WOWWOWの録画でドキドキしながら

2005年02月28日(月) 18時45分
「アカデミーの行方」

録画していたので、お昼のニュースも
見ないで帰ってきて、最初の方はちょっと飛ばして、
途中から見始めました。
結果はもうどこでも流れているだろうけど、一応書きます。
まだ自分で確かめたい人は、ここで止めてください。
やはり発表のドキドキ感はバーンと結果を知るのでなく
順序を追って知りたいものです。




これだけ離せばいいでしょうか。


★助演女優賞★ケイト・ブランシェット
「アビエイター」

★助演男優賞★モーガン・フリーマン
「ミリオンダラー・ベイビー」

★主演女優賞★ヒラリー・スワンク
「ミリオンダラー・ベイビー」

★主演男優賞★ジェイミー・フォックス
「レイ」 ← クリック!

★監督賞★クリント・イーストウッド
「ミリオンダラー・ベイビー」

★作品賞★
「ミリオンダラー・ベイビー」

気になる韓国映画興行ランキング

2005年02月28日(月) 8時02分
気になる韓国映画興行ランキング

1位「マラソン」
累積動員が360万人に達し、
堂々の成績、
主演は「ラブストーリー」の
チョ・スンウが自閉症の
マラソンランナーを演じている。

昨年12月にソウルに行った際は
色んなところでポスターを見ました。
草むらに寝転んだ
清々しい笑顔が印象的でした。


2位「コンスタンティン」キアヌ・リーブス主演
2週目ですでに150万人と、「マトリックス」以降で
久々のヒット。映像が凄そう。

3位「葱トントン、卵パカッ」
ふざけたタイトルですが
3位にいるということは内容がいいのか。
インスタントラーメンをモチーフにした作品で、
入れる具により色んな味になるラーメンに人生をなぞっているらしい。
ところがかなりの感動作とも言われているので
きになります。
イム・チャンジョン、イ・インソン主演


4位「アビエイター」レオはもうすぐ始まるアカデミーで
賞をとれるのか、結果は帰ってから。
1週目の成績で4位は厳しい。

5位「公共の敵2」
350万人動員の大ヒット。
年明けから韓国映画が
「マラソン」とこの映画で
ヒットを連発、勢いがあります。
ソル・ギョング、チョン・ジュノ主演。
前作は日本で公開されなかったが、
今回はどうかな。
どうせなら2作一緒に
連続上映して欲しいものです。


6位「レッド・アイ」韓国
7位「ジェニ、ジュノ」韓国
8位「その時彼らは」韓国
9位「B型のボーイフレンド」韓国
10位「サイドウェイ」
ベストテンに7本を送り込んだ韓国映画界の力強さに羨ましいような
気がする。
         (2/12付け、シネ21発表)

心臓を抉り出す連続殺人の恐怖

2005年02月27日(日) 21時08分
「報復」★★★★処女作でこの力量
ジリアン・ホフマン著、612ページ、860円

生きたまま心臓を抉り出す
連続殺人が発生。
狙われたのは
金髪の美女ばかり。
そして犯人として
捕まった男は
事件の担当検事補にとって
忘れられない男だった。

惨たらしい殺人の描写が何度も描かれ、
主人公の検事補は忘れることの出来ない過去を
引きずりながら懸命に正義を求めていた。

同じような展開の本はいくらもあるのに
それを楽しめるかどうかは、
いかにリアルをうまく書いているかにかかっている。

割と長い小説ながら、途中で読むのを止めたくないくらい
次の展開が気になる本。
久しぶりに次の本を早く期待する作家に出会えた。
最近よく売れているロマンティック・ミステリーは
ちょっとロマンス色が強くていまひとつ好きになれないが
その路線とは一線を画すのは、ただ本人の資質と
本人が検察官だったということに裏打ちされた
「守らなければならないもの」が何かをちゃんと
書いていることだと思う。

次回作も同じ人が主人公だろうな。
過去との完全な訣別ができたのか、
新しく始まった恋はどうなるのか。
楽しみな作家の作品だった。

@@
海外ミステリーは毎月それぞれの出版社から
どんどん量産されている。
その中で本当に読み応えあるものは少ない。

文庫本でもたいてい800円〜1000円払って、長い長い本を
読ませられて途中で「ヤバイかな」と思う瞬間は、悔しいかぎり。
この本は間違いなくそんなことはない。
(2004年11月20日発売)

「オオカミの誘惑」A

2005年02月25日(金) 10時52分
日本の公式HPは沢山のひとが見ていると思うので
以下は韓国の公式HPです。

韓国のホームページも必見!

☆参考になったらクリックよろしく!☆

カン・ドンウォンは日本ではどうかな

2005年02月25日(金) 10時15分
「オオカミの誘惑」★★★☆
カン・ドンウォン、チョ・ハンソン、イ・チョンア主演

相変わらずヨン様を追っている
日本のマスコミと
韓国での人気が
ズレているのは映画通ならよく知っている。


昨年3度ソウルに行き,
数本の映画をみた。

いつも街中で映画スターの
企業広告ポスターを
あちこちで目にし、
そのほとんどは日本では未公開の
軽めのラブ&コメに出演する若い俳優だ。
彼らはTVドラマでまず人気者となっている。


カン・ドンウォンはどうも韓国では
本当に凄いらしい。
この「オオカミの誘惑」は
共演のチョ・ハンソンの人気もあって
60万人を動員の大ヒットとなった。


「シュリ」が240万人を動員した1999年以降
韓国映画は制作費も大きくなり「JSA」「チング」
そして「ブラザーフッド」は350万人と、
ハリウッド映画の成績を超え始めた。

しかしその前年以前は60万人動員すれば
その年のトップの成績くらいにあたり、
「オオカミの誘惑」がいわゆる大作でなく
かなり軽めの青春ものでのこの成績は
主演の2人の人気によるところが大きそうだ。


昨年の東京国際映画祭では
舞台挨拶があるということで
チケットはオークションでかなりの高値となっていた。
最前列は5万円を超えていた。


映画はひとりの女の子と二人の男子校生の三角関係。
見所は韓国の日常風景が見られることと、
日本映画では感じられない?役者の生き生きとした表情。
類型的な演出もたくさん見られるが
そういうちょっとクサめな部分を差し引いても
見ていて楽しくさせてくれる映画だ。

その点、邦画は演出が細かすぎて、その人の持つ
きらきらとしたその時だけ放つ輝きも押さえつけている印象がある。

ただ二人は女の子の内面に惹かれるという設定ながら
どう見てもそれほど惹かれないし
学校の人気者二人がその女の子に固執する理由が
いまひとつピンとこなかった。
もちろんその理由も後半で明かされるが
それでも「どうかなー」という気分。

3月19日に公開が決まったので
俳優の力だけではヒットを出しにくい
日本でどんな成績がでるか楽しみだ。
(2004/10/30シアターコクーンで鑑賞)





キアヌ無念、ウィル・スミス高笑い

2005年02月24日(木) 0時42分
「気になる最新全米/邦画ランキング」2/13付

・全米・
悪魔払い師に扮したキアヌ・リーブスの
期待の新作「コンスタンティン」
は初登場2位。

なんと2週連続首位を守ったのは
ウィル・スミスのラブコメ、
9.000万ドルで
もう1億ドルは見えた。

4位に登場はジム・キャリーの居ない
「マスク2」寂しい出足、日本で公開しても
厳しいだろうな。
「ミリオンダラー・ベイビー」は
今週も5位と
しぶいチャートアクション。

ヒラリー・スワンクは
性同一性障害の次は
女性ボクサーとちょっと尖った役で
イメージが強くなった。
次が難しいだろう。
か弱い役を演じても
そう見えなくなっている。

「クマのプーさん」は同じアニメでも
ひっそりとした興行。2週チャートインながら
累計1.100万ドル。

・国内・初登場で10位は東山紀之の「MAKOTO」
期待はずれの出足。
その他は全て先週と同じ作品が居座り
1位「オペラ座の怪人」
2位「オーシャンズ12」
3位「ボーン・スプレマシー」
4位「ハウルの動く城」

チャートが膠着状態のなか、
6位の「北の零年」は私は3回挑戦してますが
定員制の映画館の為、その3度とも満席で
まだ見れません。前売りを買っているのでそろそろ
あせり始めてますが、ヒットしてるのか
映画館のキャパが小さすぎるのか、おかしな状態が
続いています。

そろそろ大作は見てしまったので、単館系に
行き始めています。

村上春樹的オリンピック

2005年02月23日(水) 21時33分
「シドニーAワラビー熱血編」★★★★
2001年1月単行本、2004年7月文庫発刊、245ページ、470円

2冊に分けて発行された
シドニーオリンピック観戦記。
「@コアラ純情編」以前に紹介しました。

そして今回は
「Aワラビー熱血編」
こちらはマラソンと閉会式という
大きなイベントのラストということで、
やはり感傷的な文章が目立つ。

春樹さんの小説世界は独特だ。
時には軽やかな文章でありながら
難解だ。
そこに色々な想像できる部分が生まれ
きっと読んだ人それぞれの解釈があるのではないか。
それはとても嬉しいことだ。

また放浪の記録も「遠い太鼓」をはじめ
普通の旅行者にはなじみのない場所を
きまじめに歩き、足元やふと目にした
風景を切り取って、何気ない日常に
何か大きな意味があるように感じる。

  (以下、カッコ内本文抜粋)

「言うまでもないことだけれど、
この日常の中で、僕らは地べたにへばりついて
生き続けていかなくてはならない。
明日、明日、そしてまた明日。僕らは闘い続け、
ある場合には途方に暮れる。

でもひとつだけ確かなことがある。
もし競技者が闘争心を失ったら、
それは闘うのをやめることなのだ」
 

         
とてもオリンピックというスポーツの祭典を
見て体験して書く文章とは思えないほど、
感傷的で、それは春樹さんの小説には
最近見出せない文章なので、新鮮であり、
ちょっと気恥ずかしい部分でもある。

なんかまた彼の本を読んでみようかなと
考えた。

作品を選ばないジャン・レノ

2005年02月23日(水) 7時34分
「クリムゾンリバー2」DVD★★★
ジャン・レノ、ブノワ・マジメル主演

12世紀に建造された修道院で、
キリスト像が血を流し、
捜査するうち壁の死体が見つかる。
「セブン」に似て、
聖書の暗示が事件の行方を示す。
一貫して暗い映像が、
ミステリーの雰囲気にピッタリ。


見て損はないが、事件の展開の
意外性は聖書やキリスト教がベースなので
「そういうものなのか」と納得させて見る必要がある。
やはり知らないものは、自分のイメージを
広げるのに限界があるだろうか。

ジャン・レノ作品では合格点。

彼は駄作としか思えない作品にも多く出ていて
「レオン」以降、ナタリー・ポートマンは
慎重に出演作を選んでいるのに対して
何でも来い!という感じだ。


ほとんどの作品がレンタルを待っても
見ないかもしれない。
その点では、この作品は劇場の暗闇で見たほうが
怖さがまして良かったかも。

告白したら、振られた気分

2005年02月21日(月) 23時01分
休刊の衝撃 「PREMIEREプレミア」4月号発売

19日のブログで「プレミア」の
映画の評価を信頼していると
書いたばかりだが、
今回フロントページに
編集長の顔が載っていないので
テレパシーのように写真を止めたのかと
思いつつ文章を読むと・・・。



「プレミア日本版は休刊します」

ビックリしたし、つい先日「好きです」と
思い切って告白したら、
「もう会えない」って言われてしまった。

これから映画を選ぶ基準をどこに
見つけたらいいか、そのうち探すことになるのだろうな。
ただしばらくはそんな気にもならないので
ひとりでなんとかするしかない。

今回のオススメナンバーワンは
「サイドウェイ」これはオスカー候補の映画。
早く見たいし、最後に勧めてくれた映画なので
心して見ようと思っています。

しかし、残念。

どうってこと無いけど、憎めない

2005年02月20日(日) 21時53分
「1980」(tv)★★★WOWWOW
ともさかりえ主演

テクノが流行り、ジョン・レノンが
殺された1980年。
B級アイドルが、学校の先生になろうと
出身校の教生にやってきた。

どうということない映画だけど、
所々はっとする場面あり。
ともさかりえの掴み所の無い感じが
生かされている。

ハードディスクにどんどんWOWWOWから
録画しているので、無料という気分で
TVを見るくらいの気安さで映画が観られるのは、
嬉しいけど、不幸なことかも。

もっと映画を見るってハレの要素があるべきなのに
こんな日常では、心に響くには相当な
「何か」がないかぎり伝わらない。

1980年頃の風俗を見たり、高校生や20代前半の
人たちの行動を知るには、面白く観られるが
劇場で1800円出すとしたら
もったいない。そんな映画でした。
レンタルならいいくらい。100円の日を待て!
2005年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf