「善き人のためのソナタ」自由を阻む壁は本当に無くなったのか

2007年09月28日(金) 20時29分
「善き人のためのソナタ」★★★☆DVDで鑑賞
ウルリッヒ・ミューエ 、 マルティナ・ゲデック主演
フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督、ドイツ、2006年、138分



まだドイツに壁が存在し
かつての一つの国が分かれ
全く異なった環境に置かれていた。

自由な思想は危険分子と見なされ、
人々の多くは政府の監視下にあった。

盗聴するものと、されるもの、
お互いは言葉を交わすこともないが、
盗聴をして行くうちに、
彼らが犯罪者とは思えなくなり、
ついには政府に背中を向けてしまう。

今のこの自由な世の中では、
想像すら難しい、そんな感じかなと思っても、
きっと実際には程遠いだろう。

好きな音楽を聞き、
読みたい本を読み、
自由に外出し旅行もできる。
今、この当たり前に享受している自由を
政府が国民から奪った時代。

国家保安省局員でありながら
盗聴の標的である劇作家と舞台女優に好感を持ち、
ついには逮捕の手からなんとか逃れさせたいと
自分の身を捨てる男。

なんとなく分かるな、
自分が持てなかったその自由な雰囲気、
あこがれ
いくら高い壁に阻まれようとも
自由な精神は翼を持っている。

まるで映画全体が盗聴にあっているように、
静かに静かに物語が進んで行く。

時代が変われば滑稽なことに映る
国家の横暴はなんだか大きな時の流れのなかに
無防備な格好で落とされた人間のよう。

今、このシリアスな映画を少し滑稽に感じながら
見ることができるのは幸せなことだ。
映画の緊張感はアカデミー賞外国語映画賞も獲得、
1984年を描いた作品、たった20数年前のこと、
人間は何をしているんだろうと考えさせられる。

★100点満点で75点くらい、
派手な演出は一切無く硬派な映画★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

1989年にベルリンの壁が崩壊した、
そして自由はやってきたのか、まだまだ本当のことは分からない。

★映画ランキングはこちら

チュ・ジンモ 主演「愛」首位登場!最新韓国映画興行成績9/23付

2007年09月27日(木) 20時34分
チュ・ジンモ 主演「愛」首位登場!最新韓国映画興行成績9/23付

先週はマット・デイモンの「ボーン・アルティメイタム」が首位、
今週は韓国映画「愛」が初登場首位と
めまぐるしく入れ替わっている。

それだけ大ヒットがないということも言えそう。
上位5作品のうち4作品が韓国映画と
相変わらずの強さを見せている。

@ 「愛」
チュ・ジンモ、パク・シヨン、チュ・ヒョン主演
クァク・ギョンテク 監督

17歳のときの初恋を大切に守り、親を大切にしながらも
大切なものを守るためヤクザの親分と対決することになる。

どうしても映画に出てくるヤクザ屋さん、
そんなに身近な存在なのか、
日本でもヤクザを扱ったものはあるけど、
これほど多くは無いからな。


A「ボーン・アルティメイタム」
日本の公開はもう少し先。
ハリウッド作品の多くは韓国のほうが公開が早い。


B「クォン・スンブン女史拉致事件」
ナ・ムンヒ、カン・ソンジン、ユ・ヘジン、ユゴン主演
キム・サンジン監督

冴えない男3人組はどうしてもお金が必要になり、
大財閥の会長の誘拐を計画するが、
彼らのこと、そんなうまく行くわけない。
かなりバカバカしい笑いの映画。



C「上司父一体:頭師父一体3」
イ・ソンジェ、キム・ソンミン、パク・サンミョン主演
シム・スンボ 監督

大学卒のエリートヤクザは、果たして大企業で活躍し、
そのノウハウをヤクザ稼業に生かせるのか。
ドタバタコメディーのシリーズもの登場


D「楽しい人生」
チョン・ジニョン、キム・ユンソク、キム・サンホ主演
イ・ジュンイク 監督
学生時代に熱中したロックバンド、
40代になった男3人が再びバンドを組んで
ひとはな咲かせようと目論むが。



今週10位の「D-War」は長くチャートインし、昨年の
「グエムル」にどれだけ迫れるか、そして
日本での公開はあるのか。
最近日本での拡大公開がショボイ結果になり
なかなか公開も少なくなっているため
どうなるのか期待して見守りたい。


★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

韓流シネマフェスティバルでは12本くらいは
見る予定、でもまだまだ足りない。

★映画ランキングはこちら

「長江哀歌」大河は流れる、人は変わっていくのか

2007年09月26日(水) 22時20分
「長江哀歌」★★★☆
チャオ・タオ 、 ハン・サンミン 主演
ジャ・ジャンクー監督、2006年、中国




この映画はイメージする中国映画の叙情的なものや
人間の心情を丁寧に描いた映画とは違い
見るものに明確な「何か」は呈示しない。
受身でみると期待を裏切られることになる。


三峡ダムの建設のため、水没していく運命にある町、
奉節にやってくる男と女

2人は長く会っていない人に会いに
この町に来て、変わりゆく町や自然の中で
沢山の人と出会い、すれ違い
そして去っていく。

100万人の生活を一変させる巨大プロジェクト
そしてそこでは町の建物をハンマーで壊す
夥しい労働者が、一日過酷な労働に従事し、
水没の町にしがみつくように
これまでの生活を続ける人々もいる。

流れているのかさえ曖昧な川
人間はその川沿いに町を造り、
今度はダムの為に町を壊している。

人の生活は大きく変わるが
本当に変わるものはなんだろうか、
そして果たして何かが変わったのだろうか。

ゆったりと流れる川面に
手にした石を放り投げる、
ポチャンと小さな音を立て川面を揺らすが
後には何も無かったように波紋も残さない

人はやって来て、去っていく
その繰り返し
川はそこに在り、いつまでもその姿を残している。

人はそれでも自分の存在を知らせたいのだ、
誰かに自分はここにいると教えたいのだ。
探していたものが見つかっても
寄り添うことが出来てなくも
そいれでも探して、側にいたいと知らせたいのだ。

★100点満点で70点くらい、
レンタルまで待ってもいいけど、気になるなら
劇場で★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

わざとなのか、映像が古く感じたのは
演出上の配慮なのか、それがどこか懐かしい印象を受けた。

★映画ランキングはこちら

「インランド・エンパイア」リンチ監督が好き放題の3時間に耐える

2007年09月24日(月) 1時26分
「インランド・エンパイア」★★☆
ローラ・ダーン主演
デヴィッド・リンチ監督



長い、
それにしても長い。

人間が頭の中で空想する
訳の分からない、
本人にさえ説明のつかない事が
映像で延々3時間。

意味不明の映像から
現実へ、
現実かと思ったものは、虚構のものだったりと
映像酔い状態。

きっと熱心なリンチ監督ファンなら
ここに意味を見つけようとするな、
ただ映像を受け入れればいいと言うかもしれないが、
自分のような、
ただの熱心な映画ファンは
どうしても辻褄をあわせようと、
記憶のどこかに、今見ている映像が
繋がらないものかとやっきになるのだ。

「面白かった?」と聞かれたら、
何と答えよう。
「眠かった」「訳が分からんかった」
そして「面白くない」
そのどれかだな。

この3時間の映像体験は
お腹一杯だからもういいです!と懇願したいような、
物足りなさは全くないので
終わりと同時にきっぱりと映画館を出た。


外の空気は少し冷たく秋の気配、
夏から秋へ、どこかで明確な何かを感じるように、
この映画をみることで、不可解ながら
覗いてみたい好奇心を自分の中に
はっきりと確認することはできるのだ。

やはり「マルホランド・ドライブ」の
あの連続するカーブのような
少し捩れたくらいがいいかな。
ここまで好き放題やられると、
フツーの映画を見慣れている自分のようなものには
荷が重い映画だった。

蛇足ながら、裕木奈江が出ていたが
あれは何だったんだろう。
ハリウッド進出はすごい事だけれど、
プラスになったかは疑問。

★100点満点で60点、
どうしてもと言うなら止めないが、
ファン以外では楽しめないと思う★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

しかしこの不可解さ、この分からない状態を
ニンマリと受け入れる事が出来る監督のファンはいいが、
ただの映画ファンにはこれで3時間というのはキツイ

★映画ランキングはこちら

「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」斬新だけど実験は失敗のようです

2007年09月21日(金) 0時36分
「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」★★
伊藤英明、伊勢谷友介、桃井かおり主演
三池崇史監督、2007年



タランティーノの暑苦しい顔が登場し、
寸劇で始まる映画。

設定も時代も言葉すらも目茶苦茶な映画、
何で英語を話すんだ?
しかも無理があるから素人の英語の
発表会のような微妙な気恥ずかしさが漂う。

言葉を聞かなかったことにし、
ストーリーもないものとして、この映画を見ると
画面だけはかなり凄い。

馬が画面を横切る時の流れや、
近いものから遠景へと動く映像は
かなりカッコイイ、
室内で撃ち合いのシーンもよく計算されていて、
自然な流れで、これが良いのだ。

だめなのはストーリーだ、
いかんともしがたい状態で
美しい映像をメタメタに壊してしまう。

なんというか
最高のスタッフで作った素人映画という感じ。


で、映画を諦めた後半に、「おや!」と目を引くのは
桃井かおりが
拳銃の早撃ちを披露した時、
彼女のその一連の動作で、
これまでの退屈さは打ち砕かれた。


これを主題に撃って撃って撃ちまくる
映画にすればよかったのにと
捨てたものを拾い直した気分。

期待して行くと悲しい気分になるので
あくまでダメでもいい!という気持ちで行けば
どこかに好きなシーンや登場人物を
見つけることが出来るかもしれない。


★100点満点で40点くらい★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

見所は桃井かおりだけの映画でした。1000円でももったいない!

★映画ランキングはこちら

「愛するときに話すこと」優しい冬の陽のような映画、ハン・ソッキュの魅力

2007年09月18日(火) 0時23分
「愛するときに話すこと」★★★
ハン・ソッキュ、キム・ジス 主演
ビョン・スンウク監督、韓国、2006年、116分



韓国映画が日本に頻繁に登場する以前、
「八月のクリスマス」でハン・ソッキュを知った。

この映画では引退したシム・ウナと共演
恋とも呼べない気持ちと、
生きることについて淡々と描いた秀作だった。


そして先日見た「手紙」の翌年、
「シュリ」が登場、韓国映画が大きく変化した。
ハン・ソッキュがそれまでの優しいイメージを一新した
野心作だった。

その後も作品には出ているが、
いまひとつ恵まれていない。
「二重スパイ」での熱演も、内容の過剰さもあり
観客にもあまり受け入れられなかったようだ。


さてこの作品、地味なテーマで
見ていて楽しくなるようなシーンも少ない。
薬局をひとりで切り盛りする主人公、
知的障害を持つ兄の面倒をみながら、
そこにやってくる人との交流を描いている。


恋も始まりかけるが、
この恋がうまく行くのかどうなのか
なんだか分からない。

簡単に恋に落ちてただ幸せになればいいと
言うほど、いろいろと単純じゃないからだ。

かなり難しいテーマに取り組んだ作品で
出来はもうひとつ。

けれどどうなるのが一番いい事なのかは
見る人によってさまざまだろうな。

レンタルで十分でした。

★100点満点で60点くらいか★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

「スカーレットレター」で共演者が自殺するという
マイナスイメージを拭い切れていないハン・ソッキュはまだこれから厳しそうだ。
「シュリ」で共演したソン・ガンホが割りといい作品に恵めれているのと比べると、ちょっとさみしい

★映画ランキングはこちら

「恋とスフレと娘とわたし」軽妙なコメディを楽しめる

2007年09月16日(日) 1時09分
「恋とスフレと娘とわたし」★★★
ダイアン・キートン主演
マイケル・レーマン監督、2007年、アメリカ(107分)



二人の娘を嫁がせて
残るはあとひとり、
末娘の行く末が心配でたまらない母親が
ネットで恋人を募集した。

ここから始まるドタバタコメディーは
ハリウッドの得意分野。

適度に優雅な生活で
出てくる物は、安めでなくちょっとだけ
高めなもの、これなら見に行く観客も
少し手を伸ばせば届きそう。

恋の行方を気にしつつ
なんとラストには母親にも恋の予感と、
出来過ぎだけど、
お約束なので、やっぱりねと感じるくらい。

こういう映画は見なければ
見なくても特に損失は感じない、
見逃したくないだとか、
そんな気持ちにはならないが、
例えば重いテーマの映画を見た後なんかには、
バランスをとるのにも最適。


バカバカしさに笑って、
人の心の優しさにちょっと感動して
にぎやかなラストでいい気分で映画館を後にできる。

期待してなかには一年も待つような大作が
好きだけれど、レンタルでもこの映画のもつものは
損なわれないが、やはり劇場で見るから、
幸せな気分になるのだろうな。

★100点満点で65点

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

「赤ちゃんはトップレディがお好き」という映画で
インテリっぽいけど、笑わせてくれる、
そんな雰囲気をいつまでも持ってるのだなと再確認

★映画ランキングはこちら

「厨房で逢いましょう」タイトルほどオシャレじゃないけど面白い

2007年09月15日(土) 0時18分
「厨房で逢いましょう」★★★☆
ヨーゼフ・オステンドルフ、シャルロット・ロシュ主演
ミヒャエル・ホーフマン監督、2006年、スイス ドイツ



タイトルだけを見ると
洒落たレストランの厨房で
何か良いことが起こりそう。

でも最初からそんな話じゃないと
分かってしまう。

主人公は体重が100キロ以上ある体を
よっこらしょと動かしながら
鍋に材料や調味料をどんどん
放り込んでいく、一見これで魔法のように
美味しい料理ができそうだとは
とても思えない、グロテスクでさえある描写が
続くので、この後何が起こるのか
楽しみになる。

恋なんて始まりそうもないと見えても、
やはり恋というか友情というか
一人の女性との関係が始まる。

ハリウッド映画ならこんな風には
描かないだろうな、
二人は、この関係で幸せなのか
きっとその辺りまで描かなくては観客も
納得出来ない、でもこの映画は
これで良いんだろうなと感じた。

主人公はもちろん思いを寄せる人が
自分の料理で笑顔になるところを見たいだろう、
でも彼の目指すのはそれとは別に
究極の美味しい料理でもあるのだ。

あまり幸せな展開じゃないのに、
なんだかこれで良いと感じてしまう。

人の幸せは他人には分からない、
誰かと触れ合うよりも
食材と調味料で魅惑的な料理が誕生するなら
そこにも幸せはきっとあるのだ。

★100点満点で75点
かなり食欲をそそられる映画だった、ごちそうさま★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

「マーサの幸せレシピ」もハリウッドでリメイク
されたが、この映画はないだろうな。
あるとしたら主役は全然イメージの違う人になりそう

★映画ランキングはこちら

最新国内映画興行成績9/9週末 やっぱりブッチギリ「HERO 」首位初登場

2007年09月12日(水) 7時49分
最新国内映画興行成績9/9週末 やっぱりブッチギリ「HERO 」首位初登場



 1 「HERO 」
木村拓哉主演作が邦画の最大規模のスクリーン数で公開、
週末2日間で10億円を越える成績で、
予想では100億に届くのではという声も。

観客の7割が女性ということで、ドラマの固定ファンを
しっかり劇場へ運んでいるようだ。


 2 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 」
予想以上の出足で先週は初登場首位だったが
2日間で2億8千万円だったのに対し
今週の「HERO 」は10億と格の違いを見せ付けたが
それでも「ヱヴァンゲリヲン」は今週も上映劇場は少ないながら
大健闘。





 3 「Life 天国で君に逢えたら 」
上位で粘りを見せている作品、最終的には15億円あたりが
目安となりそう。

 4 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」
目標の大台100億まであと少し、
期待したほどの盛り上がりはなかったが
それでもこの成績は立派。

 5 「釣りバカ日誌18 」
 6 「オーシャンズ13 」
30億目前、一応の役目は果たせた。

 7 「トランスフォーマー 」
日本ではもう少し期待されたが最終的には40億あたりか。
観客層が限られて広がりを見せていないのが
もうひとつの要因か。

 8 「レミーのおいしいレストラン 」
 9 「ラッシュアワー3 」
ジャッキー!まだ5億円を越えたあたり、
もう少し上乗せが欲しかった、次のジェット・リーとの共演が
楽しみだ。

10 「劇場版ポケットモンスター 」

夏の大作が一息ついたところで公開された「HERO」が
すごいダッシュを見せた。
まだ見てないが、劇場の熱気を感じたい。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

興行成績と映画の内容は比例はしない、
それでも気になる。

★映画ランキングはこちら

「ショートバス」自由に生きることが実は難しいのだ

2007年09月11日(火) 0時09分
「ショートバス」★★★☆
リー・スックイン 、ポール・ドーソン 、PJ・デボーイ 、ジャスティン・ボンド主演
ジョン・キャメロン・ミッチェル 監督、101分、アメリカ



恋愛カウンセラーと
ゲイのカップルを中心に
性と心の内面を描いた作品。

心に重いなにかを抱えた人間が集まる
「ショートバス」というサロンでは
「アイズ・ワイド・シャット」でも
描かれたような
日常とは掛け離れた「性」の世界が登場する。

人は自分の心を偽って生きてるのだろうか、
それとも演じているのだろうか、
そこに作為的な意志があるかどうかだが、
多かれ少なかれ、
自分自身を演じているのだろう。

こう見られたい自分、
こうありたい自分、
そして現実とうまく折り合えない自分。

単純に生きるには
世の中は複雑すぎるのだ。

何もかもなんらかの解決が
かならずあるものでもない、
どこか中途半端なまま
それでも日々は過ぎ、結論めいたものが
欲しくなる時がある。

そんなとき、前を向いて笑えるのか、
それとも偽った自分に居心地の悪さを感じるのか、
それはその時になってみなければ
分からないのだろうな。

映画は何か解決策を提示するものでもなく、
その点では曖昧さが残るが、
もともとそんなものなのだ。

ラストの登場人物達の
満ち足りた表情が見れただけで
幸せなことなのだ。

好きになれる人より、
拒絶反応を起こす人も多そうな映画だけど、
この多様性とそれを気軽に見ることが出来ることが
一番嬉しいことかもしれない。

この映画が大ヒットして
各回満席というのは怖いけれど、
気になるなら見ても悪くない、
それでも刺激的な作品だ。

★100点満点で75点、
好き嫌いが分かれる作品だ★


★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

あんなサロンがあるなら行って見たいと
誰かのコメントで見たが、
行くなら参加の方向で行かないと入るべきじゃない

★映画ランキングはこちら
2007年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf