「こわれゆく世界の中で」タイトルは大袈裟だけど見るべきところアリ

2007年05月31日(木) 8時09分
「こわれゆく世界の中で」★★★☆
ジュード・ロウ、ジュリエット・ヴィノシュ主演
アンソニー・ミンゲラ 監督、2006年イギリス



仕事は順調、夫婦間もとくには問題なく
毎日を過ごしている。

新しいオフィスへ引っ越したその夜に
データの入ったノートパソコンを含めた
パソコンやモニターの盗難に遭った主人公。

そのパソコンを盗んだ少年を
あるきっかけで見つけ、自宅を確認し、
母親が仕立屋を営んでいることを知り、
母親にスーツの仕立直しを依頼、
そのうちに彼女にひかれて行く。

設定としてはありえないし、
母子が内線状態の国から
逃げてきたという背景も
必ずしも必要には思えなかった。

物語の中のジュリエット・ビノッシュも
何かを壊す覚悟を持つほど魅力的には思えない。

でもリアルなのは
満足した生活の中にふと忍び寄る
軽い疑問。

自分って幸せなのか、
そんなこと十分分かっているのに
ざわつく胸のうち、
もうそうなると善悪の区別が曖昧になっていく。

もともと十分すぎるほど持っていると、
何かが足らなく思えるものらしい、
今度はわざわざ入り込まなくてもいい
災いの穴へ自ら転がり込んで行く。

物語の中のラストは
再生の兆しを見せて終わるが
本当のところ、どうかな。
一度失った信頼は100%取り戻すことはできないだろう、
お互いに安心仕切った生活にはもう
戻れないのだ。

でもそんなふうに信頼って築いていくものなのかな。
ところどころ修復しつつ、
苦笑いを浮かべ、それでも大切な手だけは離さないのか。
ジュード・ロウは最近の「ホリディ」でも
独特の存在感を見せた。

この映画でも、だめはだめなりにそれでも
なんとかなりそうなギリギリの予感を信じられそうな
なんとも難しい役を飄々と演じていて、
役者だなーと思いつつ、
それでも結構楽しんでいる自分を見つけた。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

演技しているようには見えないジュード・ロウの
作品の選び方とかも結構気になる。

★映画ランキングはこちら

「リーピング」怖いけど途中で醒める

2007年05月28日(月) 0時20分
「リーピング」★★★
ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モリッシー主演
スティーヴン・ホプキンス 監督、2007年アメリカ



宗教と不思議な現象を研究している主人公は
かつてアフリカで医療ボランティアをしていたとき、
蔓延する病気の生け贄で
夫と娘を失った経験から
信仰を捨てていた。

今時、生け贄なんてありえない話しだが、
まあそのへんはそういうこともあるかなと
疑問の「?」を飲み込む。

主人公をヒラリー・スワンク、
アカデミーを取った映画があまりに強烈なので、
そのへんにいる、一般人で出てくると
なんか違和感があるが、今回はワケアリの
活動的な女性で登場、
行かなければいいのに、怖い方へ
怖い方へと近寄っていく。

恐怖の時の効果音連発で
これでもか、これでもかと恐怖心をあおる、
この辺はキライではないの
一体どんな秘密が明かされるのか、
つまらない結論だと許さんよくらいの気分で
行くへを見守る。

地で染まる川、
突然の不審死
何か隠してるような街の人々。

お膳立ては揃って、
「さあ、そろそろいいよ」と思った時、
宗教がらみの結論を提示される。

日本人にはそこまでは
受け入れられないよ、
急に気持ちが醒めて行く
だいなしだ。

シャマラン監督の「シックスセンス」以外の
映画のオチのような、
割り切れないものが心に残る。

劇場でこの結末を見せられると
キビシイかな、レンタルくらいの気安さだと
前半の怖さは及第点。

やはりこういうのは
「そうなんだ!」という
目から鱗の結末じゃないと
なかなか納得出来ない。

オカルトホラー系ではよくある着地点、
期待しなければわりと面白いと感じるのかも。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ヒラリー・スワンクは最高の勲章を二つ抱えて
それがなかなかキャリアを邪魔しているように感じる、ガンバレ!

★映画ランキングはこちら

「バッシング」やはり同情も何も感じない

2007年05月24日(木) 23時02分
「バッシング」★★★wowow鑑賞
占部房子 、 田中隆三出演
小林政広 監督、2004年


衝撃的な事件だった、
人質となった日本人が解放された時は
日本中が安堵した。

そして彼らが何故、危険な場所にいたのか
明らかになると、
あまりに稚拙な行動だと
批判的な論調が世間の一般的な声となった。

「自己責任」という言葉と
「バッシング」という言葉が
一般的に使われるようになった。

医療ボランティアで
戦争状態に近い国で活動し、
テロ組織に捕らえられた女性がこの映画の主人公だ。

助けたいという気持ちと、
誰か助けて欲しいという気持ちがあるなら
身近でなくても、駆けつけて助けることは
大切なことだ。

実際に多くの人達が今、この時間も
言葉の違う人達の補助になればと
活躍している。

美しい行為に違いない、
けれど思う、
誰かを助けたいのなら、自分の身の安全くらいは
最低限保証された場所で行うべきで、
自分の見も守れないに
誰かを助けたいというのは
ちょっと違うだろ、と感じる。

バッシングを受けたことで崩壊していく
家族や身近ん人達との関係、
そしてまたあの場所に行くことに
ギリギリの望みを託す主人公。

この映画は上映禁止騒動など、
結構話題になり評価も高かったように思うが、
やはり主人公の身勝手さだけが印象に残った。
描く価値もないとさえ感じた。

映画を見てこんなに腹立たしく感じたのは
やはり主人公を擁護する気持ちには少しもなれないという
自分を感じたからだろう。

世の中の生きている人達が
みんな幸せになれば良い、
もちろん誰だってそう思う。

けれどその気持ちと、
自分に出来ることとの間にはズレがあり、
その見極めくらいは出来るようになりたいものだ。

解放からそれほど経っていない時期に
同じように捕らえられ、
ビデオで助けを求めながら死んでしまった青年がいたが、
そういう事実を重く受け止めるべきなのだ。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

あれほど世間の注目を集めた事件も、もう話すことも無い。
そんなものなのだ。そんなものなのだ。

★映画ランキングはこちら

「ハンニバル・ライジング」美しい顔に飛び散る鮮血!

2007年05月22日(火) 20時12分
「ハンニバル・ライジング」★★★☆

ギャスパー・ウリエル 、コン・リー 主演
ピーター・ウェーバー 監督、2007年、フランス




芸術を愛し、美食家、
驚くべき知能の高さと
反面に見せるグロテスクさ。

人間誰もがもつ才能や知的な好奇心も
博士にあっては何もかもが
一般の人間の域をはるかに越えてしまっている。

シリーズ最新作はハンニバルの
少年時代から医学部で学ぶまでの
成長の過程で経験した恐ろしい事柄と、
彼が自ら手を染めたいくつくかの復讐。

美しい顔の青年の青白い顔に
ほとばしる鮮血。
彼はそれを指でそっと拭うと舌で味わいさえする。
言葉で表現しようとするより
映像で見せる方が納得出来るものがある。

日本人として登場するムラサキを
コン・リーが妖艶に演じている、
日本人ぽくないけれど、
雰囲気は合格。

「羊たちの沈黙」からの
ハンニバルのそれぞれの時代を見てきたが、
結末は分かっていてもやはり
ジョディ・フォスター演じるクラリスと
ハンニバルのやり取りが面白かった。

それでも、全能の神のごとく
ハンニバル・レクターの神秘性は
シリーズを通して守られた。
そして今回の映画では彼の心の底に
触れることができた、
あの衝撃の顔の表情、見ているこちらも苦しい。
消せない過去を心の底にしまいこんで
血みどろのシンフォニーを奏でるのだ。

今、原作も読んでいるところ、
どんなに新作で幼いハンニバルに親しもうと
読んでいるときに浮かぶのは
アンソニー・ホプキンスの無表情な顔だ。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

もう、こうなったら色んなレクター博士の歴史を
次々作ってもらいたい、そしていつかクラリスと一緒に。

★映画ランキングはこちら

「眉山」情緒という言葉を思い出した

2007年05月19日(土) 19時55分
「眉山」★★★☆オススメ
松島菜々子、宮本信子主演
犬童一心 監督



どんな話しなのか予備知識ゼロで劇場へ。

東京でひとり働く主人公に
母親が入院したと知らせが届く、
故郷、徳島へ戻ると医者から余命3カ月と告げられる。

ストーリーは予測がつく、
しかしまだ行ったことの無い徳島の街と
どこからも見える眉山の姿、
そしてゆっくりと流れる時間、
心地良い映画との時間を楽しむ。

母親役の宮本信子が気丈だけど
優しいところをたっぷりもった人柄を好演、
思い描く母親像がそこにある。

優しく、大きくいろんなものを全て包み込んでくれるような、
多分誰もがどこかに自分の大切な人の
好きなところを見つけるだろう。

徳島の阿波踊りは、この映画のひとつの
ハイライトでそのパワーは画面からも伝わる、
踊っている人の表情がいい、
見ている人達の笑顔もいい。

観光案内っぽい部分もあって、
まだ行ったことの無い四国へ行って見たくなった。

登場人物の普通に生きている人の
かけがえのない日々が丁寧に描かれていて
良い出来の映画だった。

前日に見た「初雪の恋」も街の様子を映画に取り込んでいたが、
同じ映画という土俵でもこんなに違うのだ。

監督の力なのか、
アイデアの時点で勝負は付いていたのか分からないが、
何故か別の映画を見てさらに残念な気になったのは
この「眉山」が地方の町の生き生きとした様子を
しっかりとスクリーンに焼き付けていたからだ。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

しっかし、居酒屋でも踊りだす徳島の人々は
なんかスゴスギだった、本当かどうかは知らん。

★映画ランキングはこちら

「初雪の恋」宮崎あおいの表情を楽しむだけの映画

2007年05月18日(金) 20時10分
「初雪の恋」★★★
イ・ジュンギ、宮崎あおい主演
細谷まどか 監督、日本=韓国 、2006年



設定は悪くないと思うんだけどな、
印象的なシーンはいくつかある、
舞台の京都の町並みも
異国情緒たっぷり。

韓国の人が見たら
日本の美しい古都に興味を持ってくれるかもしれない、
雪の降る韓国の景色も美しい。

そして可愛い宮崎あおいと
韓国の売り出し中の美形スターの共演。

全部悪くないんだけど、
物語り中盤に差しかかるあたりで
なんだか諦めモードに。

出来の悪い韓国の映画そのものなのだ。
スターは登場している、
それぞれ印象的な笑顔やしぐさを見せてくれる、
だけど肝心なストーリーがダメダメなのだ。

量だけは大量にやってくるようになった
韓国映画、だけどまだまだ光る作品は少ない。
とりあえず作っちゃえ!という
勢いの良さはあるにしても、
見るべきところのある映画はまだ少ない。

だったら完全に失敗作かというと
これはもう見方を変えて
ファンになりきって
宮崎あおいの巫女さんの姿、
浴衣、悲しげな表情、微笑む時の瞳のきらめき
そんなものを楽しむだけでも価値はある。

1000円とか出すともったいないので
レンタルまでまっても充分。
関連グッズがたくさん出ていたけど、
コアなファン向けに商売するのはそろそろやめて
もう少し幅広く取り込めるように
まずは見所のある作品をつくってもらいたい。

この映画が日本と韓国映画の結び付きを
さらに強めるようなものになるなら
それだけでも価値があるかな。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

撮影が京都が主なので韓国の人がその情緒を
楽しんでくれたら日本人として嬉しい。

★映画ランキングはこちら

「スパイダーマン3」なんとか着地成功、あの軽やかな跳躍を見よ!

2007年05月16日(水) 21時37分
「スパイダーマン3」★★★☆
トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト主演
サム・ライミ 監督、2007年、アメリカ



本作がシリーズラストだからか、
タイトルバックにこれまでの印象的なシーンが
散りばめられる

始まるぞ!という期待が高まる。
ビルの間を軽快に躍動するスパイダーマン

夢物語だ、
だからこそできれば高く、高く
誰も届かない高みまで

シリーズ最初から
苦悩のヒーローだったスパイダーマンは
今回も黒のスパイダーマンになって
ダークな面を見せる。

大切な恋も失いそうだ、
唯一の友人との関係も破綻する

現代はスーパーヒーローも
生き難い時代なのだ。

中だるみの部分をなんとか乗り越え
ラストへ一気に駆け抜ける、
へたなハンドカメラの素人画像を見ている時に似た
画像のなかの登場人物の激しい動きに
目がくらみそうな瞬間もあったが
さすがちゃんと納得のラストを用意してくれる。

ヒーローはなんとか生き延びて
まだまだ次があるかもよと予感させてくれないといけない、
「ロッキー」だって帰って来た、
その時のためにもまだまだスパイダースーツは脱げないのだ。

やはり第一作のあの軽やかな
ビルの間を駆け抜ける姿に勝るものはない、
そいれでも大変なときにどこからともなく現れる
ヒーローはなんとか期待の範囲内に
着地してくれたようだ。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

トビー・マグワイアはイメージがスパイダーマンとは
違うだろと思ったが、役の深みをちゃんと演技で応えてくれた。

★映画ランキングはこちら

「空中庭園」何か言葉に出来ないものを形にしようと努力はしたみたい

2007年05月14日(月) 21時46分
「空中庭園」★★★DVD鑑賞
小泉今日子主演
豊田利晃 監督、2005年



川沿いのマンション、
上層階には大きなベランダがあり、
主人公の家ではたくさんの植物が
育っている。

どういう理由でかは分からないが
面白いと話題になっていた作品を
やっと鑑賞。

一本しか置いてないので
なかなか一週間レンタルの誰かの
返却後と合わなかったのか
何度もカラのパッケージだけ見ていた。

グチャグチャな人間関係、
崩壊寸前の親子
全部それと知って微笑む主人公。

たぶんクライマックスは
「オマエなんか、死ね」と
キョンキョンが電話で言うシーンだろうが、
特になんとも思わなかった。

何が自分をこの作品に入り込めなくさせているのか
考えてみると、
絵空事ながら、あまりに薄っぺらく感じたからだ。

ありえないよ、
そんな作品はそこら中にある、
それでも面白く見ることが出来る作品も多い、
でもこの過剰さはダメだ。

韓国映画のノリで、
さんざんやりつくして
「あーあ」と大きくため息をついたような感覚。
どうにものっぺりとした
ホームドラマをすごく遠くから見ているような、

言葉を選んでも仕方ないね、
面白くないよ、これ。

キョンキョンの完璧な作り笑顔は
最高だったけど、あとは全部消し去りたい。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

こういう作品を見ると、
レンタルで良かったと思う。

★映画ランキングはこちら

「スモーキン・エース」派手な銃撃戦が見たいならコレ

2007年05月13日(日) 0時20分
「スモーキン・エース」★★★
ジェレミー・ピヴェン、 ベン・アフレック、 レイ・リオッタ他出演
ジョー・カーナハン監督、2007年、アメリカ



久々の滅茶苦茶な映画。
証拠証人のマジシャンのエースを巡って
守るものと暗殺者が勢揃い!

同じ標的に暗殺者達が群がり、
頭脳戦で行こうとしていたグループを
パンクなグループが
あっさりと片付けたりと
作り手は観客の予想を裏切りたかったのかもしれない。

黒人女性に撃てば男も吹っ飛ぶような
でかい銃を持たせたり、
どこかで見たような小細工満載。

これは劇場で見る意味は
銃撃の大音響くらい、
レンタルを待っても損失なし。

公開日だというのに
前宣伝もないからか、空いた客席に
激しい銃の発射の音が降りかかる。

あまり映画を見ない人に
「つまらない映画にお金を使うのは
もったいなくないか」と
たまに聞かれる。

もちろん、時間とお金をかけるから
面白い映画を見たいに決まってる、
でも不思議と腹が立つような怒りは
めったに感じない。

それは何だって
100%思った通りや、
うまく行くことがないのだから。

映画だって同じ、
くだらない映画の時は、
見知った俳優が他にどんな映画に出ていたのか考えたり、
映し出される食事を凝視したり、
次の展開を予想をしたりと
割りと忙しく過ごせるのだ。

チョイ役でいくつかに出演していた俳優が
メインの映画がヒドイ時、
彼に次はあるのかと、運運命について考えたり、
映画は何もスクリーンに映し出されるものが
全てではない。

そんなことを
大量に消費される弾丸の音を聞きながら
考えていた映画だった。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

目的の為に突っ走る感じは悪くない、
でも見た後の爽快感はあまり得られない。

★映画ランキングはこちら

「悪人」吉田修一のひとつの到達点!傑作★★★★

2007年05月12日(土) 0時43分
「悪人」★★★★オススメ
吉田修一著
420ページ、1.800円


書店へ行く楽しみのひとつは、
新刊の平積みをざっと眺めること。

分厚い新刊がこの今回の本、
手に取るとにやけてしまいそうになる、
好きな作家の新刊が
こんなにも厚いと
それだけで嬉しくなるからだ。


さて、読み終えてタイトルの「悪人」について考える。
世の中に確かに
ナチュラル・ボーン・キラーズみたいな
悪人も居るだろうけど、
殆どはその意味では善人というか、
悪人そのものっていう人は少ない。

そしてこの本では
追い詰められた揚げ句に
悪人となってしまう人間が描かれている。

この切ない感じはどうだ、
なんかやるせなく、どうしようもなく、
バカバカしく愚かだ。

読みながらも、心の中で
「ウワァー」と叫び出したくなる。
それ以外どうしようもないのだ。

この本を読んで
「共感した」とはなかなか言い難いだろう、
だって孤独な剥き出しの心が描かれて
ひとつ間違った方向へと疾走していくとき、
自分は果たして大丈夫かと考える、
大丈夫だよな、と思う。

でもここに描かれる美しい魂が
ほんの少しの偶然と狂気でとても残念な結果となるのは
何だか怖くて仕方ない。

誰かに必要とされたい、
誰かと何気なく笑っていたい、
週末を誰かと一緒に過ごす安心感。

何気ないものが、いくつもの危うい選択を
なんとか日常の範囲内で踏みとどまらせてくれているのだ
きっと。

「悪人」
心の中の「悪人」の種を意識しつつ
綱渡りしているのが現代の私たちなのかもしれない。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

デビュー作から同時代で読める喜び!

★映画ランキングはこちら


2007年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf