「フライボーイズ/FLY BOYS」こんな青春の日々がもう来ませんように!

2007年11月30日(金) 20時42分
「フライボーイズ/FLY BOYS」★★★
ジェームズ・フランコ 主演、
ジャン・レノ 、 マーティン・ヘンダーソン 、 フィリップ・ウィンチェスター出演
トニー・ビル監督、アメリカ、フランス2006年、138分



ドイツがパリに進攻寸前で、
アメリカはまだ参戦する以前、
志願して海を渡ったアメリカの青年達の
戦闘機のパイロットとしての
成長物語。

すぐ側では実際の戦闘が行われ、
訓練を終えた主人公たちも
すぐに実戦に参加し、
仲間も失うことになる。


どこか間延びした感じと
緊迫感がないのは、
まだ戦いに秩序など、人間本来の
どこかで相手を尊敬するような
雰囲気をもっているからか。

同じ人間として、
卑怯な手は使わない等、
随所にまだまだ人間対人間の戦いを
意識するところが見えるが

戦争はこの後、
戦う相手の見えない消耗戦に入って行く。

主人公たちは実戦をかいくぐり、
いくつかの問題をクリアして
実際に成長を見せるが
なんだか喜びを共有出来ない自分を感じる

この戦争の時代、
他に選択は出来ないにしても、
戦闘という行為が何もそこから生み出さない
破壊行為であるため、
そのことを経験として成長することに
違和感を覚えるのだ。

そこが心に入ってこないため、
この映画のもつ戦争部分以外の
わりと明るい青春物語が
心に訴えてこないのは仕方ないのかもしれない。

これから製作される戦争を描いた映画が、
どんなことをその中で示してくれるのか、
これは自分たちがただ受け身であるだけじゃなく、
自分たちの望む形を
出来る範囲で発信していくべきなのかもしれない


★100点満点で60点くらい★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

どこかの世界の自分たちには何の関係も無い
戦争中の若者の成長物語と考えたら、
この映画はホントは割りと面白いのだ。

★映画ランキングはこちら

「タロットカード殺人事件」ハマレないスリラーコメディ

2007年11月28日(水) 20時27分
「タロットカード殺人事件」★★
スカーレット・ヨハンソン、ヒュー・ジャックマン主演
ウッディ・アレン監督、出演
アメリカ イギリス、2006年、96分



何本かウッディ・アレン監督作品を見てるが、
出演しないで監督だけやっててくれ
というのが正直な感想。


殺人事件の現場に残される
タロットカード、
犯人は証拠を残し、
連続殺人事件に発展していく。

前作「マッチポイント」は上質のサスペンスで
好きな映画だったけれど、
この映画では苦手な俳優ウッディ・アレン自身が
登場し、どうにも話に乗れないまま
映画が終わった。

どこがダメなんだろうと考えるが、
どこ、というより全部ダメ


あの貧相なジイさんが
映画の中心のひとりとして登場し、
気の抜けたようなセリフまわしで
どうしてもダメだ。

映画だけを評価するとどうかと言えば、
前作のピンと張り詰めた緊張の糸が
最後まで映画に気持ちの良い効果を与えていたような、
そんなものは皆無で
とても笑えないドタバタで、
時間の無駄でした


陶器の人形のように硬質で美しい輝きをもつ、
スカーレット・ヨハンソンに
メガネをかけさせたのもよろしくない、
とにかく好きな部分が見つからない映画だった。

★100点満点で30点

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

監督のファンなら楽しめるのだろうな。

★映画ランキングはこちら

★「三丁目」初の首位!★ 最新映画興行ランキング(11/25付)

2007年11月27日(火) 20時24分
最新映画興行ランキング(11/25付)

新作は上位の強い映画に弾き飛ばされる形で
邦画の大作「ミッドナイト・イーグル」でも5位という
ちょっとビックリの成績。


順位  先週   タイトル
 1   2
 「ALWAYS 続・三丁目の夕日 」

    公開4週目にしてなんと初の首位奪取!
    粘り強い成績で
28億円230万人突破と、
    まだまだこれから年末にかけて、
観客を泣かせることに
    なりそうだ。

    この映画、
続編ながら作品の良さは前作以上とも感じる、
    暖かい気持ちにさせてくれる映画だ。


 2   1 「恋空 」

     ケータイ小説から派生した映画がまだまだ強さを見せて、
     30億以上の成績を残すことになりそう。

     どうしても見に行く気になれないけれど、
     こんなにヒットすると気にはなります。


 3   3 「バイオハザードIII 」

     この手の映画がこんなに粘ってるのも珍しい、
     出来は並だけど、こういう映画最近無かったからね。
     見たいと思ってる人はレンタルまで待たずに
     劇場で見るべき。


 4   4 「ボーン・アルティメイタム 」

     シリーズ最終ながら、出来は最高!
     ただし1と2を予習していかないと、面白さは
     半減なので、難しいけれど、もっと多くの人に見てもらいたい。

     アクション映画ながら、どこか淋しく
     戦うことの虚しさを感じさせてくれる秀作。


 5   - 「ミッドナイト イーグル 」

      話題の正月第一弾大作がなんと5位発進。
      期待には応えられなかった。
      まあ、まだこれからなので上位4作品を見終えた客が
      次にはこの作品を選んでくれるのか。


 6   6 「クローズ ZERO 」

      この映画の息の長いチャート展開。
      新作で強力なものが無いという証明かもしれないが
      先入観を捨てて見ると、これがわりと面白く活きの良い作品で
      悪くない。

 7   5 「映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険 」
 8   7 「ソウ4 」
 9   - 「ナンバー23 」

     ジム・キャリー主演。
     彼だけでは厳しいのか、新作ながらこの位置。
     前売りを持ってるのでそのうち。

10   - 「マイティ・ハート/愛と絆 」

     アンジェリーナ・ジョリー主演。
     実際の事件を映画化したものだ、TVとかの露出が少なく
     チャートも地味、こんなものか。
     こちらもそのうち見たい。


★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

チャートは常に気になるけど、自分の目でどんなか確かめたい。

★映画ランキングはこちら

「モーテル」近道は良いことばかりじゃない

2007年11月26日(月) 22時10分
「モーテル」★★
ケイト・ベッキンセール 、 ルーク・ウィルソン主演
ニームロッド・アンタル監督、2007年、85分



日々は何かと慌ただしく、
信号が青だとまだ交差点まで
少しあるのに、走って渡ろうとしたり、
閉まりかけの地下鉄のドアに
勢いよく駆込んだりと。

いつからこんなに急ぐようになったんだろう。
そんなオレの日常は置いておいて、

離婚寸前の夫婦、
渋滞の高速道路を避けて
脇道をショートカットしようとして
恐怖体験をする。

前半は良い感じで展開、
怖い、怖い、怖い。

こんなのありえないけど
あったら怖い


そんな感じで見ていたけど、
畳みかけるような次の展開がなく、
「これだけ?」という
なんとも嫌な感じを途中で感じてしまうと、
あとはもう終わりを確かめるだけ。

ラストも甘すぎ

夫婦が部屋に入り、
奇妙なビデオテープを見るところ当たりまでが限界、
残りはもう少し他のサスペンスものを勉強して欲しい。

怖いのは、居そうで居なくて、
居なくてホッとしたところに出てくるからで、
なんだか中途半端で
最大のダメダメな点は、一番の悪者が
笑ったような、泣いたような顔をしていること。

善良な顔でも良いし、明らかに怖い顔でもいいけど、
泣いたような情けない顔では
心底怖がることは出来ない。

それから一組の夫婦だけが陥れられるわけだけど、
もっと3組4組、そして独り者とか
狩られる側にもバリエーションがあれば
また違って居たような気がする。

怖くないのが致命的
救いは85分の上映時間か。

★100点満点で40点
ホラーには手厳しいのです★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

殆どのホラーやサスペンス物はくだらない、
分かってても時々心底怖がらせてくれる映画があるから
結局また、騙されると分かってても見てしまうのだ。

★映画ランキングはこちら

12月期待の新作「アイ・アム・レジェンド」&「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」

2007年11月25日(日) 20時19分
12月公開の気になる映画・動画予告編を紹介

「アイ・アム・レジェンド」←ここをクリックすると予告編が見られる

ウィル・スミス主演
12月14日公開

地球でただ一人の生存者となった主人公は、、
ミュータントと化したウィルス感染者と孤独な戦いを繰り広げる。

どうも感染者は吸血鬼とかになっているようだけど、
まだ劇場予告でも画像は紹介されてない、
久々の大作で、外せない作品。


「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記←ここをクリックすると予告編が見られる

ニコラス・ケイジ主演
12月21日全世界同時公開

謎に満ちたリンカーン暗殺事件。
その暗殺者の日記から失われた18ページには、
恐るべき陰謀が秘められていた。

前作は期待ナシで見に行って、かなり満足の出来だったので
今回はちょっと期待して行こうか。
エジプト好きなのでアメリカだけの話しになったら
興味は半減しそう。どうかな。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ユーチューブなどの動画は個人的にはたまに見てるので
新作についてはここでも紹介していきます。
新作の情報を共有しましょう。

★映画ランキングはこちら

「クワイエットルームにようこそ」レクター博士みたいだ

2007年11月24日(土) 21時39分
「クワイエットルームにようこそ」★★★
内田有紀主演、大竹しのぶ 、蒼井優 、りょう 、宮藤官九郎 出演
松尾スズキ 監督、2007年



自殺のつもりなんてないのに、
睡眠薬をビールで大量摂取して
そのまま寝たのか、昏睡したのか
同居の男性によって
精神科に入院させられた女が主人公。

クセのある患者がゾロゾロ出てきて、
大竹しのぶはその中でも好き放題やってる、
生き生きしてるからね、
たいした女優だ。

自殺するつもりは無いと言っても
大量の睡眠薬を飲めばどうなるかは
分かっていたはず、
仕事がそこまで追い込むのなら
その仕事は彼女には合っていなんんだろうな。

「それでも好き」っていう感情はわかるけど、
自分をコントロールできなくてはね。


内田有紀はハマリ役で
精神を少しおかしくした人達のなかで
普通であることと、そうでないのは
本当に紙一重だと納得させる


とにかくおかしな人ばかり登場するが
一番おかしく、そしてアヤしかったのは
宮藤官九郎だ。
前歯治せよ、お金は相当あるのだろうから。
今時タバコのせいなのか不健康な色の前歯前回で
ヘラヘラ笑ってる。

本当にオカシイ人は
実はフツーに暮らす日常の中にいるのかもな。

見逃したら損失と思えるような映画じゃないけど、
ゆったり椅子に座って
オカシナ世界を見ている側であることに
少し安心できる


「レクター博士みたいだ」というのは
手足を拘束された主人公を
お見舞いに来た男が「羊たちの沈黙」の
登場人物を連想して言った言葉。

自分の意思と関係なく
人は日常に縛られているのかもね。

★100点満点で65点

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


蒼井優のフツーのなかのキレた女の子というのが
一番怖かったな。

★映画ランキングはこちら

1.000.000アクセス達成しました!ありがとう!

2007年11月23日(金) 0時18分
1.000.000アクセス達成しました!



先程気がついたら100万アクセス越えていました。

2004年12月24日(金) から始めたこのブログですが、
約3年間で延べ100万人の方々に読んでもらえたのは
すごく嬉しいことです、ありがとうございます。

最初の記事は
★「春、バーニーズで」(吉田修一)を、どう読むか
http://yaplog.jp/sora2001/archive/3

それから昨日の記事
★「僕がいない場所」自分の居場所を探すこと

これまで903の文章を書いてきました、トラックバックも19.486と
一つの記事の平均では20あまりと、そんな繋がりも嬉しいです。

また
人気ブログランキング← クリック!
では、現在13位と、映画を見て感じたことと
旅行や本の感想など、気ままな文章を書いてきたにしては
上出来じゃないでしょうか。

これからも、書きたい時に書きたい記事を書いていきます、
また時々アクセスしてもらえたら、励みになります、よろしく!

さて今年もあと一ヶ月と少し、
どんな映画に出会えるか、それから12月にはまたソウルへ行きます、
読もうと思って順番待ちの本もまだまだ読みきれていません。

自分なりの何かを発信し、それが誰かの心に届いたら
それが自分の喜びでもあります。



★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

映画好きだからこそ、これだけ多くの記事を
書き続けてこれています、次にはどんな映画と出会えるか、
楽しみで楽しみでたまりません。

★映画ランキングはこちら

「僕がいない場所」自分の居場所を探すこと

2007年11月22日(木) 0時18分
「僕がいない場所」★★★☆
ピョトル・ヤギェルスキ、アグニェシカ・ナゴジツカ、パヴェウ・ヴィルチャック出演
ドロタ・ケンジェルザヴスカ監督、2005年、ポーランド



自堕落な母親に見捨てられた少年、
自分の居場所を求める彼の日常は
かなり厳しいが
人のものを盗らず、施しは受けず
凛とした姿勢が良かった

でも現実は厳しく、
寒さのなかでとぼとぼ歩く姿は
子供は守られるべきと改めて感じる。

以前、「ロゼッタ」という
これも少女が一人で生きて行く映画を見たことがあるが、
あちらはも少し大人で
なんとかやって行けそうな希望があったが、
こちらはまだ10歳にもならないような子供で
一人で生きてくのはやはり難しい。

くず鉄を集めてそれをお金にしたり、
近くの家の少女が食べ物を運んでくれたりはするが
それもギリギリだ。

自由とは、やはり自立してからでないと
手にすることは出来ないのだろう

寒空の下、腹を空かせていては
夢も見れない。

日本では格差社会が問題とされているが、
それでも小学生の子供を
学校にも行かせず働かせる親はいないし、
それを社会が認めない。

戦後すぐには子供も重要な働き手だったが、
今はそれを考えると
マシな世の中といえるだろう。

途上国へ行くと
子供は快活に働いている、
それが自ら望んでの事なら良いなと
思わずにはいられない


しかしほとんどは働かざるを得ない状況で
その中でも明るい笑顔を見せてくれている。

個人個人の考えは様々で
価値観も多様だ、
それでも根っこの部分で
守らないといけないものは社会が
守りたいなと痛切に感じた。

★映画の出来は100点満点で75点くらい★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

こういうドラマ性の強い作品は
レンタルを待つより、劇場で見たい。
週末寝転んで、主人公の少年と対面したくないな、

映画祭の空いた時間に
渋谷で単館ものを見ようと、
小雨の中初めて行く劇場で鑑賞


★映画ランキングはこちら

名古屋の「ラオパサ LAO PASA」でシンガポール料理を食す

2007年11月21日(水) 0時21分
シンガポール料理を中心としたメニューを出す店が
名古屋にもある、
この10月10日に開店1周年を迎えた
「イーストダイニング ラオパサ」だ。




初めて行く店なので
おまかせコースを頼んだ。

カウンター席が厨房を取り囲んだL字型に、
そして奥にはテーブル席がある店内は
シンプルな内装、ゴテゴテした飾りは一切ない。
大人の隠れ家的な雰囲気。


野菜の漬物のような小皿料理
ターメリックとナッツ、ちょっと酸味が利いている。

パクチーは大丈夫ですかと聞かれて、
大好きですと答える。

次はエビのすり身の揚げ春巻
スィートチリソースにつけて食べる。
うまい、10本くらい食いたい。
頑張れば自分でも作れそうな気もするが
こうして作ってもらって食べる方が美味しいに決まってる。

パクテーという骨付き豚肉のスープは
完全に中華だ、薬膳のような
漢方の香りがする。
見た目濃い味を想像するが
ハーブとスパイスのバランスが良い、
クセがあるが名物料理のひとつなので試したい。

ここでシンガポール料理名物のチキンライス登場、
ここにはこれを食べに来たので
すぐに小皿に取り分けて、タレで調節して食べる。


ライスはチキンを茹でただしがしみこんで
いい照り状態、チキンと一緒に食べると
自然と笑みがこぼれる、
やはり人間は美味しいものを
食べている時が幸せなのだと実感する。


デザートを聞かれたのでチョイスして、
まだ食えそうなのでメニューから
「エビのチリソース シンガポールスタイル 1.200円」と、
蒸しパンを追加で注文、このチリソースに
パンをつけて食べるのだけど、ソースを残さずきれいに
つけてお皿には何も残らない。

こんな美味い物を考えた人は天才だ、
地元料理として
わりとフツーに食べてるシンガポール人に軽く嫉妬。


そしてラクサの登場。
ココナッツミルク風味のスパイス少な目のトムヤンクンに
麺が入ってる感じ、美味しい。

お店の人がシンガポールで食べたチキンライスの味を
表現してくれる、さすが料理人
表現する語彙が豊富なので、聞いてるだけで
ツバを飲み込む、
ホント卑しいヤツだ、さっき食べたばかりなのに。


春にシンガポールへ行った時に食べたチキンライスは
もうひとつだったけれど、満足できるものが
名古屋にあるからね。


デザートはマンゴーのシャーベットを頼んだ。
口の中があっさりして気持ちいい。


シンガポール料理は中国、マレー、インドが
混ざり合ってると聞いた。
いいものを持ち寄って、アレンジして
時間をかけて出来たんだなと実感。


大人数で行くなら別だけど、カウンターに座って
お店の人と少し話しながら
料理の説明やシンガポールのことを聞きながら
食べるのもいい。
まあ、邪魔にならない程度にしたいけどね。


コースは2.500円から、今HPからクーポンで
お得なコースがでてるようなのでオススメだ。

HPはココ

ご馳走様でした。


★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

せっかく行くなら、初めての種類の料理を食べたいし、
注文の時はスタッフに聞くのも楽しいし、正しい食べ方だと思う。

★映画ランキングはこちら

★「恋空」V2達成!★ 最新映画興行ランキング(11/18付)

2007年11月20日(火) 0時20分
最新映画興行ランキング(11/18付
チャートはこう着状態、上位4作品は動かず、
初登場は7位の「ソウ4」のみ。

 1 (1)  恋空
好調が伝えられると、さらに主演の劇場挨拶など
露出が増えて、こういう映画にしては珍しい
粘り強い興行となっている。

もしかすると、大きく化けるかも。


 2 (2) ALWAYS 続・三丁目の夕日

作品は前作より良い出来と言ってもいいくらい、
口コミ効果がどのくらいか分からないが、
もう一度見たくなる映画だ。

 3 (3) バイオハザードIII

この作品も、この作品としてはレベルは高く
見た人の評価も概ね好評。

幅広い年齢層は狙えないが、コアなファンを持っている、
来週は落ちていくのだろうな。
でも大健闘だ!


 4 (4) ボーン・アルティメイタム

主演のマット・デイモンを表すような地味なチャート、
出来は最高の部類なので、来週あたり2位くらいに食い込んで
もらいたいものだ。

 5 (6) 映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険

 6 (5) クローズ ZERO

 7 (-)  ソウ4

全米では3.000万ドルを稼いで初登場首位発進、
前作までの仕掛け人ジグソウとアマンダに代わり、
今作では別の人が死のゲームを開始する。

子供向きではないこんな映画がここまでヒットし
続編も好調というもの、不思議な感じだ。

 8 (7) やじきた道中 てれすこ
 9 (8) ヘアスプレー

期待された成績にはもうひとつか、ただし映画の内容は
見てみると軽快な音楽とは全く違うため
違和感はあるが、それも含めて押し切る強さがこの映画にはある。

10 (9) 象の背中

年齢層は高い客が多いようだが、本来はこういう作品も
ちゃんと評価されて、一定の成績を残して貰いたいものだ。


ということで、強い新作が無いため
チャートは動かなかった週末、一番見たかった映画をみて
さあ、次はみんな何を見るのだろうか。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

8位のやじきた道中ですが、こういうのが入ってると
ほっとするね。

★映画ランキングはこちら
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf