「亡国のイージス」守るものを無くした戦艦

2005年07月31日(日) 8時52分
「亡国のイージス」★★★
真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼主演

テロを仕掛ける者たちと
うろたえる日本の国家首脳陣

何度か見た構図。
それでも「こんな感じなんだろうな」と
納得してしまう。

イージス艦が某国の対日工作員に
占拠され、特殊兵器の照準が
首都東京に向けられる。

日本ほど「国家」というものに
思いいれが無い国民も少ないだろう、
旅をしていて「誇る」ものも見つけられず
ともすると「自国の歴史」さえ
語れない国民なのだから。

かつて「国家」のためという美名の下
多くの命が戦場に散り
多くの命を無残に奪った。

狂気の集団ともなりえた国民の
次の世代は、60年前を想像すらできない
穏やかな表情をし、自分のために行動し、
なるべく争わず、自分のために生きている。

「何を守るか」
「守るものはあるのか」

テーマは重く力強いが
暑さしのぎに劇場にでかける観客の
胸までは届かない。
この映画の出来がどうこういうより
受け手がこの作品が問うレベルで
この映画に向き合っていないのが致命的だ。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら是非、クリックしてください。←

@@イージスは必要か@@
自衛隊の全面協力を受けた、迫力の映像、
久々の邦画の大作だ。

しかしこの映画を見ている間中感じていたのは
果たして今の日本にこんな戦艦は必要なのかということだ。

地上に楽園は無い!「アイランド」

2005年07月30日(土) 17時53分
「アイランド」★★★☆
ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン主演

大気汚染から守られた
清潔な都市で暮らす人々。

彼らの共通の夢は
地上の楽園「アイランド」へ行くこと。

視覚的な驚きは
いつも新鮮で、
大画面で見ることの喜びを感じる。

そして見たことの無い世界を
画面に見るとき胸が震える。

しかしこの映画にはあまりそういった
要素は感じられない。
主演の二人は魅力的だ。
彼らが体験することを
一緒に体験しながら
それでも乗り切れない自分を強く感じる。

人間ってもっと複雑なものだろう・・・、
そう感じ始めたとき
新たな事実が判明する。

「クローン」とはよく耳にする言葉だ。
自分のクローンが自分の替わりに
何でもしてくれたら楽な気もするが
やはり大変なこともあるから
喜びは大きいだろうから今のままでいいや。

この映画のテーマは
怖くもあるが、実は誰もが「そうなればいいかも」と
思える未来のお話。
人間の欲望は果てなくそして貪欲で
どこか哀しいのだ。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら是非、クリックしてください。←

@@ビッグ・バジェット映画@@
「パール・ハーバー」「アルマゲドン」という、
巨額の資金を投入しての
アクション映画が得意なマイケル・ベイ監督が、
セットだと思われた
ジェリー・ブラッカイマーとケンカ別れし、
スピルバーグと組んだこの作品。

全米初登場4位、
1250万ドルで全米で制作費1億2500万ドル回収は
絶望的となった。

万博「ワールドスタンプ・パスポート」A

2005年07月26日(火) 8時23分
万博「ワールドスタンプ・パスポート」A
★グローバル・コモン2★

「アメリカ館」「カナダ館」「メキシコ館」
「キューバ館」「国連館」「中米共同館」
「国際赤十字館」などが集まるエリア。

企業館やインドなどの「コモン1」の隣で
人の流れが多いので
このあたりで滞留している人も多い。

「ドミニカ館」のスタンプは男女が軽快に踊るシルエット、
「キューバ」は鳥が枝に止まっている、
「アメリカ館」は企業のマークのようにすっきりとしているが
あまり面白くない。

ここでは現在8つ押しているので
まだ全部ではない。

「アンデス共同館」は展示も興味深く、
ただの紹介に終っていないので、少し奥まっているが
「赤十字」の前か後には訪れたい。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら是非、クリックしてください。←

「我が心のオルガン」凡作でした

2005年07月24日(日) 0時15分
「我が心のオルガン」★★★
イ・ビョンホン、チョン・ドヨン主演

田舎の小学校に赴任した
新任教師の恋と
彼に「初恋」を覚える少女。

韓国の少し前の田舎の暮らしが
目に優しい。

「日本と変わらないじゃん」と
ごく当たり前の感想を持つ
隣の国なんだ、沖縄に行くより近い国。

DVDの作品紹介で「感動作」とあるが
これには偽りあり、
焦点を絞りきれていない凡作だ。
それでも主演の二人の存在は
作品の質とは別に際立っている。

作品には楽しみ方は色々あるのだ。
レンタル半額のときなんかに借りるなら
時間のムダとまでは言わない。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら是非、クリックしてください。←

この作品の頃のイ・ビョンホンはまだTV中心で
コメディ路線の色が強かった。
彼が「甘い人生」にであうのはまだまだ先のこと。

「キル・ビルVol.1」ブッタ斬り!

2005年07月23日(土) 8時18分
「キル・ビルVol.1」★★★☆
ユマ・サーマン主演、タランティーノ監督

日本の任侠映画が好きだという
タランティーノは
オマージュという言葉を
借りながらパクリまくりの映画を作った。
(らしい)

元ネタを知らないので
そういうことは気にならないが
斬って、斬って、斬りまくる
鮮血ほとばしる映画だ。

実はかなり好きな映画。
知性派だとばかり思っていた
ユマ・サーマンを殺人鬼に変身させ、
ルーシー・リューの頭を
斜め斬りに至っては、拍手もの。

冷静に考えたら
ちょっとやりすぎなのだが
最近は描写控えめ映画が多いので
たまにはいい。(こんなのばっかじゃ困るけれど)

「復讐」の理由づけができたら
後はもう目的のために
千葉ちゃんに作ってもらった刀で
闘う女は強く美しい。

この映画の公開時に、かつて日本の任侠映画を
作っていた人たちが、「いいものがたくさんあった」等々の
発言をしていたが、いかにも落ちぶれた感じで
よろしくなかった。
そのときの情熱を失くしているのなら
こんな場面に情けない顔をさらすべきではないのだ。

かつて元気のあったものが
その勢いを失うのは、なにも映画だけじゃない。
価値や興味の対象はどんどん移っていくもの。
それを反映できないものは置いていかれるのだ。

かつてどんな小さな町にも映画館があった(らしい)
今はそれがレンタル店に変わっているのかもしれない。
だとしたら文化は残っているのだ。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら是非、クリックしてください。←

「星になった少年」チェンマイに行きたい

2005年07月21日(木) 19時22分
「星になった少年」★★★
柳楽優弥、常盤貴子主演

南国タイの奥地
チェンマイの山奥の風景が
目にまぶしい。

子供に見せたい映画。
夏休みの課題図書のような映画。
ただ中学生以上には
この映画はちょっとキビしい。

誰でも自分の求めるものを
実現できる可能性に満ちている
真実の物語は
誰もが出来るが、殆どの人は
想像するだけで行動しないことを
どんどん実現していく。

心情を丁寧に描いている点も評価できる。
そして主演の柳楽くんは
象をかなり自在に操る。

だけどこんな真正面に見せられても
これで中学生以上の観客を
感動させるのは難しい。

確かに心打たれるところはある。
そしてタイの田舎の風景もいい。
良い人がたくさん集まって
誰も傷つかず
誰もが笑顔で
誰もが暖かい心を持ち合うなんて。

それはファンタジーの中でしか信じられないのだ。
真実の物語はもっと生々しく
もっと尖っていて
もっと鮮やかなハズなのだ。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら是非、クリックしてください。←

★疲れた心をほっとさせてくれる映画。
暑い休日には映画館でみるのもいいかも。

「マラソン」韓国映画リピート

2005年07月20日(水) 7時33分
「マラソン」★★★★
チョ・スンウ、キム・ミスク主演

7/3に見てから、久々にチョ・スンウに
会いに行ってきました。
すでに一日一回の上映。

韓国ブッチギリの動員を誇るこの映画も
日本での公開はキビシイ。

小細工のない、ストレートなつくりは
韓国映画らしくまさに直球勝負。

韓流ブームからは少し外れた位置の
チョ・スンウは、「ラブ・ストーリー」(過去記事にリンク)
の印象が強いが
実は今年映画祭公開された
下流人生」(記事にリンク)
などでは硬派のギラギラした演技も
強烈な光を放っていた。

もっとこのブームが、限られたスターの
映画ばかり光があたるのでなく
万遍に公開され、見られるようになれば
また違ったチャートアクションも見られるだろう。

新宿ミラノ座で公開されると知ったとき、
胸が震えた。1.000席の大劇場で
韓国映画が通常公開されたのだ。

この劇場では「シュリ」の先行オールナイトを見た。
この劇場での公開はかなりの大作ばかりの中で
この試みは感動すら覚える。

自国の映画を保護しながら
公開している環境の違いもあるが、
次は何が来るのかも楽しみだ。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら是非、クリックしてください。←

「マラソン」の過去投稿にジャンプ!←

万博「ワールドスタンプ・パスポート」@

2005年07月18日(月) 20時18分
当初は公式記念ショップと一部のパビリオンで
販売されていた「ワールドスタンプ・パスポート」は
現在ではグローバル・ループに点在する
ワゴン型のショップでも手に入るようになった。

各国の志向を凝らしたスタンプを
記念に押して歩くのも楽しい。
(小学生に負けじと押さないといけないので
ちょっと恥ずかしくもある)
12.5*8.8センチで65ページ。

エリアごとに区分され、なかなかいい出来。

最初は「グローバル・コモン1」
モリゾー・キッコロが入ったスタンプ
たぶん「イラン館」

まだ入館していない「中国館」のは
押していない。

「ネパール」は小さい中に象徴の山と
寺院と鳥が収まっている。
なかなかいいデザイン。


それに比べ「インド」はすっきりしすぎ。
もっといかにもインドらしいのは出来なかったか。

「パキスタン」のイルカが「?」この国って
イルカが何らかの象徴なのか?
山ばかりが印象にあるので余計と気になる。


以上の14個のスタンプ。
次回は「中国館」だ。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら是非、クリックしてください。←

@現在120くらいスタンプを押しています。
全体では160くらいなのか?順次紹介します。

万博体験「ソロモン諸島国」スペシャルデー

2005年07月15日(金) 7時55分
南太平洋の「ソロモン諸島国」の
スペシャルデーに行ってきました。

大統領も来日されていて
日本との関わりについての
スピーチに太平洋戦争以降の
つながりを知る。

自分たちの食べている
カツオ、マグロは彼らの国から
来ているかもしれないのだ。

竹の笛を吹きながら踊る
民族舞踊は圧巻。

南国的なゆっくりとした曲調から
一転、激しい踊りに
私の席の後ろに陣取っていた
隣国、パプアニューギニアの人たちから
大きな歓声が上がる。

こういうあまり関わりのない国を
知ることのできる貴重な機会が
すぐ身近で行われているのは
幸せなこと。
できる限り参加したいと強く感じた。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら是非、クリックしてください。←

@フレンドシップの愛知の街の人たちの
つながりはいいと思うが
彼らが会場の殆どを独占して、一般の人たちが入れない状態と
言うのは、どうなんだろうか。

今回だけじゃない感じもするので、そういうのは何とかしてもらいたい。

「ドイツ館入館の裏ワザ」効力ナシ・・

2005年07月14日(木) 0時10分
人気の「ドイツ館」
近くに行ったので待ち時間だけ確認。
夕方5時の時点で90分でした。

並ばずに横から入館の裏ワザが
フレンドシップの都市の「犬山市/豊橋市」に
5万枚配られたというカード。

これを受付に持っていくと、非売品のドイツ館バッチと
紙のうちわがもらえ、さらに
数人集まると、出口横の裏口から
待ち時間ナシで入場できるというもの。

ネットで2.000円〜3.000円でまだ販売されてますが、
豊橋市のHPで「優先入場は7/1から行いません」ということで
今はバッチとうちわだけもらえるようです。
知らずに買っている人に知らせてあげたい。
「もう横入りできないよ」ってね。

これからさらに暑くなるので
合理的な国民のドイツ館が,芸なしのいつまで長時間待たせるのか。
整理券等のうまい入場の仕方に変更してもらいたい。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。参考になったら是非、クリックしてください。←

                       噂のカード ↓
2005年07月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf