「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」さよなら子供時代

2005年11月30日(水) 18時35分
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」★★★☆
ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント主演
マイク・ニューウェル監督、2005年アメリカ

この冬一番の大作が
いよいよ公開!

「ロード・オブ・ザ・リング」に
うつつを抜かしていたので
「ハリー・ポッター」はどうも
横目で見ていたが
公開されれば、どんなもんか
もちろん見に行きます。

クィディッチ・ワールドカップ
決勝戦で、
空に現れた不吉な印。

そして新学期が始まり、
100年ぶりに
「三大魔法学校対抗試合」が
ホグワーツで
開催されることになった。


これから映画界でも活躍しそうな
予備軍が大量に出演し、
展開も相変わらず早く
映画の醍醐味に溢れている。

しかし、ふと思ったのは
「これで子供はこの映画を楽しめるの?」

画面全体は常にダークなトーン、
おどろおどろしい登場人物、
そしてとうとう善良な少年が殺されるとこまで
いくとは、ちょっとビックリだ。

ハリー達は、大人の扉を開け
子供時代に決別するが、大人の世界も
それほど悪くないよと言ってやりたかったな。
別に大人になることはそんなに
苦難や不条理ばかりじゃないってね。

最初の不遇だけれど
「何か」を持っている、輝くような笑顔を持つ少年の
成長物語が、こんなひとつの結末を迎えるとは
思わなかった。

もうこの映画にはファンタジー色を求めないのか。
吹き替え版で見ている小学生あたりの反応は
どうなのか、ちょっと気になった。

★ここまで読んだら、クリックもよろしく!他のブログもチェック!←

★全米でシリーズ最高の出足となったシリーズ4作目。
日本では逆に1作目の200億から、少しずつ興行収入は
下がっているようだ。
@第1作「賢者の石」が203億円
A「秘密の部屋」が173億円
B「アズカバンの囚人」が135億円
とはいえ、スゴイヒット作だ!

「バタフライ・エフェクト」レンタル開始・必見!

2005年11月30日(水) 0時23分
★レンタル開始されたので、是非見てください!
見て損ナシ!

以下は短縮版なので、完全版←もチェックしてください。

「バタフライ・エフェクト」★★★★
アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート主演

予備知識が
全くなしで見た。
詳しい内容解説は
HPに任せるとして、

映画の冒頭でも出てくるが
キーワードはひとつ。

『蝶の羽が世界のどこかで
揺れただけで
変わってしまうこともある。』

アイデアは全く新しいわけではないが
見るものを居心地悪くさせるような
物語の破綻もなく、
脚本が秀逸。

何より主役のアシュトン・カッチャーの
クルクルと変わる表情は生き生きとして
サスペンス色の強い内容ながら
肉声がちゃんと聞こえる作品にしている。

これは役者の魅力なのだろう。

誰もが
「もしあの時やり直せたら」とか
「あの時の恥ずかしいシーンを消したい」とか
考えたことがあるハズ。

この映画はそんな普遍的な気持ちを利用しつつも
やはり現実を受け入れようとする。
そしてラスト。

「そうなるのか!」と思いつつ、
見ていると突然すぎるラスト。
そのシーンにかぶさる曲が、その時の気分にあまりに
はまって、涙・・・。
ハッピーエンドなのに悲しすぎる。

期待していなかった分、すごく良い映画に出会えて
これだから映画館通いはやめられないんだよね。

★共感、もしくは記事を読んで映画が見たくなったらクリック!よろしく←ランキング参加しています

「ローレライ」レンタル開始

2005年11月29日(火) 16時46分
★レンタル開始されました、過去の記事を再掲載します。
以前の短縮版ですので←クリック!過去記事も参考にしてください。

「ローレライ」★★★☆(☆ひとつおまけ)
役所広司、妻夫木聡主演

設定が面白い。
ありえそうなストーリーも
見ているこちらに
興味を湧かせることに
成功している。

戦争映画では必ず、
「何のために」戦うのかと
劇中で問うシーンがあるが、
それを家族の為とかに
すり替えたりするのは
もう止めた方がいいんじゃないか。

戦争時はたぶん「何のため」なんて
考えることは無かったと分かっているから。
それは国中のほぼ全員が、徹底した教育の元
そういうものだと教え込まされていたから。

反対の意見を持つことは、本や
ドラマで描かれるけれど、本当に少数だったのは
事実だから。

「ローレライ」は「名作」となりえる「大作」の
そのどちらでもないが、心意気は買いたい。
潜水艦が急速潜水するときに
乗組員が艦内を同じ方向に走るシーンなどは
かなり以前に作られた「U−ボート」の方が
今見てもはるかにリアルに描かれている。

しかしそんな粗探しみたいなことはしたくない。
歴史のある部分と向き合い、
その中で娯楽としての映画として
いいものを作ろうという意気込みは
充分伝わるから。

この1作に賭けるなんて考えないで、
この規模の作品をもっと作り続けて欲しい。
いつか興奮するくらいいい作品が出来るはず。
その意味で★3つでしたが、☆をおまけしました。

割りと面白く読めたなと思ったら、クリックよろしく!← ←

ただ頑張ったCGだけど、時々すごくチャチで
笑いそうになる。もう少し頑張ってもらいたい。

「ランダム・ハーツ」余裕の演技、上質だけど物足りない

2005年11月29日(火) 7時40分
「ランダム・ハーツ」★★★
ハリソン・フォード、クリスティン・スコット・トーマス主演
1999年、アメリカ

マイアミ行きの
飛行機が墜落した。
妻が乗っていた警官を
ハリソン・フォードが、
夫が乗っていた上院議員候補者を
クリスティン・スコット・トーマスが
真に迫った演技を見せる。


ハリソン・フォードは
多くの有名なヒット作に主演しているが、
固定したイメージを持たないので
どんな役も見ているこちらもすんなりと
受け入れることができる、これは演技のなせる技か。

ただこの設定が、
結局不倫されて生き残ったもの同士が、
お互いの気持ちを通い合わせていくという部分が、
どうも「どうして、そうなるんだ?」という
印象を拭えず、受け入れられない。

これってヨン様の「4月の雪」と同様の設定で、
やはりこの一点だけがもう少し丁寧に描いてくれないと
なるほどと思えないのだ。

行きつ戻りつする自分の心、相手の心、
その微妙なバランスをうまく見せてくれているが、
やはり大作待機中にちょっと出ておこうかといった
軽めの作品でした。
ただ「6デイズ7ナイツ」よりは,遥かに出来は良かったです。

★ここまで読んだら、クリックもよろしく!他のブログもチェック!←

韓国映画興行成績11/20付

2005年11月28日(月) 10時57分
あまり変動のないチャートが続いていましたが、
久々に上位に変化がありました。

@「ブラーズ・グリム」←タイトルクをリックすると記事に飛びます。
久々に韓国映画以外が1位獲得。

この前に首位を取ったのは
7月22日公開の「アイランド」以来のこと。
実に4ヶ月も韓国映画が首位独占だったので
そろそろキムチ以外のものを食べたくなったか。

A「無影剣」
イ・ソジン、ユン・イ、イ・ギヨン、シン・ヒョンジュン 主演

渤海最高の女武士、
最後の王子を救え!
こういう扮装ものは、
年に数本作られ、
割と本気で作っているので期待したい。








B「ミスター・ソクラテス」
 キム・レウォン、カン・シニル主演 

お前はただ私たちが言うとおりに
警察試験を通過して刑事になれば良いのだ。

訳の分からないまま、体格の良い男たちに囲まれ
勉強を始める・・・・。
ありがちなコメディのようですが、日本で見られるかは微妙。



C「フライトプラン」
ジョディ・フォスター主演の今年興行成績ベスト10に入る
作品も、韓国では先週2位発進、すでに後退傾向です。

この映画見ると飛行機が怖くなるかも。


D「野獣と美女」
200万人動員で、ヒット作となった。
是非見たい!

★このブログは現在何位かな?、クリック!他のブログもチェック!←

★韓国の映画は色んな割引があり、クレジットカードや
なんかの割引券を出して盛んに係りの人に話しかけてる。

喧嘩腰に聞こえて、ちょっと怖い感じ。、mbvgfです。
何であんなに攻撃的なんですかね。

「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代

2005年11月27日(日) 1時10分
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★
堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演
山崎貴監督、2005年

予告編を見た時、
「この映画はやめよう」と
思っていた。

「泣き」の映画の
あざとさのようなものを
嗅ぎ取ったからだ。

で、映画館の暗闇で上映開始を待つ。
やっぱ、見てるんじゃん。


泣いた。
心の中で父や母にありがとうと何度かつぶやいた。

映画の中に、ウエットな大多数の日本人の心を
揺らすキーワードがいくつも散りばめられていて、
時々胸の奥の柔らかい部分を刺激する。

この映画は舞台の演劇を見ているようで
大げさな演技と、ベタな笑い、
でも冷めた目でなんて見ることは出来ない。

夢を語り、人とのつながりを真面目に
子や家族に話していた時代、
それはカッコイイこととかカッコワルイこととか
そんなことでなく、ごく当たり前のことだったのだ。

今は人は夢は語らない。
叶わない夢は追わない。

手が届きそうなことを「夢」と呼び、
誰もがほしがる物を同じように追っている。

町の隅々までに熱気が溢れた様子が
映画でもよく表現できていて、
それがこの映画にリアルを与えている。

同じような毎日を時として否定的に考えることがある。
でもこの毎日を、与えてもらったことに
感謝さえしていない。

貧しいとか豊かだとか
もうどんな物差しでも計れない。
他人がどう思おうと構わない、
そこには何も確かなものはない。

そう思いながらも、この映画で描かれる時代の空気は
どうだろうか、濃密で暖かだ。
悪いものは悪い、良いものは良い、
もうたぶん戻れない郷愁に涙を流すが
そこに自分の求めるものはない。

画面いっぱいの美しい夕日を見て
心の底から湧き上がる、力を感じながら
この高揚する心の暖かさはきっと変わらないのだろうなと。

★ここまで読んだら、クリックもよろしく!他のブログもチェック!←

★久し振りに映画を作る熱い心を感じた映画。
この調子で、心に響く映画をよろしく。

★「貧しいけれど、心は豊かだった」等の記述を見かけるが
それはどうかな、やはり心も貧しい人はいつの時代も変わらない。
昔ばかりが良いようなコピーには、違和感を覚える。

今を生きているものとして、今が最高と書きたいね。

「オールド・ボーイ」復讐3部作・リバイバル

2005年11月26日(土) 0時20分
★「親切なクムジャさん」公開で過去の「復讐三部作」を再掲載します。

「オールド・ボーイ」★★★★☆
チェ・ミンシク、ユ・ジテ主演
パク・チャヌク 監督、2003年 韓国

チェ・ミンシクの鬼気迫る怪演。
「どうして、オレを15年も監禁したんだ」
訳のわからない状況、そして復讐。


謎解きよりも、明らかになる真実に
主人公がどう反応するかということから
目が離せない。


可憐なカン・ヘジョンと
無機的なユ・ジテが好対照に
わき目もふらず突進する主人公を
引き立てる。

謎解きがあわった後も、この映画は
その解決を求めていただけではないと分かる。

人間を突き動かすのは、
いつも正しいパワーだけではなく、
よじれた心が作る暗闇でもあり、
そして何より、生きたいと願う心なのだ。

設定、キャスト、シナリオ全てがパーフェクト。
こんな映画見たことない。
傑作

★ここまで読んだら、クリックもよろしく!他のブログもチェック!←

「復讐者に憐れみを」復讐3部作・リバイバル

2005年11月26日(土) 0時15分
★「親切なクムジャさん」公開で過去の「復讐三部作」を再掲載します。

「復讐者に憐れみを」★★★☆
ソン・ガンホ、シン・ハギュン、ペ・ドゥナ主演

少しだけ狂った歯車が
何もかもを破滅的な方向に
向かわせてしまう。
もう誰にも止められない。

もちろん善人ではないが、
極悪人でもない、
何かのきかっけで
悪い方へ、悪い方へと
雪崩落ちて行く。
救いは無い。

演技派のシン・ハギュンは、
聞こえない,話せない、
安い賃金で
経営者に搾取され、泥まみれで働いている。

「こんなはずじゃなかった」という
声にならない声が聞こえる。
なんとかならないかなと思っても
ただただ見ているだけ。

実になんとも言えない映画だった。
見て時間を損したとか、そんな気には
ならないが、だからといってここから
何を感じ取ればいいのか、見終わっても
そのやり場の無い感情をただ持て余すだけだ。

この映画が少しでも気になったらクリック!← ランキングよろしく

韓国はもしかすると怒りの文化が、あるのかもしれない。
何かが起こった時、必ず怒りの方向があり、かなり過敏に反応する。

映画の描写もそうだ。
かなりエグイ描写の映画が結構ある。
劇中の人物の反応も大げさで過敏だ。

今回の「竹島」問題にしても
日本と韓国の温度差を見るにつけ
自分たちはもっと過去の歴史を知って
彼らのことを理解すべきだし、
それでもっと近くに感じることが出来るだろう。

こんなに恋焦がれているのに、
昔の過ちを折りに触れて指摘されて
冷たくされているような感じ。

今回見た映画のようにどこかで歯車が違うと
取り返しの付かない方向に
その意思とは別に流されていくことがある、
でもそれでも強い意志と、もっとお互いを
理解しようという気持ちを持ち続けることで
なんとかもっと近くに感じたい。

竹島でこじれるなら、あげてしまえばいい。
それとも友好の島として両国の旗を掲げるのもいいな。
こんな素朴な考えじゃなんともならないのだろうか。残念だ。

残念でたまらない。

「親切なクムジャさん」イ・ヨンエの代表作!

2005年11月25日(金) 0時30分
「親切なクムジャさん」★★★☆
イ・ヨンエ、チェ・ミンシク主演
パク・チャヌク監督、韓国、2005年

自分の娘を守るため、
誘拐、殺人の身代わりで
13年の刑を終えた主人公。

彼女は復讐を誓った。

白く美しい顔に
真っ赤なアイシャドウを塗り、
服役中に親切にした
仲間の助けを借りて
復讐の準備を整える。

「復讐3部作」のラストを飾る作品は
これまでよりインパクトは後退、
好き放題に描くというより、
できれば多くの人に見てもらおうとする
意図が見え隠れする。

雪の降るラストシーン、
汚れを知らない真っ白になりたいとと
歌うように話すクムジャさん。

13年をかけた復讐を果たしたとき
彼女に達成感とそして幸せな気分は訪れたのか。

韓国映画はドギツク、生々しいシーンが
多く登場する、
相手をバカヤローと罵るシーンも少なくない。

そうした描写の違和感は薄れたが
それでも思わず目を背けるシーンもいくつかある。
次は生々しい描写無しに、
彼女の心の叫びを伝える映像のマジックも期待したい。

期待の作品だっただけに
どうにも消化不良な感じは拭えないが
この監督が見せてくれた、人間の極限の様は
新たな驚きだった。

行き着いた先が「汚れを知らない、真っ白な世界」とは
ちょっと虫が良すぎる気もするが
人間の心の中を、こんなに直接的に見せてくれる作品群を
次々と世に出した韓国映画の勢いには
これからも目が離せない。

復讐は結局その人の心を満たしてはくれない。
虚しささえ覚えるかもしれない、でもこれでなければ
次に進めないとしたら、これまでの自分の生き方さえ変えても
成し遂げなければならないこともあるのだ。

「クムジャ シ アンニョン」

★ここまで読んだら、クリックもよろしく!他のブログもチェック!←

「耽溺者ジャンキー」無敵のブリジット・ローガン

2005年11月24日(木) 7時40分
「耽溺者ジャンキー」★★★☆
グレッグ・ルッカ著、講談社、670ページ、1,000円
2005年2月発行

タフなヒロインは
ポルシェを乗り回し、
探偵を生業として、
人に言えない過去を
胸に閉じ込める。

友人の事件に
首を突っ込んだことから、
彼女は自らおとり捜査として
ドラッグ密売組織に入り込む。

いい訳めいたことを一切言わず、
分かる人が分かってくれたらいいと、
体を張って突っ走る。
どんどん嫌な展開に追い込まれながらも
決して弱音をはかない最強のヒロインだ。

かなり厚い文庫、
読み応えアリ。

緊張感の度合いはレベルを超えているが
高いところで持続とまではいかず、
少し低空飛行で、盛り上がりにかける。
ハードボイルドなら、心を熱くさせるシーンを
読み手は望むもの。

興味深いヒロインを見た気がするが、
絶賛!にはもう一歩。
ただ読んで損はない。次のページが気になる本でした。

ボディガード、アティカス・コディアック・シリーズの
番外編でアティカスの恋人のブリジット・ローガンを
主役にした物語。
この本シリーズも読みたい気になった作品でした。

★ここまで読んだら、クリックもよろしく!他のブログもチェック!←
2005年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf