書籍「怒り(上下)/吉田修一 著」どこまで相手を信じられるか、試されるのは自分自身

2014年09月28日(日) 20時27分
書籍「怒り(上下)/吉田修一 著」★★★★☆面白かった
吉田修一 著 ,
中央公論新社 (2014/1/24))
(280/254ページ ,各1.296円)


<リンク:
>*

<リンク:
>*
                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「殺人事件から1年後の夏。
房総の漁港で暮らす洋平・愛子親子の前に田代が現われ、
大手企業に勤めるゲイの優馬は
新宿のサウナで直人と出会い、
母と沖縄の離島へ引っ越した女子高生・泉は田中と知り合う。
それぞれに前歴不詳の3人の男…。
惨殺現場に残された「怒」の血文字。
整形をして逃亡を続ける犯人・山神一也は
どこにいるのか?『悪人』から7年、
吉田修一の新たなる代表作!」

(「BOOK」データベースより)

だいぶ前に読んだ本の
感想をやっと書き始める。

「衝撃のラストまで
ページをめくる手が止まらない。」

こんなコピーを見たが
宣伝に偽りなし、

ミステリーというかサスペンスタッチで
3人の男がそれぞれの場所で
様々な人達と出会うが
彼らはその3人を殺人事件の犯人と
疑いを抱き始める。


読んでるこっちも
3人の容疑者どれもが
殺人事件の犯人に思えてきて
どうなるんだろうと
ホント、ページをめくるのがもどかしい程。



そして結局人を信じるって
まるごと受け止めるしかないと思うが
それがどれだけ難しいことか。


相手を疑いつつも
自分が試されている様だ。



「悪人」以降、作品はもうひとつだったが
ここでまたしても
心を揺さぶる作品を完成させた、

しかも難しい心の描写などなく
ほとんど誰もが抱く様な感情を描いて
それがもっと奥底の
本質の様なものを取られているのはさすがだ。


そういえば、整形して逃げてた男いたなー、
それから沖縄の離島で
野宿みたいな事をしていたとか
聞いた気がする、
当時大きく報道されていても
人間の記憶ってこんなものだ。


何か大きく報道され気にするが
次に何か起こると
マスコミに取り上げられた時は
確かに気にするが
すぐに忘れてしまう。



だから人間って
こんな複雑な世の中で
なんとかバランスをとっていられるのかもしれないし
やはりいい加減な生き物なのだ。


人を殺すという
究極的な部分では
自分は身近な人を疑うようなことは
無いとは思うが
もう少し軽微な罪なら
「そんなこともあるかもな」とか
分かったフリさえしてしまいそうだ。


さて、次の作品にも期待しよう。


★100点満点で90点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf