元気になれるメール

2005年09月30日(金) 1時09分
「就職が決まりました」と
メールが届いた。

私は専門学校で教壇に立っていて
彼は3ヶ月コースの受講生だ。

さっそく事業主から
今後、3ヶ月、半年、1年
そして3年先を見据えた
仕事の計画を立てるように言われたそうだ。
写真はイメージ(ネパールにて)意欲と希望に満ちた
力強い文章は
見ているこちらも元気にさせてくれる。

彼の3年後までの計画には
国家試験を含む
いくつかの検定試験の合格も
必須と記されていた。

わずかな間だけど、
そのきっかけを作る現場にいて
彼はさらにその少し上の資格を目指して
スタートを切ってくれた。

仕事をしながらの受験なので
厳しいことは覚悟の上だと思う。

誰もが
「自分は一体何が出来るのか」
「自分に合う仕事はなんだろう」
「よりよい生き方って?」
様々なことを日々考えて暮らしている。

そんな中で
とりあえずの目標として資格試験取得という
少々厄介なテーマを選んだ彼を
心から応援したいと思う。

話は変わるが
ラストに希望の持てる映画が好きだ。
日々勝ち続けるということはあり得ない。
だからこそ時々の小さな勝利を喜びたい。

他者から見たらたいしたことないと思えることも
当事者しか分からない
苦しい過程があるのだから。

でもきっと明るい希望の持てるラストは
力を尽くした人にしか訪れない。
そしてそのラストは、いつもいつも
必ず次に続いていくのだ。

3年後、いやもっと先でも構わない
嬉しいメールが届きますように!

★元気になれたらクリックよろしく!← ランキング

嗚呼村上春樹的青空世界「東京奇譚集」

2005年09月27日(火) 22時10分
「東京奇譚集」★★★★
村上春樹著

新聞の広告欄で発売を知る
帰りにはカバーをかけた本を持って地下鉄へ。
開けて早く読みたいところだが
誰にも邪魔されない空間で
じっくりと読みたくて
手の中のプレゼントの中身を知りたいような
一気に読むのはもったいないような
そんな気分でアパートへ急ぐ。

そして2時間もかからずに
読み終えて、新しくコーヒーを入れて
ページの所々を開けては
斜め読み。

どこを開けても村上ワールド
文章の揺れはあっても
感じるのはどこも春樹さんだ。

こういうのって、安心であり
なんかちょっと物足りない。
そして気がつく強烈な心の揺さぶりって
感じられなかったな。

慣れてしまったのか。
奇妙な世界にも、隣に感じるような親密さを
読み取り始めたら
そこに居心地の悪さや、訳の分からないものは
見つけられず、
ありえない設定も飲み込んでしまう。

春樹さん、もっと遠くへ行ってくれないと
そのうちオレ追いつきそうだよ。
そんな気がした。

もちろん春樹的青空はすっきりした空に
ぼんやりとした雲がポツ、ポツと浮かんでいる。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

「ファンタスティックフォー」マンガタッチの娯楽柵

2005年09月26日(月) 23時30分
「ファンタスティックフォー」★★★
ヨアン・グリフィズ、マイケル・チクリス、ジェシカ・アルバ主演

悪いのもは悪く、
善いものは良い。
マンガタッチではっきりとした
分かりやすい構図。

演技がどうとかストーリーとか
そんなことよりも、
バランスの取れたクアラクターが
ありえない能力を戸惑いながら
発揮する様は痛快で文句無く楽しい。

ラストは次回へ続くという感じで
連続のドラマを見ているようだ。

ただ、ラストは閃光と炎に包まれた画面の連続で
満腹気味。
子供ならかなり画面から離れないと
この映画は見れそうにないくらい。

分かりやすく、痛快で娯楽に徹した本作。
でも観客はもうちょっと頭良いんだぞと言いたい。

時間つぶしにはいいけれど、たまにオモシロそうな
映画を見に行くぞ!と気合が入っているなら
他の映画が良さそう。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

さらば万博・ラストは「日立」

2005年09月25日(日) 22時06分
2200万人を記録した
名古屋万博が終了した。

私のラストは22日
「長久手愛知県館」初入場
ライブ感覚での環境への配慮の
訴えは心に迫る。

その後、気に入りの
「モロッコ館」へ行くが
かなりの列で諦める。5度行ったが
アラビアンナイトの世界、
きらびやかな色にめまいがしそう。

何故だか、そこでコーヒーを飲むと
なんだか全く別世界にいることが
落ち着いた。
もうあの場所はなくなってしまうが
いつか現地に行ってみたい。

そして「日立」へ。8回目。
実はHPからアザラシをダウンロードして
20日間育てていて、25日には消えてしまうので
では、日立に会いに行こうと
「タイマイが手から離れたら、アザラシが見えますからね」と。
アテンダントさんに言われていざ。

そして20日間育てたアラシ君が登場
クルリと回転し、こちらを何度も見ながら
彼は海に消えていった。
声を出している自分に気がついたが
恥ずかしくない。

18回通った私の万博が終わった。
海外へは50回くらい延べで行っているが
まだまだ知らない国は多い。

アフリカ共同館で買い込んだ
コーヒー豆がなくなる頃、
また何処かへ行きたくなるだろうな。


★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

「SHINOBI・忍」暗くて見えないぞ

2005年09月24日(土) 9時25分
「SHINOBI・忍」★★★
オダギリジョー、仲間由記恵主演

こんなに主役の二人の顔が
鮮明に見えなかったなと
二人の大写しのポスターを見ながら
地下鉄のゲートを抜けた。

CGの出来を誤魔化すためなのか
常に画面は夜明けか、
夜のように暗く
すごく見づらい。

何を思ってこんな画面をよしとしたのか
理解できない。
主演の二人は大画面でも充分美しいハズ。

400年間敵対し、殺し合ってきた
2つの忍びの部族の跡取り同士が
運命的に出会うが、
許されない恋の行方は
古典の昔から同様悲劇を迎える。

たくさんの特異な
キャラクターを楽しめたら
それなりに2時間は退屈しない。

しかし絶好調の二人を主役にしても、
心に訴えかけず、上滑りなセリフや
2人の行動は
アクションに重点を置くでもなく
哀しい定めを強調したいのか絞りきれず
それが見ているこちらも
映画に全然入り込めなくしている。

山里の自然やその様子を俯瞰するシーンなど
はっとする美しいシーンもあり、
良い映画を作ろうという情熱は伝わるが
ちぐはぐな感じが否めず残念。

でもこういう試みは悪くないので
もっと量産してもらいたい。
そのうち心に引っかかる映画にも
出会えそうだ。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

★韓国映画は玉石混交★
最近どんどん公開される韓国映画は
シネコンの8スクリーンだとすると
半分は韓国映画が上映されている。

日本では2作品がやっとで、1本はアニメという具合。
とにかくたくさんの作品が作られていて
良いのも、それ程でないのも新作が公開されている。

客はTVドラマを見るくらいのノリで
700円くらいで映画を気楽に見ている。
このあたりが日本と状況が違う。
邦画も「渾身の1本」なんて思わないで
勢いでどんどん作ってもらいたい。

万博「日本館」「三菱未来館」映像体験

2005年09月22日(木) 0時06分
「長久手日本館」
6度目にしてやっと
バージョン2を見ることができた。

印象としては、出来のよさというか
映像の感動度は大きい順に

夏休み>バージョン2>バージョン1

夏休みバージョンはそれまでの学習が
効いたのか、出色の出来。
映像の広がりは球体ということを
ホントうまく使っている。


本日は来館300万人達成記念ということで
記念の3色ボールペンをもらう。
なんでももらえるものは単純に嬉しい。

そして2度目となる
「三菱未来館」
ロボットとかは、万博の人間型の案内ロボットや
トヨタのロボットを見ているので
三菱のロボットに驚きはない。

メインの部屋は椅子に座って
映像を楽しむ。
大画面を横切る大きな体のクジラの
姿は迫力があり素晴らしい。

天井の鏡も効果的で素晴らしい。
また何といってもここには
今回の万博のテーマがちゃんと示され
奇跡の地球に、今を生きる
自分という人間の存在自体も
奇跡のようだと感じる。

そして生を受けたなら
やはり自分も地球号の乗組員として
環境やこれからについて考えたいと
妙に真面目になったりするのだ。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

自然と人間の共生について考えながらも
外にでると心はもう帰りのリニモの心配。

先週はゲートからリニモに乗るのに1時間10分かかったが
今日はほぼ同じ6:40頃で30分待ち
何だか長くそれ程感じないのが不思議。

楽しんできた万博もあと4日。
さて明日も行くよ!

「故郷」西島秀俊のリアル

2005年09月20日(火) 22時30分
「故郷」★★★
西島秀俊、片岡礼子 主演

不思議な映画だ。
何の解決というか
最初から問題なんか無かったかもしれないのに、
エンドロールではなんだか
爽やかな気分。

これは西島秀俊という
役者に負うところが
大きい気がする。

母の結婚式に
帰郷する主人公。

ひとり暮らしの母を気にかけながらも
都会での気ままな生活を送る
日本の大多数の大人のひとり。

都会に出る前に
好きだった同級生との再会、
そして同級生の子供と過ごす
「借りもの」のような時間。

このあと主人公がどうなるのか、
明確には示されない。
そうだ、そんなに簡単に
道筋が見えたらたまらない。

電車は故郷から東京に向かうけれど
人は歩き始めても
どこに向かっているのかなんて分からない。
もちろん人生という電車のようなものに乗って
今もどこかへ向かっているのだろうが
人はその動く車輪の方向を自分で決めたいのだ。

なんかすごくリアルな映画だ。
そしてお伽話のようでもある。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

★西島秀俊っていう俳優は、圧倒的な存在感は
全然感じないのに、色々な役で
「ああこんな感じの人、いるかもしれないな」と
思わせるリアルさがある。

ペ・ヨンジュン「四月の雪」韓国版チラシ3種

2005年09月19日(月) 20時09分
「四月の雪」韓国版チラシ3種
ペ・ヨンジュン、ソン・イェジン主演

ソウルに行くと、映画をたくさん見る、
というかソウルに映画を見に行くわけだけど、
今回「四月の雪」はA4版、B5版3つ折り、ハガキと
3種類も出ていた。

表記はハングルなので読めないが
日本のB5版の簡単なものと違い
厚紙タイプでパンフの簡易版といえる。

これが劇場で無料でもらえるのだ。
公開中も配っているので良心的。

映画の中の印象的なシーンが
かなり入っているので、映画を見た後でも
楽しめる。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

「チャーリーとチョコレート工場」ちょっと真面目すぎ、どうした!

2005年09月18日(日) 1時17分
「チャーリーとチョコレート工場」★★★☆
ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア主演

毒のあるお伽話だ。

人を信じられない大人と、
まっすぐの視線で
世の中の全てを見つめる子供

無機質で灰色の外の現実世界と
極彩色のチョコレート工場内部

甘く夢のあるチョコレート工場に
こどもらしくない子ども達が
醜悪なものに変えられていく。

対比に逆転に気持ちよささえ感じる。

隅々にまで懲りに凝った映像。
お金がかかっているその匂いさえ
プンプンする。

お伽話はそういうものを
全部魔法でくるんで幸せな気分にさせてくれるもの。
でも現代のお伽話はもっと毒が効いている。

贅沢な映像で楽しめる。
創造の世界を堪能していると
ハッピーエンドがやってくる。

おいおい、とちょっと戸惑う。
それじゃ典型的なお伽話じゃん。
悪くはないけど、最後もちょっとニヤリと
させるような何かが欲しかった。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

ジョニー・デップは好きな仕事を自由に選んで
その役を嬉々として演じている。
だから目が離せない。ダメダメな作品でさえ
気になって仕方ない。
この作品は及第点。大画面で見ないと映像の贅沢は味わえない。

グォン・サンウ最新作「野獣」韓国版チラシ紹介

2005年09月16日(金) 7時36分

グォン・サンウ、ユ・ジテ主演で
12月公開予定の「野獣(仮」の
韓国版チラシ

先週末ソウルで手に入れて来ました。

先日「マルチュク」見たばかりですが、
グォン・サンウはかなりワイルドさを増して
高校生から大人になっています。

明洞の服屋や健康食品などの
たくさんの店で彼の大写しのポスターを
見かける。

そろそろ決定打が欲しいところ。
この映画はどうかな。
12月にはまたソウルに行く予定なので
見られそうだ。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←
2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf