「エージェント:ライアン」若返りを図ったライアンは及第点

2014年02月26日(水) 22時42分
「エージェント:ライアン」★★★☆
クリス・パイン、ケビン・コスナー
キーラ・ナイトレイ、ケネス・ブラナー
ノンソー・アノジー、ハナ・テイラー・ゴードン出演

ケネス・ブラナー監督、
123分 2014/2/15公開
2013,アメリカ、パラマウント
(原題/原作:JACK RYAN:SHADOW RECRUIT )




<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


「ジャック・ライアンが若返りを図って登場、
投資銀行員という表向きの顔を持つ
CIA情報分析アナリストの主人公が、
世界恐慌勃発を狙う巨大な陰謀に立ち向かう。
スピーディーなストーリー展開、
随所のスリリングな展開
飽きさせない作りとなっているが
ジャック・ライアンというビッグネームは
クリス・パインにはまだ荷が重い感じ」



主人公は頭脳明晰で
正義感に溢れ
危険な場所へも躊躇しない、
扮装地域で怪我を追い、
そのリハビリにも不屈の精神で立ち向かう、
主人公のエピソードとしては悪くないが
こんな完璧な人間は居そうにないから
どうも話にノリきれない。



怪我を負った自分に絶望し
情けない言葉のひとつも言った方が
より人間らしく思う、
誰も完璧になりたいと願いつつも
その場所に手が届かないのだから。


でも、まあ、そんな出来た男がいれば
政府が放っておく訳なく

CIAが接触してくる、
ケビン・コスナー扮する
ジャックをリクルートしようとする男は
なんというか、存在感ってこういうものだと
ただただ実感する、
役者の格の違いが歴然だ。

ともあれエージェント・ライアンの誕生だ。


今時、そんなことってあるかなと
ロシアの組織が
ドルの暴落とテロ行うのを
主人公が察知し
阻止するべくロシアに乗り込むが
どうもリアルが感じられない。

でもまあ、あまりこだわっても仕方ないので
そういうこともあるだろうと
設定を受け入れてしまえば
あとは結構楽しく見られる。


全体にソツのない作りで
スピーディな展開を楽しめるが
全部予想の範囲なので
「ここまでやるか!」といった
新鮮な驚きは無い

ただ平均点以上なので
損するって感じでもないかな。

若返って今後シリーズ化されるだろうから
次回も楽しみにしたい。


★100点満点で75点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
2014年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf