書籍「ロードサイド・クロス」道端の十字架が全ての始まりだった

2010年12月29日(水) 9時56分
「ロードサイド・クロス」★★★★
ジェフリー・ディーヴァー・著 , 池田 真紀子・訳
文藝春秋、2010年10月30日
( 504ページ , 2500円)

<リンク:
【送料無料】ロードサイド・クロス

【送料無料】ロードサイド・クロス

価格:2,500円(税込、送料別)

>@


                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい




「分厚いハードカバーが書店に並んでいた、
手に取ったずっしりとした感触が嬉しい、
とりあえず現物を確かめたところで
家に戻ってネットで注文、
カリフォルニア州捜査局捜査官で
嘘を見抜く達人キャサリン・ダンスが主人公」



始まりは幹線道路沿いに作られた十字架、
それは連続殺人の予告であり、
さらにブログの書き込みが関係し
現代の犯罪を見事に予言している、
そして展開の早さと新たな仕掛け。

厚い本なので一気に読破ってわけにはいかないが、
ページを開けばすぐにこの本の世界に浸り
次はどうなるんだと心をかき乱され
本を閉じれば暫くはその世界がまだ気にかかり
結局5日程で読み切った。



誰が犯人なのか、
それを考えながら読むのは楽しい、

次々と現れる怪しい人間、
そして身近なネットの恐怖を味わい
ここに描かれているのは
それ程遠い世界の事ではないと実感すると
余計とこの本の世界が恐ろしく
でも本の外側に居てそれを楽しめる感覚を
何度も確かめた。

主人公は尋問に特別の才能を持ち、
相手が嘘を言っているか瞬時に見抜く、
彼女は行動派でもあり
自分から危険な場所にもどんどん進んでいく、
それは無いだろうと思いつつも
そこはフィクション、行動的な彼女から
まさに目が離せない。

犯人と想われる人物はすぐに示され
色んな状況も彼が犯人のように思えるが、
彼の生活環境や日常の行動から
まだ守られるべき高校生くらいの少年が
困難な環境に居ることについても
考えさせられる。
けれどそれと犯罪とは別だ、
悪魔の言葉に耳を貸す瞬間を思った。



まさに危機一髪という瞬間まで
目が離せない
ミステリーの醍醐味を堪能できる作品。
次回作を早く読みたい。


★100点満点で85点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

実は前作を読んでないのでまずはその作品から。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか

2010年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf