栄光なき勝利の予感

2005年01月31日(月) 21時43分
「失われし書庫」★★★★
ジョン・ダニング著(588ページ、900円)

人間の何かに夢中になる情熱を
うまく取り込んだオススメの一冊。
シリーズ3作目も出だしから、
個性のある登場人物を配して、
快調に読み進めてしまう。

こういう勢いはミステリ作品には欠かせないが、
多くは、どこか説明しすぎたり、全く関係のない
展開が入り込んだりして、スピード感を保てないが、
この作品はラスト近くまでは、小気味良いいテンポで
なかなか読むのを止められない。

ラスト近くまでは「傑作」の予感。
だが残念なことに最後の最後で失速してしまう。

失われた蔵書を巡って悲しい程の
長い長い時間をかけた人間の夢の物語。
誰も死なず、誰も傷つかない物語なんてないのだ。

@@
「死の蔵書」★★★★★「幻の特装本」★★★★
このシリーズにハズレなし。
海外ミステリーファンなら必読。

「ライフ・オブ・デヴィッド・ゲイル」信念に命を賭けられるか・・・無理。

2005年01月30日(日) 23時00分
「ライフ・オブ・デヴィッド・ゲイル」★★★★見応え充分
ケビン・スペイシー、ケイト・ウインスレット主演(米)

理性的な教授は死刑廃止論者でもあった。
そんな彼が同僚殺害の罪でもうすぐ死刑になる。
ケビン・スペイシーが手を挙げてこの役を
欲しがりそうなピッタリのハマリ役。

意思の強い記者をケイト・ウインスレットが演じ、
全体の雰囲気にシャープさがないので
ぴったりはまるという感じではないが、
新米記者をぐいぐいと引っ張る感じは、
よく出ていた。

どうなっちゃうんだろう、と思わせつつ、
同時に刑務所の中と外でドラマが進行して
サスペンス色も出ていて
見応えのある映画だった。

死刑廃止を訴えていた本人が、死刑囚になるという
皮肉な展開は、社会への問題意識もあるのだろうが、
人の命ってホントなんだろうかと
やはり考えさせられた。

ビデオでもいいけど、やはり邪魔が入らない
ところで真剣に見るタイプの映画。
寝転んでポテトチップスなんか食ってる
場合じゃない。

家事を投げ出し、街に出よう!

2005年01月29日(土) 23時32分
「女はみんな生きている」★★★☆(wowwow)
ヴァンサン・ランドン、カトリーヌ・フロ主演
(フランス)

目茶苦茶に殴られて、
病院のベッドに横たわる娼婦を
見つめながら、エレーヌは思う。
「この人は本当に私を必要としている」
そして彼女は家事を投げ出し、
病院に寝泊りする。

巻き込まれ型の映画。
彼女はどんどんタフになっていく、
そして生き生きと表情は輝く。

きっと普通の生活でこんなふうに
自分を見つめなおし、楽しめたら一番いいのだが、
毎日の同じ繰り返しの中で、何かが
少しずつ、少しずつ磨り減っていくのかもしれない。

淋しいと感じることは、どんなだろう。
誰も本気で自分を必要としてくれていないと
感じるのはどんなだろう。

映画と離れてこんなことを考えた。
激しいカットの展開もなく、ひとつのカメラが
時に主人公の視線となり、同じように考えさせるのだ。

ラストは少し感傷的だけど美しい。

勝ち犬の価値はこれから・・・。

2005年01月29日(土) 16時01分
「レイクサイドマーダーケース」★★★
役所広司、薬師丸ひろ子、鶴見辰吾、杉田かおる、豊川悦司

湖畔の別荘で殺人が起こる。
そこには3組の夫婦が、子どものお受験の合宿に
つきあって滞在している。

舞台劇のように限られた空間で、それぞれが
与えられた役を、かなり手ごたえのある演技で
見応えたっぷり。
謎解きの要素もあり、探りあう心なんかも
見ている側に、「うまいな」と伝わる。

「勝ち犬」になった杉田かおるも、
控えめな役ながら
リアルな役を演じきっている。
もっと気性の激しい人の役とかも見てみたい。

ただ、この映画を見て過ごす
2時間が楽しめたかと「うと、
少し長く感じ、展開があまりない
心理劇なので
もう少しテンポよく見せて欲しかった。
ビデオで充分かも、これに1.800円はキツイ。

@@
ひところ役所広司ばかりが、
映画で活躍していた時期があった。
渡辺謙が「ラストサムライ」で躍進して、
急に大きく
水を開けられた感じがする。
映画の主役を張れる役者が少なすぎるんじゃないかな。
韓国でももっといるというのに。

ハル・ベリー、ハードで勝負し続ける

2005年01月28日(金) 21時08分
「ゴシカ」★★★☆(DVD)
ハル・ベリー、ロバート・ダウニーJr、ペネロペ・クルス

女性専用刑務所の精神病棟で働く、
犯罪心理学者のミランダは、
ある日幻覚なのか奇妙な少女に会う。
その後記憶を無くし自分が夫殺しの犯人として
収監されたことを知る。


全裸のシャワーシーン、
涙でグチョグチョの顔、
叫び、泣き、わめく。
セクシーなシーンは皆無で、違う面を見せているのだろうが、
無防備な収監されている場面でさえ、
か弱くは見えない。

彼女はとにかく自分を美しくきれいきれいに
見せることより、何が今自分に出来るのか
必死に美しい顔を歪ませても、がんばっている。

この映画はスーパーナチュラル・ホラーと
紹介されている、確かに何と言っていいか
分からない、超常現象が話の核でもあるが、
それ程怖さはなく、ちょっと長いかな。
もっとコンパクトにまとめてくれた方が
その怖さが冷める前にエンドロールにいけたんじゃないかな。

@@
「チョコレート」でキャリアの頂点を早くに築いたからか
これからの方向が難しいのかも。
次は軽めのラブ・コメとかも見てみたい。
「ソード・フィッシュ」から「キャット・ウーマン」あたりまで
ハードな役が続いたからね。

@@顔見世興行映画版@@12人揃踏み

2005年01月27日(木) 18時36分
「オーシャンズ12」★★★☆
ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、
ジュリア・ロバーツ、マット・デイモン、
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アンディ・ガルシア主演

とにかく豪華な顔ぶれの映画。
ひとりで主役を背負うのでないためか、
皆余裕の演技で、
それぞれの持ち味で楽しませてくれる。

これだけの人数の動きを
描ききるのだから、
場面展開は慌しい。

そういうことも身を乗り出すんじゃなく、
リラックbスして楽しめたら、
この映画は輝く。



キャサリン・ゼタ=ジョーンズのゴージャスさは
この映画でも発揮されていて、好きな女優なので
これからもいい作品で逢いたい。

脚本は相変わらずうまいなーと感じたが、
前作と比べるとストーリー自体が散漫な感じで、
何かひとつに重点を置いたほうがもっと良かったろうが、
なにせ豪華な顔ぶれをフルに使うには仕方ないのか。

この映画はまさに正月映画なので、公開は12月後半からが
良かったんじゃないか。
ちょっと時期がずれてしまい、微妙に見ている方の
気持ちも少し厳しくなりかけの頃なので
映画館からの帰りには「いまひとつ」と言い合う声が
いくつか聞こえた。

@@
雑技団出身のシャオボー・シン、前作と違い
なんだかおっさん入ってきていて、苦笑い。
そういう設定なんだろうけど、前作のような
見せ場が欲しかったね。

マネーメイキングパワー → アイス・キューブ > コリン・ファレル

2005年01月25日(火) 20時52分
全米映画興行ランキング/邦画ランキング@1月23日付

初登場1位はアイス・キューブの
ラブコメ「アー・ウィー・ゼア・イェット?」
これで6作が全米1位獲得と
堂々の成績。
ただ日本では厳しいけどね。

コリン・ファレルが200億かけても届かなかった
1位だけど、全世界では結果は逆転かも。
3位の「ミート・ザ・フォッカーズ」は歴代34位まで上昇し、
なんと、「レイダース 失われたアーク」を抜いてしまった。

6位にはイーサン・ホーク、ローレンス・フィッシュバーン主演の
「アソールト・オン・プリシンクト13」、予告でチラッと見ましたが、
ローレンス・フィッシュバーンはここでもやっぱモーフィアスでした。

おすぎが懸命にCMしてる今週9位「オペラ座の怪人」は
シャンデリアの制作費の回収は出来るのか?
惨敗という感じです。

日本では先週の予想通り
「オーシャンズ12」が1位獲得。
2位「ハウル」3位「北の零年」
4位「東京タワー」と堅持。

「パッチギ」は
単館ロードショー系ながら9位発進。
今後クチコミでどこまでいくか。

先週6位から8位に後退の「ネバーランド」
昨日のシネコンで友人が夜7時の回、6人だったと
言っていて、好きな映画なのでもっと宣伝しようと
決意したのでした。

ここいらで正月の成績も出揃い、
「ハウル」「ミスター・インクレディブル」
「ターミナル」「カンフーハッスル」の順。
チャウ・シンチーの映画がヒットするのは嬉しいけど、
この人の映画って、もう少しマイナーなところで
輝いていて欲しくて、微妙です。

@@
シンチーの「喜劇王」は笑えて泣ける傑作で
多くの人に見てもらいたいような、でも
ひっそりと自分だけの映画でいて欲しいような
愛すべき映画です。

骨は語らずーあと少し何かが足りない

2005年01月23日(日) 14時29分
「渇いた季節」★★★☆海外ミステリ
ピーター・ロビンスン著 730ページ1.140円

夏の盛り、干上がった貯水池から、
半世紀前の沈んだ村が姿を現す。
そこで人骨が見つかり、二人の捜査官が
調査に乗り出す。

常に2人の語りでストーリーは過去と現在を
行きつ戻りつしながら、最後に同じ一転に結びつく。
かなり凝った設定のミステリー。

長い小説だが読み応えアリで、本読みの心を
満たしてくれるが、致命的なのは
事件が半世紀前であり、臨場感に欠ける。

そのうえ、捜査する二人の刑事の恋の話が
もたもたしてして、もっと整理すれば
読み易かったか。

ただしこれだけの長編にいくつかのエピソードを
詰め込んで、破綻することなく書ききるのは
かなりの力量。他の作品が読みたいと思った。

彩色木棺の二つの目が見つめるもの

2005年01月23日(日) 10時06分
ダハシュール北遺跡のミイラ発見続報

赤ピラミッドや屈折ピラミッドで
有名なダハシュール。
観光のハイライトのひとつ。
ギザのピラミッドから
サッカラの階段ピラミッドと
エジプト遺跡ファンにとっては
有名な場所であり、憧れの地。


青や赤で彩色された木棺は、
丁寧に布に包まれ
紀元前3.800年から3.600年頃作られ、
5.000年以上の眠りから
ひととき外部からの光にさらされて、
しっかりと見開いた目は何を見たのだろう。

古代への好奇心や、文明の発達や当時の
技術等、さまざまなことから、今もエジプトでは
沢山の調査隊がギザやサッカラ、そしてルクソールと
掘り返しては、時々大量のミイラや当時の
副葬品が見つかり話題となる。

でも永遠の眠りについている本人達には迷惑な
ことだよな。果たして掘り返したり、ガラスケースに
入れられた状態で彼らはいつか復活を果たすことが
できるのだろうか?
ちょっと残酷な気もする。

エジプトの過去から分かることもまだまだ
あるのだろうが、もういいんじゃないかな。

とはいえ、カイロ博物館にある発掘された
数々の工芸品やそして黄金のマスクなどは
見ているこちらに不思議な力を与えてくれる。
その高揚感はちょっと言葉ではうまく言えない感じだ。

また「ツタンカーメンのミイラがCTスキャン」された。
15分間で1700枚の撮影で、これから死因等について
さらに調査をするそうだ。
ミイラは顔の保存状態はいいが、体の多くの部分は
かなり崩れている。

1922年にハワード・カーターらの手によって発見されなかったら
今も王家の谷でひっそりと永遠の眠りについていた。
そんなツタンカーメンが副葬品を剥ぎ取られ、
ついにはCTスキャンされることは
知りたい好奇心より、なんだか可哀相な気持ちの方が強い。

毒殺されていようと、病気で死んでいようと
どうでもいいような気持ちになる。

あの燦然と輝く黄金のマスクをつけた、
絶大な権力を持ったファラオの、こんな姿を
見たくない。また神聖なものをこんなふうに
踏みにじるのはどうなのかな。

熱い時代―でも少し遠く感じる

2005年01月22日(土) 21時51分
「パッチギ!」★★★★
塩谷瞬、高岡蒼佑主演

1968年世界ではベトナム戦争は続き、
朝鮮半島は南北に分断。
何で人は戦争をするんだろうという
単純な問いかけに答えるように
身近なところでは
朝鮮高校と毎日のように
喧嘩が絶えない。

主人公は熱血の高校生とは
ちょっと離れたところで、
フォークを歌い、朝鮮高校で一目ぼれした
番長の妹になんとか近づきたいと考えながら
その方法を考える。

全体の構成と脚本が、流血の喧嘩シーンと
当時の街の様子をうまくバランスをとって
見せてくれる。

そして私たちはかつての現実に遭遇し、
主人公と一緒に頭を垂れることになる。
キング牧師が黒人と白人が同じテーブルに
兄弟として座ることが出来るの夢見たように、
日本人と韓国人も、この映画で描かれた時代より
近づいていると信じたい。

何度か泣けてくるシーンがあるが、
泣いて済ませるわけにはいかない
そんな甘っちょろい映画ではなかった。

ただ、もう過去にそんなに
縛られなくていいんじゃなかな。
もちろん過去から
学ぶべきだけれど、
今は未来に向かって何が一緒にできるか
そんな映画も見てみたい。

わりと面白く読めたよと感じたらクリックよろしく!← ランキング
2005年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf