「シチリア!シチリア!」ペッピーノの成長物語

2010年12月22日(水) 0時09分
「シチリア!シチリア!」★★★★
フランチェスコ・シャンナ、マルガレット・マデ、アンヘラ・モリーナ、リナ・サストリ出演
ジュゼッペ・トルナトーレ 監督、151分、2010年12月18日公開、
2009,イタリア、フランス,角川映画
(原作:原題:BAARIA)





                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「シチリアの貧しい家庭に生まれた主人公の
一代記と同時に街の発展の記録でもある、
子供時代は教会を中心とした
大きな道路と周辺に僅かにあった家も
彼が家族を持つ頃には
見渡す限り建物がビッシリ建ち
賑わいを見せるが
そこここに懐かしい顔も見える」



永遠に続きそうに思えた子供時代、
飽きもせずに見るもの
触れるものに好奇心を抱き
親は絶対的存在で
周囲の大人を見て育った。

それはどの世代でも
どの場所でも変わらない。



久しぶりに田舎へ帰ると
自分がよく歩いた道がこんなに狭かったっけと
感じる、
懐かしい顔がその年分皺がお互い増えている。
でも郷愁はそれを懐かしさで満たして
歳月の経過を悲しんだりはしない。

この映画では小さな街が発展し
それとともに主人公も
大きな世界へと目を向け
そしてまた戻って、
今度は自分の子供を
世界へ送り出すことになる。

ラストの少年の一瞬の夢ようなシーンを
監督は撮りたかったのだろう、
タバコを買いにお使いに走る子供と
学校から家へと急ぐ少年が
同じ道で交差するシーンは
なんだかぐっときた。



それは何を言いたかったのか
色々言えそうだけれど
どれもが正しい
他人から見たらくだらないと
思えるものを集めたり、
ひどく何かを欲しがったり、
全ては時が過ぎると夢のようでもある。

この映画は予告編のコピーが秀逸だった、
「人生は、どこを切っても美しい」
そんなこと思わないけど
一言で要約するならそれも正しいし
そうありたいと願う。

「ニューシネマ・パラダイス」のような
ラストの感動の波を期待したけど
泣けはしなかったな、
でもしみじみ良い映画。

★100点満点で75点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン
それが普通なのか分からないが、ケンカ腰の言葉に
感動が遠のくシーンがいくつかあった。
★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2010年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf