書籍「 判決破棄(上・下)/リンカーン弁護士/マイクル・コナリー著」

2014年12月30日(火) 8時29分
書籍「判決破棄(上・下)/リンカーン弁護士/マイクル・コナリー著著」★★★★マイクル・コナリー 著 ,
講談社 (2014/11/14)
(350/355ページ ,各896円)

<リンク:
>*

<リンク:
>*
                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「24年前の少女殺害事件に対して
出された有罪判決破棄および差し戻し。
DNA鑑定で被害者の
ワンピースについていた精液が
服役囚とは別人のものだとわかったのだ。
刑事弁護士ミッキー・ハラーは、
ロサンジェルス郡地区検事長の要請で
特別検察官として
勝算皆無の再審を引き受ける。
息詰まる法廷劇が始まった!」

(講談社 HPより)


こういう事も出来るんだなと
読み始めて、心の中でニヤリと笑う、
リンカーン弁護士こと
マイクル・ハラーの手がける裁判に
ハリー・ボッシュ刑事が加わった。
弁護士と刑事は
いわば敵対する存在なんだけど、
ハラーが今回限りの検察官を
引き受けた事で
夢のコラボ実現となった。



24年前の少女殺人事件が
冤罪として
元死刑囚は出所し、
新たな裁判に挑むことになる、
マスコミは無罪を確信し、
検察、弁護士共々
特に新しい証拠が出るわけでもなく
どうなるんだろう?と。


裁判がこの本のハイライトだけど
それよりこの小説の主人公は
ボッシュ刑事だと感じた

彼のちょっとした機転で
思わぬ事実の片鱗が見つかり
それが「合理的な疑い」の
核心に迫っていく。


今回は事件の他にも
一緒に暮らし始めた娘を
持て余し気味なのも
微笑ましい瞬間だった。


アメリカの司法制度は
日本と違い
裁判の場は「事実」より
演じる事の方が
勝利に近くなる様な所がある、
だからこそ、面白いんだけど
裁判って本来は面白くなくて
良いんだよな。

今回も一気読み
次を待つのが楽しみだ。


★100点満点で85点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf