「キサラギ」ずれているのはどっちなのか、楽しんだものが勝ち!

2007年07月31日(火) 0時39分
「キサラギ」★★★★面白いよ!
小栗旬、ユースケサンタマリア、小出恵介主演
佐藤祐市 監督、2007年、108分



3流アイドルが自殺した、
ひとりのファンがその一周忌をネットで呼びかけ
5人のファンが集まった。

面白いと評判の映画をやっと見た。

ひとつの部屋で展開される話は
思わぬ方向へと進み、
落ち所がどこになるのか、
謎解きの要素も加わって面白かった。

脚本がうまいんだよなーと
終始感じながら、
濃密でどこへも逃げられない中、
新たな事実が加わって
登場人物の誰もがどこかおかしく、
でもこれは全ての人に
どこか当てはまることだとも感じた。


ファンのアイドルへ向ける情熱は
他人からは分からない
ものすごいエネルギーだ。

それがもっと別の有効利用があれば
世の中は確実に良くなりそうだが、
人間はその馬鹿馬鹿しいことに
分かっていながらのめり込んでいくものなのだ。

自分も映画のチラシを集めている、
そんな人は身の回りには皆無だ。

何が面白いの?と言われるけれど、
理由なんて無い、ただ劇場でチラシを見つけると
スッと手が伸びて、
同じ映画の2種類目や裏の柄違いなんかを
見つけるとかなり燃える。

これはもう同好の人としか分かりあえないし、
しばらく停止しているが
以前はネット上でチラシにお金を出して
買っていたしね。

ファンなんてものはそんなもの、
マニアックになればなるほど
理解は難しく、同じ程度のマニアとは
ホントに分かり合えるのだ。

ここに描かれるコアなファンも
他人から見れば、どうかしてると思えるが
真っ当すぎるくらい、真っ当なのだ。

この映画は。良くできている。
ラストには泣きそうなシーンまで、
でも何か足らないとすれば
華がないかな、でもそれは欲張りか。

★100点満点で85点くらいか、
映画の大画面の醍醐味には欠けるか★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ドランク・ドラゴンの塚地が肩の力を抜いたとぼけた味を出して
役得だったか。

★映画ランキングはこちら

「街のあかり」敗者も夢を見る

2007年07月30日(月) 0時09分
「街のあかり」★★★
アキ・カウリスマキ監督
2006年、ドイツ フィンランド フランス 、78分



会社で礼遇され
パブでのナンパもゴミのように
扱われてしまう。

淋しい、悲しい、でもなんだかおかしい。

国民性なのか分からないが、
登場する皆がぶっきらぼうで、
言葉の多くが感情がこもらない。

互いの心の中に入ることが
出来そうも無く、手ごわいのだ。

冴えない男の転落人生を
淡々とどこか何故かおかしく感じながら、
ラストにわずかな、あるかないかの
希望を見せる。

でもここでハリウッド的な
ハッピーエンド出ないところが
この映画の良いところ。

ゆるい緊張感がラストまで続くけれど、
オチのない、真面目にやってるのに
どこかおかしく感じるというのは、
なんだか自分たちの日常と重なる。

誰も人を笑おうと身構えてはいない、
でもそこにおかしな、不条理な間が存在し、
人は道化にならずに居られないのだ。
そしてその傍らで笑ったり、笑われたりと、
結局どちらで居るかを選べないのだ。

さて、映画はどうだったかと言うと、
あんまり面白くは無い、
でもこの映画を見る時の妙な緊張感は
たぶんこの映画でしか得られないのだ。

★100点満点で65点くらい、
あまり映画を見ない人には決して勧めない★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

この映画は、たまたま見たという人より、
前作や兄弟の作品を見てる人が、またあの不思議な世界を
見たくていくような映画、大作好きな人にはキツイ。

★映画ランキングはこちら

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」子供には難しく、大人には物足りない

2007年07月26日(木) 0時39分
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」★★★☆
ダニエル・ラドクリフ主演
デヴィッド・イェーツ 監督、2007年、イギリス



ハリーも随分と大人になりました。
子供っぽく見せようと丸メガネと前髪おろしで
なんとか誤魔化してるけどね。

規律に厳しい女性の校長の誕生の
サイドストーリーを絡ませつつ、
宿敵ヴォルディモートを倒すため
ハリーは友人と力をあわせて立ち向かう。


書けば簡単だけど、多くの登場人物と
背景を持つ人々がドバッと出てきて
これお子チャマには難しくないか。

見た目のバカバカしい笑いが無い分
子供はこの長い映画を我慢できるのだろうか。


だったら大人向きかというと
これがそうでもない、大人も唸らせるような
高い理想を掲げて作ったわけでもないからだろう、
大人が鑑賞するとなれば
話は別だ。

人を好きになるまでの過程や、
その後、誤解から心が離れるシーンなど
あまりに短絡的で納得できない。

大人の世界との狭間で
成長する姿を描いているが
そのあたりがあまりに性急すぎて
これでは受け入れられないのだ。


2時間を越える上映時間ながら
あの厚い原作の内容を描くには不足だったか。

ただし光と影の印象的なシーンや
深い森と幻想的ないくつかのカットは
はっとさせられる部分もあり、
見逃せない作品とまでは言えないが
「パイレーツ・オブ・カリビアン3」といい勝負というところか。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

原作の完結第七話がイギリスで発売されたと新聞、
イメージがこんなふうにスクリーンで表現される、その行為に
何度も感動する、人間の頭の中ってすごいと改めて感じる。

★映画ランキングはこちら

「フリーダム・ライターズ」人は変われる?でも一人では無理だ

2007年07月25日(水) 0時50分
「フリーダム・ライターズ」★★★☆
ヒラリー・スワンク主演
リチャード・ラグラヴェネーズ監督、2007年、アメリカ



理想に燃えた新米の国語教師が
人種の制約を取り払った
新しい試みのクラスにやって来た。

人は人種を越えて分かり合える。

言葉では簡単だが、
白人、黒人、プエルトリカン、東洋人と
彼らはそれぞれ固まり、他に交じろうとはしない。
学校で同じクラスに座って居ても、
外へ出れば若者たちはお互い銃を向けあっているのだ。

そしてその高校一年のクラスは
学校側でもほとんどは途中で落ちこぼれ、
卒業はムリだろうというレッテルを貼られていた。

クラスがまとまらず、
授業所ではない状況、
それでも主人公の情熱を冷ますものではなく、
彼女は生徒に考える事や
本を読む喜びをなんとか伝えようとする。

彼らに日記をつけることを提案し、
生徒達も自分の日々の考えをそれに綴っていく。

これは真実の物語だ、
うまく行き過ぎ、美化されている部分もあるだろう。

それでも親からの愛に飢え、
自分の言葉で気持ちを言い表すことさえ
出来なかった生徒が、少し上を見据え、
自信を持つシーンには自然と感動する。

人に何かを教えることは難しい、
人前に立ものでもホントは教えるというより、
自分の生き方の一部を見せることになるのかもしれない。

上滑りな言葉では
人の心を動かすことなんてできないからだ。

自分のやりたいことと、
それが目の前の人の為になることは
必ずしもバッチリ合わさることはない、
それでも前に立つ以上、
あきらめずに伝えなくてはならないのだろう。

久々にさわやかな涙がでた、
それは悲しいものじゃ無く、
勇気が沸くようなもので
伝えたい気持ちがあれば、伝わる。

そんな気持ちを強くさせてくれた。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

人は常に現状に満足できず、ここではない何処かへ
思いを馳せている。本当は満ち足りているのに
それでも同じ場所で立ち止まることをよしとしないのだ。

それは幸せなことだろうか、それとも不幸なことなんだろうか。

★映画ランキングはこちら


「赤い文化住宅の初子」貧乏について考える(わけないね)

2007年07月23日(月) 0時33分
「赤い文化住宅の初子」★★★
東亜優、塩谷瞬主演
タナダユキ監督、2007年(100分)



夕暮れの橋の上、
視線を下に落として
少女が「お金、お金、お金」と言いながら
歩いて行く。

その予告編で見ることを決めた作品、
前売り特典のマッチ箱というのも
なんだか雰囲気で良い。

本編が始まって
あれ、なんだか予想と違うぞと思う、
オレが期待したのは
「嫌われ松子」のような
どこか破綻したような、訳の分からない展開だ。

なのになんだかこの映画は
真面目に貧乏くさいのだ、
というか真正面から
貧乏な少女と彼女の恋、そして
同居の兄をただ真面目に描いていく。

なんだかマズイぞと思う、
これは何だろう、そして考える。

この映画は何処を目指しているのだろうかと、
このまま終わるなら、
自主制作映画の出来の良い部類と
そのくらいしか感じられない。

たぶん、もうすぐその「何か」は起こるのだ。

そしてみすぼらしい家は焼けてしまい、
兄弟は別の町へ向かう。

なんだこれ、
逆に面白いとか、ひねくれたあれこれを
思いつくが、やはり消化不良だ。

何が悪かったんだろうと考える、
そうだこのところ、ワリと面白い邦画に
当たってるのがいけないのだ、
だからちょっと色気出してしまうと
こうなるのだ。

作品選びはムヅカシイ、
自分の時間とお金を費やすのだから、誰だって
良い映画に出会いたい。

でも心に残り、何かを考えさせ、
人にも勧めたくなるような映画はやはり
そうそう無いんだと、改めて感じた次第。

貧乏くさい映画が見たいなら
この映画はその期待を裏切らない。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

好きになった人にはたまらない作品となるかもしれない
親密な映画だけれど、オレはノレませんでした。
自分の目で確かめてみるのもいいかも。

★映画ランキングはこちら

★原作は著者: 松田洋子のコミック

出版社: 太田出版
サイズ: コミック
ページ数: 175p
発行年月: 2003年07月

「極大射程(上・下)」見る興奮より、読む想像の興奮!

2007年07月22日(日) 0時09分
「極大射程(上・下)」★★★★オススメ
スティーブン・ハンター著



映画でこの作家を初めて知り、
原作本を読破。

孤独な狙撃手ボブ・リー・スワガーの
見事な戦いの様子は
先に映画をみているので所々の違いを
確認しながら読んでいった。

まずは国に捧げた忠誠心が
無残に裏切られてしまい、
それが彼の復讐心に火をつけるのだが、
やはり小説はこのあたりの説得力は充分。

堪えて堪えて
そのパワーが解き放たれるとき
読者も主人公と一緒に悪と立ち向かうことになる。

上下巻と長い物語ながら
やはりこの長さで無いと語れない様々なことを
圧倒的なスピード感で読ませる

そして映画では描かれなかった
彼のガンマニアな面も丁寧に描かれ
狙撃の技術や遥か遠くの標的を
確実に狙うことの難しさなどが
説得力をもって描かれて、
主人公が目を細めて対象を見ているとき
読み手もその興奮が伝わるのだ。

映画が面白かったから、この作品を読もうと思った、
こういう出会いは嬉しいものだ。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

読み終えて、この作家の作品を読もうと
いくつか買い置き
次はこの作品の前の「ブラック・ライト(上下)」から、
こちらも楽しみ。

★映画ランキングはこちら

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 」文句無く楽しめる、見逃すな!

2007年07月21日(土) 0時45分
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 」★★★★オススメ
佐藤江梨子 、佐津川愛美 、永瀬正敏 、永作博美 主演
吉田大八 監督、2007年、112分



北陸の山間部の集落、
そこから都会へ女優を目指して
飛び出した長女が
両親の葬式に日に戻ってきた。

最近は邦画もこだわり無く見るようになったが
以前は邦画は敬遠していた、
それはドラマで見れるじゃんくらいに
感じていたからだ。

このところ面白い邦画に出会ってることもあり、
この映画もとりあえず見とくかと劇場へ。

実力も無いのにそれを家族のせいにして
大口をたたくダメ女を
佐藤江梨子がピタッと似合いすぎるくらい
絶妙に演じていて、
信じられないくらいスラリとした足でスタスタ歩き、
輝くものを持ちながらも
無駄にしてしまっている。

ほとんど家の中でドラマが進行していくのに
息詰まった感じは微塵もなく
登場人物の全てがうまーく調和して
なんだなんだ、コレ、面白いじゃん!

永作博美 の作り笑いが目が笑ってないようで怖い、
永瀬正敏の無口で何を考えてるのか分からない、
細かい点まで作りこんだのが見ていてこちらに伝わる、
この長いタイトルだけ余分だけれど
それ以外は驚くほどちゃんと出来ていて
見逃さなくて良かった。

腑抜けなのは誰だったのか、
それは明白だ、ラストまで行き着いたとき
この笑えない事実はほとんど日常そのものと感じる。

うまくいかない時、自分を省みるより
外的な要因を数え上げた方が容易い。
そして少しほっとするんだけど
ホントは自分がそれほどのものじゃない
フツーの人と気がつくのが怖いだけなんだ。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

佐藤江梨子が演技してるとは思えないが
それでも配役は絶妙、いい映画に出演できてよかったね。

★映画ランキングはこちら

気になる?国内映画興行成績ランキング7/15付

2007年07月20日(金) 0時45分
大量の宣伝と出演者の露出で首位を狙った
あの作品は首位を取れない波乱アリ。

@「劇場版ポケットモンスター 」
劇場内でダークライというポケモンキャラクターが
「配信」されるということで

もう子供たちは、ゲーム機との相乗効果等のプラスがないと
それが映画の成績にも響くという面白い結果だ。

最初の週末は前作の170%という好ダッシュで
50億の大台に届くかも。劇場版10周年記念作品

A「西遊記 」
首位は譲ったが週末3日間で7億を超えており
30億円突破が当面の目標。

この映画は見ないつもりなので、
何処まで伸びるにしても
どうでもいいチャートだ。
「ハットリ君」で騙されたからね、
いくら深津絵里が出てても
お金がもったいないニオイがプンプンする。

B「ダイ・ハード4.0」
初登場は先週で首位獲得とまだまだ健在ぶりをしめした。
先行含む9日間で18億あまり稼ぎ出して
期待以上の動員、やはり知名度が高く、地方の興行も
無難なところが良い結果となったのか。

しかし名古屋の劇場は公開3日目でガラガラだったことを
考えると、なかなか厳しい実態も見えてくる。

C「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 」
今年の大当たり映画、
とうとう100億の大台に到達したようだ。
「スパイダーマン3」が71億あたりのことを考えると
この数字はさすが!

でもあんなにたくさんドバーッと色んなキャラが出てきて
子供たちはちゃんと整理できたのかいな。

D「シュレック3」
E「舞妓 Haaaan!!! 」
ハイテンションムービーはその映画の勢いを成績に結び付けて
15億に届いたか。
この規模でこの成績は立派!
日本中でグンゼのパンツ男がスクリーンを走ってると思うと
気が滅入りますが・・・。

F「それいけ! アンパンマン」
首位、2位、そしてアンパンマンと
お子様向け映画が揃ったということで
夏休みなんだな。

G「憑神 」
16日間で5億円をやっと超えたところ、
10億確実と言われたけれど難しそう。

この映画の内容では仕方ない、レンタルもうまく
売らないと厳しいぞ。

H「300」
全米では2週首位、2億ドル超えた大ヒット作も
日本では厳しい興行。
30日間を終えて15億円、そろそろ息切れ
戦いのシーンばかりでなかなか観客に訴えるものは
少なかった。

I「スパイダーマン3」
大作がゆっくりと後退している、
70億円超えて役目は果たしたか。

さて来週は「ハリー・ポッター」の登場、
先行でも良い成績で内容はどうなのかこれは劇場で見るつもり。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ランキングは国内、全米と必ずチェックしている、
内容がいいものがヒットしないと寂しいが
やはり大量宣伝のものがヒットするんだなと・・。

★映画ランキングはこちら

カン・ドンウォンが良い選択「私たちの幸せな時間」

2007年07月19日(木) 0時35分
「私たちの幸せな時間」★★★☆
カン・ドンウォン、イ・ナヨン主演
ソン・ヘソン監督、2006年、韓国(120分)



アイドルとして「オオカミの誘惑」で人気を獲得した
カン・ドンウォンは、アイドル映画としては
合格点の映画でデビューとなった。

ところがその次の「デュリスト」は2時間の
彼のチープなプロモという陳腐な出来で
名優アン・ソンギも出てるが、彼の力をもっても
修復不能だった。

そしてこの作品、
ある程度、ヒドイことは覚悟して行った。

殺人者として終身刑役のカン・ドンウォンは
ほっぺたがふっくらとして
とても刑に服しているとは思えないお姿。

どうかなーと思いつつさらに見ていくと
なんと、これがワリと良かった。

詳しい内容には触れないが
世の中にはどうしようもないことは
やはりどうしようもなくあって、
その中でどうもがこうと、光さえ見えない時期もある。

だけどそればかりじゃないことも
なんとなく分かっているから、それでもやっていける。

この映画の主人公は生い立ちから
これまで、ダメダメな人生を送ってきた、
何とかしてやりたいという気持ちになる。

そんな時、人は人に何が出来るのだろうね。

彼は面接に来る女性を心待ちにするようになり
会える毎週木曜の僅かな時間を
幸せな時と感じ
生きる喜びを見出す、
でも彼は他の人の人生をその手で絶ってしまっていて
彼の残された時間も僅かだ。

こんな特殊な状況はそうそう無いにしても
下を向いて歩いてばかりで
せっかくの青い空を見逃したくないなと
強く思った。

なんだ、期待してなかったというのに
ワリといい映画だった、
やはり出る映画を選ばないとね、
たぶん勝負は次だ。

★100点満点で70点、
ファンでなくても見て大丈夫な作品。★

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

共演のイ・ナヨンは鶴田真由に似てて、
似てるー!そんなことばかり考えてました。

★映画ランキングはこちら

韓国映画新作ニュース&興行成績

2007年07月18日(水) 0時18分
韓国映画新作ニュース&興行成績

@「花美男連続テロ事件」
キム・キボン、チェ・シウォン、キム・ヒチョル主演

スーパージュニアのキム・キボン、キム・ヒチョル、
そして「春のワルツ」出演のチェ・シウォンら主演映画が
もうすぐ公開。(7/26予定)

三人の花美男のプライドをかけたテロ作戦が始まる!

韓国では直訳するとイケメンのことを
「花美男」と言うというのも何だか新鮮。

出来がどうだというよりは、アイドル映画なんだろうな。
成績が気になるところだ。


A「ムイ」
チョアン、チァ・イェリョン主演
キム・テギョン 監督

2004年に「霊ーリョン」を監督、
今回もホラー映画で古い肖像画にまつわる
怖い話のようだ。
公開されたばかり、ホラーは韓国で量産されて
良いものもたいしたこと無いものもあって
先日見た「黒い家」はホント怖かったが
この映画はどうかな。

ベトナムにも関係しているようで
そのあたりの描写も気になる。


B「解剖学教室」
ハン・ジミン、オン・ジュワン、オ・テギョン監督
ソンテウン 監督

最高の医者を夢見る六人の医大生たちは
解剖学実習を始めた日から悪夢にうなされ
死の影が忍び寄る。

こちらもホラー、公開前から
かなり話題のようなので出来がいいのかも。


★韓国最新興行成績7/10付★

@「トランスフォーマー」
A「黒い家」韓国映画、3週目も粘ってます
B「ディセント」日本では公開済
C「TAXi4」
D「オーシャンズ13」
上位5作品には韓国映画は1作のみ、
このほかG「密陽」I「黄真伊」と
このところ韓国映画が弱い状態。

夏の新作に期待したい。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

8月には「D−WAR」が拡大公開されるが、これは
アメリカでも9月に全米1500館で公開予定、日本は?

★映画ランキングはこちら
2007年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf