日) 21時32分
「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」★★★★
ニコラス・ケイジ 、ダイアン・クルーガー 、エド・ハリス 主演
ジョン・タートルトーブ 監督、2007年、アメリカ



話は歴史上最も謎に満ちた
リンカーン暗殺事件までさかのぼり、
まずは失われた日記を手がかりに
先祖の汚名と黄金伝説に
ゲイツとその仲間の活躍が始まる。


謎解きの面白さが宣伝されてるが、
ゲイツにかかると
長く200年も封印されていた謎が
いとも簡単に解けていくので、
「どうなるんだろう?」とはあまり感じない。

どうも、増えている髪が気になるくらいで
あとはワリとスマートに進んでいく、
このあたりが「インディー・ジョーンズ」と比べると
弱いけれど、それでも色々盛りだくさんで
退屈な感じは全く無い、
ハリウッド映画の贅沢な映像を楽しみたい。

まさに正月映画、
ジェリー・ブラッカイマー製作とくれば
潤沢な予算を使って、作品は安さも感じさせない、
劇場で見ている間中、楽しめること間違いなし
都合良すぎに進む展開も
色々ツッコミながらも、それもまた楽しい。

日本のほうが歴史がずっと長いのだから
こんな作品が出来そうだけど、
たぶん予算とかのせいなのか、絵空事の
リアルが感じられないものとなりそうだ。

映画が娯楽であり、ビジネスと最初から
割り切って作ったディズニー印の映画は
そのあたりちゃーんと分かって豪華な出来だった。

★100点満点で75点
これならお金出して見て損ナシ★


★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


このシリーズはこれからも2年毎くらいに出来そうだ、
寅さんシリーズのようにゆるーく続いても、見てもいいな

★映画ランキングはこちら

「ダーウィンアワード」情けない死亡原因第1位

2007年12月20日(木) 20時19分
「ダーウィンアワード」★★★
レイフ・ファインズ、ウィノナ・ライダー主演
フィン・タイラー監督、アメリカ、2006年、96分



人の才能は色々あるもので、
身体能力に優れた人の素晴らしさは
スポーツ欄で知ることができる、
とても間ねできそうにない記録や技を
ただ見るだけしか能がないのだが。

この映画の主人公は
警察でプロファイラーとして
僅かな証拠から人の行動を推察し、
事件解決に役立てていた。

その彼がある事件で失職し、
つぎに自分の力が示せるのは
保険調査員だと、自ら売り込む。

わずかな痕跡も見逃さず、
人のウソも見抜き
かなりこの仕事にも向いてそうだ。

彼のように人並みはずれた能力が
明らかで、自分でもそれを認識しているのは
実は僅かじゃないだろうか。

皆、自分の特性が何かで分かり、
この仕事が向いていると
幼いころから分かるのもなんだかつまらないな。

それが分からないから
いつまでも迷っているあたりが
人間のかわいい所かもしれないしね。


自分を一番生かせる天職があるとして
それを知りたいと、紆余曲折を経て
知るならいいけど、始めから分かっていたら
人は努力ってしなくなるだろう、
だって何もしなくてもぴったりの
職業があるのだからね。

それでも映画の主人公は
実に楽しそうに自分の個性を生かして
仕事に頑張るのだけど、
ちょっと抜けているところもあって、
それがあるからこの映画が
残酷な運命というより、
なんとかなるだろうなと安心させてくれるのだ。

タイトルに引かれて見たけれど、
登場人物が生き生きとしていて
またそのあたりで映画とは関係無いことを
あれこれ考えていた。

★100点満点で70点
特にはススメませんが★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

この映画に相当興味を持っているという人は
ピタッとはまるかもしれないが、
ただなんとなく見た人は、展開に戸惑うだろうな。

★映画ランキングはこちら

「ベオウルフ」まだまだ微妙なフルCG、凄いのか安いのか

2007年12月19日(水) 0時49分
「ベオウルフ」★★★
声の出演:アンジェリーナ・ジョリー 、アンソニー・ホプキンス 他
ロバート・ゼメキス 監督、アメリカ、2007年、114分



6世紀のデンマーク、
王が盛大な宴を催す中に、
醜く巨大な怪物グレンデルが
姿を現し人々を虐殺した。

その怪物退治に応じた戦士ベオウルフは、
見事グレンデル撃退に成功する。

とまあ、そんな内容ながら
どうしても身を乗り出して
CGの出来具合をチェックしてしまう


なるほど、なかなかの出来だけれど
やはりぎこちない。人間は常に微妙に動いてるもの、
でもそれをCGでやられると
気持ちは分かるけど、違うんだよなー。

そんなことばかり考えていたので
内容はホントどうでも良かった。
これからフルCG映画は何処へ向かうのだろう。

この映画は主人公がラストに涙したりするけれど、
彼らに感情はムリだ、こっちも泣けない、
もっと想像のイメージの海を自由に
泳ぎ回って欲しい
、でなければ実写でいいのだからね。

見終わって、扉から出ると
隣の劇場では「ボーン・アルティメイタム」が始まるところだった、
これならこっちもう一回見れば良かったかなと、ふと。

★100点満点で60点

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

アンジェリーナ・ジョリーはキレイに仕上がってたな。

★映画ランキングはこちら

2007年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf