「スネーク・フライト」バカバカしい!と思いつつも足は床から浮き上がる

2007年04月30日(月) 0時15分
「スネーク・フライト」★★★☆
サミュエル・L・ジャクソン 、 ジュリアナ・マーグリーズ 主演、
デイヴィッド・エリス 監督、2006年アメリカ


2006年8月、全米初登場首位獲得のB級映画、
「数千匹の毒蛇がジャンボジェット機に放たれた」

このコピーだけでも見たくなったが、
日本での公開はあっという間に終了したので
レンタルでやっと見ることができた。

こういう見る前からくだらないことが丸分かりの作品は
結構好き、
ただ映画館で千円以上出すのは躊躇するが
それでも妙に気取った眠たい作品よりはるかに好き。

サミュエルが犯罪の証人を飛行機に乗せたことから
毒蛇作戦が始まり、
悪人は毒蛇によってジャンボを墜落させようと企む。

なるほどねーって思えるわけも無く
バカバカしいのだけれど、
実際狭い機内で通路や足元をヘビがウロチョロすることを
考えただけで、足を上に浮かせたくなる。

酸素マスクが上からドバーッと落ちてくるのは
気分悪いが、ヘビが一緒に降りてきたら
大声上げるね、でも逃げ場は無いわけで
発想は誰もが出来そうだけど、要はどう見せるか。

ありえない!と思いつつも
「ウォー!」と出演者と一緒になって
ヘビから気持ち逃げ回る。

サミュエルもよくこんな役を引き受けたものだ、
そしてここまで徹底的にバカに徹して見せてくれると
それはそれで爽快であり、画面のこちら側で見ていることを
素直に安心できる。

ラストは分かりきっているが、まあこんなものでしょう。
とにかくヘビは割りと狭い穴や隙間もすり抜けて
こちらが意図してないところに現れるのは
小さい頃経験済み。

こちらが特に悪さでもしなければオトナシイものだけど
やはり近くにきたら本気で逃げるしかない、
どうしようもない弱い部分をうまく付いた作品。

レンタル開始なので時間のある、週末にはオススメ。
心に何も残らないが、無事なフライトがいかに貴重か
分かるというもの。

傑作とは言えないが、楽しませてもらった。


★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


こういう荒唐無稽なものを本気で作る人達と
こぞって見に行く観客の多さが
ハリウッドをささえているのか。

★映画ランキングはこちら

「プロジェクトBB」まだまだ健在、ガンバレ!ジャッキー

2007年04月29日(日) 0時15分
昨年9月にバンコクで見た映画が公開
再掲載する、ジャキーの久々の新作。


「プロジェクトBB」/Rob-B-Hood」★★★★
ジャッキー・チェン主演

9月末のバンコク、
ジャッキーの新作を見た。

これは中国語で話し、字幕はタイ語と英語の
国際的な感じ、
日本で映画を見ていて、
英語字幕なんて、なかなかお目にかかれないが、
さすが観光立国という側面を持つ国。

タイ製の映画も多くの作品に
英語字幕が付いているのはさすが。

さて今回のジャッキーは二人組みのコソ泥、
稼いだお金はギャンブルに消えて行く、
家族ともうまく行かない状況。

そこに大きなお金を儲けるチャンスが。

アクションは相変わらず凄くて、
そして面白い。
書くと簡単だが、単純に見せているシーンも
体を張った命懸け、
CG全盛時代に、肉体のアクションにこだわるジャッキーに
敬意を払わないとね。

そして今回は何といっても最後は涙。
こんなジャッキー映画も珍しい、
脚本もこの破綻したストーリーを
良くつないでいて、最近香港で製作しているのは
「神話」を除いては完成度は高いのがうれしい。

映画館を出る時、
中学生位の一団が、ふざけて蹴りあったりして
ジャッキーのアクションを真似ていたのも嬉しかった。

最近、日本での興業もいまひとつパットしないが、
なんとかもう一度大画面でジャッキーの勇姿が見たい。
この映画はよく出来ていたので、
日本でも公開されるだろう。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

★映画ランキングはこちら

「ロッキー・ザ・ファイナル」傷だらけの体が躍動する人生のリング

2007年04月27日(金) 22時51分
「ロッキー・ザ・ファイナル」★★★☆
シルベスタ・スタローン主演、監督
2006年アメリカ



ファンファーレのようなテーマ曲が
高らかに鳴り響く、
「始まるぞ、始まるぞ」と
期待のこもるあの感じ。

でも最初に目にするのは
一人暮らしの淋しい家、
そして亡き妻の名のレストラン。

過去の栄光の中に生き、
亡くなった妻の思い出に浸る姿。

見たかったのはこんな姿じゃない、
でも現実とはこんなものだという
分かったような感情が交錯する。

しかしロッキーであり続けるのは
大変なことだ、
重い体を奮い立たせ
ロッキーは再びリングに昇る。

試合のシーンや
勝ち負けはホントはどうでもいい、
でも人間をこれ程駆り立てるもの、
熱くさせるものが
見ている自分にあるのかどうかは
大切なことだ。

ロッキー、ロッキーと
彼の名を呼ぶ歓声が聞こえる、
心の中で自分も彼の名を呼び、
そして何か熱いものを感じることが出来る。

ほとばしるような感動はない、
その代わりに
まだまだやれると声が聞こえる。
挑戦することを諦めてはいないか、
60歳の鍛えられた肉体が叫ぶ!

最高だよ、ロッキー。

現実世界では60歳はまだまだ現役、
終わりのゴングはまだ先のこと。
誰にも応援もされず、
それほど報われもせず、
それでもリングに上がり続けるのだ。

ロッキー、ロッキー
叫ぶ声の中に応援ではない
何か別の感情が見えた気がした。
せめて映画の中でだけでも栄光の歓声に包まれて。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ロッキーが復活し、夏には「ダイ・ハード」の新作公開と
おじさんパワー復活の映画界、次はシュワちゃんか!

★映画ランキングはこちら

サムイ島へ★マレー鉄道列車で北上番外編

2007年04月25日(水) 0時15分
サムイ島へ鉄道とボートで行く

スラー・ターニー鉄道駅から
サムイ島へ行く船の出る港は離れている。

今回の実際の経路を紹介します。
スラー・ターニー駅に着いたのは夜の10時半頃、
ハート・ヤイからの特急は2時間遅れで到着。

とりあえず何処かへ泊まろうと
地球の歩き方に載っているホテルへ。

駅に着くとすぐに「タクシー」と寄って来るが、
彼らは交渉が必要、200バーツというのを
断り駅を出て左手に少し行くと
大きく看板に市内まで120バーツと書いてある。

そこで運転手にホテル名を告げて乗り込む。
ただし夜の8時間ではシャトルバスが
出ているらしいので、早く着いたなら
まずはバスを待つべき。
きっと彼らは「今日はバスは来ない」とか
言うはず。

たぶん来るバスを心配しながら待つか、
タクシーに乗るかは、その時の自分の判断で。
ちなみにバスは10バーツのようです。

ホテルでジョイント・チケットをブッキングする、
ホテルのピックアップと港まで、
それからボート代込みで260バーツ。

翌日7時30分にバスが来て、
何カ所か拾って港へ、8時過ぎには到着。
かなりの乗客がすでに待っている。
出発してから2時間半かかって、
11時半頃サムイ島の港に着く。

ここからはホテルのピックアップのとき
買っておいたビーチまでのチケットを見せて
それぞれの場所へ。
このチケットは300バーツで、買った時は
高いしやられたかなと思ったが、
ホテルまで一時間と少しかかったので
この時は妥当だと感じた。

さて、ホテル滞在中に帰りのブッキング、
外から見て割りと流行っていそうなところで
ホテルピックアップ→ボート→
スラー・ターニー駅
この組み合わせで、なんと380バーツだった、
午前のもう少し早い便なら350だった。

メチャ安でビックリ!
滞在してるホテルにで聞いたら
タクシーを呼ぶから600バーツと言われたので
あとは快適さを選択するかどうかだ。

12時ミニバスが来て、9人席が満席になるまで
いくつか経由して1時半頃港に到着。
ここで行く先別に別れ
バスに乗った、フェリーで行く。
確かフェリーは60バーツくらいなので
安いのも納得。

フェリーは揺れもせず、しかも来た時の
スピードボートより早く
1時間半で到着。

しかしフェリーの港はスピードボートの港より
町から遠く、市内到着は1時間半後、
その後列車駅に着いたのはそれから20分後、
ホテルから駅まで5時間半かかったので
往復とも時間はそれほど変わらなかった。

行きに560バーツ、
帰りは380バーツ
時間は5時間半でほぼ同じ。
帰りの列車や飛行機の時間を代理店に
あらかじめ告げてチケットの時間を
決定した方が安心と感じた。
島に行く時もあらかじめ港からビーチまでの
通しのチケットもあるようなので
そちらを聞けばもう少し安く行けたはず。

時間に余裕があるなら列車、高速船又はフェリーと
旅のパーツを楽しめるが
島に僅かしか滞在しないなら
飛行機が楽かな。

ちなみにスラーターニーまではエアアジアが
安いチケットを出している、
サムイ島ダイレクトだとバンコクエアウェイズが
片道3000バーツくらい。


★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

★旅の情報は「地球の歩き方」や
旅で出会った人からも得ることができる、
でも結局、自分で使った時間でしか
得られない事の方が多い、それが旅。

★映画ランキングはこちら



「クィーン」ゆったりとした気分で女王の演技を堪能

2007年04月23日(月) 0時15分
「クィーン」★★★★
ヘレン・ミレン、 マイケル・シーン主演
スティーヴン・フリアーズ監督、2006年フランス



イギリス王室の真実!
ダイアナ元王妃の死、そのとき女王は?

目を引く宣伝のコピーは
実際はこの映画にふさわしくない。

ここで目にすることが出来るのは、
神と国民に半世紀もの時間を捧げた
唯一の女性の生き方そのものだからだ。

どこまでが真実なんだろうと
思いながらも、時折見せる
普通の人間っぽさが
弱く感じるところをみると、
我々一般人は
思うがままふるまい、泣き、笑い
どこか弱い部分さえ、人間的と置き換えているけれど、
そんな弱さをなかなか見せることが出来ない。


人生というものは
やはり常人では計り知れない部分が
たくさんあるのだと。

思ったより地味な寝室や広間、
フランスのキンキラ鏡張りのイメージとは違い、
実用的なことに重きをおいた住居や、
女王が領地ではおる男物のような
ジャンバーなど、
イメージとは違う生身の女王がそこにいる。

中心となるストーリーは
ダイアナの死から国葬までの
女王の心の動きだ。

見事に演じきって
アカデミー受賞も納得、
演じるとはこういうことだと
画面の隅々までを女王が支配していた。

目新しい何かが提供される訳でも、
驚くような陰謀が明らかにされる訳でもないが、
映画の醍醐味が詰まった良質な映画だった。

なにより感情的にならず、抑制の利いた
まさに伝統のイギリス王室を描いた映画だった。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

製作がフランスと知ってビックリ!

★映画ランキングはこちら

パク・ヘイル主演作首位獲得!★韓国最新映画ランキング 4/15付

2007年04月22日(日) 18時20分
★韓国最新映画ランキング 4/15付

新作が首位の週末、
公開2週目の「優雅な世界」も
ガンバってます。
全世界で良い成績の「ゴーストライダー」でも
韓国では苦戦のようだ。

@「極楽島殺人事件 」(4/12公開)
パク・ヘイル、パク・ソルミ、ソン・ジル、
パク・ウォンサン 主演

外の世界と隔絶されたような極楽島、
そこにはいかにも純朴そうな17人が住んでいた。

そして殺人事件が発生する。


A「優雅な世界」(4/5公開)
ソン・ガンホ、オ・ダルス、パク・ジヨン主演

平凡な家長になりたい特別なお父さんの
夢見る優雅な世界。


B「ゴーストライダー」(4/12公開)
日本より公開が遅いハリウッド大作、
世界で首位を獲得しているが
さすが、韓国では首位獲得ならず。


C「里長と郡守」(3/29公開)
チャ・スンウォン、ユ・ヘジン、
ピョン・ヒボン主演。

大ヒットまではいかないが、ゆっくりと後退中。


D「300」(3/15公開)
日本では公開は少し先のハリウッド大作は
韓国でも大ヒットとなった。


「千年鶴」(4/12公開)チョ・ジェヒョン、オ・ジョンヘ主演は
7位発進と冴えない公開となってしまった。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

韓国の映画界も前半は大作もなく
話題に乏しい。夏に期待か。

★映画ランキングはこちら

「世界はときどき美しい」日々は一瞬の連続、美しかったりそうでなかったり

2007年04月21日(土) 16時34分
「世界はときどき美しい」★★★
松田龍平、市川実日子、松田美由紀、柄本明主演
御法川修監督、2004年

5つの短編
それぞれの物語につながりはないが
どこかに自分が今も、もしくは
かつて感じた「何か」を見つけるかもしれない。

肉体の衰えを感じ始めたヌードモデルなんて
主人公がでてくると、自分とは関係の無い
世界の話のように感じるが、
人が日々生きていることは
同じ様に死に向かって生き続ける事。

そう思うと俄然映像がこちらに
近づいてくる。

また飲むことだけの為に生きている男が
その飲むという行為を通して
生きていることを目にすると
たぶん、誰もがこんなズタズタな生き方をしていないにしても、
やはり徳にもなんにもならないことを
人は飽きもせずに繰り返しているのかもしれないと
考えてしまう。

限定的な公開で
多くの人が押しかける映画ではないけれど
こういうの悪くない、
劇場でなくても、レンタルになったら
キツイ一週間を終えて
一息つくような週末に、ゴロリと横になって
ザラツイタ画面を見ながら
自分の事を考える時間も悪くない

そんな風に思える作品。

この5つのエピソードをひとつの作品に
盛り込んでも面白いかもしれない。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

普段は目にも留めない道端の小さな花、
そんなものが愛しく感じたら、
こんな小さな作品も同じ様に愛しい

★映画ランキングはこちら

「ステップ・アップ」動かない体でも心は躍る

2007年04月19日(木) 0時22分
「ステップ・アップ」★★★☆
チャニング・テイタム 、ジェナ・ディーワン主演
アン・フレッチャー監督、2006年アメリカ

美術学校でバレエで
世に認められたいと練習に励むヒロイン、
そして将来なんて言葉に
何も感じられない荒れた生活をする主人公。

あるきっかけで二人は出会い、
クラシック・バレエとストリート・ダンスを
効果的にミックスして
二人はひとつのダンスを作り出す。

甘めの青春映画だ、
けれど前編にあふれ出すような
踊りに対する情熱を見つけると
見ているこっちも熱くなって来る。

そんな力をもった映画だ。

夢を諦めない、
よく目にしたり、
耳にするサインのような言葉は、
今を生きている人に共通する
気持ちだと思う。

だけど、今の生活を全部ご破算にして
新しい「何か」に進むことは果たして可能だろうか。
何も保証の無い「夢のようなもの」に
突き進む事が本当に出来るだろうか。

この映画では才能にあふれた人達が
溌剌と生きているシーンに多く出くわす。

そんなとき、ただ心を熱くさせてばかりはいられない
現実もいやおうなく分かってしまうのだ。

だからこそ、この映画で主人公達が見せる
高い高いジャンプや激しい運動の最中でも
こぼれる笑顔に力づけられるのだ。

出演者の殆どが知らない役者ばかりだけれど、
映画を見たらすこし目線を上にして
劇場を後に出来るだろう。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ストリートダンスをするイメージとは違う主人公、
まずは白人ということ、そしてどちらかというと骨太な体格
でも体重を感じさせない軽快な踊りは清清しい。

★映画ランキングはこちら

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」みんな知ってる物語を劇場で見よう

2007年04月17日(火) 21時32分
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」★★★★泣ける!
オダギリジョー、樹木希林主演
松岡錠司監督、2007年



原作がヒットしドラマ化と露出過多気味だけれど
やはり見てきました。

入院中のオカンと見舞う主人公、
現在から子供時代を回想する仕掛け、
原作と少し違うところもあるが、
うまくまとめている。

何と言ってもオカン、
精力的であり可愛くもあり
だれにもひとりだけいるオカン

もちろん似ては居ない
けれどなんとなく誰もが
そこに自分のオカンを見つけるだろう。

長生きしてね。

後悔と言う文字、
後で悔いても遅いけれど
人間はバカな生き物だから
分かっていながら、気が付くのが遅いのだ。

映画館を出たら
近いうち田舎へ帰ろうかなという気になる、
懐かしい人、
無償の愛を注いでくれた人が住む町へ。

これは豊かではない時代の
人間の営みと
その次の世代の豊かさを享受し、
ただ消費つくす現代を照らしている。

何も無いけれど豊かだった

そんなフレーズを時々目にする、
でもそれは違う、
何もないということは豊かではない
心だって豊かさを常に求めている。

でも決して空虚ではなかった時代、
そして今。

たまにはこんな映画もいいね、
たぶん殆どの人が泣く用意をして劇場へ向かうだろう、
そう思うとこの存在はちょっと変わった位置にある。
でも期待した分はちゃんと持ち帰ることができるよ。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

母親の重大な報告を病院で聞く日の
オダジョーは全身ピンク、こんなの似合うのは彼しかいないな。

★映画ランキングはこちら

「松ケ根乱射事件」何だ!この映画は、乱射はいつ起こるんだ!

2007年04月14日(土) 0時14分
「松ケ根乱射事件」★★★☆
新井浩文、山中崇、木村祐一、川越美和主演
山下敦弘監督、2006年

コンビニや信号なんてなさそうな
雪の田舎町

そこらじゅうで顔を合わせる人の全てを
知っているような小さな町。

ここで「乱射事件」が発生する、
タイトルからのイメージで
いつ、誰がどんなふうに銃をぶっ放すのか
そう思いながら。

展開するのは
ひき逃げ事件、それだって小さな町では大事件だ、
そのほかには警官である主人公の双子の兄が
ヤクザっぽいカップルに脅されたり、
家出中だった父親が戻ってきたと思ったら
子供が出来たと分かったり。

一体いつ乱射事件が起こるんだろう、
ゆるーく、ゆるーく過ぎていく毎日
何だかはぐされっぱなしで、
それが妙に心地良い、
こうなったら最後は派手にやってもらわないと
そんなふうに思っていると

クライマックスはやってくる。

気持ちいいね、
なんだこのカタルシスの開放。

でもこの町にぴったりだ。
こんな何にも無い町の日常をさんざん見せられて
もう乱射もどうでもいいやって時に
それはやってくる。

こういうのを見ると、製作者はこれが映画になるって
どうして思ったのかとまず考える、
そして映画となってその完成品を見てみると
これがちゃんと映画になってるんだよな。

多くの人が押しかけるような映画じゃないし、
この映画を見逃したら、重大な損失ってわけじゃないけど
この心地良い映画体験は
映画好きで良かったと思える瞬間だ。

見終えて、こうして感想というか
自分がどう感じたかと書きながらも
何が自分の気持ちをひきつけたのか明確には
分からないが、それこそが映画体験なんだろうな。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


自分が感じたある種の幸福な気分は
映画館でなければ無理かも、ソウ思えるからこそ
余計と映画館で見ることが重要と思える。

レンタルしてきて寝転んでたら、あまりの
緊張感の無い映画に寝てしまうこと必至。

★映画ランキングはこちら
2007年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf