映画「ゴーン・ガール」知ってる筈の身近な人がどんどん遠ざかっていく

2014年12月23日(火) 20時40分
映画「ゴーン・ガール」★★★★
ベン・アフレック、ロザムンド・パイク出演

デヴィッド・フィンチャー 監督、
149 分 2014年12月12日公開
2014,アメリカ,20世紀フォックス映画
(原題/原作:GONE GIRL)




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「結婚5周年の記念日。
誰もが羨むような幸せな
結婚生活を送っていたニックとエイミーの
夫婦の日常が破綻する。
エイミーが突然姿を消したのだ。
やがて事件は思いもよらない展開に…。」

cinemacafe HPより

妻が失踪した、
自宅には争った跡があり
妻の血痕が拭き取られた
痕跡が認められる、
多くのマスコミが集まったのは
両親が書いた人気の童話
「アメイジング・エイミー」で
全米で誰一人知らない人はないほど
有名な子供だったからだ。

当初は妻を探す夫として
同情を集めるが
次第にエイミーを殺害したのではないか?と
疑惑の渦中に巻き込まれていく。

途中から真実が明らかにされるが
エイミーの描き方が
サイコっぽくて気になった。



原作でもおかしな行動はあったが
彼女は子供の頃から
誰からも注目されていて
ハーバード出の才媛だけれど
実は「普通の主婦」を
何より望んでいた事や
リーマンショック後の
それまでの生活を続けられない苦悩なんかが
あまり描かれていないので
彼らの心情や性格の深みは
もうひとつ。



それでも妻と夫の
両者の視点から描かれる中盤以降は
俄然面白くなっていく、
これは普通の生活に
置き換えることは無理だけど
それでも
一番身近で知っているつもりの相手を
本当に分かっているのか・・・という、
究極のミステリーを
デフォルメして描いている。



ロザムンド・パイクは画面で見た時から
「007」での強烈な印象を
すぐに思い出した、
しっかし巧みな女優だ、
普段の顔から、見知らぬ顔に
僅かな瞬間にサッと豹変する、
それを思うとベン・アフレックは
大味な感じだ。


映画としては上質な出来、
原作とは別に
とても面白かった。



ベン・アフレックはマット・デイモンと
共演した「グッドウィル・ハンティング」から
だいぶ経つが、印象は変わらない、
大物っぽくなくて
そこが良くもあり、役者として
もうひとつ何かが足りないのか。

この映画はDVDになったら
もう一度見たい。

★100点満点で85点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf