「チキン・リトル」子供でいっぱい

2005年12月29日(木) 10時40分
「チキン・リトル」★★★
声の出演:ザック・ブラフ、ジョーン・キューザック
マーク・ディンダル監督、2005年アメリカ

ディズニー初の
3DCGアニメーション。

アニメは
全く興味が無かったが
「Mr インクレディブル」で
ちょっと考えを変えた。
食わず嫌いじゃなく、
とりあえず見ておこうかと。

先に席を取っておいて
開始直前に暗闇にもぐりこむと
そこは家族連れのグループの
真ん中。

面白かった、
それは
大人にはくどいと感じられる
同じような繰り返しに
子供たちが声を上げて笑う

家でTVでも見てるように
隣の子と興奮したように話したり
母親にお菓子をねだったりと
彼らは常に慌しい。

それに比べると画面のチキン・リトルは
すごくあっさりとして、
ストーリーも踏み込んだところも見当たらず
子供向けにとどまった。

映画のパロディでハリソン・フォードまで
登場させているが
これは子供というより、一緒に来ている大人向けなのか。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

★DVDになったとき、何度も子供に見させておけるような
オーソドックスで動きがあり、ちょっとした教訓を含んでいる。
アニメにもいじめや母親の死など、現代はおとぎ話も
夢だけじゃないようだ。2

最新韓国映画事情・ソン・イェジン新境地!

2005年12月28日(水) 22時26分
公開されたばかりの新作映画、実はソウルで見る予定でしたが
雪で行けなかったので、ちょっとお知らせのみ。

「ナンパの定石」
ソン・イェジン、ソン・イルグク 主演

涙とせつなさが
つきものの女優
ソン・イェジンが
全く違うキャラに挑戦!


ナンパの代表選手が
お互いの技で
ナンパの真剣勝負を広げる
さて、最後の勝者は誰か?

バカバカしいストーリーなので
注目は1点、ソン・イェジンの変身振りのみ。


「波浪注意報」
チャ・テヒョン、ソン・ヘギョ主演

チャ・テヒョンが高校2年と
ちょっとムリのある設定。

学校一人気のある女の子が
ずっと恋していたのは
冴えない幼なじみだった。

2年前の冬、ソウルでは「ハッピー・エロ・クリスマス」が
上映してましたが、くだらない映画でした。
チャ・テヒョンが大げさな笑いをとってましたが、
憎めない役者ですし、韓国の人たちは大好きな役者のようで
会場中かなりうけてました。


「台風」
チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ主演

海上を運航中だった船が
海賊に奪取される事件が発生。

その船には核衛星誘導装置である
レシーバーキットが積まれていた。

秘密の行動が何故漏れたのか、
奪った海賊は何者か?

復讐を誓う男にチャン・ドンゴン、
守る側の海軍大尉にイ・ジョンジェが扮し、
男の戦いが展開される。

★ここまで読んだら、是非クリックもよろしく!他のブログもチェック!←ランキング参加中!

最新韓国映画興行成績12/18付

2005年12月27日(火) 18時30分
@「タイフーン 」
チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ主演


復讐を誓う男にチャン・ドンゴン、
守る側の海軍大尉にイ・ジョンジェが扮し、
男の戦いが展開される。


キングコングのダブルスコアくらいのブッチギリで
首位に立ったのは、男のドラマ


膠着状態の韓国のチャートですが、新作2本が上位を占めた。
これから年末までにまだまだ韓国映画の新作が公開され
正月(韓国でもお祝いするのか?)は
またしても韓国映画が上位を独占しそう。

A「キング・コング」

B「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」

C「グァンシクの弟グァンテ」

D「6月の日記

ホントは@の台風などは、ソウルで見て帰国予定でしたが
残念、次回の訪韓は未定です。

★このブログは現在何位かな?、クリック!他のブログもチェック!←

「ディア・ウェンディ」ジェイミー・ベルの新作

2005年12月26日(月) 18時13分
「ディア・ウェンディ」★★★
ジェイミー・ベル、ビル・プルマン主演
トマス・ヴィンターベア監督、2005年デンマーク

名作「リトルダンサー」主演の
ジェイミー・ベルを
久し振りに見た。

「デス・フロント」を
見たときには、
暗い未来も予感したが
最近どうしてるかなーと
思っていたら、先日「キング・コング」で再会、
「おっ、活躍してるじゃん」

さて、この映画。
たまたま手に入れた本物の銃を
主人公は
ウェンディと名前を付けた。

炭鉱の町で自分の居場所が見つけられずに
ただ、生きているような無味乾燥な毎日が
その銃を手に入れたことで変わっていく。

この映画は実際は有り得ない、
ただこれは寓話として成立している。
このあたりが実にうまいところだ。

悲劇的な結末が意味するところを
様々に解釈できるが
もし選べるなら、彼の選択は悪くないなと
感じた、何も感じられない毎日の
向こうにも何も無い、
だとしたら生きていることを実感できた瞬間は
何にも代えがたく、尊い。

鏡のような水面に落ちた
ひとつの変化。
同心円がどんどん広がっていく。

他の人には分からない、
正しいこと、間違っていること
それだけでは図れない心の中。

★ここまで読んだら、是非クリックもよろしく!他のブログもチェック!←ランキング参加中!

★この映画は現代社会の若者の・・・なんとかかんとかって
いうのじゃなく、もっと心の奥の方で渇望する
「此処ではない何処かへ」「今の自分は本当の自分じゃない」など
誰でも時にふっと考えてしまうことを具体的に映像にしただけだ。

ましてや銃社会を批判なんてしてないよ、そんな大それた意思をもつものでなく、
もっとパーソナルな映画といえる。

「男たちの大和」昭和は終わらない

2005年12月25日(日) 1時05分
「男たちの大和」★★★☆
反町隆史、中村獅童、松山ケンイチ主演
佐藤純彌監督、2005年日本

あえて言うなら
無駄な死を目にして
悔しくて堪らなかった。

無駄な死というより
無残なと
言い換えた方が正しいのか。

戦争に行くということは
死ぬかもしれないこと、
しかし大和の沖縄への旅は
必ず死ぬことが分かっていながら
命令によって、NOとも言えない旅。

極限状態の友情や恋など
類型的ではあるが、やはりこういう部分に
グッと来る、泣ける。

ひとりひとりの人間の大切な命が
かつて、こんなに軽く扱われていたのだ。

せめて自分たちは大切にしたい。
人間の命を。

そして日本がこれ以上
武力を行使することに無言でいてはならないと
強く思った。

この映画は戦争の事実を丁寧に
描いてくれている。
心熱くするシーンもたくさんあり、映画として
ちゃんと成立している、
何より劇場はほぼ満席。

そしてここでも実感する、
映画の力を。

たくさんの人に見てもらいたい映画

★ここまで読んだら、是非クリックもよろしく!他のブログもチェック!←ランキング参加中!


「疾走」映画としての疾走感ナシ

2005年12月24日(土) 14時20分
「疾走」★★★
手越祐也、韓英恵主演

この映画には
「何か」がある。

だけど伝わらない。

重松 清の原作の厚さとカバーの
歪んだ男の顔の強烈な印象の方が
映画よりずっとインパクト大。


疾走というより
無気力な少年の周囲が
彼の意思とは無関係にどんどん、どんどん
悪い方に変化して行き、
彼は同じ場所で立ち止まっている。

それから、いくらなんでも
特異な出来事が重なりすぎで
リアルを感じられないことも
どうしても乗り切れない一因。

映画を見ながら
「邦画ってこうなんだよなー」と
残念な気分になった。

このところヒットな気分になる邦画のいくつかに出会い、
この映画も期待してましたが
狭い部分をなんだかんだとごちゃごちゃやっているだけで
そこから抜け出せない
そんな風に感じた。

中谷美紀は良かったな。

★ここまで読んだら、是非クリックもよろしく!他のブログもチェック!←ランキング参加中!

役者の資質ってものもあると思う。

「小さな恋のメロディ」初恋ならこの映画

2005年12月23日(金) 18時33分
「小さな恋のメロディ」★★★★
マーク・レスター、トレイシー・ハイド主演
ワリス・フセイン監督、1971年イギリス

あまりに有名な映画を
初めて全編見た。


少年と少女の恋、
光に満ちた映像、
優しく流れる音楽「メロディ・フェア」

そして見知らぬ街の風景。

大画面で見ていたらどうだろうかと考えた。
そして今、同じような映画が公開されたらどうだろう。

公開当時、たぶん多くの人が
微笑をもってこの映画を受け入れたことだろう。
しかし、現代ではもっと色んなことが複雑になり、
作る方も、見る方もそういうことが描かれないと
どこか足りないと感じている。

ちょっと空いた時間で
チラッとみようと再生したが、
一気にラストまで見てしまった。

映画のそこかしこに「懐かしさ」を見つけた。
そしてかつて見た夢のようなものも。

この映画のラストシーン。
どこまでも続く一本の道を
二人の動かすトロッコが進んでいく。

その向こうに幸せな日々を
思い描けるかどうかは受け手にかかっている。
何かにあれ程真剣で、まっすぐだったのは
いつのことだったかと
ふと思って悔しく思った。

「いつか」や「このずっと向こう」に
甘い夢をそれ程見なくなったのはいつからか。

★ここまで読んだら、是非クリックもよろしく!他のブログもチェック!←ランキング参加中!

★昔の映画だからと敬遠してましたが、新作のくっだらないので
時間を損するよりずっとススメます。

セントレア・雪で全便欠航→ソウル断念!

2005年12月22日(木) 23時58分
いつもより早起きして
セントレア(中部国際空港)へ行ったが、
雪と強い横殴りの風で
午前の便はすべて欠航。

チェックインを済ませ、
出国手続きも終えて
ゲート前で待つこと4時間
ぞろぞろと到着ゲートへ移動、
普通だと再入国手続きだけど
「出国取り消し」の手続きをした。


待っているときは暇なので、
これまでのスタンプの数を数えた。
2000年に作ったパスポートには
ビザを含め73個のスタンプがあるが、
「取り消し」スタンプは初めて。

長い長い半日を終えて
名古屋駅へ戻ると雪はほとんど降っておらず脱力。

今回はマイレージが貯まったので
無料航空券で、気が大きくなって
良いホテルを予約していたが、キャンセルの電話を入れた。
慌しい時間を過ごして、気がついたら
夕方になっていた。

なんという一日!

★このブログは現在何位かな?、クリック!他のブログもチェック!←

以前、ギリシャで遅延から欠航になった経験があるが、
そのときはチェックインさえ出来なかったので、
出国取り消しというのは、初体験。

ソウル便はビジネスマンが多く、彼らはさっそく
関西空港や、羽田便を求めて電話をかけまくっていた。
頑張れ日本のビジネスマン。

「キング・コング」完全無欠の娯楽大作

2005年12月21日(水) 0時51分
「キング・コング」★★★★
ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック主演
ピーター・ジャクソン監督

海図にも無い
髑髏(ドクロ)島での
映画の撮影。

1930年代の
クラシカルな雰囲気は何となく
まだ、キングコングの
居場所を感じられる。

ヒロインのナオミ・ワッツの
硬質な美しさは
初代のヒロインとは違うようだが、
次第に心を通わせるシーンは、ぐっときた。

現代のヒロインはセクシーさは売り物にしないのだ。

ありえない話だと前提して、展開される話ながら、
ここに描かれるドクロ島には、間違っても行きたくない。

群れで走り来る恐竜たち、
地底の不気味なムシたち、
頭の中の想像を形にしたのは、
監督のピーター・ジャクソン。

名作「ロード・オンブ・ザ・リング」で学習した
「見せ方」を、今度は巨大なキングコングで
さらに昇華させた。

凄い!
面白い!

そして押し付けがましい教訓もない、
素晴らしい!
娯楽大作の王道だ。

そして、そしてラストは涙。

★ここまで読んだら、是非クリックもよろしく!他のブログもチェック!←

劇場で是非。

っていうか、劇場で見ないんだったら、見る必要なし。
大画面じゃなくてはこの感動は得られないからね。

「ノエル」孤独の心に奇跡が起こる

2005年12月20日(火) 8時11分
「ノエル・NOEL」★★★
スーザン・サランドン、ペネロペ・クルス、ポール・ウォーカー主演
チャズ・パルミンテリ監督、2004年アメリカ

クリスマスの魔法といっても
スーザン・サランドン主演なので
かなり辛口。

大人の魔法は
甘口では信じられないからね。

母の介護で、自分の楽しみを押さえ込む
主人公は、イブからクリスマスにかけて
いつもとは違う体験をする。

またペネロペ演ずる
来週に結婚を控えた女性の
人生がクロスする。

クリスマスのきらびやかな光に満ちた街、
でもそれを見る側が
素直に綺麗と言えるかどうかは、
人それぞれだ。

少し勇気を出して手を伸ばせば
「幸せ」に触れられる、
「願ったもの」に届くかも知れない。

最初からあきらめないでと
映画は優しく伝えてくれる。
すごく幸せな気分になれる映画というわけにはいかない、
そんなに日常は優しくはないからだ。

だからこそここに描かれる
ささやかな奇跡が信じられるのだ。
いい脚本に、いい役者が揃えば
映画の魔法は必ず成立する。

★ここまで読んだら、是非クリックもよろしく!他のブログもチェック!←
2005年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf