映画「バチカンで逢いましょう 」バチカンの楽しい魔法

2014年12月27日(土) 21時22分
映画「バチカンで逢いましょう」★★★★☆DVD鑑賞
マリアンネ・ゼーゲブレヒト、アネット・フィラー、
ミリアム・シュタイン、ジャンカルロ・ジャンニーニ、
ラズ・デガン、ジョヴァンニ・エスポジト出演

トミー・ビガント 監督、
105分 、2014年4月26日公開
2012,ドイツ,エデン
(原題/原作:OMAMAMIA)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

「カナダで生活するドイツ人のマルガレーテ
(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)は夫に先立たれ、
長きにわたり暮らしてきた家を離れて
長女マリーと暮らすことに。
敬虔(けいけん)なカトリック信者の彼女は、
以前から楽しみにしていた
ローマ旅行を心待ちにしていたが、
その話はうやむやにされてしまう。
結局マルガレーテは手紙を残し、
一人でローマへと向かう。」

シネマトゥディ HPより


敬虔なカソリック信者として暮らしてきた
主人公マルガレーテは、
バチカンに行くと言う約束を
娘が破ったため
ローマ法王に会うため
たったひとりでバチカンに向かう。


彼女には法王の前で
懺悔しなければならないことがあった。



この映画の良いところは、
太っちょの70歳のバアさんが
スクリーンの中で
いつも軽やかに、そして楽しく
動き回っているのを
見られる事だ。



オカタい、マルガレーテは
孫がとんでもない生活をしていようと、
突然見知らぬ男に
プロポーズされようと
見てるコッチが笑うしかないような
行動を見せてくれる。


そしてひょんなことから
廃業寸前のドイツ料理店で
シェフとして店を立て直していく、
それはお伽噺にしか思えないが
その魔法のまま
とても幸せな気分にさせてくれる。



自分の居場所を
誰もが探している

バチカンは彼女の元居た
カナダからは遥か遠いが
彼女は一歩大きく踏み出すことで
自分の「夢」を実現していく。



その過程はとても夢物語じゃなく、
しっかり彼女がこれまで
生きて来たいからと納得させてくれる。



これは劇場で見たかったな、
こういう映画に出会えるから
また新しい出会いに期待してしまう、
しみじみ良い映画だけれど
何度も何度も笑わせてくれた。

★100点満点で90点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf