映画「バスキアのすべて」作品の良さは分らなかった、価値は自分で見つけるもの

2011年01月31日(月) 19時09分
「バスキアのすべて」★★★
ジャン=ミシェル・バスキア、ファブ・5・フレディ、
ジュリアン・シュナーベル、マリ・ポール、アニナ・ノセイ出演
タムラ・デイヴィス監督、88分、2010年12月18日公開、
2010年,アメリカ,CJ Entertainment Japan
(原作:原題:JEAN-MICHEL BASQUIAT:THE RADIANT CHILD)






                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「バスキアの作品を見て
すぐに彼の作品と分る人はそう多くないだろう、
でも結構目にしていることは
この映画を見ると分る、
同時代のキース・ヘリングとの軽やかなポップさと
ちょっと違う代表的な作品から
彼の製作の様子まで
未公開インタビュー映像と、
彼を支えた友人たちへの取材映像で構成。」



'88年に27歳の若さで薬物中毒で他界し、
今年が生誕50周年にあたる
ジャン=ミシェル・バスキアのドキュメンタリー。

彼の映像がもっと見られるかと思ったが
本人の映像は思ったより少なかった、
未公開のインタビューと写真、
多くは当時の彼を知る人達のインタビューと
語りでバスキアの登場から最後の日々を
綴っている。

映画自体が
何処かに導こうとしていないのが良い、
悪意もなければ、
ことさら崇拝するような部分も無く、
インタビューされる人によっては
同じ人の印象が違っているのも
人間味が伝わってくる。



彼は短い間に膨大な作品を残している
今その価値がどのくらいなのか知らないが
ぱっと見では自分にも描けそうな
直線的で子供がクレヨンで
手を上下させて塗るような
そんな力強い線が印象的な作品を
鼻歌を歌いながら
軽くステップを踏みながら描く様子が
写しだされるが
彼が最後には薬物中毒で亡くなったことを思うと
それは見せたい自分だったのだろうな。



子供のように人から褒められて
喜んで創作意欲を湧かすような
そんな印象を持ったが

表現することとその結果としての評価は
やはり切り離せないものだったのだろう、
神経衰弱となり
28歳という若さで薬物中毒で
この世を去った若き天才、
輝くような笑顔が瞼の裏に焼きついた。



★100点満点で65点

soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン


「バスキア 」1996年 米/出演: ジェフリー・ライト / デヴィッド・ボウイ / デニス・ホッパー / ゲイリー・オールドマン
こんな映画もあったな。



★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2011年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf