映画「アンダーワールド 覚醒」敵は最強、味方はわずか!

2012年03月31日(土) 9時49分
「アンダーワールド 覚醒」★★★☆
ケイト・ベッキンセイル、スティーヴン・レイ、
マイケル・イーリー、テオ・ジェームズ、
インディア・アイズリー、チャールズ・ダンス出演

レン・ワイズマン監督、
88分、2012年2月24日公開
2011,アメリカ,SPE
(原題:Underworld 4 AWAKENING )





<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


まだまだ人気、
約2540万ドルの興収で全米首位デビュー
4週に渡ってトップ10入りを記録している。



「大好きなヴァンパイア映画、
近所ではアイマックスでしか上映が無かったので
2.200円も払って見た、
映画の視覚効果としてはバッチリ、
そして何より視界いっぱいに広がる大画面、
でもそこで繰り広げられるのは
血が飛び散り、肉がパックリ割れるような
殺しまくりのシーンの連続で
好きな映画だけれど、やり過ぎ感も・・・」



この映画はまずこれまでのシリーズを
ちゃんと見てないと
これだけ見ても何が起こってるか
正確に把握が出来ないので楽しめない

そんなふうに割り切った作りになっている。
こういうのって興行的には
ジリ貧になるだろうな。


自らもヴァンパイアでありながら
ヴァンパイアの長老を殺したことで
ヴァンパイア族と狼のライカン族の双方から
追われる立場になったセリーン(ケイト・ベッキンセール)の
孤独な戦いがまた始まった。



黒ののボンテージスーツをクールに着こなし
表情ひとつ変えずにやってくる敵を
ひたすら殺しまくる美しき戦士だ。


病的に白い顔
唇の端に血の筋が付いている
ヴァンパイアでありながら
同じ種族からも狙われる存在、
とにかくこのシリーズはどうにでも広がり
エンドレスになりそうだ、
1000年もの長きにわたる殺し合いの歴史だからね、
新しい強大な敵や
かけあわされた新しい種を登場させれば
まだまだいけそうだ。



今回はライカンが密かに人間社会に溶け込み
最大の逆襲を狙っていることが
徐々に判明し
主人公はそれを阻止しようと立ち向かう。


夜のシーンが多く
闘いの連続
時にスローなシーンが飛び散る鮮血さえ
美しく映し出す、
そうそうこういうシーンを見せてくれなくては。



立ちふさがる最強の敵も
わりと笑える「そんな死に方?」っていうぐらいの
あっけない終わり方で
メデタシ、メデタシ。


どこかにゴールがあるのだろうが
しばらくは同じ様なパターンでいくのだろう、
でも見てるこちら側としては
これまでの歴史を振り返ったり
それなりに成果の上がった部分や
これから目指すものを
なんらかの形で見せてくれないと
熱くなれない



でもしばらくはこの孤高の戦いは続くだろうな、
続く限り劇場で観たい。


★100点満点で75点



★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

ケイト・ベッキンセイル出演作品
アンダーワールド 覚醒(2012)
ホワイトアウト(2009)(2009)
モーテル(2007)
もしも昨日が選べたら(2006)
アンダーワールド:エボリューション(2006)
アビエイター(2004)
ヴァン・ヘルシング(2004)
アンダーワールド(2003)
しあわせの法則(2002)
セレンディピティ(2001)
パール・ハーバー(2001)
金色の嘘(2000)
ブロークダウン・パレス(1999)
シューティング・フィッシュ(1997)
月下の恋(1995)
から騒ぎ(1993)

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2012年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf