映画「オンリー・ゴッド」意味深なシーンの多用で意味不明

2014年02月11日(火) 10時53分
映画「オンリー・ゴッド」★★☆
ライアン・ゴズリング、クリスティン・スコット・トーマス、
ヴィタヤ・パンスリンガム出演

ニコラス・ウィンディング・レフン監督
90分、2014年1月25日公開
013,デンマーク、フランス,クロックワークス、コムストック・グループ
(原題/原作:ONLY GOD FORGIVES)



<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

前作の映画の感想はコチラ↓
映画「ドライヴ」寡黙な男の最後の決心、まさにクール!
2012年04月15日(日) ★100点満点で80点★



「前作がちょっと変わってて
面白かったので、期待していた作品。
しかし意味不明なシーンが多く
当惑するっていうか、
『何がしたかったんだろう?』
そんな映画だった」



映画のコピーは
「その復讐は神への挑戦」
このコピーも意味不明だし、
内容としても神への挑戦って
どこがそうなの?という印象だ。



バンコクでボクシング・クラブを経営する
ジュリアン(ライアン・ゴズリング)が、
惨殺された兄の復讐に乗り出すが、
自分を神と名乗る謎の男が現れ、
壮絶な日々が幕を開ける。

完全の頭がどうかしちゃってる母親は、
溺愛していた息子の復讐を
ジュリアンに命じると共に
自らも別の手立ても駆使して
息子を殺した組織を追いかけるが
当然ながら共感できる訳もなく、
この映画は何を言いたいんだろ?
そればっかり



主人公にしても
結局は何を考えているのか
よく伝わらないし
思わせぶりな
妙に間延びした時間が
これをきっとスタイリッシュと言うんだろうけど
それってうまく言いあてられない時の
逃げ文句の様なもので、

「結局、何だよ」と問えば
中身の無い、でもちょっと映像はカッコイイ
そんなものを指しているだけだ。


好きなタイのバンコクが舞台であり
監督と主演の前作も結構良かったので
期待していた分だけ
大きく裏切られた、
でもそんなものだ、
多くは期待値に届かず
でもどこか期待して次を待つ。


今回もそんな感じ、
ナイフを使ったエグイシーンが結構あって、
随分前の香港映画のテイスト、
でもあの熱いエネルギーは全く無く
だからなんか無念な気分だ。



★100点満点で60点

★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←

soramove
2014年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf