サンダル履きの気軽なフライト

2005年03月31日(木) 0時39分
バンコク深夜便で入国し
翌日プーケット → クアラルンプール  → バンコク
今、深夜0時の出発を待っているところです。

上記のフライトは「エアー・アジア」という
最近いくつか出来た新しいエアラインです。
特徴はなんと言っても安さ。
プーケット → クアラルンプールなんて国際線なのに
600バーツ約1800円ですよ。

1時間2時間の遅れは当たり前!と聞いてましたが
さすが2回のフライトは2時間近く遅れ、
「やるなー」と思いましたが、こうなると時間とおりに
出発という当たり前の事に
妙に感激したりするので、そういうことも楽しめるなら
オススメします。

間違ってもタイトなスケジュールの人には、不向きです。
まずチケットは前もってネットで
カードで購入。リファンドできない制限つき。
当日カウンターでコンビニのレシートもどきを
もらうがこれがチケット。

時間になるとドバーッとカウンターに客が並ぶ、
これは座席は決まっておらず、飛行機に入った早いもん順。
だから空港に早く行くのでなく
ボーディング時間にすばやく並ぶと、好きな席に座れます。
立ち席はないので、座れることは確実なのでご安心を。

飛び立つとカートを押してアテンダントさんが
席に来ますが、全部有料。
でもこれって効率的と思いませんか。
無理やり起こされることもないしね。

アテンダントさん達もほとんど座りっぱなしなので
普通の航空会社のアテンダントより楽そう。

自分はアテンダントがあこがれの職業というのが
いまひとつ理解できなかったので、これならいいかなーと思った次第。

だって短い時間に食事を配って、客の無理を笑顔で聞き、
なんだか小走りの感じの彼女達は
これなら新幹線の車内販売のほうが楽そうと
いつも思っていたので。
海外に行けるったって、今時自分のお金で行くほうが
いいに決まってるしね。

ともあれ、あとはいたって普通のフライトです。3区間で1万円くらい。
タイ航空なら入国時にタイ航空利用かどうかは
別として単発で買えば確実に5000円以上は高い。

学生なんかはオススメです。
それよりタイの人たちが、ホント、気軽なサンダル履き感覚で
乗り、到着時の飛行機の中の全体的に「ほっ」とした
感じはなかなか親密な感じでよかったです。

ゾンビ映画の傑作!昨年ホラーナンバーワン

2005年03月30日(水) 10時30分
「ドーン・オブ・ザ・デッド」(DVD)★★★★★満点!
サラ・ポーリー主演

ジョージ・A・ロメロ監督の
1978年製作「ゾンビ」のリメイク。

自分は今でも
この映画のワンシーン、
エレベーターが開くとゾンビが
中からワッと雪崩出てくるシーンを
ひとりエレベーターを
待っている時なんかに
ふっと思い出すほど、
強烈に印象に残っている映画です。

ゾンビは死人であることから
体を揺らしながら、ヨタヨタと歩いて
追ってくるのです。

しかしこの「ドーン・オブ・ザ・デッド」の
ゾンビ達は全速力で追ってくる。

「何故」「どうして」と思うまもなく、
一気にゾンビの世界に追い込まれ
逃げて逃げて逃げ惑う人間達。
「うわー」っと、劇場で見ているときは
両足を上げたほど、怖かった。

途中には嵐の中の一休みのように
屋上から有名人に似たゾンビを銃で撃つ
なんともグロテスクな息抜きもあり
怖くて、キモくて、そしてちょっと笑える映画。

とにかく作り手もゾンビが好きで
隅々まで神経を行き渡らせた
圧倒的に怖くて面白い映画がこれだ。
ゾンビ映画が苦手な人にはちょっと苦しいが、
ゾンビもの、ヴァンパイアものが好きな私にとって
昨年度ナンバーワンのゾンビ映画です。

レンタルも1週間になってますので
是非、部屋を暗くして、
何か手に握るものでも用意して
充分な心構えをもって見てほしい映画です。
劇場の1800円はもったいないかもしれないが
レンタル300円くらいなら全然損ナシ。(保証)

俄然見たくなったら。クリック!← ランキング



@@ホラーは何故か笑える@@
怖い映画は、意図してないところで
何故か笑えてしまうのはどうしてだろう。
怖くて怖くて怖いと、笑うしかない

@@リメイクだけど@@
元ネタの「ゾンビ」と比べて、前の方がいいとか
思う人も居るかもしれないが、
これはコレ、ハリウッドで作るとこうなるんだと
楽しんで見るのが正解。

ベツものなので比べることにイミナシ。
比べることに力を使うより、見所を見つけたいね。

旅行中なので、下書きしていたものを投稿します。

またまた地震

2005年03月29日(火) 16時13分
プーケットからクアラルンプールに移動し
まず喜んだのはホテルの部屋の窓のカーテンを
開けたら、KLタワーとベストロン・ツインタワーがドーンと
見えたこと。

ということで早速「エントラップメント」の
キャサリン・ゼタ・ジョーンズの姿を追い求めて
ツインタワーへ地下鉄で。

地下鉄から地上に上がると
ほぼ真上を見上げる感じでしか、全部を視界に捉えられない
ビルというより、銀色に輝くマシーンのような建物を見つめた。

後ろのほうで
「タクシー?」と声がかかる。
来たばっかりだよと日本語で答えながら
もうホントのけぞる感じでその高さを感じてました。

タワーは日本と韓国の企業がひとつづつ手がけ
真ん中で繋がった形状。

マレーシアでもちゃんとこうして
二つの国は繋がっているんだから
「頼むよ韓国」とか思いましたね。

昨夜地震のニュースが流れましたが、
クワラルンプールからバンコクに移動した後でしたので
地震そのものも感じていません。
津波はたいしたことないと言うことですが
大きな地震だったので、家屋の倒壊とかは
避けられないのでしょうね。



プーケットが意外と早い立ち直りを見せてくれていましたが
本当に甚大な被害のインドネシア近くでまた起こったのは
驚きました。
最小限の被害で済むことを願います。

クアラルンプールでは新作「コンスタンティン」を
見ました。報告はまた。

こっち方面に旅しているということで
心配してくれた皆さん、大丈夫なので安心してください。

ビリー・ボブの力のなさ技

2005年03月29日(火) 13時37分
「フライデー・ナイト・ライツ」★★★★
ビリー・ボブ・ソーントン主演

機内で見たまだ日本未公開の全米一位獲得の作品


ビリー・ボブの新作で評判が良かったので
選んで「スカイ・キャプテン」に次いで見ました。
彼はホント幅広い役をこなしている。

今回はすごく立派なわけでなく
かといって情けない(彼のお得意の)わけでもない、
のらりくらりとしつつもちゃんと自分の意思を貫く
アメリカンフットボールのコーチ役。

小さな町の唯一の関心事は
地元の高校のアメフトチームが、州で優勝を飾ること。

町の誰もが気安く声を掛ける間柄であり、
それは試合に負けた翌日は批判の矢面に立たされるわけである。
キビシイ。

これは実話であり、彼らが今どうしているかも
ラストに紹介される。

高校の最高の思い出で残りの人生を生きるような
人たちが住む小さな町。
それは寂しいぞと、思うけれど。
果たして自分には輝かしい一瞬があったかと振り返ると、
まだ州で一番になったという誇らしい思いでは悪くないかも。

スポーツ映画のラストは、あと5秒で試合終了。
あと一歩!
というクライマックスを迎えるが、
やはり見るほうもお決まりでありながら
期待する。

この映画は出来も良いのでたぶん公開されると思うが、
でかい画面で見ると迫力もあり
かなり感動というか、登場人物や自分も含めて
見終わったあと少し考えたくなる映画です。

タイトルの「力のなさ技」ですが、見てもらえたら
なんとなく分かってもらえると思います。

プーケットからA

2005年03月25日(金) 11時31分
本日は25日なので私の住む名古屋は
「愛・地球博」開幕日ということで盛り上がっていると思います。
素晴らしいものより、きっと混雑がどうだとか
リニモが止まったとか、そんなことが話題になっているかもしれません。
受身で見に行く状態なので、そんなふうに欠点ばかり目に付くのかも知れません。

さて、私はまだプーケットにいますが、
部屋への入り口にイスとテーブルがあり
プールの後や夕暮れにボーっとしていると
通りかかるゲストやスタッフが声をかけてくれます。



隣の部屋の夫婦はスイスから来た人たちで
ここに2週間滞在するそうで、外のテーブルにクロスをかけ
コップに蘭の花を挿して
快適な空間を作っています。

日本人はまだ見かけません。
今朝になって中国の人たちがどっと来ています。

欧米の人たちはコーヒー1杯飲むのにも、何度かスタッフを呼び寄せ
「これはタイの言葉でなんと言うのか」とか
テーブルに寄ってくる鳥の名前を聞いたり、
とにかく誰かとのふれあいを常に求め、サービスを求めています。

そして何より楽しそう。

以前ホアヒンビーチで泊まったとき
日本人に声をかけられ
「タイの人は白人には親切なのに、日本人には冷たい」とか
こういう話はそれまで何度か聞きましたが、
ちょっと違うなーと感じます。

サービスは積極的に受けるものなんですよね。
日本人はどこかで
「言わなくても分かってくれる」という
気持ちがあるのですが、やはり言わないと伝わらないですね。

スタッフの一部はもう私の名前で呼びかけてくれます。
そうなればこっちも嬉しいから、何かこちらからも
話かけています。

さて、週末になってにぎやかさを増しそうなプーケットです。

劇画タッチの野心作?

2005年03月24日(木) 17時09分
「スカイキャプテン ワールド トモロー」★★★
ジュード‐ロウ、グウィネス・パルトロウ、アンジェリーナ・ジョリー主演



はじめに、今は海外旅行中です。
飛行機の中で見た映画について書きます。
タイトルリストでこの映画を見つけて
「ラッキー」と思った。

何故なら私の住む地域では
シネコンでの独占公開だったので
期間も短く、見逃していたから。

機内食を食べて、ライトが落とされてから
コーヒーをおかわりして、いざ。

この豪華な主演陣でミステリーと
アクション大作と聞いていたのに
限定公開で「どうしてか」と
思っていたが、
見始めてすぐになんとなく分かってしまった。

それが当然だと。

アカデミー女優のグウィネス・パルトロウは
なんだか悲鳴と大げさな驚く表情で
まるで頭の軽い女の子。
それで新聞記者かよ。

何でこんな役を引き受けたのか
ほんと疑問。

ジュード・ロウは完璧にヒーローの役だけど
どう見ても「AI」のセックスマシーンのままだし
おれを劇場で見ていたら
怒りよりも
悲しい気持ちになるだろうな。

ひどいね。

奇をてらった劇画タッチの映画なのかも
しれないが、出来が悪く
志もなんだかこちらに伝わらない。

レンタルで彼らのファンなら
覚悟してそれでも見ておくべきかも。
ひどいのを見ておくと、良い作品は
ほんと良く見えるからね。

無料でホントよかった!
ただしかなりの大作なので、劇場の大画面で見たなら
印象はもっと違っていたかもしれません。

プーケットは大丈夫です!

2005年03月23日(水) 19時12分
21日深夜便でタイに入国。
昨日プーケットに来ました。

ビーチ沿いのホテルは日本からの予約時に、
「津波」被害で、7月頃再オープン予定などの
コメントのホテルが多かったので
どんな感じか心配していましたが

ビーチのパラソルは午後行ったら、「全部貸し出してる」と
言われるし(少し外れの場所で見つけて借りましたが)
私の泊まるホテルも週末は満室ということで
観光客は戻ってきつつあるようです。

肝心の海沿いのホテルですが、やはり工事中のものがおおく、
ビーチにいても重機や掘削の音がしていますが、
その音は復活の音なんですよね。

日本語が流暢なホテルの従業員が言っていましたが
たくさんの人が来てくれるのが嬉しいということですので、
今回はプーケットは止めて、別のビーチリゾートに
しようと考えているなら、
大丈夫なので是非訪れて欲しいと思います。

なにせ10月頃まではかなりのホテルでディスカウントしていて
通常の半額近くで泊まれます。
マリオットやダイヤモンドクリフも、探せば1万円くらいで
今なら泊まれそうです。

昨夜はトムヤンクンにえびのオイスター炒め等々
さっそく辛い料理とたくさんのエビを食べました。
千円がこれほど使いでがあるのも幸せなことですね。

文庫本をいくつか持ってきたので
プールでビーチで寝そべって、読もうと思っています。

TUNAMIをパロディにしたTシャツも売られて
元気なプーケットです。
35度くらいで暑いです。

小説世界を描いたお手本のような映画

2005年03月22日(火) 22時05分
トニー滝谷」★★★
イッセー尾形、宮沢りえ主演

理想の妻を失い、
その妻の残した
大量の服と靴が似合う
女性を探し、
その服を着るように依頼する。

宮沢りえは二役をこなし、
イッセー尾形演ずる
主人公の目を通して
二人の世界が描かれている。

村上春樹の小説世界を忠実に
描いていて、まず感じたのは「うまいな」ということ。
淡々としたなかに、感情を込めない語りが
主人公の喪失の悲しみを静かに伝える。

小説を読むかのように
あまりに淡々と進行していくので
わずかな感情の動きは見過ごしてしまいそうなくらい。
これは小説を読んでいる時に似ている。

読み取れるか、読み過ごすか。

独特の世界を静かなトーンで
うまくまとめていて、春樹さんファンも
及第点をあげるだろう。

あとはそこに自分なりの何かを
感じることができるかどうかだ。
自分は結局この映画の表面的な部分しか
見えなかった。
しかし何か自分なりの記号や隠された意図を
見つけることができたら、また見方は変わるかもしれない。

ふーん、そうなんだ、と少しは参考になったらクリック!←
公式HPはタイトルをクリックすると,見られます。

@@劇場で見るか、レンタルを待つか@@

小説自体も明確な示唆や、何かしらの結論を持つものでは
ないからか、映画も感じ方で様々と思う。
出演者が好きだったり、春樹さんの小説の久々の映画化なので
ファンのひとならチェックしてもいいが、
たまの映画にこれを選ぶなら、レンタルでもいいよと言ってあげたい。

アメリはまだまだ続いています

2005年03月21日(月) 0時05分
「ロング・エンゲージメント」★★★
オドレイ・トトゥ主演。

幼い頃から将来を誓ったふたり。
戦死の知らせを聞いても
オドレイ・トトゥ演ずる主人公は
受け入れず頑なに
生きていることを信じ、
自ら消息を探っていく。


終戦後のその時代の風景は
セットでなく合成なのかもしれないが
実に違和感無く、その当時の雰囲気を
再現している。
アール・ヌーボー様式の地下鉄入り口や
パリの有名建築の当時の周囲の様子など、
現代の風景とは違うので時代考証も
かなりしているようだ。

さてそんな中での物語はというと、
もう主人公は将来を誓った恋人を探すという
一点で周囲を巻き込み、
さりげなくなだめられようと
「生きている」という信念の元、
突き進んでいく。

挿入される戦場の様子は
それまでのロマンス色を一変し
甘い幻想を砕く。

予告やチラシ,CMを見ても結末は
用意に想像が出来る。
それをどう見せるかがクライマックスといえる。
そのあたりを受け入れられるかどうかで
見終わった後の印象はかなり違いそうだ。

オドレイ・トトゥはこの作品の中でも
「アメリ」そのもので、彼女にかかったら
何でも実現してしまうのだ。

ここまで読んで気になったらクリック!よろしく← ランキング

@@以下はネタバレあり、劇場で見るか、レンタルを待つか@@


予告やCMで最後に再会することは
容易に予想できる、終戦後戻らない理由も
「そうだろうな、たぶん」という「想定の範囲内」
でもやはり「それはないだろー」と感じた。
こんなことではロマンチックさに欠けるかもしれないが、
もっと何かあるかと思ったら、「なんだ、それかよ」という
感じでした。ただハッピーエンドなので
その意味ではこれでいいのでしょう。

映像は見るべきところアリ、ただし1800円はキツイので
1000円の映画の日に見るか、でなければ
レンタルでもいいかな、ただ壮大な景色なんかは
TVでは半減するけれど。

ドギツイ描写に隠された哀しみ

2005年03月20日(日) 10時34分
「復讐者に憐れみを」★★★☆
ソン・ガンホ、シン・ハギュン、ペ・ドゥナ主演
少しだけ狂った歯車が
何もかもを破滅的な方向に
向かわせてしまう。
もう誰にも止められない。

もちろん善人ではないが、
極悪人でもない、
何かのきかっけで
悪い方へ、悪い方へと
雪崩落ちて行く。
救いは無い。


演技派のシン・ハギュンは、
聞こえない,話せない、
安い賃金で
経営者に搾取され、泥まみれで働いている。

「こんなはずじゃなかった」という
声にならない声が聞こえる。
なんとかならないかなと思っても
ただただ見ているだけ。

実になんとも言えない映画だった。
見て時間を損したとか、そんな気には
ならないが、だからといってここから
何を感じ取ればいいのか、見終わっても
そのやり場の無い感情をただ持て余すだけだ。

この映画が少しでも気になったらクリック!← ランキングよろしく


韓国はもしかすると怒りの文化が、あるのかもしれない。
何かが起こった時、必ず怒りの方向があり、かなり過敏に反応する。

映画の描写もそうだ。
かなりエグイ描写の映画が結構ある。
劇中の人物の反応も大げさで過敏だ。

今回の「竹島」問題にしても
日本と韓国の温度差を見るにつけ
自分たちはもっと過去の歴史を知って
彼らのことを理解すべきだし、
それでもっと近くに感じることが出来るだろう。

しかしこの過剰な反応を見ると、こちらがどれだけ近寄っても
受け入れてくれるのか、考えてしまう。
若い層と、年齢が高い層とでは韓国でも
温度差があるだろうが、
それでも今回も感じた深い溝は
自分の中にも違和感を感じずにはいられない。

こんなに恋焦がれているのに、
昔の過ちを折りに触れて指摘されて
冷たくされているような感じ。

今回見た映画のようにどこかで歯車が違うと
取り返しの付かない方向に
その意思とは別に流されていくことがある、
でもそれでも強い意志と、もっとお互いを
理解しようという気持ちを持ち続けることで
なんとかもっと近くに感じたい。

竹島でこじれるなら、あげてしまえばいい。
それとも友好の島として両国の旗を掲げるのもいいな。
こんな素朴な考えじゃなんともならないのだろうか。残念だ。

残念でたまらない。
2005年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf