「南極物語」新鮮味なし、出来は悪くない

2006年03月31日(金) 0時11分
「南極物語」★★★
ポール・ウォーカー、ブルース・グリーンウッド出演
フランク・マーシャル監督、2006年アメリカ

南極の大自然と犬の演技が見所。

何もかもがスマートに進行して
大自然の厳しさもいまひとつ伝わらない。

昨年公開のペンギンのようにじっくり撮影した
映像を見た後では、映し出される映像に
驚きを覚えないのが致命的。

どうせなら日本公開は夏にするべきだった。
ただこの映画を自分は常夏のバンコクで見たので
暑気払いに最適でした。

20年以上前の邦画のリメイクなので
もっと現在的な味付けがあっても良かったと感じた。
このスケール感は大画面で見たいところだが
1000円以上払うのはキツイ、
レンタルを待って、夏に見るといいかも。

でもこの映画では泣けない。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中

「ヒストリー・オブ・バイオレンス」罪は償うべきもの、消えはしない

2006年03月30日(木) 0時57分
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」★★★☆
ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ主演
デビッド・クローネンバーグ監督、2005年アメリカ

スリリングな展開、
見ているこちらも主人公の真の正体は
分っている。

分っていないのは彼の家族だ、
これは本当に怖いことだろう。
長年一緒に暮らして来た、夫であり父が
全く違う顔を持っているかもしれない・・・疑惑。

この映画の本来のテーマが何かは分からないが
過去を捨てた男は、新しくやり直すことはできるのか?
もっと言えば過去の罪から逃れて
別の場所で新しい人生をやり直すことは出来るのか?

その一点に焦点が当たったときこの映画は輝きを失くしてしまう。

役者はホント良い!
すごく良い、ヴィゴ・モーテンセンの一瞬で変わる別の顔、
奥さん役のマリア・ベロの芯のあるしなやかな感じ、
そして子供たち、みんな良い。

でもこの映画が描く世界が明らかになったとき
なんだかバカバカしいと思った。
人は罪を犯す、それは恣意的であれそうでなくても。
でも罪は償わなければいけない。

その前提を放り出して、たくさん人を殺したけど
別の生活を今はしている、そっとしておいてくれと言っても
それはダメだよ。

もしかしたらその過去の罪も「愛」はそれを
赦すのかと言いたいのかもしれないが、
罪は罪、愛は愛
そんな裁きは不要だ。

でもそんな訳の分らない堂々巡りのようなことを
見てる人の考えさせようとクローネンバーグが意図していたとしたら
それはもうそのとおり、でも何かあるはずと深読みして
映画を楽しんでいる。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中

★ブログを書いている人で、別の意見の人も是非TBしてください、
必ず読みます。


「SPIRIT スピリット」ジェット・リーの雄姿から目をそらすな!

2006年03月29日(水) 1時05分
「SPIRIT」★★★★★満点!
ジェット・リー主演
ロニー・ユー監督、香港・アメリカ2006年

ジェットー・リーは改名前の、
リー・リンチェイの頃からマイ・アイドルだった。
その贔屓目で見ていることを意識しながらも
彼はひとつの到達点に達したと確信した。

実在の人物のストーリーを借りながら
彼が見せてくれるのは
彼の会得した様々な技の美しい切れ味。

この映画はこのところ続いた
美しい映像の東洋の映画ではなく
マーシャルアーツそのものの美しさや極意を
充分に見せてくれている。

山里の草原でジェット・リーがひとり
静かに体を動かし、キメのポーズをとると
涙が静かにこぼれてくる。

また戦いの場で熟練した技を
次々と見せてくれるシーンでは嗚咽を堪えた。

そして充分に感じることができる
ブルース・リーには間に合わなかったけれど
自分にはジェット・リーがいて、同時代を生きている。

この映画を見ている間中、その至福を感じて
ホント嬉しかった。

全ての人が感動するような映画じゃないが
きっと心を打つシーンがあるはず。
またすぐにリピート必至の
自分にとって贅沢な映画。

「本当の敵は自分自身の中にいる」
だらだら生きてるなよ、
本当にやりたい事に少しでも近づけるように
ちゃんとしろよ!と。

★よし、この映画見てみようと感じたらクリックもよろしく!←ランキング参加中!

「クラッシュ」人はぶつかり合いながらも、すれ違う

2006年03月28日(火) 0時15分
「クラッシュ」★★★★
サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン出演
ポール・ハギス監督、2005年アメリカ

こんなにも人でいっぱいの街の中
絶えず人と人はぶつかり合う。

ほとんどはすれ違うだけ、すぐに気にもかけずに
目的の場所に急ぐ。

そのとき本当にぶつかり、すれ違ったのが
心と心だったら、
相手が何を考えているのかなんて分らない
それは考えてみれば怖いことだが
普通はそんなこといちいち考えていられない。

もし最悪なことがあるなら
それをこの映画は見せてくれる、
では見たことでそれを避けられるかといえば
答えはノーだ。

それなら救いは無いのかといえば
どうなんだろう、
やはりそれでも人は人とすれ違い、
時々はぶつかり合う。

そして時々見知らぬ同士が知り合い、
心を通わすこともできるのだ。

なんという脚本のうまさ、
すごいね、そしてそれを楽しむことの喜び。
圧倒的な才能はあるのだと感じた。

アカデミー作品賞、脚本賞受賞作品ですが
今回も小粒な作品の受賞がちょっと残念です。
じかいはまさに大作!が取って欲しい。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中

★良く出来た映画ですが、アカデミーの2005年の頂点の1本というには
小粒すぎじゃないかな。心にグサッとくるには洗練されすぎ。
人間ってもっとこんがらがって整理つかないものじゃないか。

「力道山」ソル・ギョングの役者魂は本物!

2006年03月27日(月) 0時15分
この記事は2004年12月23日ソウルで見た時
すぐにブログにソウルから書いたもの。
日本でも公開が始まったので再掲載する。


「力道山」★★★☆
ソル・ギョング、中谷美紀主演
ソン・ヘソン監督、2004年韓国

土曜の深夜、残りひとつの席に滑り込む。

ソル・ギョングは熱く濃い。
どの映画でも全身全霊という言葉が
当てはまるくらいの熱演だ。

セリフのほとんどが日本語でという
異色の映画は力道山の命日に公開され、
動員トップに躍り出た。

今、韓国の人たちが何を見たがっているのか。
昨年この時期、「シルミド」という北朝鮮潜入の訓練を秘密裏に行い、
無残にも歴史の中で消された人たちの真実を描いていたように、
経済の発展を遂げた今、過去の考証をさかんに行っている。

その二つの映画で圧倒的な存在感を放つソル・ギョングは、
実在の力道山をこの映画で演じきっている。


朝鮮人という偏見から、プロレスのヒーローへと変化する
生身の人間を、時にあざとさも見せながら、
何かを掴む為なら、他の何もかも省みない強さに胸が熱くなる。

何かをするとき、いつも人目を気にしてはいないか。
本当に欲しいものも見つけられずに、
誰かと比べて「それ程悪くないな」が、何かの基準なら
それはあまりに虚しい。

★この映画を見たとき、映画の力を感じた、そして
役者の心意気をそこに見た。
すごく良い気分で映画館を後にしたのを覚えている。
映画の出来はそこそこ、でも熱い役者魂を見るだけでも価値アリ。

★同感、もしくは他の意見は是非TBで、そしてここもクリック!よろしく。← ランキング参加中

インドは手強かった! 旅のsora

2006年03月26日(日) 18時40分
3月14日から13日間のインド旅行を終え
本日帰国。
朝日が昇る少し前、この表紙のように翼が紫とうすい黒に
縁取られ、雲の上を飛行する姿は美しかった。

@ムンバイ(ボンベイ)
映画「サラーム・ボンベイ」を見てから必ずこの目でどんな場所か
見たいと願っていた土地。

Aバラナシ(ベナレス)
ヒンドゥー教の聖地には5日滞在、この生きとし生けるものの混沌とした土地は
インドに行くなら外せない旅行者にとっても聖地。

Bアーグラー
世界遺産のタージ・マハルは息を呑むほど美しいという
形容にぴったり。
同じインドにあるとは思えない静謐さを持つ稀有な存在。

Cニュー・デリー
駅前のバザールやオールド・デリーなどに見所はあるが
他は大都市そのもの。

定価はなく、旅行者にとっては全てが交渉という
なんとも不自由な毎日。
疲れた心にこれが徐々に効いてくる。
これを乗り越えられるかどうかが、個人旅行を楽しめるかどうかの鍵。

「だまされまくり」と怒っていた人もいたが
ちゃんと自分の考える価値で実に上手に交渉してる
女の子もいて、
自分探しを生ぬるい日本なんかでやってないで
インドでやってみろーと考えた暑いインドの雑踏の中。

旅のメモはこれから徐々に自分の記録として
書いていくが、とりあえずは帰国報告。
さて明日からはまた仕事だ。

孤独な夜に考えたこれからの自分のイメージに
近づけるように、そしてちゃんとできているか
時々は立ち止まって考えたい。

★このブログは現在何位かな?、クリック!他のブログもチェック!←

「波浪注意報」セカチューのリメイクをバンコクで観る

2006年03月26日(日) 17時40分
「波浪注意報、My Girl and I」★★★
ソン・ヘギョ、チャ・テヒョン出演
チョン・ユンス 監督

タイのバンコクで韓国映画を観る。
しかもタイ語の吹き替え
いつもは韓国で理解できないハングルで
映画を見てるのでタイ語でも同じこと。

チャ・テヒョンの高校生役はムリがあるだろうと
思いつつも、そのうち気にならなくなる。
そしてだんだん分ってきた
これが「セカチュー」のリメイクだと。

韓国では日本のドラマや映画の
リメイクが割りと作られている。

似た設定のちょっとスケール縮小版というところ、
相手役のソン・ヘギョは、溌剌とした輝きをもっていて、
それが舞台となる海の近くの風景と合っていて
これからの運命が予想がつくので
悲しいくらいに眩しい。

全体的にコメディ色が強いが割りと楽しめた。
ハイライトとなるフェリーを待つ大嵐の待合室で
叫ぶシーンは、どうなるのかなーと見ていると
「助けてください!」は無かった。

この映画は今年の後半に日本でも公開予定。
ヒットはムリ、たぶんマイナーな公開になりそう。
韓国映画好き以外の人がこのリメイクを
お金を払って見ようと考えるだろうか。

バンコクの映画料金は時間帯にもよるが
この映画は80バーツ、約240円、これなら悪くない。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

「夜より暗き闇」ミステリーの範疇には納まらない秀作

2006年03月25日(土) 23時55分
旅には文庫本を持って行き、
読み終えたらそっとホテルに置いてくる。
今回最初に読み終えた本の感想。

「夜より暗き闇」上下 ★★★★
マイクル・コナリー著

今回のインド旅行に持って来た本
セントレアから読み出した。

ミステリーの分野の本でありながら
この本では主に二人の男の
これまでの生き方と、これからを
丁寧に綴った人間を描いた小説だ。

事件は主人公ハリー・ボッシュと
同名の画家の描いた絵をめぐって
プロファイリングしていくと
どうしても彼が犯人に行き着いてしまうというもの。

本当にハリーが殺人を行ったのか。
主人公何だからまさかねと思いつつも
彼の生い立ちや現在の考え方は
人間の闇は計り知れないのだと思わせる。

派手さはないが、その分ご都合主義的な
辻褄合わせもなく、とにかくうまい作家だなと感じさせる。

まだ読んでいない本が多く翻訳されているので
これからも楽しめそうだ。

修行僧がいっぱい 旅のsora

2006年03月20日(月) 21時30分
ここバラナシはヒンドゥー教の聖地とされ
一度はここを訪れ、沐浴したいと彼らは願うそうだ。

またここのガートで焼かれ、その灰をガンジス川に
流してもらうのは最高の死への旅立ちとなるらしい。

ここには髭も髪も伸び放題の
修行僧のような人を多く見掛ける。
生きている事の全てを祈りに捧げている。

そしてここではその修行僧もどきの
「インドに長くいまーす」と強く主張している
多くの日本人を見掛ける。

見かける日本人は大きく分けて二つ
ツーリストとインド人もどき

食堂でも大声で3等列車に乗ったらヒドイ目にあってねーと
なんだか嬉しそうにさえ聞こえる。
また修行してるんなら、静かに瞑想でもしていればいいものを
何故か数人で群れている。

なるべく安い所に泊り、なるべく長く旅を続ける

時間の束縛の無い旅はそれが基本だ。
でもどんなに頑張っても日本人なんだよね。
ここまで飛行機で来てるんじゃん。

バラナシ4日目 旅のsora

2006年03月19日(日) 12時47分
ホテルを出て大体の位置関係をつかんで
川下のマニカルニカー・ガートに向かう。

途中の民芸品売り場やインド音楽の
CDやカセットを売っている店を覗きながら
人がやっとすれ違えるくらいの小路を
しばらく歩いていると「ゴールデンテンプル」と
書いた看板が見える。

方向は合っているなと確認して歩くが
何だかもうどっちから来たか分からなくなって来た。

すると少年が「ドコイク」と声をかけてくる。
普通は無視するところだが
「火葬場」と言うとこっちだと先を歩きはじめる。

視界が開けた所には薪がうず高く積まれている、
その向こうでは煙が上がっている。

「人が近づいてきて、何か説明をするけど答えてはだめだよ、
後でガイド料を取られるからね」
詳しい小僧だ。
3階建ての建物の2階から見下ろす、美しい布に包まれたものは
まずガンガーの水に数回浸され、その後薪の上に安置される。

火がかけられ、大きな炎に包まれると
くるんだ布の先端がめくれて足が見えた。

「もう充分だ」と思い来た道を引き返した。
灰になった体はこの後、ガンガーに流されるそうだ。

歩きながら思った。
もっと衝撃的で圧倒的なのかと思っていたが
あまりに淡々と行われ
日常のワンシーンのようで、明るい太陽の下
何も特別な事には感じられなかった。

しかしここには、訪れた者を捉える何かがある。
やはり普通に暮らしていては体験できない
インドの日常がここにあるからだ。


★このブログは現在何位かな?、クリック!他のブログもチェック!
2006年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf