映画「ステキな金縛り」西田敏行のドアップ顔は怖い!でも笑っちゃう

2011年11月08日(火) 19時09分
「ステキな金縛り」★★★★
深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、
浅野忠信、草なぎ剛、中井貴一、市村正親、
小日向文世、小林隆、KAN、木下隆行(TKO)、
山本亘、山本耕史、戸田恵子、浅野和之、
生瀬勝久、梶原善、阿南健治、近藤芳正、
佐藤浩市 深田恭子 篠原涼子 唐沢寿明 出演

三谷幸喜 監督、
142分、 2011年10月29日公開
2011,日本,東宝
(原題:ステキな金縛り )







<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい


三谷幸喜監督第5作目の長編映画
オープニング2日間の成績は、動員39万0102人、
興収5億0334万2450円
「ザ・マジックアワー」(興収39.2億円)と同じ様なスタートを切った。
2週目も首位を守り、すでに興収15億円と
「THE 有頂天ホテル」(同60.8億円)まで届くか注目したい。


「朝はめざましテレビを見てるが
フジテレビが製作したような印象を受けるほど
バンバン宣伝されてるこの作品、
大塚さんの白血病も気になるが
17年間無欠席という素晴らしい健康な体も
少し休めと言っているのか、
映画は全編を通して三谷幸喜印が貫かれ
確信犯的な作り込んだストーリー展開も
鼻につくほどじゃなく気楽に楽しめた、
お正月映画でも良かったのにな」



冴えない弁護士のエミ(深津絵里)は
弁護の失敗続きで、
「これが最後だ」と事務所のボス(阿部寛)に言われ
殺人罪で起訴された男の弁護を引き受ける。


容疑者の男(KAN)に接見すると彼は、
犯行時間には落ち武者の里の旅館で
金縛りにあって朝まで身動きがとれなかったと言う、
「それを証明できますか?」という問に
男は落ち武者が自分の体にずっと乗っていたと言い、
エミはそれを確かめに人里離れた旅館に行き、
実際に落ち武者の六兵衛(西田敏行)を見つけ
彼に証言台に立つことを了承させる。



あり得ないことだけど
この不条理を起点に映画が展開されるので
あとはもうどんなふうにオールスターが
見せてくれるのか楽しませてもらおうと
大きなスクリーンを見つめる、
さすが大ヒット中の映画だけあって
笑えるシーンではかなり盛り上がった。



落ち武者が見える人と
見えない人がいる
それがこの映画の重要な部分だ、

ホントは誰にも見えるはずはないけど
そんなふうに人の思いが
一瞬の思いこみであってもいいから
遭いたい人と会える
もしくは見えなくてもその存在が感じられたら
スゴク幸せなことじゃないだろうか



ラストにエミは裁判が終わった法廷で
若くして亡くなった父親と出会う
何故かその時はエミには
落ち武者の六兵衛の姿も見えなくなっているが
そこに父親がいて
ドタバタはあったけど弁護士として頑張った姿を
しっかり見せたことを実感する、
笑わせて笑わせて
最後にジーンとするコテコテの展開だけど
やはり鼻の奥がツーンとする、
頑張ればその姿は見せたい人にちゃんと伝わる
そう信じたい瞬間だった。



とにかく細部まで作り込まれ
その部分をあざといと感じる人もいるだろう
でも絶妙なバランスで
全てがうまくいった作品だったと感じた。



★100点満点で85点


★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく←


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

三谷 幸喜 監督作品
ラヂオの時間(1997年、原作・脚本と監督)
みんなのいえ(2001年、脚本と監督)
THE 有頂天ホテル(2006年、脚本と監督)
ザ・マジックアワー(2008年、脚本と監督)
ステキな金縛り(2011年、脚本と監督)


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf