「潮風とべ一コンサンドとへミングウェイ」年齢を重ねることの意味を考える

2006年10月31日(火) 18時37分
「潮風とべ一コンサンドとへミングウェイ」★★★wowowにて鑑賞
ロバート・デユバル、リチャード・ハリス、サンドラ・ブロック主演
1993年アメリカ

70歳を過ぎた二人の老人、
一人はレストランでサンドラ・ブロック演じる
ウエイトレスに会うのが楽しみで通っている、
食べるのはいつもベーコンサンドだ。

もう一人はへミングウェイと
レスリングをしたと言い、奇行が目立ち、
今だ女性を追い求める。

性格も正反対な二人が
心を通わせていく、
ダンスパーティーに誘うシーンは
コミカルながら、ちょっとジーンと来た。

夫婦であっても死ぬまで一緒とは限らない、
どちらかがどちらかを残して行くことになる。

だからその後にも孤独はやってくる。

そんな時どうふるまえばいいか
この映画にヒントがありそうだ。

迷惑をかけないなら、好き勝手やればいい、
狭い視野でこれまでの慣習に縛られて窮屈な思いを
することにどれだけの価値があるか。

主役がじいさん二人という
地味な映画、しかもどこかに死の匂いがただよっている、
最後のロウソクの輝きのような映画かもしれないが、
いつか終わってしまうなら、
こんなふうにやって見ろよと言っているようで、
重いテーマをサラリと描く
この軽妙さはさすが。

★参考になったらココをクリック!←ランキング上昇ボタン

ヴェトナム映画「サイゴン・ラブ・ストーリー 」東京国際映画祭アジアの風より

2006年10月30日(月) 21時10分
「サイゴン・ラブ・ストーリー 」★★★
リンゴ・レー監督

1980年代のヴェトナム。
道端の物売りが賑やかな様子から
始まるこの作品で
最初から違和感を覚えた。

今年、そして
一昨年と訪れたハノイでは、
この映画に出てくるような
アオザイ姿を
全く見かけなかったからだ。

レストランやホテルでは見かけたが、
やはり座ったり動き易い服装に変わっている。
もちろん設定上の20年くらい前は
きっと多くの人がまだ伝統的な服装を
していたのかもしれない。

変わって欲しくないなと考えるのは、
旅行者の勝手な思い入れか。

映画自体は本当に好きな人とは結ばれず、
逆玉で社長令嬢と結婚した男の
軟弱な後悔の念が周囲を振り回すもので
目新しくはない。

しかし単なる旅行者では
見ることが出来ないベトナムの若者の
日常が見ることが出来て面白い。

日本で人気のベトナムの焼き物、
バッチャン焼きの陶器なんて全く登場せず、
中華料理の安っぽい器で皆が食事をしているところを
見ると、色んなものが外から作られた情報で
成り立っている事が分かる。

ヴェトナムでは自国製作の映画はまだ少ないようだ、
この映画も洗練には程遠いが
人柄の良さが伝わる丁寧なつくりで
今後、アジア各地の独特な映画が
日本でもっと見られるだろうなとそんな予感をさせてくれた。

★参考になったらココをクリック!←ランキング上昇ボタン

「チャーミング・ガール」同じ毎日の繰り返し、息詰まる日常

2006年10月29日(日) 21時41分
「チャーミング・ガール」★★★
キム・ジス主演
イ・ユンギ監督、2005年、韓国

29歳バツイチ、
郵便局勤務の女性。
夕飯はカップラーメンと
宅配のキムチ
TVを見て、
ベランダの観葉植物の世話をし、
捨て猫を飼い始めた。

特に変化の無い毎日、
同僚との付き合いも積極的でなく、
判で押したような毎日を送っている。

平凡な毎日だ、
ついそんなふうに思うが、
これは見てる人達の日常そのままでもある。

強烈に求めるものも無く、
大きな変化は望まず、
建設的な何かを着々と準備しているわけでもない。

不幸かと言えば言えなくも無いが、
求める幸せの像が見えないのだから、
全くの不幸という訳でもない。

見終えて「面白くないな」と
そんなふうに思うが、その後でぞっとする。

面白くないのは自分自身の日常のようで、
そんなはずはない、
そんなはずはないと思いながら、
ラストに彼女にわずかな暖かい光が見えたことを
わざわざ思い出し、少しほっとするのだ。

こういう映画は人には勧めないが、
こういう映像を作る作り手の
計算された策略のようなものにはぞっとする。

★参考になったらコクリック!←ランキング上昇ボタン

「トンマッコルへようこそ」久々の韓国映画の傑作登場

2006年10月28日(土) 21時46分
昨年9月13日にソウルで見た韓国大ヒット映画がやっと日本で公開
リバイバル記事ですが、ソウルの観客と一緒に見た感想です。

「トンマッコルへようこそ」★★★★
シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン 主演

1950年朝鮮戦争真っ只中、
隊からはぐれた戦士たちは
戦争をしていることさえ知らない
不思議な村に集まって来る。

人々は作物を収穫し
ものを作り、楽しく暮らしている。

戦いを引きずる兵士たちも
皆と同じ服を着て、一緒に食べるうち
穏やかな表情になり
北も南もそしてアメリカ人も
同じように笑いあう時間が訪れる。

主役の二人は韓国では相当な人気。
最初の登場シーンで会場は
「待ってました!」というように盛り上がる。

特にチョン・ジェヨンは、以前来た時も
主演の野球映画が公開されており
年に3本くらいは出ているんじゃないか。

彼が出てくると皆笑う準備をしているような
雰囲気を感じる。
ぼそっと話す言葉にドッと笑いが起こる。
劇場内が笑いに包まれる幸福な瞬間だ。

日本では笑うことさえ控えがちだが
韓国では作り手が、観客のことを把握していて
小ネタの連発で笑いの休憩を与えず
最後に主演の一言でドカーンと来るのだ。

後半は一転してシリアスになり
「戦争」について考えさせる。
前半で役者のひとりひとりと親密になっている為
その分、泣けてくるのだ。

ハングルが分かれば、
自分もあの笑いの一員になれるのにと
ちょっと淋しくもアリ、会場の映画を楽しむ雰囲気に
幸せにもなり嬉しい時間

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

★日本で公開されました、来週あたりもう一度見に行きます。

「地下鉄(メトロ)に乗って」戻りたい‘あの頃’はありますか?

2006年10月27日(金) 21時18分
「地下鉄(メトロ)に乗って」★★★☆
堤真一、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお 主演
篠原哲雄 監督、2006年

地下鉄のホームで
自分の子供時代を知る人に
偶然出会う。
こんなにも人の多い街だから
そんな偶然もありえそうだ。

地下鉄の駅から地上へ出ると
そこは自分の子供時代の街だった、
タイムスリップしたことが
主人公の驚きとは別に、嬉しかった。

自分がそんな頃に戻り方からというわけでなく、
それでも戻れたらどうだろうと
誰でも一度は考えたことあるだろうから
やはりこの新鮮な驚きは悪くなかった。

またこの映画では自分の父や母の若い頃を
知ることで、いかに自分が両親のことを知らなかったか
分かるようになっている、
このことも自分に帰ってくる。

すごく優しい映画だ。

当たり前だけど、父も母も若い頃があって、
自分と同じ様に色々あったんだろうなと
主人公の優しい眼差しに泣けた。

★参考になったらココをクリック!←ランキング上昇ボタン

★同僚の女の子の話は不要だった
もっとスッキリとさせて、父と子の和解をもっと具体的に見せるべき。

「ファウンテン」現実から観念の世界へと自由に飛ぶ

2006年10月26日(木) 21時38分
「ファウンテン」★★★☆
ヒュー・ジャックマン、レイチェル・ワイズ主演
ダーレン・アロノフスキー監督

最初の印象は
「何だ、コレ?」だった。

瞑想する主人公は、宇宙に浮かぶ
透明な球体の中に居て、
ボールヘッドのヒュー・ジャックマンは
悟りの境地に達したような姿をしている。

愛する人が死を迎えようとして居る時、
医者として主人公は
なんとか治療薬を開発しようとする。

観念の中の姿と
現実が交互に現れ、
なんか難しい映画に出会っちゃったなと
思って見ていると、
そのうちに製作者の意図するところと
同じかどうか分からないが
なんとなく自分なりの解釈が出来た。

命有るものはいつかその生を終える時が来る、
もちろん人間はジタバタするのだが、
本当は毎日の暮らしの中で
常に悔いのないように接するべきなのだ。

レイチェル・ワイズは雪の様に白く
美しく輝き
生きることの貴さを存在自体で表している。

ラストはとんでもない光景が繰り広げられるが、
それほど違和感なく
人間の頭の中の「生きるということ」そして
転生をまばゆい映像で見せてくれた。

アジア映画を映画祭で2本続けて見たあとで
この映画を見ると、単純には比べられないにせよ、
ハリウッドのパワーと
それを現実に形にして見せる確かな技術を感じ、
映画製作の厚みを実感した。

公開がいつかは知らないが
ちょっと変わった映画が見たいなら悪くない。

★参考になったらココをクリック!←ランキング上昇ボタン

「ブラック・ダリア」宣伝ほどのスキャンダラスな印象は薄い

2006年10月24日(火) 16時57分
「ブラック・ダリア」★★★☆
ジョシュ・ハートネット 、ヒラリー・スワンク、スカーレット・ヨハンソン 主演
ブライアン・デ・パルマ 監督、2006年アメリカ

1947年の未解決事件をヒントに
大胆な脚色と解釈をした作品。

ハリウッドの裏通り、通称ブラック・ダリア通りで
猟奇的な殺人事件が発生した。
特捜課でコンビは事件の捜査にあたることになる。

舞台のように作り込んだセットと、
セピア調に感じる光の具合が
画面をクラシカルに見せている。

その光の具合か、主演のジョシュ・ハートネットは
端正な横顔を見せ、監督は新しい魅力を
引き出すのに成功している。

また善と悪を対症的に演じる二人の女優は、
それぞれの持つ内面の危うさや
時に見せる心の闇を
巧みに表現して
それが物語を一層スリリングにしている。

惜しいのは関わるほとんど全ての人に
翻弄される男の心の動きが
今一つこちらに迫ってこなかったところだ。

しかしイメージというのは恐ろしいもので、
ヒラリー・スワンクは
アカデミー主演女優賞を2度も受賞し、
そのどちらもが、女性らしくない役だったからか、
長い髪に露出の多いドレスを来ても
どうしてもそれほどセクシーには見えない。

スカーレット・ヨハンソンはブロンドで
無垢な感じがよく出ていた、一番の役得だったかもしれない。

話題作だけど、もう一つ楽しめなかったのは、
美しい画面や細部にこだわるあまり、
肝心なストーリーに説得力があまり感じられなかったからか。

多分DVDになって細部まで見ると、
製作者のこだわりがもっと感じられそうな作品だ。

★参考になったらココをクリック!←ランキング参加中

東京国際映画祭「多細胞少女」韓国映画

2006年10月23日(月) 8時02分
「多細胞少女」★★☆
キム・オクビン/パク・ジヌ/イ・キョン/イ・ウォンジョン/キム・スミ出演
イ・ジェヨン監督、韓国2006年

韓国で先日公開されたばかりの作品、
今回の映画祭一本目。

この映画が目指したものは何だったのか、
援助交際やフリーセックス蔓延の
高校が舞台のいわばメチャメチャな映画。

中心となるのは、そんな中で浮いた存在の
不幸を絵に描いたような少女、
彼女が恋をし、ネットアイドルになり
女装のおじさんと仲良くなる。

このあたりも笑えるといえば笑えるが
突き抜けて面白いというより、
とりあえず笑っとこうという感じで、
笑いの素材が日本人受けしそうにない。

高校が舞台なので、これから活躍するだろう
新しいスターを見つけるくらいしか
見所は無い。

この映画は急遽、東京国際映画祭で上映が決まったが、
舞台挨拶が有るわけでもなく、
特に今回の映画祭で上映する意味は感じなかった。

どうせなら、「王の男」の上映に合わせて
昨年の大ヒット映画「トンマッコルへようこそ」を
出演者も招いて上映して欲しかった。

公開しても入りは期待薄な映画でした。

★だめなものはダメですね、同意の場合はココもクリックランキング参加中

東京国際映画祭オープニング「父親たちの星条旗」華やかに上映

2006年10月22日(日) 13時05分
東京国際映画祭のオープニングを飾る大作。
今年も行ってきました。

出演者の舞台挨拶は地味目でした。
一昨年はここでトム・ハンクス「ターミナル」を見ました。
昨年は高倉健さんが舞台挨拶だったな。

「父親たちの星条旗」★★★★オススメ
ライアン・フィリップ ,ジェシー・ブラッドフォード ,アダム・ビーチ ,
ジェイミー・ベル ,ポール・ウォーカー 主演
クリント・イーストウッド 監督、2006年アメリカ

1945年2月23日硫黄島で撮影された
一枚の写真は、そこに写った軍人はもとより、
太平洋戦争の運命も変えた。

イーストウッドがアメリカ側から
この硫黄島の戦いを描いた本作は
12月公開の日本側から描いた
「硫黄島からの手紙」と対をなす作品だ。

アメリカ軍に姿を見せない日本軍は、
突然集中砲火を浴びせかける。
恐怖や絶望の中
撮影された一枚の写真は戦争の勝利を予感させ、
国の戦争への意識を高めることになる。

この映画はそこに写った6人のうちの
生き残りの三人の兵士が、本国に呼び戻され
国民から英雄として祭り上げられることへの
戸惑いを描くことで
戦争に於いて真のヒーローなど存在しないことを
強く印象づける。

戦争を経験したものは、
その体験を早く忘れようと、戦場で何が行われたかを
多くの人は語ろうとはしない。

でも知ることで未来への戒めとすることも
重要だ、一度起こったことは
二度と繰り返さないとは言えないからだ。

忘れようにも忘れられない悪夢は
主人公達のその後も支配し続けた、
一生消えない傷、
一体そのことで何に勝利したのか。

海の向こうでは今だにテロや殺し合いが
続いている。
日本も核保有について議論が必要と
総理大臣を目指した人が口に出している。

人間は生きている限り、
他者とを比べながら、他よりも有利な状態を
望み続けるのだ、
かつて地獄を体験しながらも
それでもその一歩を踏み出してしまう生き物なのだ。

★全然映画の感想になっていませんが何か感じたらクリックよろしく!←ランキング

「天使と罪の街(上下」この上質な大人のミステリー

2006年10月19日(木) 21時25分
「天使と罪の街(上下」★★★☆
マイクル・コナリー著

ハリー・ボッシュが主人公の
シリーズ最新作。

警官を退職し釣り舟業を始めた
元同僚が海の上で死んだ。
妻から真実が知りたいと、調査の依頼を受けた
主人公は、どちらかというと
勘を頼りに動くタイプだ。

少しずつ真相に近づいた時、
その真実への線は連続殺人犯と
交差する。

独特の雰囲気のある作品だ。
決してスマートな捜査方法でなく、
真実に向かってまっしぐらというものでもない。

自分自身も様々な問題を抱えつつ、
それでも動かなければならない
心の渇望や正義漢と言えなくもない
複雑な感情が絡み合う時
勝利無き戦いに挑んで行く。

全体を通して感じるのは
暗いトーンで貫かれた文章から受けるイメージの
強さだ。

前作で初めてハリー・ボッシュを知ったので
全体像はまだ見えていないが、
人物の人柄が好きだとか、そういうことでなく、
動かざるを得ない人間の行動の源のようなものが、
読んでいるうちに分かって、
危険な方へと向かって行く、主人公の行動が理解できる。

そうなると読みながら彼と行動を共にするしか
ないのだ。
ミステリーとしても読んで損のない出来。

★参考になったらココもクリック!←ランキング上昇ボタン
2006年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf