「大奥」絢爛豪華30kgの着物だけど、ストーリーは軽め

2006年12月29日(金) 12時18分
「大奥」★★★
仲間由紀恵、井川遥 、高島礼子 、浅野ゆう子 、高島礼子 出演
林徹 監督、2006年



大奥の大広間を50人くらいの
きらびやかに着飾った女達が歩くとき
着物のすそと畳が擦れて
「キュッ、キュッ」と音がして
昔の今は無い大奥をそんなところで実感。


正月映画らしい映画。

陰謀渦巻く大奥という割りに、ストーリーに
見所は無いけど、豪華な着物と江戸時代の
堅苦しい様式の中の美しさみたいなものは
正月ボケの頭には程よい刺激になりそう。

ただ見所はどこかと思い返すが
全体として華やかだったという以外
印象は薄い。

映画「SAYURI」のように、
幼くして選ばれ
幽閉された悲しみとかそういったものがあれば
もっと主人公の心に近づけたと思うが、
全てがキレイ、キレイの絵空事に終始し
軽い出来あがりは物足りない。

大きな劇場にたくさんの客を集めている。
正月っぽい映画を見て、仕事が始まったら
まだ見てない人は、この映画を
映画とは言わせない映画
「硫黄島からの手紙」も是非見て欲しいものだ。

大奥を知っていても、太平洋戦争を知らないなんて
悲しいじゃないか。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

正月映画のお祭り気分で見るとしたら
合格じゃないかな、あまり正月から重いよりはね。
でも「007」そして「硫黄島」と見ごたえのある映画も。

★映画ランキングはこちら

「エコール」少女たちが無垢だという幻想

2006年12月28日(木) 13時45分
「エコール」★★☆


久々につまらない映画を見ましたね。

6歳くらいから12歳位までの少女達が、
森の中、高い壁に取り囲まれた館で暮らしている。

寄宿舎のようだけど、自分の意志では
外に出られないようだ。

まだ子供の体に白いぴったりとしたタイツの
ようなものを着けて、
先生にバレエのレッスンを受ける少女たち。

色々な規則があり
そのなかで少女たちはあまり元気に飛び回るような
事は無く、静かに暮らしている。

こういうのって、耽美的とか幻想的とか
いうのだろうが、
ドキュメンタリータッチの粗い映像と、
ほとんど音楽もなく、シーンとしたなかで、
演技とも言えない動作で少女たちの行動を
目で追っていると、
いつしか夢の世界へ。

ロリコン的な夢の世界じゃなく
眠りのほうの夢の世界へ。

このあと少女たちはどうなるのだろう?
そのことくらいが気になると言えば気になるくらい。

三分の一くらい眠っていたので、
この映画は・・・なんて語る資格もないが、
こんなの見た後は、もう一回
「007」でも見てスカッとしたくなる。

銀座あたりの単館系芸術的な映画が好きな人なら、
真実を隠して無理にでも
「見所がある」なんて言いそうな映画。

好きな人はソフトも手にいれるだろうな、
生憎、興味はもう少し分かりやすいものなので、
この映画はススメられない。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

ただし、もちろんこのアート系の映画が好きな人には
直球ストレートの映画のはず。
自分の好きな映画を見つけたいなら、
時間とお金を使って自分の目で見てみるしかない。

★映画ランキングはこちら

「とかげの可愛い嘘」夫婦で演じてます!

2006年12月26日(火) 20時35分
「とかげの可愛い嘘」★★★☆
チョ・スンウ、カン・ヘジョン主演
カン・ジウン監督、2006年、韓国

映画「マラソン」で演技派と言われるようになった
主演のチョ・スンウ、
もちろん「ラブストーリー」での
純粋な役も彼の人柄が伝わるようで良かった。

今回は初恋の相手にずっと振り回され、
彼女を待ち続ける主人公。
やはりいい人の役だ。

人と触れ合うことを自ら遠ざけ、
ふいに何年も居なくなる彼女は秘密が多い。

でもそんな彼女の気持ちに寄り添うように
主人公はただただ待ち続ける。

こんなことが出来るだろうか、
だめなら次の人、慌ただしい世の中、
こんなふうに強い自分の気持ちを持つ人こそが、
案外少ないのかもしれない。

夢を真面目に語る人は少ない、
そこまで知り合いになっていないということもあるが、
手の届かない夢を見ない現実的な人が
圧倒的だ。

夢をみない、もしくは夢をみれない人には、
他人の夢も理解は出来ない。

後半はファンタジー色が強く、
ちょっと恥ずかしいシーンも、
でも映画ならこのくらいやってもいいかな。
現実的で絶望に満ちた映画より、
見ている二時間くらい夢を見ても。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

このファンタジーに乗れるかどうか、これは
韓国映画の踏み絵かもしれない。
バカらしいと思ったらだめ。

★映画ランキングはこちら

「リトル・ミス・サンシャイン」確かにみんなが輝く時間がここにある

2006年12月25日(月) 21時30分
「リトル・ミス・サンシャイン」★★★☆
グレッグ・キニア 、 トニ・コレット 、 スティーヴ・カレル主演
ジョナサン・デイトン 、 ヴァレリー・ファリス監督、2006年アメリカ

タイトルは美少女コンテストの名前、
主人公一家のメガネの女の子が
このコンテスト優勝を夢見て
家族で黄色のバスに乗り、1000キロ以上離れた
カリフォルニアへの横断の旅。

それほど有名でない主役たち、
全員の揃った写真も冴えない、
大丈夫かなと思いつつ劇場へ。

「成功へのアイデア」を売りこむ父親、
麻薬を今でも隠れて吸うおじいちゃん、
飛行士になる願かけに9カ月も無言の業をする息子、
ここに失恋し自殺未遂したゲイの叔父、
しっかりしてるけど依存が強い母親。

誰も普通じゃない、
過激な性格付けだが、
多かれ少なかれ、皆どこかに自分に似た、
見たくない部分を持っているのかもしれない。

たどり着いたミスコン会場では、
子供なのに気持ち悪いくらい媚をうる少女たち、
顔のしわをそこらじゅううに引っ張った主催者。

やはり普通じゃない、
陳腐だ、
そう思う、でもまた感じるのだ、
自分たちが日常かなり真面目に取り組んでいることも、
実はかなり陳腐なものかもと。

デフォルメされた考えや欲望に
呆れつつ、笑ってしまう。
何だこれ、結構面白いじゃん!

年末に眉間に皺を寄せるような難しいのでなく、
泣けるのでも無い、
こんな風に笑って映画を締めくくるのも悪くない。

小粒で地味な作品だけど、
劇場に行けば、その労力と投資分くらいは
報われる映画だ。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

バスを家族みんなで押してから、エンジンがかかったら
飛び乗るシーンは最高だった。バカじゃないのと思いつつ
なんだかなんだかスゴク良いシーンだった。

「犬神家の一族」よりオススメ。

★映画ランキングはこちら

「暗いところで待ち合わせ」こんなホンワカした恐怖は新鮮だ

2006年12月22日(金) 0時20分
「暗いところで待ち合わせ」★★★
田中麗奈、チェン・ボーリン主演
天願大介監督、2006年


原作はハチャメチャな暗さがありそうで、
何度か作品を手にとっては
読めていない作家のもの。

そういう先入観をもって、見たので、
ワリと普通の物語りに拍子抜けした。

事故で視力を失った女性の
一人暮らしの家に、殺人事件の容疑者が
ひそかに同居する。

誰か居るなと察したとき、
全然動揺しないのは、いくらなんでもおかしすぎる。
女の子が一人で目が見えないという状況で、
誰か居ると思ったら、無我夢中で外に出る、
誰かに助けを求めるかくらい、しそうなものなのに。

「誰か居るの?」って間延びした声で
聞いてる余裕。

でもそんな突っ込みどころを、
お約束として飲み込んで見ると、
「なっちゃん、がんばっていきまっしょい、の頃と
比べると女優さんになったんだなー」とか、
感慨深い。

演技派っぽくないところも良い。
これからが難しいだろうななどと
関係ないのに行く末をちょっと心配したり。

目が見えなくなったら、これは想像でしかないけど、
不便だなんて言ってられない、
普通に生活するだけでも、相当な労力が必要だ、
強い精神も、
健康でいるということに感謝。

たぶん小説はもっとドロドロしてるのだろうな。

こちらはレンタルを待っても損失無し。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

日本語がたどたどしい、ボーリン君だけど、
こんなふうに垣根を飛び越えて色んな国の事情も取り込んだ
ドラマが見たい。
そこにはその国をもっとよく知るヒントがありそうだ。

★映画ランキングはこちら

「犬神家の一族」驚きが感じられないマジメなリメイク

2006年12月19日(火) 0時10分
「犬神家の一族」★★★☆
石坂浩二 、 松嶋菜々子 、 尾上菊之助 、 富司純子出演
市川崑 監督、2006年



真面目にリメイクしたら
こんなふうになりました。

今、何故この映画なのか、そんなことを
思いながら映画をみた。

石坂浩二の金田一さんは、飄々とした中にも
キレる光を見せて
難事件解決も違和感はない。

松島菜々子はほとんど表情を変えず
美しい顔キープで多大な災難を乗り切る。

富司純子の怪演はこの映画の見所。

全体的に丁寧な作りと、しっかりとした演技で
破綻無く、おどろおどろしい事件も
リアルに見せてくれる。

でも、やはり、何故今、この映画なのか、
その答えは見つからない。

見て損したと思うような安い映画ではないが、
だから何なんだと突っ込みたくなる。

「武士の一分」は侍を描いているがテーマは
今日的で、今に置き換えてもそのままだ、
そう思うと、正月の顔見せ興行的なこの映画の
存在価値って何だろうかと
考えてしまった。

横溝作品はたくさんあるのだから、
他の新作では何故ダメだったのだろう。

風格のある作品になっているが、
映画を見終わってもそんなことばかり考えた
作品だった。
つまらないとか言わないが、
リメイクならせめて新しい驚きが欲しかった。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

豪華な出演陣が話題、結構笑えるシーンもあり、
完成度は高いが、湖に浮かぶ足とかは映像として
もう驚きはない。映画館は混んでました。

★映画ランキングはこちら

「私の頭の中の消しゴム」ソン・イェジンの存在で成立する映画

2006年12月17日(日) 15時07分
☆昨日TVで放映されたので、昨年10/28の記事を再掲載する。☆

「私の頭の中の消しゴム」★★★★
ソン・イェジン、チョン・ウソン 主演

すべての音を消して
彼女のこわれそうな
笑顔を見ていたい。

光に溢れ
何も恐れず、疑いもせず
輝く笑顔を繰り返し、繰り返し。

傷ついた心を抱えながらも
お互い無垢のような心で
相手を受け入れる二人。

魂の出会いがあるとしたら、
この映画で
その稀有な場面を見てしまったのかも。

劇的なことが次々起こるような映画じゃなく、
ラスト30分までは、何気ない日常を描く、
仕事やお互いの過去や
幸せな気持ちや誰もが感じることが積み重ねられていく。

でもそれはやはりとても大切なこと。
誰かと向き合うこと、
そして自分の立つ現在の環境
すべては計画なんてなく、訪れるもの。

役者の持つ資質を熟知して
うまく作り上げた物語を
一本の映画として普通に楽しみたい、
韓流ブームとかでなく
ここにはスターの輝きを持つ二人の役者がいる。

大切なことは忘れない?
仕事上ワリと多くの人と出会うが
見事に名前を忘れてしまう。
それは自分にとってそのくらいの関係だったのか?

答えはこの映画の中にもある。
大切なことは忘れない。
それはきっと形を変え、
自分の心を豊かにしてくれているのだから。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

どうした!?イ・ビョンホン「夏物語」不調

2006年12月16日(土) 20時25分
充分な宣伝と
準備期間で公開された
イ・ビョンホン「夏物語」は
11/30韓国で公開され、
最初の週は4位発進。

同じ週の公開作
「ひまわり」に遅れを取った。
キム・レウォンが
強烈な狂った犬を好演、
イ・ビョンホンの純愛より、
暴力的な作品に軍配が上がった。


また翌週の興行はイ・ビョンホン「夏物語」は8位に後退、
首位獲得は「サイボーグでもいい」チョン・ジフン、イム・スジョン 主演の
ファンタジー。

「甘い人生」も作品の評価は高かったが、興行はいまひとつ。
ただ、日本を始めとするアジア各国で公開され
全体的にはまあまあなのか。

年末に向けてこの12月は大作が次々公開されて
韓国の正月も映画街は賑わうにだろう。

先日は2年の兵役を涙で終えたソン・スンホンが
最初に何を選ぶのかも注目されている。
彼は先日フジテレビのイベントに招待され来日
人気の高さを見せた。

本日、9時からの「私の頭の中の消しゴム」の
視聴率も気になるところ。

話題作の殆どが満足な結果を残せていない日本での興行は
スターに頼ったものなのがいけないんじゃないか。
作品の良さに力をおいた話題づくりが必要だろう。

今年も沢山の韓国映画を見た、
ソウルへも映画を見に三度出かけた。
来年も心躍る映画を期待したい。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

オールナイト映画館もあり、映画が娯楽のひとつとして
日本よりも熱いと感じる韓国、来年もまた体感しに行こう!

★映画ランキングはこちら

「武士の一分」出来は良いが、胸に強烈に迫るものなし

2006年12月15日(金) 20時10分
「武士の一分」★★★☆
木村拓哉、檀れい主演


世は平安の時代、
主人公は武芸を磨いても、お役目は「お毒見」
現在の状況と自分の目指したものの
ギャップにキムタクが違和感を覚えるのは、
そのまんま現代に通じている。

しかし違うところは
「武士の一分」
武士にはやらなければならない事があるのだ、
それがたとえ自分より身分の上の者であっても。

長いものには巻かれろ、
なるべく波風たてるな、
ことなかれ主義がまかり通る現代では、
自分の思いを貫くのはともすると
独りよがりな、我が儘な行為とも映るが、
自分の気持ちを何があっても貫ける強い意志には
清廉なものを感じる。

下級武士の簡素な住まい、
質素な食事、淡々と過ぎる毎日。

日々の営みがいかに大切なものか
しみじみ考えさせられる、
何かを達成した後には、すぐにまた満足できないでいる
自分を見つける、
今の生活を失うことなど微塵も考えず、
もっともっとと夢を見る。

ラストが良かった。

目まぐるしく変化する世の中にあって
家族という最小の単位で日々、健やかな営みが
続くことのなんとも幸せな風景が胸にしみる。

キムタクのようなビッグネームに
こんなしみじみした映画は、どうかなと危惧したが、
盲目になるということで、抑制の効いた展開に
もう主演が誰ということじゃなく
映画を楽しむことができた。

こんな地味な映画だったんだと改めて
静かな驚きだが、だからこそ主演は華やかな人が
欲しかったのかとも感じた。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

映画館で見てもらいたい映画、
ただしなにか物足りないのは、大袈裟な演出がないからか。
抑制された画面はそれでもすがすがしくかんじる。

★映画ランキングはこちら

「歓びを歌にのせて」天を仰いで生きる喜びに歌う

2006年12月14日(木) 23時31分
「歓びを歌にのせて」★★★☆WOWOWで鑑賞
ミカエル・ニュークヴィスト、フリーダ・ハルグレン主演
ケイ・ポラック監督、2004年、スウェーデン


生きていると実感し
その歓びを全身で表すというと、
「ショーシャンクの空」のラストシーンを
思い出す。

土砂降りの雨に打たれても
顔を上げて、手をいっぱいに伸ばして。

普段「生きていて良かった!」なんて
なかなか感じられない、
ホントは普通に暮らして行けるだけでも
十分幸せなことなのかもしれないが、
どうしてももっと欲張ってしまう。

映画の主人公は世界的に有名な指揮者。

病に体は蝕まれ、
精神的にも追い込まれた状態で
静かな田舎暮らしを選んで、
誰とも交わらずひっそりと暮らそうとするが、
田舎の住人達はそっとしといてはくれない。

彼が聖歌隊の指揮をすることで
町の住人が変化し始め、
彼自身も再び生きる歓びを見いだす。

出てくる個性的な人達、
ぱっとしない町、
どこにでもありそうな風景。

でも映画を見ていると、
それはやはり此処にしかない
かけがえのないものだと分かる。

何一つ取り替えの効かない、唯一のものがあると
教えてくれる。
ラストもシビアだけど、希望があっていい。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン

スウェーデン映画なんてなかなか見られない、
吹きすさぶ風は冷たそうだけど、暖かな映画だった。

★映画ランキングはこちら
2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf