熱い韓国映画「シルミド」

2005年06月29日(水) 0時44分
「シルミド」★★★★
ソル・ギョング、アン・ソンギ主演

1昨年の12月
ソウルのシネコンの
スクリーンの半分は
この映画で占められていた。

「シルミド」「シルミド」「シルミド」
チケットの列のほとんどの人が
そう言ってチケットを求める。

満員の劇場で
この虚しいとしか言いようの無い歴史の事実を
韓国の人たちと一緒に見た時の
会場のなんともいえない重苦しい感じは
今も忘れられない。

オールスター出演で華やかでありながら
内容はかなり重たいもので
歴史と向き合う人たちの中で
自分の歴史認識のうすっぺらなことを
強く意識した。

自分たちの日常は
わざわざ過去の事実なんていう
面倒なものを見るよりも
もっと未来に向けた楽しいものを
求めている。

そして外からの言動をまともに受け止めもせず、
過激さを「どうしてなんだろう」と
醒めた目で見ている。

知らないということは
恥ずかしいことではないが、
知ろうとしないことは本当に恥ずかしいことなのだ。

「シルミド」は他の国に対して
武力で何かをしようとする虚しさを強烈に感じさせることで
映画を成立させている。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。よければクリックしてください。←

愛・地球博I「エジプト館」

2005年06月28日(火) 7時37分
グローバル・ループを歩き、
コモン5のアフリカ地域の
最初に目に付くのがエジプト

巨大な列柱や極彩色の
レリーフが
ひときわ目を引く。

エジプト好きなので
ここは3度入場済み。

ツタンカーメンの黄金のマスク、
一緒にあるハズのない、
ネフェルティテイの頭像の
レプリカなど、
イメージのなかのエジプトが
ぎっしり。

文化を紹介する面からは
こんなものだろうが、
出来たら何か目玉になるような
本物の展示があれば嬉しかった。
黄金のツタンカーメンの玉座も
マスクも
カイロ博物館で見た
本物の輝きにはどれも遠く及ばない。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。よければクリックしてください。←

★★ヒエログリフ★★
ヒエログリフで自分の名前を記念に書いてもらうのも良い。
500円ナリ。

設定勝負の「バーバー吉野」

2005年06月26日(日) 1時03分
「バーバー吉野」★★☆
もたいまさこ主演

「小さな田舎町、
同じ髪型の男の子たち
無表情なおばさんは
優しい眼差しで彼らを見つめる。

アイデア勝負の映画。
企画段階では盛り上がっただろうな。

もたいまさこを
主役の据えたのも正解。

予告は「何かあるかも」と思わせ
期待をさせる。
おかっぱ頭の少年達が、のんびりとした
田園風景を歩くのも面白い。


(以下、内容の感想に強く触れます)
でも、それだけなんだよね。
展開も裏切られることなく、こうなるだろうなと
思うように進んでいく。

だから後半になると
期待の度合いが薄まるように、映画に対する興味が
薄れていく。残念だ。
斬新さを求めすぎるのもけないだろうが、
救いは1時間36分という映画の短さか。

★参考になったら是非クリック!よろしく←ランキングに参加しています

決定版!「バットマン・ビギンズ」

2005年06月24日(金) 10時00分
「バットマン・ビギンズ」★★★★
クリスチャン・ベール主演

1989年製作の「バットマン」前にも
2作作られているが、それ以降
「バットマン リターンズ」(1992)
「バットマン・フォーエヴァー」(1995)
「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」(1997)
3作が同じ流れで製作され、
とうとう今回、最高傑作が生まれた。

バットマンが苦悩の中で
生まれたことを知り、
それでも「正義」のヒーローで
あり続ける痛みは、
形こそ違え、
スパイダーマンに似たものを感じる。

正義のヒーローというのは、
常人にはなれないものなのだ。

前作以前のコミックマニア向けの
色彩が強いものから一変、
洗練され、分かりやすいストーリーで
見応えのある大作に仕上がった。

しかし何だか立派すぎて
もう少し力を抜いた方がいいよーと
言ってやりたくなる。

渡辺謙の出番は思ったより少なく、
日本人がそのキャラを生かしての出演は
やはりこの程度なのか、
ただ存在感は示してくれた。

出来うるなら、「リーサル・ウェポン4」で
ジェット・リーが主役2人より
強烈な印象を残したような
目を引くものがあればと感じた。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。よければクリックしてください。←

愛・地球博H「オランダ館」

2005年06月22日(水) 7時39分
淡いブルーの絵と
建物から飛び出した
大きなチューリップが
目を引くパビリオン

テーマは「水の国」
ホール中央に
四角に切り取られた
池を模した
スクリーンを囲んで
そのスクリーンを覗き込むように
映像を見る面白い趣向

国土の25%が海抜0m以下の国が
選んだテーマは「水」

ホールの周囲をブルーのタイルに彩色した
アムステルダムの街並みも
歩きつかれた体を視覚的にほっとさせてくれる。

オランダのイメージは水車とチューリップだったが
万博のような機会がないと
なかなか他の部分を知ることも無いよなと
実感した。

パビリオンの前にはミッフィーが時々
現れてくれるらしく、
出会えたらラッキーなのかも。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。よければクリックしてください。←

★★通販もある★★
ミッフィーのぬいぐるみは見た目可愛いが、
値段は17.750円と可愛くない、その他、皿やイスが
通販で買える、面白い試みだね。

@待ち時間:10分程度(上映に間に合うとスイスイ入れる)

愛・地球博G「国際赤十字・赤新月館」

2005年06月21日(火) 17時39分
「感動する」と評判のパビリオン

Mr.childrenの
「タガタメ」に合わせて、
世界の貧困や災害や
戦いの映像が流れる。

寝そべるシートで
思い思いの格好で
建物上部に映る
映像を見るので、
疲れた体には優しいが、
上映される映像は決して優しくない、キビしいもの。

ラストの子供の笑顔に救われるが、
こんなに経済的な繁栄を享受することの
意味を少し考えさせられるパビリオン。

出口付近には来場者の手書きのメッセージが
たくさん壁に貼られている。

派手さはないが
お祭りムードの中にあって
しっかりと地球博らしさを示してくれている。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。よければクリックしてください。←

@@結構混んでいます@@
1回40人入場で映像は7分ほど。入れ替えの時間も考えると
1時間に見られるのは200人程度、
これじゃあ、スゴク並ぶのは仕方ない。

愛・地球博F「ブータン館」

2005年06月20日(月) 8時05分
NHKの特集番組で
ブータンという国の様子と
万博の準備について
見ていたので、楽しみな
パビリオンのひとつでした。

単独の建物でない
地味な外観。

中に入ると正面に、
職人が細かい技を注いだ
ナムゲ・カンサンが
ドーンと目に飛び込んでくる。
蓮華の上に黄金に
輝く釈迦仏が座る。

混雑しているため、何かを感じるような余裕はないが
大きな仏画など見所も多い。

小さなスペースのパビリオンだが、
どんな大変な準備があったか番組で知っていたので
思い入れと共に回った。

ネパールと同じように、高地にある国で
長く鎖国していた、近くて遠い国。
いつか訪れたい国という思いを強くした。

★エンタメ系のブログランキングに参加しています。よければクリックしてください。←

贅沢体験「スター・ウォーズ/シスの復讐」

2005年06月19日(日) 17時47分
「スター・ウォーズ/シスの復讐」★★★★★満点!
ユアン・マクレガー、ヘイデン・クリステンセン主演

A long time ago in a galaxy far,
far away…

おなじみの言葉が
宇宙に
飲み込まれていくと
ファンファーレと共に
待ちに待った
映画が始まる。



あれほど勢いのあった
ドゥークー伯爵が
わりとあっさりと
アナキンに倒されるのを見ながら
「クリストファー・リー」って「ロード・オブ・ザ・リング」の
資料で見たとき1922年生まれってあったけど
83歳でこれってやはり、ドラキュラ強しとか
映画に熱中しているんだか微妙な考えが時々浮かぶ。

無邪気な子供だったアナキンの顔が
黒く歪むのを見ながら
「なんとかならないかなー」とかムリな希望を考える。

2時間20分は、次々と展開するシーンに
無理やり押し出されるように、ひとつのエピソードはあっという間に
次のシーンへと移り、
感慨にふける隙を与えてくれない。

「ライズ」
ダース・ベイダーのマスクを付けたアナキンの
誕生と共に終る。

ため息が出る。
こんな凄いものを作る人間のすごさ、
そして嬉しくなる。
こんな凄い映画を同時期に体験することを。

エピソード4を見たくなる。
うろ覚えとなった、次の世代の物語を。

「ちょっと淋しい気もする」と解説の人が言っていたが
まだそんな気にならない。
なにせ前売りは10枚持っているので
公開されている間、毎週でも通おうかと考えているからだ。

映画が好きで良かった!

★ここまで読んでくれたらクリックもよろしく←ランキング(エンタメ系)参加中!

試写会場はコンサートホールなので
画面が遠くて、感動から遠く感じた。
劇場でお気に入りの位置に座り、堪能したい。

愛・地球博E「トヨタ館」

2005年06月17日(金) 8時48分
今回の博覧会の目玉。
そして世界のトヨタのお膝元での
開催なので、トヨタはかなり
頑張っています。

呼び物のロボットショーは
自在に動く沢山のロボットを見ていると
不思議な感覚に襲われる。

こういう未来はすぐそこに来ているのだと実感。

3時間から4時間も沢山の人が待っています。
ここも事前予約で入場。
日立とトヨタを予約ナシで並ぶと2館で一日は終ってしまう。

以下は入場時に感じたこと。

16:20〜16:40の予約で16:20にはゲートをくぐり
既に並んでいる人達の後ろに並んだ。
そして会場に入場まで30分余り。
なんだか予約の効果が薄れる感じ。

中は円形すり鉢状の劇場で
先に並んだ人から一番下の近い席に順次、
ラストは一番上の方から見下ろす状態。

ここで分かったのは16:40ギリギリに予約ゲートを
くぐると、入場までの待ち時間は10分程度なので
近くで見なくても全体を見渡せる上の席に座るつもりで
行った方が待ち時間が無くてショーが始まるのでよさそう。

もちろんロボット等を近くで見たいなら
早く並びたい。

@@率直な感想@@
トヨタは25分くらいのショーが見られるので、実際見応えがあるが、
日立と比べ、何が言いたいのかよく分からない。

もっとテーマを分かりやすくしたほうが良いんじゃないかと。
自分的には 「日立」>「トヨタ」で日立に軍配!

★ここまで読んでくれたら最後にクリック!よろしく←ランキングに参加しています。(エンタメ)

愛・地球博D「日立グループ館」

2005年06月16日(木) 8時19分
愛・地球博D「日立グループ館」1回目、2回目

開場してすぐに240分待ちとか
信じられない混雑を見せている
「日立」「トヨタ」の人気館。

事前予約で行ってきました。

入場すると、個別に顔写真撮影と
名前の登録を行う。

そのあと、首に下げる機械を手渡される。
これは会場のあちこちにあるチェックポイントの
機械にかざすと、現在絶滅の危機に瀕している
動物の動画や情報を見るため。

レッサーパンダの情報が画面に現れると
歓声があがる。

人気ですね。

くねくねと続く道の終点で機械を返却し、
いよいよ乗り物に乗っての動物の見物。
望遠鏡と右手には掌に青い帯状のものを付けると
4人乗りの乗り物が横向きに動き出す。

望遠鏡に現れるふくろうの指示に従い
望遠鏡をのぞく。
絶滅動物にバナナを投げたり、ワニがこちらに
襲い掛かるシーンなど
2度目でも驚く。

途中で2回ほど自分の顔が画面に現れ
名前を呼ばれると、不思議な気持ちになる。

最後には地球の上に浮かぶ
様々な動物と一緒に再度自分の顔が現れ
楽しみながらも、ちょっと地球や動物のことを
考える楽しい体験でした。

@@家に帰ってからの楽しみ@@
途中で3回ほど写真撮影された映像をネットで
ダウンロードできる。
大げさなものではないが、それでも体験したことを
振り返ることができる楽しみでもある。

@ここまで読めたら最後にここをクリック!ランキングに参加しています。
2005年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf