「グッドナイト&グッドラック」カッコ良すぎるキャスターの心意気

2006年05月30日(火) 21時52分
「グッドナイト&グッドラック」★★★☆
デヴィッド・ストラザーン、ジョージ・クルーニー主演
ジョージ・クルーニー監督、2005年アメリカ

タバコを片手に少し斜めに体をTVに向けて
ニュースの締めの言葉は
「グッドナイト&グッドラック」

カッコ良すぎる。
こんなこと今、誰かがやったら何と言われるだろう。

そして放送のスタイルがカッコ良いだけでなく
彼と彼の番組を作るスタッフの
真実の追究と体制に組しないという考え方が
スゴイのだ。

もちろん言論の自由が統制され
思うようなことを言えない風潮自体が
アメリカの自由を奪うのであるが
そこで自身の考えをちゃんと言うということの
重要な意味を映画は示すことで
現代の自分たちにも何かを訴えているように感じる。

映画の内容もさることながら
主演のデヴィッド・ストラザーンという人の存在が
ハリウッドの実力を示している、
まだこんな人がいたということ、
そしてその人を主役に使うということも含めて
映画づくりの層の厚さを改めて感じた。

腹の底の方から力が湧き上がるような感覚を
映画を見ている間に感じた、
映画はそこに映されるものだけでなく
そこから何を感じるのかそれも重要な要素なのだ。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中

「クライング・フィスト」この男たちのドラマに泣け!最高

2006年05月28日(日) 1時46分
「クライング・フィスト」★★★★★満点
チェ・ミンシク、リュ・スンボム主演
リュ・スンワン監督、2005年韓国

昨年5月にソウルで見た熱い映画を
今度はちゃんと字幕で見た。

この映画は負け犬達の映画だ、
どん底まで落ちたときに、見えた一筋の光。
もうこれしかない、そのギリギリの舞台で
二人は生き様を見せ付ける。

「何になりたいのか」
「そのために何をしているのか」
「愚痴ばっか言ってるんじゃないぞ」

彼らの拳が宙を切るたびに、胸が締め付けられる、
シーンにありがちな回想なんて入らない、
ただ目の前のたぶん自分自身と戦っているのだ。

以下は、ソウルで書いた過去の記事を採掲載する。

アジアゲームで
銀メダルを取った栄光を
頼りに生きる男。
チェ・ミンシクが演じる。
妻子とは別居し、街で「殴られ屋」でなんとか
お金を稼ぐ日々。

もうひとり、生きる意味も見出せず
チンピラもどきの生活をし
果てには強盗傷害で5年の刑をうけた男
こちらを生きのいいリュ・スンボムが演じている。

刑務所では自制が効かない荒くれた性格を
ボクシングに打ち込むことでなんとか抑えている。

この何の接点もない二人が
リングの上で拳を合わせる。

こんな映画あっただろうか。
勝負は死闘の末につくが
勝った方も、負けた方も
どちらもそれぞれの戦いに勝ち
あと少しでこっちも声をだして泣きそうだった。

今夜ソウルは小雨、すごく寒い。
でも不思議と心は温かだった。

★勝ったとか負けたとか、時々感じることもある、
でも「何かをやり遂げた」ということが大切なんだろう、
その向こうに何があるかは分らない、
でもそんな先のことに思いを馳せる前に
まずは目の前の目標をクリアすべきなんだろう。

★よし、この映画見てみようと感じたらクリックもよろしく!←ランキング参加中!

★過去記事★←全文参考

「達磨よ遊ぼう」韓国のお坊さんとコメディ対決

2006年05月27日(土) 12時01分
「達磨よ遊ぼう」★★★☆
パク・シニャン チョン・ジニョン主演
パク・チョルグァン監督、2001年韓国

ヤクザ同士の喧嘩から逃げ出した5人が
しばらく隠れるところとして選んだのが
山奥の寺だった。

修行中の坊さんとの反目の毎日、
様々な勝負をしたりしていくうちに
次第に心を通わせていく。

泰然とした寺の和尚が良い。

別の場所で別の機会に会っていたら
友人になりそうな感情を持ちながらも
別れはやってくる。

この映画を一本見逃したら
損失になるようなものではないが、
コメディタッチでありながら、少しホロッとさせる
うまいつくりで韓国でのヒットもうなずける。

パク・シニャンがヤクザの若い親分を好演、
その他、見慣れた顔がここでもチラホラ。

TVドラマを見る様な気楽さで
お隣の国の宗教観も少し分って、親密感を感じつつ
良い気分で映画館を出た。

韓流シネマは少し古めの韓国映画を発掘するようなテーマだが
最近は新作がどんどん公開されているので
こんなふうにまとめて公開するのも無くなるのかもしれない。

★よし、この映画見てみようと感じたらクリックもよろしく!←ランキング参加中!

★レンタルになったら、気軽な気持ちで見たい作品

韓国最新興行成績・首位は「ダ・ヴィンチ・コード」5/21付

2006年05月26日(金) 1時05分
2週連続首位の「ミッション・インポッシブルV」を
引きずりおろしたのは、全世界同時公開の話題作。

@「ダ・ヴィンチ・コード」これまでの洋画の最初の週の興行成績の
新記録を達成。
「スターウォーズエピソード 3」の記録を抜いたようだ。

A「ミッション・インポッシブルV」」

B「素足のギボン」
シン・ヒョンジュン、キム・スミ主演
粘り強く観客を集めている、やはり主演の力か。
笑って泣ける映画のよう。


C「家族の誕生」初登場ムン・ソリ、オム・テウン、コ・ドゥシム主演
恋人のような兄妹、愛を求める母親。
愛に、スキャンダルに、問題の多い彼らに
果して幸せは訪れるだろうか。


D「ファイナルディスティネーション 」このシリーズ、バカバカしくて大好きです。

韓国映画の俳優達も死守しようとしている、スクリーンクオーター制度は
今年上半期で言えば、そんな制度無くても充分韓国映画は
やっているけると証明している。

デモに加わったチャン・ドンゴンやアン・ソンギらと違い
リュ・スンボムなどはこの制度に批判的だ。

★このブログは現在何位かな?、クリック!他のブログもチェック!←

「ジャケット」もし未来が見えたら、見たい?見たくない?

2006年05月24日(水) 21時34分
「ジャケット」★★★
エイドリアン・ブロティ、キーラ・ナイトレイ主演
ジョン・メイブリー監督、2005年アメリカ

湾岸戦争で頭部の負傷が原因で
記憶障害になった男は、
ある殺人事件に巻き込まれ精神病院に送られる。

そこで彼は実験治療を受ける、それは
拘束衣(ジャケット)を着せられ、
死体安置用の引き出しの中に
閉じ込められるというものだった。

その体験から彼は
未来を見ることが出来るようになる。

サスペンスタッチの緊迫感も
主演のエイドリアン・ブロティの
どうにも引き締まらない顔の表情で
いまひとつ胸に迫らない。

キーラ・ナイトレイが時々ウィノナ・ライダーに見える。

発想は面白いし、
小説で読んだらもっと楽しめたと思うが
悲しいはずのラストで何故だがホッとした。

やっと終わりが見えたからだ。

★「バタフライ・エフェクト」と似たラスト、でも決定的に違う、
これが感動を呼ぶ映画の微妙な差なのだ。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中

★何か物足りない、そんな感じをずっと引きずったまま
映画を見終えた、特に悪いところも見当たらないが、
目を見張るような「何か」も無かったのは確かだ。

「ダ・ヴィンチ・コード」難解なミステリーをハリウッドテイストで

2006年05月23日(火) 0時10分
「ダ・ヴィンチ・コード」★★★★
トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ主演
ロン・ハワード監督、2005年アメリカ

ルーブル美術館の館長が殺害された。
彼の死体はダ・ヴィンチの有名な素描
「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわっていた。
全てはここから始まった。

1年半ほど前に読んだ原作は
サスペンス物としては合格だけど絶賛にはもう少しだった。
ただ扱う対象は多くの人の興味を引くものだった。

映画の公開を楽しみにしていた。

分厚い小説世界を映像化するにあたり
視覚的な説得力より、登場する誰かの言葉で説明する
部分が多いのが気になる。

展開は速い、
これで小説を読んでない人はちゃんと理解できてるのかなと
思いながらも、情報ぎっしりの映像に見入る、
登場人物の演技を見るというより
彼らの語る内容に注意がいって印象が薄い。

やはり謎ときの部分と宗教の歴史的な部分が
中心となるため、興味が薄いと映画を堪能できるかどうかは
分かれるところだろう。

ルーブルのガラスのピラミッドを印象的に使ったシーンや
ルーブルの展示室がチラッと出てくるところなどは
フランスの見所紹介にもなっていて楽しい。

ダヴィンチの名画に隠されたキリストの真実、
どうでもいいけれど、それでも気になるテーマを
うまく使い、
「聖杯伝説」に取り付かれた人間の
滑稽なまでの姿を見ると
かなりの情報量を詰め込んでいながらも
それでも人間も描いたこの映画
久し振りに会心のミステリーに出会えた。

★よし、この映画見てみようと感じたらクリックもよろしく!←ランキング参加中!

「いちご白書」自分の目で確かめたい有名な作品

2006年05月21日(日) 21時07分
「いちご白書」★★★
ブルース・デイヴィソン、キム・ダービー、バッド・コート主演
スチュアート・ハグマン監督、1970年アメリカ

随分と古い映画をWOWOWで見る。
この映画はユーミンの歌になったり
映画自体を見ていなくてもタイトルを
知っている人は多いと思う。

見て感じたのは、
勝手にイメージで「名画」扱いしていたが
やはりちゃんと見ないと分らないということ。

ドキュメンタリーのような部分もあり、
学生運動が盛んな頃なら
もっと強い思い入れとともに見ることが出来ただろう。

登場する大学生の行動が幼く感じる。

本当に思想を持ってデモに参加しているのは
ごく少数で、殆どはファッションのように参加している、
ある事件をきっかけに主人公は
行動することに目覚める、
しかしそれは社会性に目ざめたというより
目の前に立ちはだかるものに、初めて抵抗しようとする
これも幼い幻想のようなもの。

時代が違うからなのか、
それとも何か決定的なものがずれているのか
どうしても画面の中で行われている
熱い暴動を醒めた目で見てしまう。

古めかしい記録映像を見ているように
心を動かされることなく、どこか別の世界のことのように
画面を見つめた。

これもまた面白い体験だ。

★ここまで読んだら、是非クリックもよろしく!他のブログもチェック!←ランキング参加中!

「アンジェラ」救いようの無い駄作

2006年05月20日(土) 22時50分
「アンジェラ」★★☆
リー・ラスムッセン、ジャメル・ドゥブーズ主演
リュック・べッソン監督、2005年フランス

リュック・ベッソンの久々の監督作品ということで
どんなものか期待して行った。

モノクロのパリの街が美しい、
しかし見所はそこだけ。

喋り捲る髭面の情けない男と、
見上げるほどでかい
天使の羽を持つ女、アンジェラ。

少しも面白くない、楽しめない。

パリの街という最高のロケーションの中、
ひたすら言い訳を繰り返す男と
存在すら納得出来ないアンジェラ。

何をこの映画で描きたかったのか不明だが、
これなら安い韓国映画を選んで見た方が良かった。

全く見所の無い映画、
レンタルでも時間とお金が惜しい。
ただ音を消してモノクロの画像と
流れる無機質なパリの街を見るのは面白いかもしれない。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中

★ファンタジックな世界を描きたかったのかもしれないが
期待していただけに残念。
大人のファンタジーはかなりの説得力が必要。

「吹けよ春風」キム・ジョンウン魅力全開、面白い!

2006年05月19日(金) 18時53分
「吹けよ春風」★★★
キム・スンウ、キム・ジョンウン主演
チャン・ハンジュン 監督、2003年 韓国
韓流シネマフェスティバルにて

ケチで冴えない作家の家に
喫茶店で働く女の子が同居することになった。

韓国の喫茶店は日本と同じ様にコーヒーを
普通に飲む店が主流だが、
以前は店の女の子が一緒に座って
話すサービスあり、今でも地方ではそんな形の店も
まだあるようだ。

僕は韓国ではスタバや
ネットカフェに入るのでこのような店にあたったことはないが
この記事を書こうとしてネットで検索すると
そういう店を体感した人の記事をいくつかみつけたので
まだそういう形式の喫茶店もあるようだ。

映画の中ではそういう喫茶店で働く女の子を
ちょっと見下しているようなニュアンスが感じられた。

今まで出会ったことの無いような
純粋で感情豊かな女の子に会って
主人公が変わっていくストーリーは
展開はオチまで予想はつくが、
軽いノリながら丁寧に作っているのが感じられ安くない。

韓国映画が好きなら是非、
またレンタルで時間の空いたときに見るなら
損にはならない出来。

何より主演のキム・ジョンウンが何で韓国で
人気が高いのか分った気がした。

★ここまで読んだら、是非クリックもよろしく!他のブログもチェック!←ランキング参加中!

「ぼくを葬る」オゾン監督の美意識が隅々に行き渡る

2006年05月18日(木) 7時53分
「ぼくを葬る」★★★☆
メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー 主演
フランソワ・オゾン監督

余命があと3ヶ月と知らされたら
一体自分は何をしようとするだろう。

あまりに性急過ぎて、
そしてあまりに突然で
具体的な「もし」ということさえ考えられない。

映画の主人公は監督自身を
描いたと言われているが
ゲイだと公言し
どちらかというと享楽の中の苦しみや
悩みを描いてきたオゾンが
最後に選んだのが、次へとつながる「生」であることに
少なからず驚いた。

それはないだろーと思いつつも
やはりそれこそが人間の本能であり
すべきことでもあるのか。

自分のすぐ側に誰かがいてくれるやすらぎ、
自分の手で放り出しておきながらも
それでも自分でない誰かを求めてしまう心。

どんな環境にいようとも
何を身にまとっていようと、
その下の生身の人間は
やはりすごく孤独なのだ。

★ここまで読んだら、是非クリックもよろしく!他のブログもチェック!←ランキング参加中!

2006年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf