映画「ターミネーター:新起動/ジェニシス」皮膚は老化するタイプとはね

2015年08月11日(火) 10時18分
映画「ターミネーター:新起動/ジェニシス」★★★★
アーノルド・シュワルツェネッガー、
エミリア・クラーク、ジェイソン・クラーク、
ジェイ・コートニー、イ・ビョンホン、J・K・シモンズ出演




アラン・テイラー 監督、
126分、2015年7月10日公開
2015,アメリカ,パラマウントピクチャーズジャパン
(原題/原作:TERMINATOR: GENISYS )

<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「アーノルド・シュワルツェネッガー主演で
大ヒットを記録した『ターミネーター』シリーズを
再起動させるプロジェクトが始動。
シュワが12年ぶりにシリーズに復帰し、
ターミネーター役を演じる。」

ぴあ映画生活 HPより

この作品で楽しみにしていたのは
だいぶご老体になったシュワちゃんを
どうやってマシンとして登場させるか。


どんな理由をつけるのかってね。

そしたら「このマシンは肌は経年老化するタイプ」という
あっさりとした理由
まあ、いいか。

映画は最初の最初、
稲光とともに
球体が現れ、
T-800型ターミネーターが姿を現す。


あー、ホントに最初に戻るんだ、
そう思って見てると
オリジナルとは違うストーリーが展開する、

まあ、新作なんだしそういうことなんだろうが、
ここまですると
これからどんなことでも
タイムマシンで可能になってしまうよな。



イ・ビョンホンが最新マシンとして登場!
でもそれ程脅威には感じなかった、
このあたりは物足りない、

最新の力を見せつけて欲しかった、
シュワのターミネーターが
より人間らしく感じるからいいのか。


ボディビルダーから映画スターへ
そしてシュワちゃんは
カリフォルニア州知事まで
今またターミネーターに戻ってきてくれた。


この調子でいくと
脚本というか発送さえ面白ければ
まだまだこの路線イケそう。



名作というには程遠いが
充分楽しめたし
映画の醍醐味を堪能した、
違和感や妙な辻褄合わせもあったが
それも含めて愛すべき作品。


★100点満点で90点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
2015年08月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf