映画「ウインターズ・ボーン」どんな状況でも懸命に立ち向かう美しい魂

2011年11月05日(土) 1時09分
「ウインターズ・ボーン」★★★
ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークス、
ケヴィン・ブレズナハン、デイル・ディッキー、
ギャレット・ディラハント 、シェリル・リー出演

デブラ・グラニック 監督、
100分 、 2010年 アメリカ
(原題:Winter's Bone







<リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい

昨年の映画祭で見た、
その時の感想を再掲載する(2010年11月06日(土) 8時16分)


東京国際映画祭・ワールドシネマ部門作品
サンダンス映画祭グランプリ

「暗く救いようのない映画だ、
これって現在の姿なのか?
父親は仮釈放中に逃亡し
母親は精神衰弱、
17歳の少女が母と小さい弟、妹の
面倒を見ているが
収入が無いその日暗い、
それなのに今度は家が取られそうになる」



父親が勝手に保釈金のため
家を担保にしたため、
父親がこのまま逃亡すると
家を取られてしまうという危機的状況、
判断の出来ない母尾に
「どうしたらいいか教えてよ」と懇願するが
母親の反応は無い、、
彼女は麻薬を扱う危ない連中に立ち向かう。


ほんと、これ現在の話として作ってるのか、
およそ現代的なものが出てこない、
彼女の家にはTVさえ無い、
携帯ももちろん。



殴られたら銃を取って立ちあがり、
危険だと言われる場所にも
怖さを知りながらも扉をたたく、
なんとしても父親を見つけなければ・・・、
およそ考えられない結末が待っているが
彼女ならこれからもなんとか
やっていけそうだ、
それから弟、妹も
きっとちゃんと育ちそうだ。



何より行動で
正しいこと、しなければならないことを
やり遂げて見せてくれる訳だから

しかしハードな人生だ、
麻薬は常にすぐそばにあり
足を踏み外すことのほうがたやすい環境、
転落するのはその人の資質に関わるとは思うが、
やはり環境も重大な要素だよなと。


良くできた作品だし
考えさせられる部分もある、
でもこういう映画を見ると
この映画祭の位置づけがますます
分からなくなる、
何の為の映画祭なのか、
ここ何年も通っていても
やはり分からないのだ。


主演のジェニファー・ローレンスはこの作品で
数々の映画祭の主演女優賞を獲得もしくは
ノミネートされた注目株
「X-MEN:ファースト・ジェネレーション (2011)」くらいしか
まだお目見えはないけれど


★100点満点で60点



soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

今年はとうとう東京国際映画祭へ行かなかった、
10回以上続けて行っていたが
交通費や宿泊してまで行く価値あるかなと考え始めたからだ。


★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf