「南極日誌」極限を見る者は少ない

2005年08月30日(火) 23時46分
「南極日誌」★★★
ソン・ガンホ、ジ・ジテ主演

自分が唯一絶対であると
他言を受け入れず、
前に突き進む隊長。

厳寒の中で状況は
生死の境を越えようとしているが
隊長は今回の冒険の到達点を
見ないでは帰れないと言い放つ。

約80年前に書かれた日誌を見つけ
読み進めていくうちに
自分たち一行が彼らと同じ運命とたどっていることに
徐々に気がついていく。

寒く、ひもじく、希望もない日々、
それでも前ヘ前へと進んでいく。
歩き始めたらその果てを見るまでは
進み続けるべきか、
ある程度まで行って
先が見えないならさっぱりと
あきらめて引き返すべきか
それはどちらとも言えない。

極限状態でなくても
人々は日々小さな決定をし続ける。

それはほんの右か左へ行くかということも
振り返れば、それが重要な決定だったことも
ありえる。ささやかな毎日でも。

寒い寒い映画を熱い役者が演じた
韓国映画の野心作。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

★何かが足りない
人の心の闇を描くには少し短絡的。
人の狂気を納得させるまでにあとひと息。
でも南極には行きたくないな、
皇帝ペンギンの王国で居てもらいたい。

「皇帝ペンギン」暑気払いには最適!

2005年08月28日(日) 9時48分
「皇帝ペンギン」★★★
2005年フランス

南極で過ごす
皇帝ペンギンの一年を
じっくり追った作品。

生態をじっくり観察するのは
NHKのドキュメンタリーの方が
分かりやすくコンパクトにまとまっているが
涼しい館内で大画面で
ペンギンのユーモラスに歩く姿を見るのも
残暑厳しい中、心も体も快適になる。

こうしている今も
南極で彼らは厳しい状況の中
ヨタヨタ歩きながら
暮らしているのだな。

しかし海の中での
あのどんな動きも出来る自由さは
陸の上の姿と比べ
あまりに優雅で、あまりに奔放で
眩しかった。

きっと自ら気がつかなくても
他人が見て、輝く瞬間は
誰にでもあるのだろう。
本人は今やっていることに夢中で
自らがどんな輝いているかも分からないんだけどね。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

「リバー・ランズ・スルー・イット」たまにみたくなる秀作

2005年08月26日(金) 7時02分
「リバー・ランズ・スルー・イット」★★★★☆
ブラッド・ピット、クレイグ・シェーファー、トム・スケリット主演
ロバート・レッドフォード監督、1992年アメリカ

ロバート・レッドフォード監督、
ブラッド・ピット主演というと
ゴージャスな大作を連想するが、
自然に包まれた様に生きる
人間の姿を丁寧に描いた秀作だ。

フライフィシングという
長く伸ばした糸を水面近くで
微妙にあやつり
魚を釣る方法を始めて知る。

光る川面、
木々の間からこぼれる
太陽のかけら
音楽も無く、会話も無い
自然と一体となった美しいシーン。

ブラッド・ピットは少年から青年の
移り変わりの瞬間を
この映像の中で見せ、
哀しいほど眩しい輝きを放っている。

たとえどんな運命が待っていようと
魚の考えが分かるほど
ひとつの事柄に精通し
楽しい、生きていると実感できる瞬間を
重ねることが出来たなら
その人の人生も輝くのだ。

大画面で見たかったと
少し悔しい作品。
★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

「千年湖」韓国映画全部が良いわけではない

2005年08月25日(木) 22時10分
「千年湖」★★☆
チョン・ジュノ、キム・ヒョジン、キム・ヘリ主演
2003年、韓国

千年の呪いの封印が
解かれたとき
切ない恋心が引き裂かれる。

吊り吊りのアクションシーンが
ストーリーを分断し、
心情を語るべきときに
おどろおどろしい音楽が
その雰囲気を台無しにしている。

もっとしっとりと描けば
ずっと趣の違う映画にナッタハズ。
残念。

大作っぽいつくりなのに
肝心の演出がドタバタ喜劇のような
印象を与えて
安い香港映画のような感じ。
もったいない。

主演の二人は
これからも他の映画で見かけそうな
良い感じ。
次の作品に期待したい。

なんというか、しっかり作っているんだけど、
どこかちぐはぐな感じがつきまとい
どうもひと皮ぬけていない
洗練さからは少し遠い作品。

見ている間中、違和感がぬぐえず
ラストまでその感じは続いた。

まあ、こういうのもあるよね。
まだまだ韓国映画をあきらめないぞ。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

千年湖HP ←


「PTU 」笑うしかない現実

2005年08月24日(水) 22時19分
「PTU 」★★★☆
サイモン・ヤム ラム・シュー 主演

久しぶりに
映画の雰囲気に身を任せて
気分の良い時間を過ごせた。

香港映画が量産され
今の韓国映画のように
どんどん日本で見られた頃は、
アクションやラブ・コメの他に
いかにも「黒」っぽいというか、
男の世界を描いた映画があり、
その正当な流れの作品。

ラストの脱力系の落ちに
力なく笑うしかない。

でもきっと毎日繰り返す日常も
こんな瞬間で出来ているのだ。

ヒーローもなく、尊い理念や
焦がれるような夢もない。
でもその中にこそ
人間が生きている証があるような気がする。

傑作の一歩手前
だけど見逃したくない作品。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

2000年の「ザ・ミッション 非情の掟」は
確かな傑作。
地味だけれど、男の世界がキッチリ描かれている。

公開が限定的なので、レンタルでチェック!

自分も欲しい「村の写真集」」

2005年08月23日(火) 22時15分
「村の写真集」」★★★☆
藤竜也 海東健 主演

山間の寒村
ダム建設の話もある中、
村の人々の写真を撮る
父のアシスタントとして
故郷に戻る主人公。

父親に反発しつつ
同じカメラマンの道を歩き始めたばかりだ。

相変わらずガンコな父と一緒に
山道を歩きながら
家族の写真を撮る毎日。

夏の終わりから冬の始めまで、
長い道のりを二人は重い機材を持ち
人々の笑顔を写真に残していく。

打ち震えるようなエピソードがあるわけでもなく、
徐々に明らかになる父の息子への想いが
なんだか不器用な自分の父と重なって
胸に迫る。

話してくれなければ、分からない。
知らないことがお互い多すぎる、
でもそんなものなのだ、きっと。

山の季節の移ろいも目に鮮やかだ。

テーマや故郷という舞台で
丁寧に心情を描いたことで映画は普遍性を
獲得している。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

劇場公開はかなり限定的なので
レンタル開始になったらゆっくりと家で見てもらいたい映画。

「万博記念グッズC−パビリオンピンズ」

2005年08月22日(月) 7時25分
「万博記念グッズC−パビリオンピンズ(バッチ)」

各パビリオンでは形も様々なピンズ(バッチ)を
購入することができます。
スタンプをほぼ終えた今、ピンズを求めて
再度各国のパビリオンを訪れています。


企業館ではキャラクターのピンズが
数種類売っているところもありますが
お金が追いつきません。

グローバルコモンの各国のピンズは
全ての国で販売されているわけではありませんが
最近になって製作されたものもあり
新しいのを見つけると
レジに向かっています。

様々な形アリで見ていても楽しいです。
出来の甘いものや、キッチリしているもの等々
なんだかその国を感じられる気さえします。

このピンズも今は一箇所にまとめて置いて
飾っていますが、SWのボトルキャップと同じ
運命が待っているのだろうな。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

「万博記念グッズB−記念切手」

2005年08月21日(日) 0時22分
「モリゾー・キッコロの飛び出す
2005年万博記念切手」

見開きで開くと
モリゾーとキッコロが飛び出す。

色々と考えるものだ。
この中の切手もマンモスと花の切手で
モリゾー・キッコロは無し。

これは「愛・地球博郵便局」限定販売(たぶん)

郵便局では自分の写真の入る切手が
人気で何人も並んでいました。
市内の郵便局では売り切れている
「マンモス切手」はここでは普通に売っています。

多くの人が「記念はがき」を購入して
6種類くらいあるスタンプのうちから
選んでスタンプを押してもらっています。

色んな楽しみ方があるのだと
混雑した中、感じました。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

「万博記念グッズA−リニモ開業記念」

2005年08月20日(土) 21時39分
「リニモ開業記念切手ケース」

各駅の名前が入り、切手はマンモス柄他、
17/3/6の開業記念スタンプ
17/3/25万博開始の日の来たゲートの記念スタンプ

ポストカード3枚
リニモ型の消しゴム付き




@モリゾー・キッコロ柄の切手はなく、寄付付きの切手を
手に入れるべきだった。
★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←

「万博記念グッズ@ EUパスポート」

2005年08月19日(金) 21時25分
「万博記念グッズ@」
色んなグッズがありますが、
いくつか集めているものを
紹介します。

「EU PASSPORT」非売品

5月の連休に配られた欧州連合の
国々の簡単な紹介と
スタンプを押す箇所があります。

1冊は全部スタンプを押していますが
まだ行っていないパビリオンに
行くため、まっさらなものを最近は
持っていくようにしています。


@スタンプはつらい@
子供と競うようにスタンプを押している瞬間は
ちょっと恥ずかしいですが、
夏休みが終るとまた団体がやってくるので
今のうちなのかもしれません。

こんなところでも、コレクター心がくすぐられています。
少したてば、どこに置いたかも忘れてしまうのだろうけど
9/25までは邁進いたします!

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら、クリックよろしく!←
2005年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf