「パリ、ジュテーム」パリを舞台の14のスケッチ

2007年03月31日(土) 17時25分
「パリ、ジュテーム」★★★☆ワリと良かった
ナタリー・ポートマン、
18人の監督、ガス・ヴァンサント他


パリの20区を舞台に18のストーリーが生まれた。

短編がパリの街というひとつの設定から
どんどん語られていく。

統一感は無いが、
見ているうちに感じる、
これはどこの街でも同時に起こっている
自分たちの物語でもあると。

友人がいる、
親子がいる、
恋人がいる、
夫婦がいる。

まだ関係さえ始まっていない人達や
長い夫婦の歴史を閉じようとしている人達
出会いや別れや何気ない日常まで
どこかにあるそして何処にでもある
些細な日常がそこにある。

しゃれたセリフもあれば
特にどうということのないスケッチもある

パリの街の特別じゃない観光案内であり
色んな人間の群像劇であり
終わってみれば、誰かの一言や
さりげない風景が心に引っかかったりする。

大絶賛の傑作というわけじゃないけど
贅沢でそして楽しい気分になれる映画。

18人の監督が特に力むわけでもなく
さりげない演出が多く、それが還って
パリの街の印象とあいまって良い雰囲気を
映画全体に与えている。

ということで★3つ半、まあまあの出来。
レンタルを待っても問題ないけど、
暗闇の中でこの映画と対面すると
自分だけのパリの風景を見つけられそう。


★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


クリストファー・ドイルだけは余分だった、
唯一他との統一感を乱して、気負いがすごく
感じられて残念。

★映画ランキングはこちら

「蟲師」不可思議な事柄にも理由はあるのです

2007年03月30日(金) 22時30分
「蟲師」★★★
オダギリジョー、蒼井優主演
大友克洋監督

かつての日本には「蟲」が不可思議な
現象を引き起こしていた、
その蟲と共生し、時には行動を封じるのが
オダギリジョー演じる蟲師だ。

ストーリーを追うより
不思議な時代の不思議な現象を
映画館の暗闇で大きな画面を見つめるのが
正しい見方かもしれない。

蟲の表現は幻想的で
美しくもあり、時には気持ちの悪いものもあるが、
ファンタジーとして安っぽくなく、充分成立している。

オダギリジョーはどんな扮装をしようと
相変わらずオダギリジョーそのものだけれど、
蒼井優のはかなげな存在感はなかなか良かった。

通常では割り切れないことは
「何か」が引き起こしているのかもしれない、
その実態はあるのか、無いのかも分からないが
「蟲」が引き起こすと言われれば
そうかもなと感じた。

現在、都会は夜でも明るい
「蟲」の居る場所も限られてしまっているだろう、
田舎の暗い道では、不思議な物音が聞こえたり
何かがサーッと通ったりする、
民話の世界である。

日本は土地の広さは変わらないのに
随分と拡大し、都市と田舎では
たたずまいが全然違う、
山を歩き、鳥の声を聞くような生活をしていると
この映画の不可思議な部分も納得できるところもある。

割り切れない「何か」は
あるような、無いような不確かさで
それでも存在している。

桜の散るのを見て
胸がざわめく
「蟲」が騒いでいるのかもしれない。


★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


強烈な伝えたい「何か」は感じられなかった、
ファンタジーにこだわるあまり、ストーリーが稚拙になったが、
それでも緑の多い懐かしい風景は楽しめた。

★映画ランキングはこちら

「デジャヴ」ありえるかもな、でもどうかな腑に落ちない

2007年03月29日(木) 23時02分
「デジャヴ」★★★★オススメ
デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン主演
トニー・スコット 監督

初めてなのに、
ここって以前に来たことがあるような気がしたり、
初めて会う人を、なんだか懐かしく感じたり
誰にでも時に感じる既視感は錯覚なのか、
もしかしたら実際にこの地を訪れ、
目の前の人とも会ったことがあったとしたら。

色々な断片がぴったりと符号する、
デンゼル・ワシントンがちょっと都合いい成り行きを
強引になんとか信じさせてくれる。

やはりこういうところに、ちゃんと演技派を
持ってくるところはさすが。

ムリあるだろなんて、少し余裕もって見始めてるのに、
そのうちにしっかり見ようと
前のめりになってる自分に気がつく。

映画はテーマももちろん大事だけれど
始まってしまったら大切なのは「どう見せるか」
分かってるなこの人、と思いながら
楽しめる作品でした。オススメです。

こういう映画は内容とか特に前知識ナシで行くのが正解。

隣の席の「夫婦割り」で1000円で入って来てるダンナが
「爆弾積んでる」とか「ここでつながったんだ」とか
とんでもない解説をしていて、あと少しで
止めさせるところでした。ああいうのホント止めて欲しいね。


★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン


トニー・スコット 監督といえば93年のあの名作「トゥルー・ロマンス」の
監督で、この映画はデンポよし、セリフよし、
キャストバッチリのうまく全部揃っためったにない作品。
名監督の称号を与えよう。

★映画ランキングはこちら

韓国最新映画ランキング 3/25付

2007年03月28日(水) 18時25分
久し振りの韓国映画成績ですが、
異変が起こっているようだ。


@「300」
全米でも2週連続首位独走の歴史戦争もの。


A「パフューム −ある人殺しの物語−」
3/22公開ではトップの成績、このグロイ映画
韓国ではどんな反応なんだろうか。


B「The Number 23」
ジム・キャリー主演の映画


C「壽(ス)」3/22公開
チ・ジニ、カン・ソンヨン、ムン・ソングン、イ・ギヨン主演

19年ぶりに探し出した双子の弟が目の前で死んだ…。
チ・ジニが麻薬組織を相手に派手なアクションに取り組んだ
作品ですが、出足がいまひとつ。
ガンバレ。

監督は崔洋一 という面白い日韓合作?

D「The Break Up」
ヴインス・ヴオーン、ジェニフアー・アニストン主演
シカゴ舞台の恋愛喜劇

なんと珍しく、上位5作品中韓国映画が一本だけという週末。
今年はまだメガヒットもなく、これから5月にかけて
面白い映画が出てくるのか、期待しましょう。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

チ・ジニは日本でも「チャングム」で知名度は上がった?
優しい顔がどのくらい変わっているかに注目。

★映画ランキングはこちら

「ナイト・ミュージーアム」ティラノサウルスが走り回る!

2007年03月27日(火) 22時36分
「ナイト・ミュージーアム」★★★
ベン・スティラー、 カーラ・グギーノ 、ロビン・ウィリアムズ 主演
ショーン・レヴィ 監督



失業中の主人公がやっとありついた仕事は
自然史博物館の夜警

仕事を始めると深夜にはそこでは
とんでもないことが繰り広げられていた。

ティラノサウルスが走り回り博物館に展示されている
はく製や歴史上の人物が
そこで発生した事件をみんなの力を合わせて
解決していくのだが、
これはもうお子様向け映画。

大人がハリウッド大作として見に行くと
ちょっと肩透かしを食わせられる、
大人には物足りないが、時間つぶしには
このくらいのノリでもいいのかな。
映画好きにはやはりもう少しなにか味付けがないと
「これで終わり?」って感じるハズ。

でもこの企画が持ち上がったところから
この恐竜や蝋人形を動かし映像化するという
その実現にはやはりハリウッドの資金も必要だろう、
子供だましと言ってしまえば簡単だけれど
こんなに大真面目に取り組んでいるからね
そう思うと懐は深いのだ。

2時間弱何も考えずに笑いたいなら
1000円くらいなら払っても損はしない。
レンタルまで待ってもいいけれど
大画面で見る映画でもあるので難しいところだ。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ベン・スティラーは出てくるだけで笑えるし、
何かやってくれると期待してしまう。日本ではコメディは
いまひとつだけれど、この人の認知度は高い。

★映画ランキングはこちら

「サイボーグでもいい」ピ(レイン)主演映画をバンコクで見る

2007年03月24日(土) 0時12分
「サイボーグでもいい」★★見る必要なし
ピ(レイン)主演
パク・チャヌク監督

バンコクで映画を見る、
もうあまり迷わずにチケットを買ったり
防寒対策もバッチリ。

とにかくタイの映画館は寒いからね。

「オールドボーイ」「親切なクムジャさん」を作った監督が
人気歌手ピ(レイン)主演で映画を作ったということで
韓国の公開当時話題だった。

チャートは初登場首位獲得となったが
翌週には5位と成績は振るわなかった。

さてソウルへ行った時は韓国映画を
分からないハングルで見ているのですが
今回はタイ語の吹き替えを見ました。

まあどっちにしても会話は分からないので同じですが、
この映画はピ主演映画ですらなかったし、
精神病棟を中心に繰り広げられる
ドタバタは20分くらいで、もう満腹
復讐こそ畳み掛けるように、まだやるか!というくらいでも
大丈夫だったが、この映画に関しては
くどいのはダメでした。

彼のファンならみるのかな、
見なくても全然損失にならない映画でした。
これならカン・ドンウォンの「デュリスト」の方が
まだマシに思えるほどダメでしたね。

なかなかいい映画に当たるのは
難しいことです。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

暑い暑いバンコクですが
この映画にお金を払って映画館へ行くなら
汗かいて外を歩き回っていたほうがいい。

★映画ランキングはこちら

マレー鉄道完走!シンガポール→バンコクへ

2007年03月22日(木) 17時39分
サムイ島4泊を終えて
再度スラー・ターニー駅に戻り
マレー鉄道の最終地点バンコクまで

夜の7時40分予定の出発は30分程度遅れ、
なんだか1時間2時間の遅れを
体験してくると30分だと
「もう来たのか」と感じる。

ハート.ヤイ始発の列車は
寝台車はほぼ埋まっていて
荷物を降ろして一息。

マレーシア始発の寝台車とは作りが違っていて
格寝台の通路部分に荷物を置く場所があり、
その分、寝台が狭くなったようだ。

トイレ部分には3つの洗面台も。
乗り込んですぐに麺料理を売るおばさん登場、
いい匂いに誘われるが、さっき食べたばかりなので
ガマンした。

1時間半くらいは横になって
海外ミステリーを読んできたが眠くなったので
カーテンを閉めて眠る。

圧倒的に寒く、厚手のタオルケットがついていたが
これだけだと防寒は十分じゃない。
またしても長袖の上着を着込んで眠った。

近くの寝台には高校生くらいの集団がいて
中にはノートパソコンでゲームや動画を見ている子も、
椅子席の方が安いが寝台に乗り
パソコンを使う、リッチな親を持つ子供たちなのだろう。

でもバンコクに着く少し前に
彼らの一人が先に下りると
ホーム脇にはたぶん母親が待っていて
お母さんに荷物を渡して一緒に
ゲートの向こうに去って行くのを見ると
何処も同じ光景でなんだかほっとする。

バンコクにあと1時間という頃から
景色は変わっていく。

それまではバナナやヤシの木が目に付いて
あとはブッシュだったが
その風景はバラックの家が立ち並ぶ
スラムのような景色へと変わり、
流れの無いような水辺の貧しい家が
都会とその周辺のスラムを見せる。

ストリートチルドレンこそそれほど居ないのだろうが
田舎のほうでは相変わらず小さい子供も仕事をし、
裸足の子供も見かける。

他方、パソコンを子供に買う富裕層と
日本の経済格差なんて甘いものだと思えるような
現実がわずかな時間の旅でも感じられるのは
なんともやるせない気分になる。

出発と同様、律儀に30分遅れで
バンコク中央駅ホアランポーン駅に到着
朝の9時少し前

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

朝6時半ごろになると、係りの人が来て
ベッドを椅子席に変えてくれる、手際はかなりいいです。
大変よく出来ました。

★映画ランキングはこちら

サービスについて南の島で考える

2007年03月20日(火) 21時20分
バックパッカーだった頃は
一日いかに安く抑えるか、安くて
まあまあ快適な宿屋を探すこととかが
その旅の目的でさえあった。

今回泊まっているリゾートホテルは
割と高級な部類なので
バックパッカーの姿は無し、
欧米の家族やカップル(老いた)が多い。

彼らはテーブルのサーブの仕方や
プールサイドのチェアの用意の仕方ひとつにもうるさい。

チェアーには係りがタオルを敷いてくれるまでは
使おうとしないし、
ちょっと動かせ、パラソルを広げよ
いちいちうるさいんだよと
隣の見ているこっちが一言言いたくなるほど
徹底してる。

これは小学生くらいの子供も同じ、
日本人にはなかなか出来ないことだ、
なんかもう自分で出来ることは自分でやっちゃうからね。

でも考えてみればサービスにはチップが付きもの、
彼らスタッフはそれで生きている、
だから厳しい目にもちゃんと応えてる。

こういうのホント、スマートになりたいものです。

椰子の木の向こうの大きく広がる海に太陽が
ゆっくり沈む頃、きれいなクロスのかかっテーブルで
暑いコーヒーを飲みながら
日本人は黄昏るのです。

マレー半島北上中Bちょっと寄り道

2007年03月18日(日) 19時06分
コ・サムイ島に到着

ハートヤイから列車でスラータニーに到着したのは
予定より2時間遅れの10時半ごろ、
もう公共のバスはなく、雲助タクシー運ちゃんが
近寄ってくる。

心細いぞと感じつつ、態度は大きめにしないと
足元を見られるからね。

ホテルに着いて、近くの食堂へ、
食堂とは言っても屋根だけある寂しい感じのところで
それでもこちらのラーメンをたのんで
美味しさに感激。
美味しいものを食べてれば、すべて何とかはなる。

そして翌、本日バスと高速船を乗り継いで
コ・サムイ島に到着
リゾートホテルで欧米人に混じってプールで
海外ミステリーを読んでいた。

腹ごしらえに町に出てきて
この日記を書いている。

もっとひなびた感じかと思ったら
プーケット並みに栄えていて驚く。
海はこちらのほうが断然きれいだ。

トランスポートが売り手市場でタクシーも
バイクも吹っかけてくるのが悔しい。
暑さに負けて交渉も負け気味です。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ビーチに出ると様々な物売りがやってくる、
本日人気だったのは焼きとうもろこしで、
ビーチで炭でやいてるんだよね。

★映画ランキングはこちら

マレー半島北上中A

2007年03月17日(土) 17時05分
ハートヤイはツバメの巣とフカヒレが
安く食べられると有名らしく
燕巣とかの目を引くネオンサインに
惹きつけられるみたいに
ケースを覗き込むと、店の人が寄ってくる。

「ナンバーワン」と耳元で
なんで小声なのか分からないが
ちょっと高いものを食べる
罪悪感みたいなものを刺激する。

メニューを見ると
3段階に分かれていて
@500バーツ
A300バーツ
B100バーツ

もうね、思い切ってファーストグレードのを
いただきました。
そのへんの中級クラスのホテルにも泊まれるお値段なのに、
カップも安っぽい入れ物、
味は
微妙でしたね、蜂蜜の味で何か
微妙な味をごまかしていたような。

まあせっかくの産地ということで。

このすぐ前に飲茶の店で
6つオーダーして全部美味しかったんだけど、
こちらは全部で70バーツで
実はこっちのほうが美味しかった。
そんなものか。

さて、夕方またマレー鉄道北上の続き、
もうタイに入ったのでマレー鉄道とは言わないのかな。
別の町に移動します。

列車は割りと快適だけど、
寒いのが難点か。
掃除も頻繁にしてくれて綺麗なのは嬉しい。

長い移動はその間にいろいろ考えるので
良いのか悪いのか。
こんな南の国まで来て
日本でのあれこれを考えてしまうのです。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

次に目指すはスラーターニーという海に近い町。
着くのが夜の9時ころで、まだ宿も決めていないという
気ままな旅

★映画ランキングはこちら
2007年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf