映画「書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園− 」表現することは競うことじゃない

2010年05月30日(日) 0時39分
「書道ガールズ!! −わたしたちの甲子園− 」★★★☆
成海璃子、山下リオ、高畑充希、小島藤子、桜庭ななみ 出演
猪股隆一監督、120分、2010年5月15日公開、2010,日本,ワーナー・ブラザース映画
(原題:書道ガールズ!!)




                    →  ★映画のブログ★
                     どんなブログが人気なのか知りたい



「日本テレビの「ズームイン!!SUPER」で、
全国放送された“書道ガールズ甲子園”を
成海璃子主演で映画化。
期待しないで見たけどこれがなかなか面白かった、
ついこの間は「剣道」で戦い、
今度は「書道」で競うというコンセプト、
次は何がテーマなのか、そんな楽しみも」



主人公は書道部部長の里子(成海璃子)、
親友が部を去り、
書くことに喜びを見出せないでいたが
新しい顧問と出合い
また仲間の言葉が彼女の気持ちを変えていく。

ドタバタ部分は苦笑するところも、
男子があまりに軽く描かれてるし
展開もありがち
だけどなんか目が離せないのは
誰もが、これまでのどこかの時期に
「頑張った」記憶があるからかな。


何かと比べたり
人と競うことじゃなく
自分自身に納得できるか
そんなことが何より大切な瞬間を
この映画のどこかに見つけたからかもしれない。
人にどう思われようと
そんな時間は必ず自分の力になる、
でもそれはその最中には気がつかないもの、
後でこんなふうに映画を見ながら
ふと思い出したりするものだ。


「書道パフォーマンス甲子園」は
書道というよりアート系の絵のような感じ、
これはこれでアリなんだろうが
書道にピンクや青の墨が使われるのも
日本人には違和感がある、
でも外人にはカラフルさはウケるかもしれない。

それにしても「剣道」に続いて
「書道」と成海璃子は作品選びに
苦労しているのだろうか、
この路線そろそろ変えないと
脇役には「いい人」を付けて
同じ繰り返しみたいだ、
次はガラッと変わった映画も見たい、
それはファンの欲張りだろうか。


★100点満点で70点


soramove
★この記事が参考になったらココもクリック!よろしく(1日1回有効)←ランキング上昇ボタン

今回は太った感じがあまりしなかった。

★人気映画ランキングはこちら、どんなブログが一番読まれているか
2010年05月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
https://yaplog.jp/sora2001/index1_0.rdf