書籍「ライオン・ブルー/ 呉 勝浩 (著)」根本的な部分で納得できな結末、読み物としては面白い

2017年06月24日(土) 1時09分
書籍「ライオン・ブルー / 呉 勝浩 (著)」★★★★
出版社: KADOKAWA (2017/4/27)
336ページ、1.674円

<リンク:
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ライオン・ブルー [ 呉 勝浩 ]
価格:1674円(税込、送料無料) (2017/6/23時点)


>@

      →★映画のブログ     
どんなブログが人気なのか知りたい


「生まれ故郷である田舎町の
交番に異動した澤登耀司、30歳。
過疎化が進む町で、
耀司の同期・長原が姿を消した。
県警本部が捜査に全力をあげるも、
長原の行方は分からなかった。
事件に巻き込まれたのか。
それとも自らの意志なのか。
耀司は先輩警官・晃光の
言動に不審を抱きながらも、
長原失踪の真相を探っていく。
やがて、町のゴミ屋敷が放火され
家主・毛利淳一郎の遺体が見つかった。
耀司は、長原が失踪直前に
毛利宅を訪ねていたことを掴むが…。
乱歩賞作家が放つ衝撃の交番警察ミステリ!。」

(出版社HPより)

新聞の広告で面白そうと思い
さっそく読み始めた。
この作家の本は初めてだ。

過疎が進む町の交番、
主人公は父親が倒れたことで
面倒を見ることも考え
都会から異動願いを出し
生まれ故郷の町に戻った。

先輩5人と日勤と夜勤で回して
維持していく小さな交番、
主人公は父親の看病とは別に
もっと切実な目的でここにやってきた。

小さな町のしがらみは
自分も過疎の進む町の出身なので
分かる部分もあるが

ウチの田舎はヤクザは居なかったし、
開発から取り残された場所なので
ここで描かれる利権や
合併の駆け引きなんかは
ピンと来なかった。

主人公は高校野球のヒーローだったが
甲子園での酷い失敗で
そんなものからも逃れて田舎を出た、
そんな部分は分かる、
それでも故郷には何かがある
それもスゴク分かる、
言葉には現せない自分の
過ごした時間が
そこにゆったりと流れている



親友警官の失踪、
次第に分かってくる
それぞれの思惑、
面白くて読み進めるが
主人公の行動が明らかになったところで
自分には納得出来なかったな、
あまりにあっさりとしていて、残念。


そして自分の罪を抱えつつも
親友を殺した犯人は許さないという
これでいいの?
もちろん彼はこれから
その罪の意識を背負って
苦しい道を歩くことになるが
どうにも納得できない結末だ


犯罪ってもちろんダメだけど
やむにやまれぬって状況では
納得できることもある、
でもこの作品では
納得できるとこまでは
主人公の心情が描き切れてないと感じた。


だたし読みもとしては面白いし、
ドラマ化でもされれば
役者は彼の苦悩をもっと巧みに
こちらに示してくれるかもしれない



★100点満点で75点

soramove

                    →  ★映画のブログ
                     どんなブログが人気なのか知りたい

2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf