「親指さがし」松山ケンイチって映画で全然違う人に見えるね

2006年08月31日(木) 0時32分
「親指さがし」★★☆
三宅健、伊藤歩 松山ケンイチ 主演
熊澤尚人 監督、2006年

小学生の頃、
廃屋で友達6人でやった
「親指さがし」

みんなで手を繋いで、
呪文を唱えると、
何処かの部屋に居て、
ロウソクを吹き消すと
元に戻れるのだが、
一人の少女がそこで消えた。

呪いなのか、
未解決のまま、生き残った友人は
20歳の同窓会で再会する。

怖さが足りなかった、
オチも納得いかないが、
まあこんなものだろうか。

主演の三宅健は韓国でこの映画の宣伝をしたそうだが、
ホラー好きの韓国でもこの映画はどうなんだろう。
怖さでは系統は違うが「ディセント」が
身震いするくらい怖かったので、
この映画程度の怖さとその理由では
物足りなく感じるようだ。

しかし松山ケンイチっていう役者は「デスノート」とは
別人で登場でこの変わりようのほうが
怖い感じだ、なんだかいい役者になっていきそうな予感。

★参考になったらクリックもよろしく!←ランキング参加中、現在8位辺り下降気味

「スーパーマン・リターンズ」冒頭シーンは画面に釘付け

2006年08月30日(水) 0時09分
「スーパーマン・リターンズ」★★★☆
ブランドン・ラウス 、 ケイト・ボスワース 、 ケビン・スペイシー 主演
ブライアン・シンガー 監督、2006年アメリカ



バットマンにスーパーマンも帰って来て、
ざっと作品のラインナップを見ると
「××× U」や「なんとか V」と
なじみの顔の大集合です。
やはりオリジナル勝負はリスクが大きく、難しいのを露呈した形。

さてこのスーパーマンの新作ですが、
冒頭のスペースシャトルのシーンは
「つかみ」としては最高の部類、なんだか凄いものを
見せてくれそうと、期待が高まる良い出だし。

だけど本編に入って失速気味、
面白いは面白いけど、飛び抜けた驚きは無い。

マシンガンの弾を間近で受けても平気なワリに、
好きだと告白できないガラスの心臓も
現代的といえば現代的だが、
似たような設定は「スパイダーマン」でみているので
焼き直しの感が否めない。

それでも見ている間中は、空想の世界に遊び、
あんな風に空を飛べたら気持ち良いだろうなと
映画らしい映画の時間を楽しんだ。

敵対するケヴィン・スペイシーも怪演していたが、
彼自身に強さがなく、スーパーマンの敵じゃなかったのが残念。

「パイレーツU」がそろそろ息切れの頃、公開という
タイミングはいいが、すでに大きなスクリーンを
ゲド戦記に奪い返されている状態で、
大ヒットは微妙。

見終わったあとあの印象的な音楽とともに
良い気分で映画館を出られる娯楽大作に仕上がっていた。
新鮮な驚きがない変わりに、破綻も無く無難な作品となった。

★参考になったらココもクリックよろしく!←ランキング参加中

「UDON・うどん」うどんの描写が絶品、ツバを飲み込むこと必至!

2006年08月29日(火) 0時09分
「UDON・うどん」★★★☆
ユースケ・サンタマリア、小西真奈美主演 

四国へはまだ行ったことがないので、
いつか行ってみたいと漠然と思っていたが、
この映画を見ている間中、何度
是非行こうと思ったことか。

お湯をくぐらせ、どんぶりにサッと入れられた
うどんの輝きと目で分かる弾力、
それに醤油をかけたり、
ツユをかけたりした画面に
思わずツバを飲み込む。

実際のこれこそが讃岐うどんだ、というものは
食べたことが無いが、
シンプルで柔軟で
すごく日常に張り付いたような親密さがあり、
ストーリーそっちのけで、
うどんに釘付け状態だった。

単純な動機で人は何かにのめり込んで行く、
うまくいかない事の方が実は多いが、
それでも懸命に打ち込める何かを見つけた人は
幸せなのだと実感している。

主演のユースケは見るからに軽薄で
好きにはなれないが、もしかしたら
何事にも斜に構えてすかしてるようなところは、
今を生きるほとんどの人間を投影しているのかもしれない。

ハッキリ言って、これは面白かった。

たぶん対象となる「うどん」をよく知り、
情熱を持った人達がちゃんと時間をかけて作ったことが、
画面にしっかりと反映されていると感じた。
面白い題材と厚みのある脚本があれば、
まだまだこうして楽しめる映画は出来るのだ。

そしてところどころはしっかり泣いてしまった。
後悔先に立たず、やはり思っている感謝の気持ちは
恥ずかしい気持ちが先に立つが
「ありがとう」とちゃんと親に言葉にすべきだ。

洗練されていない分、心に響いた。
そういう映画もあるのだと改めて実感し、
映画の奥深い部分に触れて、いい気分で劇場を後にした。
オススメだ。

というか、映画より美味しい讃岐うどんを食べたい。

★映画の内容には殆ど触れて無いが、参考になったらクリックよろしくランキング参加中!

ラムセス2世像「大エジプト博物館」へお引越し

2006年08月28日(月) 0時44分
ラムセス2世像「大エジプト博物館」へお引越し

今でこそ、年に2度、3度と海外へ出かけてますが、
初めての海外はエジプトでした。

ピラミッドを遠目に見たときは、
大声を上げて泣きました。(これ、ホント)

長年の憧れでした、
あれ以降同じ様な感動はまだ味わっていません。
きっとあの感動を超えるような
景色などを求めて旅行を続けているのだろう。


そんなエジプトから気になるニュース。

テーベの都に2000年に渡って増改築が繰り返された
カルナック神殿があるが、
この中のプタハ神殿にもともと1対で立っていた
新王国時代のファラオ、ラムセス2世の巨像。

これは1体はカイロ市内のラムセス中央駅前に置かれ、
もう1体は足が破損しているため、メンフィスにある建物の中に
横たわっている。

25日にカイロのラムセス中央駅前から
この巨像が移転された、今度は
ギザの「大エジプト博物館(2011年完成予定)」
建設予定地でピラミッドを見つめるのだ。

この「大エジプト博物館」はなんと予算の半分を
日本政府が円借款し
その強力なバックアップのもと、
少し静かな場所でこれからまた何千年と存在し続けるのだろう。

★少しはエジプトに興味が出たらココもクリックよろしく!←ランキング参加中

「僕の、世界の中心は、君だ」やっと日本公開、ヒットはどうかな

2006年08月27日(日) 0時19分
「波浪注意報」セカチューのリメイクをバンコクで観る

今年3月26日のブログ、タイのバンコクで観たときの感想を再掲載、
CMを何度かTVで見たけれど、ヒットするのだろうか、
出来は並という感じでした。

評判の割りにヒットの少ない韓国映画、このくらいの軽めの映画が
ヒットしたらそれはそれでファンとしては嬉しい。

「波浪注意報、My Girl and I」★★★
ソン・ヘギョ、チャ・テヒョン出演
チョン・ユンス 監督

タイのバンコクで韓国映画を観る。
しかもタイ語の吹き替え
いつもは韓国で理解できないハングルで
映画を見てるのでタイ語でも同じこと。

チャ・テヒョンの高校生役はムリがあるだろうと
思いつつも、そのうち気にならなくなる。
そしてだんだん分ってきた
これが「セカチュー」のリメイクだと。

韓国では日本のドラマや映画の
リメイクが割りと作られている。

似た設定のちょっとスケール縮小版というところ、
相手役のソン・ヘギョは、溌剌とした輝きをもっていて、
それが舞台となる海の近くの風景と合っていて
これからの運命が予想がつくので
悲しいくらいに眩しい。

全体的にコメディ色が強いが割りと楽しめた。
ハイライトとなるフェリーを待つ大嵐の待合室で
叫ぶシーンは、どうなるのかなーと見ていると
「助けてください!」は無かった。

この映画は今年の後半に日本でも公開予定。
ヒットはムリ、たぶんマイナーな公開になりそう。
韓国映画好き以外の人がこのリメイクを
お金を払って見ようと考えるだろうか。

バンコクの映画料金は時間帯にもよるが
この映画は80バーツ、約240円、これなら悪くない。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

★名古屋ではまあまあの劇場で公開が始まった、
「スーパーマン」と同じ規模の劇場だけど、大丈夫か。

「ラヴェンダーの咲く庭で」老いらくの恋はホラーもどきなのだ

2006年08月26日(土) 0時40分
「ラヴェンダーの咲く庭で」★★☆
ジュディ・デンチ、マギー・スミス主演
チャールズ・ダンス監督、2004年、イギリス

海辺に流れ着いた記憶喪失の青年、
初老の姉妹が見つけ、自宅に連れ帰り
回復まで看護をする。

青年は回復し、自分がヴァイオリンの才能があることまで
分ってくる、
姉妹のひとりを貫禄のジュディ・デンチが演じているが、
彼女は次第に青年に恋心を覚える。

そのときの彼女の表情は
恋をした少女のようでもあり、でも実はちょっと怖い感じがするのだ。
やはりムリがある、いくらそれが本来の姿と言おうと
孫くらいの青年にただ恋するというより、
欲望に近い感情を見せる時、ホラーの様相を帯びてくる。

ただそこはやはりイギリス映画、そして芸達者の出ている
映画なのでギリギリ、お上品にまとめた格好だ。

自分はクラッシック音楽には疎いが
青年がバイオリンを手にとって、何気なく弾いたときの
弾けるような瑞々しい音の響きは感じるものがあった。
これは収穫だった。

やっぱ、70くらいになったら穏やかに枯れて生きたいと
ぼんやりと考えた。

★レンタルの参考になったらココもクリックよろしく←ランキング参加中

「ディック&ジェーン 復讐は最高」100円レンタルの日なら損ナシ

2006年08月25日(金) 0時48分
「ディック&ジェーン 復讐は最高」★★★DVD
ジム・キャリー、ティア・レオーニ 主演
ディーン・パリソット 監督、2005年

ジム・キャリーは苦手な俳優のひとり、
劇場のあの大画面では見たくないので、
レンタルで鑑賞。

会社が倒産し、どん底まで落ちた夫婦が、
強盗でなんとか生活をしのぎ
ラストに一発逆転で
元の社長に復讐を果たす。

全体的に見て、ワリと面白く出来てるし、
ラストもこういう映画ならありがちだけど悪くない。

ただやはりあの大袈裟な顔の表情と
体全体のバカバカしい動作が好きじゃないので、
楽な気持ちで楽しめない。

昇進が確実と思って乗ったエレベーターでの
大袈裟な一人芝居は、アメリカではみんな大笑いってところ
だろうが、勘にさわるので、こういうシーンが好きになれない。

顔やアクションで笑いを表現するので分りやすくていいのだろうが
同じラインでロビン・ウィリアムズも嫌いだ。
最近は出番が少ないので影響ナシ。

アメリカではヒットしたこの作品、
日本ではいまひとつだったようだが、
レンタル100円のフェアーとかなら損はしない。

★このブログは現在何位かな?、クリック!他のブログもチェック!←ランキング参加中

韓国最新映画ランキング8/13付 韓国映画強し

2006年08月24日(木) 7時52分
今週はベスト10内に7作韓国映画がランクインといかに自国の映画がスキか
分る結果となった。
邦画の話題作「ゲド戦記」ほぼ同時公開というのは
これまでなかったんじゃないか、ジブリがいかに韓国でも支持されているか分る。

@「グエルム」ソン・ガンホ主演
 全国で700万人以上を動員し、歴代記録のベスト3入りは確実、
内容、成績ともオバケ映画となりそう。9月の公開が待ち遠しい。

A「モンスターハウス」スピルバーグ監督製作総指揮
3Dアニメ、日本より早く公開も
韓国の怪物には敵わなかった。
 

B「角砂糖」イム・スジョン、パク・ウンス主演
 幼い時に分かれた馬と出会ったのは
競走馬と騎手としてだった。
それがどこで角砂糖という、タイトルと結びつくのか。
映像がきれいそうだ。

C「多細胞少女 」キム・オクビン、パク・ジヌ、イキョン主演
 乱れに乱れた快楽の名門ムスルモ高校で起こる
ハチャメチャな毎日を描いた快作。
話題になってたけど、
成績には結びついていないようだ。


D「師の恩 」オ・ミヒ、ソ・ヨンヒ、イ・ジヒョン主演
 韓国ホラー

オマケ
E「ゲド戦記」邦画頑張ってます。


★韓国映画もっと見たいですね、同意見はココもクリックよろしく←ランキング参加中

「早咲きの花」豊橋市制100年記念作品

2006年08月23日(水) 21時43分
「早咲きの花」★★★
浅丘ルリ子、北条隆博主演
菅原浩志 監督、2006年

話題の映画「太陽」を見るため
名古屋駅近くのシネマスコーレへ行くと
なかなか見られない光景、
上映開始間近の人だかり、
なんと「立ち見」ということで
あっさり諦めて、これまた近所の「ゴールド/シルバー劇場へ行った。

ちょうど上映開始間近の映画がこの映画だったため、
僅かに躊躇したが、見ることにした。

豊橋で主な撮影をしたようで
手筒花火や古い建物などが映画のなかでも
使われている、
主演の浅丘ルリ子のアップで
前の席のおば様が隣に「あーぁ、老けちゃったね」と
耳打ち
いつもは耳障りなおしゃべりも時には笑える。

中学で軍需工場に駆り出されて、空襲で無くなった
兄の思い出を辿る彼女の旅は、
そのまま日本の戦中、戦後だった。

この時期だからだろう、記号のように
日々感じる戦争というテーマ。
今年は自身の広島行きを含めて、そんな年なのかもしれない。

やはりどんなに悲惨な事で、出来るなら忘れたいと
当事者は想うだろうが、
そんな悲惨なことを起こすのも人間、
繰り返さないためにも、勇気を持って伝えて欲しい。

そして受け継ぐ者として
ちゃんと襟を正して真実と向き合いたい。

この映画は映画として訴えるものは
少ない、それでも見ている間中、考えた様々なことは
やはりこの映画が考えさせてくれたものだったろう。

★この8月、同じ様に戦争について考えた人はココもクリック!←ランキングに反映されます。

「RIZE/ライズ」這い上がってやる

2006年08月22日(火) 0時22分
「RIZE/ライズ」★★★DVD鑑賞
デビッド・ラシャペル監督、2005年

L.A.サウスセントラルは
世界で最も危険な地区と言われている。

黒人の多く住むこの地域に住む若者は
ギャングかダンサーに分かれている。

もちろんそんなに単純には
割り切れないだろうが
この映画は
まず単純化した図式から
ここに住む若者の「怒り」を
ドキュメンタリーで見せていく。

しなやかな筋肉と超絶テクニックの生み出すダンスは
彼らの激しい「怒り」を現しているという。

残念だなと思った、こんなに素晴らしいのに
その根源にあるものが怒りということが。
生まれたときから周囲は物騒で親はドラッグに浸り、
逃れるためにはダンスしかないと彼らは言う。

唯一の逃れる場所があってよかったなと思うが、
そう思うと余計と画面に繰り広げられる
情熱の踊りが「怒り」から逃れるもののような感じがしてしまう。

世の中全部が悪い、コミュニティは崩壊し
政府も無策だ、
悪い、悪い、悪い
負のパワーがダンスに現れているなら、それは不幸なことにしか思えない。

「RIZE/ライズ」這い上がってやる!と言うけれど
形を変えても「怒り」から、誰かを触発し
素晴らしいと感じさせることは難しいと感じた。

上を向いて楽しんで欲しいと思うが
それは自分がLAから遠く離れて、ノンキな毎日を送っているからか。

とにかく神業的な体の躍動は素晴らしいだけに
なんだか余計と虚しく感じた。

★参考になったらココもクリックよろしく←ランキング参加中

★ダンサーにとってはバイブルとDVDのジャケットに書いてあるが、
テクニックを見るだけならともかく、この映画全編を見たとき
自分がマネようとしているものの、大変な重さを彼らはどう感じるだろう。
2006年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf