「ゲド戦記」この映画を見てタイトルを理解するのは難しい

2006年07月31日(月) 0時09分
「ゲド戦記」★★★
岡田准一、手嶌葵 声の出演
宮崎吾朗監督、スタジオジブリ作品、2006年

大宣伝をかけたジブリの新作。
珍しく公開初日に見た、
劇場はこのあたりでは一番大きなハコ。
600席の8割が埋まっている。

ハリウッド映画好き、
邦画はあまり見ない自分にとって
この作品はどうだったかというと
なんてこと無い作品だった。

まずは父王を刺して国を飛び出してきた
エンラッドの王子・アレンが
何故父を殺さなければならなかったかが分らず、
いくらそのことを含めて心に闇を持っていようと
醒めた目でしか見られなかった。

また大賢者ハイタカは実はゲドであるのだが、
説明不足で「この人がこの物語の主人公なのか?」
どうもよく分らないうちに王子アレンが
人間らしい心を少女・テルーによって取り戻すのだが、
殺人者だよ、どうなってるんだ。

原作は長い長い物語のようだ。
そのどこかのエピソードを切り取って映像にするのは
悪くないが、いくらなんでも伝わらないんじゃないかな。

子供には難しく、大人には物足りない結果になったようだ。

せっかく実写でなくアニメでやるのなら
「千と千尋」で見せた創造の世界の驚きのようなものを
目の前に見せて欲しかった。

ただ出来はどうかといえば、それほど酷いものでもないが、
普通の出来と感じた。

アニメで見せる世界観はどういう方向を目指すにしろ
「これは実写ではできないよな」と思えるような
心躍る映像を見せてもらいたいものだ。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中

★主題歌は雰囲気があって良かった。

「運命じゃない人」期待しないで見ましょう、絶対面白い

2006年07月30日(日) 0時33分
「運命じゃない人」★★★★wowowで鑑賞
中村靖日、霧島れいか 、山中聡 主演
内田けんじ 監督、2004年

公開当時映画好きの間では
話題になっていたが、邦画なので敬遠していた。

WOWOWで鑑賞。

最初はパソコン入力しながら、チラ見状態だったが、
冒頭から少し時間が戻った時点で
画面優先になった。

レストランで男二人が会話をして居る時、
後ろの席の女性が、何で別に座って居るのか
解せなくて、どうなっているんだと。

メメントみたいな時間進行で、
見て居る方はただ成り行きを見守るといういより
どこに繋がるのかが気になる。

主人公達のストーリーは
別に新鮮でも無いし、出演者も知らない人が多く、
かえってリアルな感じで、
解けない謎を考え続けるような状態だ。

ラストでパズルのピースがどんどん埋まって行く様子も、
ありえ無いとか思いつつも、よくこんなストーリーを
考えたものだと、「へぇー」と
頭の中で言い続けた。

アイデア勝負の作品だが、主演の中村靖日のとぼけた味わいと、
転がりながらも自分を取り戻して行く、
図太さが面白い霧島れいかも含めて、なかなかやるじゃん邦画!と
久々に感じた。

レンタルで見られるので、暇な時の時間つぶしには
ちょっと贅沢な作品。
劇場で見たかったな。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

■日本テレビ系列『マイ★ボス マイ★ヒーロー

ブンカフェ/アンナンブルーのススメ@ベトナム料理@名古屋グルメ

2006年07月29日(土) 1時00分
名古屋のベトナム料理の先駆け。
アンナンブルー(青安南)グループの中で、
ベトナム麺として有名なフォーや、
家庭料理中心の店が
東山にある「ブンカフェ」だ。

ここで20人位の食事会をした。

ドリンクを注文し、
@生春巻き[ゴイクン]が登場。
 定番のエビ入りをピーナッツみそのタレで。
自分は実はこれよりスイートチリのタレで食べるのが好き。

A揚春巻き
 サニーレタスに巻いて食べる。
熱々の揚春巻きは、熱いうちに食べたいが、気をつけないと
舌をやけどしてしまう。

B春雨のあえもの(エビせんべい付)
 エビせんべいに乗せて食べると、パチパチ音がして
食感と耳でも楽しめる。

Cかぼちゃのココナッツミルク煮(バケット付)
 かぼちゃの煮物だがココナッツミルクの甘さが、
かぼちゃの甘さを引き出して、熱いデザート感覚の料理。

D鶏のチリオイル煮
 適度な辛さがたまらない、大好きな料理。
これが食べたくてこの店に通っているようなもの。

ベトナム料理はあっさりの味付けが多いので、
このピリ辛の料理は嬉しい。

Eベトナムのもてなし飯
 ご飯の上にエビや蓮の実、卵などたくさんの具が乗った
見た目もおいしいご飯。

もうお腹いっぱい気味。

F鶏のフォー
 あっさりスープに米粉の麺。このスープは6時間くらい
煮込んだもので、それでも濁らないスープは
全部飲みたい。
お好みでレモンをしぼり、パクチーを散らして一緒に食べる。

Gお好みのデザート
3種類程の中から選ぶが、
自分はたいていはバナナ入りココナッツミルクタピオカを選ぶ。
スッキリとしたほのかな甘さで締めのデザート。

Gハス茶 
ハスの香りがほのかに漂い、ゆったりとした感じになる。香りを充分楽しみたい。

飲み放題付で、予算は4,000円位から
大満足のコース。他のお店より割安な価格設定。大切な人をもてなしたい時に
この店に連れて行くが、スタッフの対応も良く、期待を裏切らない。

★ぐるなびで確認しよう、クーポンもここから ←クリック
地下鉄東山線東山公園駅4番出口 徒歩4分 

★参考になったらここもクリック←ランキング

★最後に5月生の皆さんお疲れ様!

「ジャスミンの花開く」チャン・ツィイーのプロモ保存版

2006年07月28日(金) 0時20分
「ジャスミンの花開く」★★★☆
チャン・ツィイー ジョアン・チェン主演
ホウ・ヨン監督、2004年、中国

映画チラシのコピーに
「アジアの宝石」とあるが、
その形容が正しいかどうかはともかく、
この映画でチャン・ツィイーは、
少女の初々しさと、
女性の持つ凄みまで、
実に様々な表情を見せている。



中国で生きるというのは、この70年あまり、
かなり大変だったようだ、
少し前の正義が悪へとすり替わり、
普通に生きるということの価値判断が
こんなにも変わった国も珍しいだろう。

そういったお国事情を盛り込みつつも、
激動の時代を生きた女性の3代の生き方を
じっくりと描いた作品だ。

映画としては大河ドラマのような
少し大味な感じを否めないが、
主演のチャン・ツィイー目当ての鑑賞なら
文句無く最高だ。

こらからどんな女優になって行くのか楽しみ。

★このブログは現在何位かな?、クリック!他のブログもチェック!←

「ゆれる」心地良い揺れのなか映画の魔法にかかる

2006年07月27日(木) 0時06分
「ゆれる」★★★★
オダギリジョー、香川照之 主演
西川美和 監督、2006年


眩しいくらいの緑の反射を受けて
ゆれる吊り橋。

大いなる自然のなかで、それはあまりに
頼りない。
人の命を預けられるのか不安になる。

くだらないものや実験的な映画を
わざと選んで出演しているんじゃないかと思える
オダギリジョーは、この作品で新しい魅力を見せる。

都会に出て田舎の様々なしがらみから逃れて暮らす人は多い。
だから主人公も特別変わった人間ではなく、
都会にある「何か」を求めたひとりに過ぎない。

そして生まれ育った田舎で稼業を継いだ兄。

無残な対比がそこここで感じ取れる。
それは意図したものであり、もしくは見る方が
勝手に映像のなかに自分の感情を
見つけているだけのものもあるだあろう。

人の幸せは何で測るのだろう。
そして人の不幸は。

いろんなことを考えさせられた映画だった。
若い女性監督の才能を見た気がした。
役者と監督のいいバランスが、小粒だけれど
忘れ難い作品を生んだ。

いつもは邦画はどっちかというと
ほかに見るものが無くなると見るのだが、
この映画は予告から気になっていた。
ほぼ満席の中、とてもリラックスなんてできない状態で
画面を見つめた。

それはそれでまた映画好きにはたまらない時間だ。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中

★香川照之の文句ナシの凄みさえ感じる演技と
対照的な存在感だけで光るオダギリジョー
画面のなかでまさに光る役者を見つめる幸せ。ガンバレ邦画。

2006年インド旅行記Aムンバイ

2006年07月26日(水) 1時00分
★インド旅行1日目はここをクリックするとジャンプします。←

2006/3/15 ムンバイ2日目

プリンス・オブ・ウェールズ博物館→インド門、タージマハル・ホテル→ホテル

プリンス・オブ・ウェールズ博物館は、
1905年にイギリス皇太子訪印に合わせて造られた.
インド・サラセン調の豪奢な建物。
中に入る前にため息が出る、
先程車中から見たスラムの光景がまだ生々しく、
100年も前に既にこんな立派な建物を造る一方で
人間の暮らす場所があまりに粗末で
無力感を覚える。

気を取り直して入場。
エレファンタ島のシヴァ神像やブッダをモチーフの
レリーフなど、館内は広く涼しいのでゆっくりと見て回った。

博物館を出てインド門に向かう、
日差しは強いがカラッとしていて
海の匂いが空気に交じり、それに微妙に香辛料の香りが
加わってインドに来たんだなと実感。

インド門は、海をバックに存在感たっぷり、
多くの人が何するでもなくぶらぶらしている。
この日、ホーリーと言うお祭りで色んな色の粉をお互いに
掛け合い、赤や黄色の全身染まった人がかなり居て、
粉をかけられないように何度か逃げ回った。

そして振り返ると声を上げてしまうくらい圧倒的な
存在感で建つのが「タージ・マハル・ホテル」だ。
この区画だけは異空間のように、
人を寄せ付けないような雰囲気。
ゴージャスってこういうことを言うんだなと感じた。

泊るには宿泊代金が高すぎなので、トイレ休憩に中に入る。
ロビーのソファーは自分のような
ちょっと体験タージという人で占領されている。
異空間を堪能すべくアーケードを見て歩き、
プールをチェック、絵葉書を購入。

海外に来ると貧富の差というのがあまりに
あからさまで混乱する。
日本では差こそあれそれほど感じないのに、
この違いはどうだろう。

ホテルに戻って屋上のレストランでコーヒーを飲む。50ルピー約150円。
明日は早朝から移動、デリー経由でこの旅の目的地ベナレスだ。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

新作DVDオススメ「クラッシュ」「ALWAYS 三丁目の夕日 」必見!

2006年07月25日(火) 0時15分
レンタル開始のオススメDVD

「クラッシュ」★★★★
サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン出演

人はぶつかり合いながらも、すれ違う

こんなにも人でいっぱいの街の中
絶えず人と人はぶつかり合う。 
アカデミー作品賞受賞の傑作→詳しい感想はここをクリック!

★ドラマ性の高い作品なのでレンタル店の棚にそう沢山は並ばない、
見つけたらとりあえず、手で確保が必要。

このほか、以下の作品はどれもオススメ。
作品名をクリックすると過去記事にジャンプします。参考まで。

どれもまだまだ新作だけど、少し高くても早めに体験したい。

「ALWAYS 三丁目の夕日 」★★★★←
泣ける事必至、心の中の懐かしい風景に出会える

「博士の愛した数式 」★★★☆←
見終わったあと「何か」考えるそんな映画

「Mr.&Mrs.スミス 」★★★☆←
何も考えず文句なく面白い

★参考になったらクリック!よろしく。←ランキング参加中!

「隠された記憶」何気ない日常の裏には恐怖が潜んでいるのかもしれない

2006年07月24日(月) 0時20分
「隠された記憶」★★★
ジュリエット・ビノシュ、ダニエル・オートゥイユ 主演
ミヒャエル・ハネケ監督、2005年、イタリア オーストリア ドイツ フランス

穏やかな普通の暮らしをしている家庭に
届けられたビデオテープ。
そこにはその家族の家の様子が録画されていた。

何かの脅迫なのか、嫌がらせなのか
不安になる夫婦。

一見ビデオテープが届けられたことで
夫婦の間に微妙な感情のズレが生じたように見えるが、
それ自体は始めから内在していて
それが顕著になっただけかもしれない。

映画宣伝のコピーは「衝撃的な結末!」と
書いているが、そんな大袈裟なコピーにするより、
平穏に見える日常に潜むだれもが持つ
漠然とした不安のような、形や言葉にしにくい
ものをこの映画に見ることが出来ると、
そんなふうにもっとさりげないコピーの方がよかったんじゃないか。

ジュリエット・ビノッシュのエキセントリックな存在自体が、
この映画の雰囲気そのもののような感じがした。

何気ない日常に潜む悪意無き真実、
知っていること、知らないこと
無意識ながら他人に与えてしまう悪い影響、
そして民族間の過去の記憶。

仕方ないと言ってしまえばそれまでだが、
現代はただ普通に生きることさえ実に難しいようだ。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中

「幸せのポートレート」サラ・ジェシカ・パーカーお目見え、及第点

2006年07月23日(日) 0時10分
「幸せのポートレート」★★★
サラ・ジェシカ・パーカー、ダイアン・キートン クレア・デインズ主演
トーマス・ベズーチャ監督、2005年、アメリカ

WOWOWに加入した頃、さかんに再放送をしていたのが
「SEX AND THE CITY」で、何故かハマってしまい、よくチェックして
見ていた、その主演のサラ・ジェシカ・パーカー主演の映画。

彼女はニューヨークで成功した
キャリア・ウーマン役で、
ほぼキャラのままの役、
ただ吹替えの声の印象が強いので
あんな高めの声は意外だった。

8人くらいの登場人物を巧みに描き分け、
それぞれの抱える問題というか、
それぞれの気持ちも何となく分る。
ラストはムリな展開だが、
まあ落ち着くところに落ち着いたということか。

何よりクレア・デインズがバスから降りてきたときは
線の細い女の子という感じは全く無く、自信を持った女性の雰囲気が
感じ取れて、意外な収穫だった。
彼女はこの映画の中で間違いなく輝いていた。

さて、期待のサラ・ジェシカ・パーカーは及第点というところか。
無難な映画を選んだからだが、
彼女のしなやかで強い部分は後者の強い部分ばかりが強調されて
ちょっと損をしている。

ただ、ラッキーだったのはしっかりとした脇を固める役者と
いい作品にめぐり合えたため、ダメージはなし。
複雑な現代の家庭の抱えるささやかで、それでも一大事を
軽快なテンポで見せてくれている。

★ここまで読んだら、是非クリックもよろしく!他のブログもチェック!←ランキング参加中!

Γプルートで朝食を」主人公に慣れるのに時間がかかる

2006年07月22日(土) 0時20分
Γプルートで朝食を」★★★
キリアン・マーフィ 、リーアム・ニーソン主演
ニール・ジョーダン 監督、2005年、アイルランド イギリス

へドウィックは、歌で激しい「生」を表現したが、
この映画の主人公は、生き方自体が
世間との戦いのようだ。

女の子に生まれていたら、彼の生きる道は
もっと平坦だっただろうに、
それでも親友といえる人が側にいて、
救いとなったようだ。

誰でも自分の事を他人はなかなか分かってくれないと
感じているだろう、
でもそれは自分の望む自分を理解してもらいたいわけで、
他人の目に映る自分自身は同じものではないのかも知れない。

そんなふうにあやふやに感じるのに、
主人公はさらに厳しい道を歩いて行く。

中盤あたりから、やっと彼の外見と中身が一致し始め
見慣れてくる、ちょっとキレイに見えてくる。

この映画、結局何が言いたかったのか、
なんとなく幸せのような、そうでもないような結末は
この映画には合っているように感じた。

できたらもう少し美しい主人公であって欲しかったが
力強く生きていく様は充分美しかった。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中

★見逃したくない作品という訳でもないので、
レンタルを待っても十分か。
こういう作品に不可欠な美形俳優は全然出ていないしね。
2006年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf