やっと書き始める/スリランカ旅行/ダンブッラの石窟寺院

2014年10月09日(木) 19時09分
やっと書き始める/スリランカ旅行/ダンブッラの石窟寺院
2013/10/13-10/17




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい

昨年の10月の旅行記を
やっと書き始める。

ダンブッラの石窟寺院【世界遺産】


いままでいくつの世界遺産へ行っただろう、
「どこが一番良かった?」と
聞かれることがあるが
「一番」って、答えるのは難しいが
聞く方はそんなこと思ってもいないようだ。
まあ、聞いた後で
「へー、そうなんだ」くらいの
感想しか持たれないから
答える方も、その時の気分で答えるわけで。

もちろん、エジプトで見た数々の
遺跡は抜きんでていたけれど、
その時の状況でやはり
見て来たばかりだったり、
たった天気が良かったり、
ガイドさんが良かったりだけで
印象は全然違ってくる。


今回の旅行も日本語ガイドだ
全行的プライベートツアーで
付いてきてくれたので
時々のちょっとした変更も柔軟で
とても快適な旅だった、
だからひとつの遺跡というより
観光全体を通して
良い印象しか残っていない。
スリランカ人の日本語もレベルが高かった。



ということでダンブッラの石窟寺院、
大きな岩の下をくりぬいて(たぶん)造った
横にのびる石窟に
多くの仏像が安置され
天井には見事な仏画が描かれています、
観光客など、人がいても
何故かシンとした印象で
外は暑いですが中の冷たい空気があいまって
神聖な場所と言う事を強く感じる。



第1窟の涅槃仏
タイや他のアジアの国でも見てきたが
こちらも金ピカで
やはり仏像はこうあるべきなのか、
日本人はどちらかというと
木造のシブイ味わいを好むけど
やはりありがたいものは
金ピカであるべきなのだ。



ちなみに横たわった仏像のうち、
つま先が少しずれているものが涅槃仏で、
きれいに揃っているものは休憩中の姿だそうで、
こういうミニ情報は日本語ガイドのおかげだ。
次に涅槃仏を見るまでは
また忘れてしまいそうだけれど。

第2窟には天井から聖なる水(ダンブッラ)が
涌き出る場所があり
とはいえ、天井から滴り落ちるわけでなく
それでも壺にはなみなみと
聖なる水が蓄えられている、
金網越しなので、よく見えないのが
ありがたかったりする。

この石窟寺院の入口には博物館があり
最初にそこを見ると
テーマパークのようで
失敗したかなーと思ったが
実際の寺院は保存状態も良くて
ほっとした、

人の感じ方は様々で
豪華絢爛ってどこか作り物過ぎて
ちょっと違うなーと時々感じる。

この遺跡はシーギリヤに近く
ツアーでは必ず訪れる場所のようだが、
最初の印象とは違って
さすが世界遺産、満足。


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf